群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 ちょっと目を離したら一カ月経ってました。お盆休みとその前後で少し忙しかったりしたわけなんですが、基本的にはさぼりですね。

 WCCFとかサッカーとか何かいろいろあったので、そのあたりのこととかをざっと書き出してみる。

・WCCF10-11

 電撃アーケードで香川と本田などの新カードが公開されましたね。

 シンジ・カガワ/FW/ドルトムント
 18 09 17 10 17 16 87
 http://mb1.net4u.org/bbs/wccffbc/image/4187jpg.html

 ケイスケ・ホンダ/MF/CSKAモスクワ
 15 10 16 17 13 16 87
 http://mb1.net4u.org/bbs/wccffbc/image/4188jpg.html

 香川は思っていたよりも全体的に高めの数値。前半MVPは伊達じゃないですね。キラ化するならカテゴリは復活したWSAでTECが上がるといったところか。
 本田はJTに比べオフェンスとテクニックが下がり、スタミナが上昇した中盤仕様。キラがあるならTEC17に上昇してプレースキック重視とかのスキルになりそうな予感。

  他にもドルトムントとCSKAの白黒が公開されていましたが、ドルトムントはかなり面白いチームになりそうですね。ブンデスもCL枠がもうすぐ4に増えたり復権しつつあるので、その辺のリーグ補正とかも入ってるのかね。

・ATLE

 柏田Pが小出しにネタばれして、出そうな選手が何人かわかっているとか。
 カニージャとイギータがほぼ特定。過去に排出された選手が1名。あとユベントスから誰か。

 これまでのように80年代イタリア代表ユニの選手も出てくるんでしょうね。アントニョーニ、アンチェロッティ、ジャンイーニ、マッサーロ、ドナドーニとか。ドナドーニはミランユニかも。

・男子W杯/女子五輪予選

 女子の五輪予選が始まりはしたが、予選会場の中国が練習などで相変わらずの嫌がらせをしてるみたいで。代表が停滞しているのは実力のせいだけじゃないということにいつ気付くのだろうか。試合の方は上々の滑り出しをしてるみたいなので良し。
 男子はいよいよ始まったW予選ですが、初戦の北朝鮮戦にロスタイムに先制して辛勝。なんか6年ぐらい前に見たことのあるような展開ですが、結果が重要。勝てばいいんです。とりあえず柏木はJAXAに就職しとけ。

・リュングベリ清水入団

 ここ最近で驚いたニュースの1位かも。
 WCCFだと04-05稼働初期に1度ですが使ったことがありますが、左サイド攻撃全盛のバージョンながら、右サイドを90分休まず上下動してなかなか面白かった記憶しております。
 清水入団なると、次の選手更新でJサカつくオンラインにも登場しそうなわけで胸熱。コスト7か8で右サイド赤適正ぐらいかな。

 こういう感じで峠を過ぎたスター選手がJにやってくる機会が増えてくれるといいなーと思ったりします。中東みたいになるのはあれですが。

・今夏移籍市場終了

 今年の夏市場の中心はマンチェスターCとマラガの大補強と、それとは対照的に迷走するアーセナルといったところでしょうか。
 セスク・ナスリ・エブエ・クリシーと主力が一気に抜け、マンU相手に8失点の大敗。補強したらしたで、リールから強奪した韓国代表FWパク・チュヨンだったりと、見当違いにもほどがあるものだったり。
 市場が閉まる土壇場でDF陣を積極補強しましたが、全員20代後半以降とヴェンゲルらしくない人選。ほんとに急場凌ぎという感じで、若手獲らなくて来年以降大丈夫なの?

 WCCF的にはメルテザッカーが11-12で登場フラグなのは有り難いところですが、そもそも11-12でアーセナルが登場するのかどうかがちょっと怪しい。
 なんだかんだ言ってCLには出るんだろう・・・というのはもう昔の話で、今期はELに残るのももしかした・・・という雰囲気がありありとしてますからねぇ。

 まあ、宮市がレギュラー獲得すれば順位関係なくアーセナル登場させるんでしょうけどね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )