群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 延期の憶測もあった10-11の稼働が11月10日で確定したようで、思っていたよりも早い稼動になりそうです。

 そうなるとそろそろファミ通あたりで新カード情報が・・・と思っていたら案の定フラゲされたファミ通に載っていたようで。それもなんだかとんでもない選手が載っているようで、朝イチでコンビニで購入し、自分の目で確かめることに。





 まさかのファン・バステン。


 遂に出るのか、それとも遂に出てしまうと言うべきか・・・。せっかくのバイーアさんが霞んで見えます。

 版権がどうのこうのでカード化はほぼ無理と言われてきたオランダ国籍の引退選手。ATLEを予想する上ではオランダ人は選外するのが暗黙の決まり、特にオランダ人トリオなんて妄想乙と言われるだけの存在でしたが、その大きなタブーが遂に破られる時が来たようです。
 出るわけが(金銭的に)ないと言われたマラドーナが排出されて、今度は版権的に出ないと言われていたファン・バステン。排出に漕ぎつけた開発陣の頑張りを褒め称えるべきですが、また大きな1つの目標を失ったようでWCCFの将来的にはちょっと不安。でもまあ残る二人もいずれ出すでしょうから、もうしばらくは大丈夫か。

 記事でファン・バステンの使用感も載っていて、決定力以外は目立たない的なことを書かれていますが、7年間待ち続けた古参プレイヤーからすれば排出されるだけでも十分なんですよね。カカクリロナのクロスにレッテーするファン・バステン、縦列車で最後に決めるファン・バステンに蹂躙される自分のDF陣を考えるだけでも胸が熱くなります。

 ただ一つだけ言わせてもらうと、もっと早く出ればよかったのに・・・と思うところ。
 稼働直後は久々に超インフレ価格なカードになりそうですが、1年後はどうなっていることやら。980円の値札のついたファン・バステンなんて見たくないなぁ(´・ω・`)
 02-03頃に排出されていればジダン同様に今も一万円台後半で安定した高嶺の花・・・のような存在感のあるカードになったんでしょうけどね。最終的に3000円台で安定してくれたら御の字といったところでしょうか。

 どちらにしろ、MVPメッシなどより遥かに目玉なカードになりそうです。これでKLEなんてきたに日は稼働直後からしばらく満席御礼なんてことになりそうな予感。
 ネドヴェドのガッカリさで期待値を落とし、稼働間近にファン・バステンで一気に盛り上げるとか狙っているのだとすれば柏田Pというのは相当なくわせものです。

 ポルト関連はやはりバイーアでしたが、ユニはなぜかバルサ。でもポルトで出ると言っていたわけではないのでこのぐらいは想定内。これでバルサ縛りからV・バルデスが御役御免になるようです。そしてポルトガル縛りがようやく機能することになりそうです。


 ATLEに驚きすぎておざなりになっていますが、新キラも4枚公開されています。


WSA3 C・ロナウド/R・マドリード/FW
20/05/19/18/20/15 97

WCM3 シャビ/FCバルセロナ/MF
16/12/20/13/16/17 94

WSB1 コエントラン/ベンフィカ/DF
14/12/16/11/19/17 89

WGK1 ファン・デル・サール/マンチェスターUtd/GK
09/20/16/16/09/09 79


 C・ロナウドは数値的にはMVPと同じでしょうか。得点王仕様といったところで内部数値違いでしょうね。コエントランはポルトガル版ラームといった感じ。最終版ファンデルサールはDF20で実用性もありそうですね。

 W杯仕様の国別からポジション別にカテゴリが戻り、枠色も原色系に戻るのは予想通りでしたが、このL字のデザインはどうなんだろう・・・。
 個人的には白黒のデザインはアリだと思うのですが、レアカテゴリはこれまで同様ちょっと安っぽい感じですね。国別のデザインが良かっただけに、余計感じるかも。

 初カード化された白黒カードも15枚公開されてますが、気になるのはキャロル、ソルダード、ラノッキアあたり。キャロルは人気が出そうな白になりそう。


 新バージョン稼働までちょうど3週間ですが、ATLEのメンツだけで十分にwktkする内容。あとは当日KLEが出現するかどうかですね。MVP?なんですかそれ?


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 また3週間ほど空いてしまいました。9月になっても忙しい、というか9月の方が忙しかったりです。連休は溜まった作業を消化したりでほぼ終了。10月になれば落ち着くと思われますが、さてどうだろう。

 前回に続いて今回もざっとあったことや思ったことを書き出してみる。


・ATLEネドヴェド
 AMショーでお披露目されて、賛否両論というより否な意見しか聞かないラツィオ版ATLEネドヴェド。

・最高数値と思われるMVPが存在する選手をATLEで再排出することへの疑問
・「過去に排出された選手」で抱いていた淡い期待が潰える

 否定的な意見は概ねこの2つでしょうか。

 MVPとATLEでは対象としている時代が違うでしょうから、例えばラツィオ版の方がスピード値が高くて守備意識が低いとかそういった差別化はされているでしょうね。LEカズみたいに。
 シニョーリに続いて過去排出済み選手がラツィオユニでATLE化されましたが、これはロッシやゾフなど伊代表ユニATLEと同じく、ラツィオでそれをやろうとセガは考えているのかな、と思ったり。そうなるといつかはメンディエタも出るのかしら。

 ネドヴェド排出で過去排出枠が終了。これでバッジョやバティといった何年も前から続く全盛時カード化の要望が次Ver以降も続くことが確定。
 まあ、出たら出たでクローゼの様に使わないカードになる可能性もあるので、このまま出なくてもいいかなーと思ったりもします。数値を妄想しているうちが華なわけで。

 ただ、過去排出選手が決まったことでユベントスから出るATLEが絞られることに。有力候補だったフェラーラが消えたことで、もしかするとあの将軍が出るかも・・・という期待が出てきたわけで。

 でもまあ基本的に斜め上を行くのがセガの選考ですからね。コーラーが出るに1万ペリカ。


・WCCF10-11
 稼働まで2ヶ月を切ってAMショーやらSGKやらで新カード情報がかなり出てきましたが、カッサーノはミラン、F・トーレスはチェルシーと、選手の選考基準は11年1月の冬季移籍以降のようですね。これで長友出なかったら笑えない。

 それとSGKの方でネタバレなのか、イエロとナダルが排出選手という区分けになっているようです。ようやく出るのか鉄の人。

 10-11はテンポよく燃料投下されて話題に事欠きませんが、何もしなくても人が集まった04-05の頃とは置かれている環境が全く違いますからね。こういう人の目を集める営業努力は大事です。そのうち、新カードの誤排出とかやってくれんじゃないだろうかと思ったり。このゲームでR・ソサのネタを知っている人はもうかなりの古参の部類になってしまいましたねぇ。


・カニージャ
・ネドヴェド
・ユベントスに関係する誰か
・FCポルトに関係する誰か
・イギータ
・イエロ
・ナダル


 SGKが本当にネタバレだとするとATLEは既に7枚は判っていることになりますが、排出ATLEが事前にこんなに判明すると逆に不安になるというか・・・。

 これまでのセガの選考の傾向から考えると、これに加えて伊代表ユニ選手と日本人あたりが入ってくるのがパターン。ただ日本人は現バージョンであらかた出してしまった感があるので、出すとしてもあまり見当たらない。釜本みたいに日本リーグ時代の選手からであれば、古河電工でDF岡ちゃんとか・・・ないか。

・インテル
 1年半もしないうちに4人目の監督とかもうね。2シーズン前の三冠チームなんだぜこれ。

 ガスペリーニの後任がラニエリとか、ベストではないけどベターという人選。今シーズンはもうCL出場権確保できればいいやーみたいに思うのはちょっと早い気もするけど。そんでもってシーズンオフにまた監督探しが始まるわけですねわかります。

・ACL横断幕
 あの半島なら別に驚かないというか、むしろ今まで懸案がなかったことに逆に驚くわけで。

・Jサカつくオンライン、サービス終了
 初めてプレイしたオンラインゲームで、本稼働開始直後から課金会員でやってきましたが、12月21日でサービス終了になるそうです。稼働開始から1年9カ月。オンラインゲームの期間としては短い方なんですかね。

 去年3月の開始直後は盛況だったのですが、同年夏に行われたバージョンアップが改悪すぎて一気に過疎化。あれやこれや梃入れしてきましたが浮上することもありませんでした。「第1回○○○カップ」とか頻繁に行っていましたが、ほぼ全てのカップ戦が第1回で終了するようです。

 まあ、ゲーム内容が「サカつく」を謳っていますが基本的にはカードダスゲー。育成要素がほぼ無いのに等しい上に、試合内容も一向に改善されることもなく、サカつくであってサカつくではないゲームでしたからね。公式には認めてはいないものの、ランクによる補正が激しくて長くやっている人ほど馬鹿を見るシステムも過疎化の原因だったと思います。

 後継ゲームは無いようですが、結構人気らしいメジャーリーグマネージャーのように、ブラウザゲームとして欧州を含めた拡大版を作ってくれないかなーと思ったりしています。「サカつく7BB」なるブラウザゲーもありますが、あれは期間限定のサカつく7ユーザー向けゲームで別物ですからね。

 あまり良いところが見当たらないゲームでしたが、Jリーグの選手の名前をけっこう覚えることができました。後にも先にも、徳島とか北九州の控えGKの名前なんて知る機会があるとは思えませんからね。季節ごとの選手更新でコストが高くなった選手を見ると「これはいつか代表に招集かかるだろうなー」とか想像したりします。

 心残りがあるとすれば清水のリュングベリが見れなかったことでしょうか。問題だらけでしたが、それなりに楽しめたゲームでした。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )