群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 何年かぶりにぎっくり腰をやりました。あれです。電流が走りました。
 幸い軽症で済んだみたいで、屈むのがつらいとかそのぐらいです。どうでもいいですがぎっくり腰と聞くと元西武の潮崎をいつも思い出します。


WCCF 11-12

 いかんいかんサボりすぎや。はよ追いつかな。

・11月16日(金曜日

 プラボ太田で11-12の2回目のプレイ。平日夜に2日連続でWCCFをプレイするのも久しぶり。

 稼働直後だけあって平日でもプレイヤーがそこそこいますね。
 投入するのはオランダ選抜とレアルマドリー選抜。


・オランニェエルフタル

CM139戦目/ジロンド・コンポステーラ/34C 勝
RLP140戦目/対人 勝 優勝
RLP141戦目/対人 引
CC142戦目/1回戦1st ゴールデン・ワンダーズ 勝
CC143戦目/1回戦2nd ゴールデン・ワンダーズ 勝
CC144戦目/対人 勝 優勝
CSC145戦目/FCエウローペー12 引・PK勝利 優勝


・レアルマドリード

PC115戦目/1回戦 対人 勝
PC116戦目/準決勝 ベニート・ベティコ 勝
PC117戦目/対人 負
RLP118戦目/ジャッロ・ロッソ・ローマ 勝 優勝
RLP119戦目/ハイランド・ジュニアーズ 勝
W4THC120戦目/1戦目 アフリカン・イーグルス 勝
W4THC121戦目/2戦目 ポルト 勝


 タイトルも獲れて戦績はまずまず。


 釣果の方は11クレ終了したところでパック切れ。平日夜で時間もないので、残りクレを消化して終了。

 このバージョン初JTは森脇。サカつくのポジション適性だとDFでもMFでも左右どちらでもいけるみたいなんで、WCCFでもかなり広範囲に適正がついているんだろうか。

 リーチ目としてはピケとファン・ペルシーの2枚。ファン・ペルシーはオランダ選抜で使っているので後で差し替えてみよう。
 ピケは・・・なんだこれ。黒で94のCBて。スタミナ17て。マンU版の白ピケ重用していた身としては隔世の感がある1枚。


プラボ太田
11勝2分1/RLP2・CC・CSC
141 JTモリワキ 049 293ピケ 177 265 302ペドロ 145 015ファン・ペルシー 075 335 パック切れレ 372 151 317シャビ・アロンソ


・11月18日(日曜日

 11-12の3回目のプレイは午後3時ごろからプラボ太田。

 さすがに日曜で店内は人が一杯。WCCFも満サテ・・・かと思いきや、運よく空いたところに到着したようで難なく着席。この空席の感じだとキラが出た後だとは思いますが。


 この日の目的は任期終了間際のビジャレアル選抜を任期終了させ、新チームを起ちあげること。

 チーム更新するその前に、レアル選抜で回してみる。


・レアルマドリード

RLP122戦目/A.C.ミラン 勝
RLP123戦目/対人 負
FM124戦目/チェルシー/50ABA 勝
FM125戦目/マンチェスターUtd/AAA 勝
CM126戦目/ジロンド・コンポステーラ/36C 勝
FM127戦目/A.C.ミラン/49BA 引
FM128戦目/グレート・プレミアム/47※ 勝
FM129戦目/アーセナル/48※ 勝
FM130戦目/アンフィールズ・ビート/51BB 勝


 そしてビジャレアル選抜を終わらせてみる。


・マドリガルアマリージョ

RLP147戦目/エルメジャー・プリメーラ 勝
CC148戦目/1回戦1st 対人 引
CC149戦目/1回戦2nd 対人 引・PK勝利
CC150戦目/決勝戦 対人 負


 任期終了。最終的な戦績はこんな感じ。





 途中でファン・バステンを引いたためにミランやオランダばっかりで遊んでいたので、気付いたら起ち上げてから10ヶ月も経ってたようです。

 2トップの戦績はこんな感じ。ほとんど10-11の成績なんで参考にはならんですが。







 フォルラン先生とジュゼッペ。

 そして師弟で着いてきたのはこの3人。





 使う予定のない3人。というより、このチームの16人には起ち上げる新チーム構想に1人も入っていないので、誰が着いてきても意味はないんですがね。


 さて新チームを起ち上げようかと思っていたら、ここでトラブル発生。
 新チーム用のカードを探していたり少し席を外していたら、店員から満サテ時の試合飛ばしということで追加クレ出来ないとのお達しが。気付かないうちに待ちが発生していた様子。/(^o^)\ナンテコッタイ
 まあ、キラが出るかどうか怪しいサテだったのでどうぞご自由にと退席し、戦場の絆に移る。

 しばらくして戻ると、一緒にプレイしていた常連Sさんが撤収するということでサテを譲ってもらうことに。よく見ると他にもサテが空いている。自分が退席してから普通にサテが空いたみたいですね。


 退席する前に最後のクレでとりあえず新チームを起ち上げて1試合だけ消化しています。そのチームがこんな感じ。





・A.C.ミラン
レギュレーション:U-5

GK:アビアーティ
DF:アバテ メシェ ジェペス
   アントニーニ ボネーラ
MF:ノチェリーノ ムンタリ N・デ・ヨング
   P・ボアテング アンブロジーニ(C) フラミニ
FW:ロビーニョ パッツィーニ ボージャン パト


 12-13版ミラン。起ち上げ時点ではU-5ですが、できるだけ新カードに差し替える予定なのでU-5Rになる予定。

 ・・・と、起ちあげたのはいいものの、ここでまたトラブル発生。

 ビジャレアル選抜を終了させる直前、せっかくなんでとデータ対戦に登録したのですが、これがまずかった模様。
 Aimeから任期終了したビジャレアルを選択したところ継承不可。
 新Ver稼働開始直後は通信対戦が解禁されていなかったのでその影響なのか、それともデータ対戦結果が出るまで一律にロックが掛けられる仕様に変わってしまったのかはわかりませんが、任期終了したチームを引き継ぐことがこの時点では不可能。新チームのカードを集めてサテに並べているのにそりゃないぜとっつぁん。

 仕舞ってレアルマドリード選抜を並べ直すのもどうも気がひけたので、思い切って新規に登録して開始することにしました。運営チームが多すぎるので前バージョンの引き継ぎで3つまで削減したのに、新たに起ち上げることになるとは・・・。


・A.C.ミラン

KCC1戦目/1回戦 ロッソ・ブル・タグ 引・PK勝
FM2戦目/ヘルフォード・ブルス/42C 勝
FM3戦目/鴨川ウィングス/42C 勝
FM4戦目/コブラコラルFC/39C 引
FM5戦目/コレンテ高知/39C 勝
RL2 6戦目/USイルピーニ 勝
RL2 7戦目/マスキリドSC 勝
EPC8戦目/USデル・マーレ 勝


 星が貯まってないのでボージャンのシュートが入らない。威力がない。枠に飛ばない。ドリブルも07-08の頃に比べればおとなしめ。別人みたい。
 2トップのもう片方、パッツィーニはドリブルはいかんともしがたいですが、シュートだけは一級品。単独での打開力はないので、ボックス内でボールを如何に持たせるかを考える典型的なストライカー。
 白版が強力すぎるロビーニョですが、CRAもチャンスメイカーとして十分優秀。白版ほどではないですがドリブルによるキープ力もあり、単独での突破もしてくれる。

 DF陣で良かったのがジェペス。同じCBのメシェが前に出る傾向があるのに比べ、ジェペスはエリアを守るタイプ。サポート戦術・マリーシアを発動させていると、どこからでもスライディングで止めに入ります。勢い余って一発退場なんてこともありましたが。スタミナはメシェと同じ15ですが、移動ロスが少ないのかメシェがバテバテになってもジェペスは1試合は持ちます。

 この日のうちに新カードを引いたので、その場で差し替えたのがN・デ・ヨング。
 HSV版はアンカーとして使うにはスタミナが非常に心許ないのでベンチ要員に考えていたのですが、マンCの黒カードはスタミナ17と大幅アップ。KP戦術もハードプレスディフェンスと、奪取依存の守備戦術。
 この戦術をディフェンス戦術に採用していますが、これだとオフェンスをSに伸ばしてもオフェンス・ディフェンスともにSに出来るようですね。奪取依存のディフェンス戦術は流行るのかな?


 飛びぬけた選手は少ないですが、常に総力戦で戦っている感じはやっていて楽しいですね。前も後ろ、試合応じて投入するのでベンチを温めるだけの選手がいない。というか余裕がない。フラミニさんはアンカーやSBで重宝しております。付録でエルシャーラウィとか出してくれると、攻撃にもっと幅が出そうなんですがね。


 ゲームの方はそれなりに楽しく出来たので、次は釣果。

 最初のサテは2k終了したところで退席。リーチはルシオのみでしたが、使用していたデ・ヨングが出たのでまずまず。まあ、キラは期待していなかったのでこの程度は想定内。

 譲ってもらったサテでは2クレ目リーチぽい人。スキルだけ見るとキラなんだか黒なんだか分からない。




 EUS マッツ・フンメルス 引き1枚目


 スタミナが増えたのに、CBとして大事な部分が両方下がってしまった人。10-11でもかなり初期の方で引いた覚えが。

 結果的にキラ引きは出来ましたが、これは引いた気がしない1枚。初カード化な分、宇佐美の方がまだよかった気がする。


プラボ太田
11勝6分2敗
216 198サムエル 317シャビアロンソ 215 122ロッベン 137 282 040デ・ヨング 194ルシオ 258 093 279アルシャビン 082 サテ移動 328 EUSフンメルス 309ペペ 261 161 296ファブレガス

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )