群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 先週の土曜日はまたプラボ太田階下のガラクタ鑑定館へ行ってきました。

 WCCFの1000円ガチャをのぞいたら残り20枚弱の中に、ペレとマラドーナとLEロナウドが残ってました。これは多少掛かっても回してみる価値がありそうなので1000円札を用意していたら、自分の前に回していた人たちが全部持っていきました。

(´・ω・`)ショボーン


WCCFのこととか

・09-10ロケテ

 ゲームバランス調整のロケテが始まってるみたいですね。リポートを読んでいると試合中の不評な点が割と改善されているようですね。個人的にはゴール前の意味のわからないスライディングシュートをどうにかしてもらいたい。

・SPS-EXT

 現バージョンの付録2枚目となる09-10のイヤーブックは、まさかのSPS F・トーレス。
 若干パラ落ちはしていますが、OFEが20になっていたりレアチーム戦術だったりと、これまででもっとも有力な付録カードの予感。というか付録でこんなの出していいのか。

 前バージョンの各カテゴリ追加のように、各国SSに1枚ずつ追加になると思っていたのですが、ピケに続いて2枚目もSPSでトーレス。
 薄々誰しもが同じことを考えているでしょうが、これはスペイン代表を16人揃えようとセガは考えているってことでいいんでしょうか。

 過去にあった代表カテゴリと言えば02-03のITですが、あれはセリエA限定のバージョンでも代表選手がすべてセリエA所属でカード化されている、というかなり特殊なケースだったので実現できたんでしょうね。これだけリーグ数・チーム数が増えた現在でも、代表レギュラークラスでカード化されていない選手がざらにいるんですから。特に南米とかドイツとか絶望的なほどに。

 南ア杯もその点はどの国でも変わらないのですが、スペインだけは別格。レギュラークラス全員がカード化されている上に控え選手も完璧。 これは揃えるしかないでしょう。なにせ優勝チームで大義名分もあるわけですし、本来キラ化されるべき選手も多いわけで。

 なので正規版5名+EXT2名で残る9名を考えるとこんなところでしょうか。


 DF:プジョル アルビオル セルヒオ・ラモス カプデビラ
 MF:セスク・ファブレガス ブスケッツ D・シルバ
 FW:マタ ペドロ


 JT同じく、W杯前の試合出場上位16名とかの基準なんでしょうが、調べるのがめんどいので名前だけで選抜。バランス的にはDF5・MF6・FW4ぐらいで収まるのかな。

 本の方は楽天のポイントが貯まっていたのでそっちを使って注文しました。付録でも付かなきゃ毎回誤植だらけらしい本なんて買わなかったんですけどね。

 それとトーレスですが、実はこの付録が初めて入手する光ったトーレスだったりします。過去3度も排出されているのに、この人だけなぜかまったく縁がありません。なのでちょっとwktk



WCCFプレイ記録

 すっかり忘れていたプレイ記録。今年に入ってからまだ1回書いてないです。さあ大変だ。
 なのでちょっと前に記録から。


・1月4日(火)

 2011年最初のWCCFはいつものようにプラボ太田。
 投入するのはフォルランが光りものに変わったいつものチーム。

 このバージョンにもある程度慣れたので、全国対戦に本格投入することに。


・フロシャイムリスボン(ネドヴェド×フォルラン)

OC
108戦目/通信対戦 勝

CC
109戦目/1回戦1st エルメジャー・プリメーラ 引
110戦目/1回戦2nd エルメジャー・プリメーラ 勝
111戦目/決勝戦 レアルマドリード 勝・優勝

CSC
112戦目/アーセナル 勝・優勝

OC
113戦目/通信対戦 負
114戦目/通信対戦 勝
115戦目/通信対戦 勝
116戦目/通信対戦 引・PK勝 優勝

WT
117戦目/通信対戦 負
118戦目/通信対戦 負
119戦目/通信対戦 負
120戦目/通信対戦 勝
121戦目/通信対戦 引・PK勝




 前回のネーションズ続いてオーシャンズカップも獲得。

 意気揚々とワールドトロフィーに挑戦してみますが、さすがにこのクラスになるとリアルや縛りよりもガチガチチームが多く、コンセプトが曖昧なままできたチームではきついきつい。


 戦果は上々。釣果はリーチ2回かかもはずれ。

 その代わりと言ってはなんですが、現バージョンの目玉白をツモ。




138 マイケル・オーウェン 初引き・所有1枚目

 インチキくさいOFE19な人。スタミナがなくてもマンU同様、途中投入のジョーカーで考えれば何の問題もなし。


プラボ太田
7勝4敗3分/CC・CSC・OC
019 072 241セーザル 206 374 128ルーニー 312 383ニウマール 138 181 216アンブロジーニ 217 225


・1月9日(

 前回に続いてプラボ太田。

 投入するのも同じくネドヴェド×フォルラン。


・フロシャイムリスボン(ネドヴェド×フォルラン)

FM122戦目/スタンフォードブルース/50B 勝

WT
123戦目/通信対戦 負

FM124戦目/ハイランド・ジュニアーズ/48B 引

WT
125戦目/通信対戦 負
126戦目/通信対戦 引・PK勝

CT
127戦目/1回戦1st クラウンベイブズUtd 負

WT
128戦目/通信対戦 負
129戦目/通信対戦 引・PK負
130戦目/通信対戦 勝


 WTはすんなりと勝たせてもらえない。今回は日独伊のチームも久々に投入。


・Axis(日独伊選抜)

FM116戦目/ウンブリア・グリフォン/39C 勝

RLD1
117戦目/ボトム・ユナイテッド 勝
118戦目/ファビオ・ジューロク 勝

EPC
119戦目/1回戦 ベルガモBC 勝


 閉店時間が迫ったのでカップ戦途中で終了。


 釣果の方はジエゴ、グラフィッチと未所持の新規黒選手が引けてテンションアップするものの、シャビ・アロンソ、カシージャスとリーチをスルーした上に最悪のパック切れ。この時すでに閉店まで1時間を切っていたので、筺体内部に残っていた5クレだけしか猶予なし。

 フェリペメロで新規黒選手3枚ツモるも、肝心の光るものがこないままラストクレ。


 するとこの人が。




ITS ジャンルイジ・ブッフォン 初引き・所有1枚目



 閉店間際のため照明が落とされてよく見えない。ハイテイでツモれるならなんでもよし。数値的には過去最低なのかなこのブッフォンさん。

 フランスの呪いがあるならイタリアも・・・と思っていたら、どうやらその通りになっているようで。

 所持キラのうちフォルラン以外は伊仏と呪い絶好調。


プラボ太田
6勝5分3敗
264ジエゴ 269 029 191グラフィッチ 114 378 332シャビアロンソ 037 321カシージャス ストック切れ 290 129 265フェリペメロ 279 ITSブッフォン



○最近気になったこととか

・夏目友人帳3期決定
・イカ娘2期決定?
・まりあ†ほりっく2期で来期木曜深夜が地獄確定
・比呂美の中の人が結婚
・QBマジ外道

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




 前回からまたまた間が空いてしまいました。

 というのも、先々週末、世間がアジアカップ決勝で沸いていた頃に風邪をひいて丸2日ほど寝込んでおりました。2日ダウンする風邪をひいたのは十年ぶりぐらい。
 で、その週末は溜まった作業を片づけるつもりだったのですがまったくの手付かずで、快復した翌週はその遅れを取り戻すので手一杯でした(さらに一週間過ぎた今も片付いてないけど)。

 先週末は遅れを取り戻すべく努力する予定だったのですが、先週土曜はホームであるプラボ太田の下のテナントに、足利から引っ越してきたガラクタ鑑定館がオープンする日だったので作業を放り出して行ってきました。

 着いたのは午後8時前ぐらい。いつもであれば満車だった駐車場も空き始める時間なのですがどこも空く気配がなく、スルーされがちな地下駐車場すら半分近く埋まってます。営業時間が深夜3時までということなので、警備員さんが大変そう。

 店内は古書・ゲーム・CD・古着・ホビーと色々扱っていますが、このブログで取り上げるのは当然ながらWCCFの中古カード。
 レジ正面にあるショーケースの3列ほどがWCCFに割り当てられたスペース。他のカード類に比べればさすがに枚数が多いので展示スペースも広め。

 ショーケースに納められたレアカード類の値段は平均的といったところで、現バージョンがまだまだ高いぐらいで、他のリサイクルショップとさほど変わらず。

 ・・・と思ったら、古いカードでおかしな値段発見。01-02の2種のネスタさん。
 AEネスタでも5000円はちょっと高いだろ・・・と思っていたらBEネスタが7500円。いやね。いくらアンチファンタジスタで価値が上昇したとはいえそれはどうかと思うのですが。


 ショーケースにはレアカード以外だとキャンペーンや付録のエクストラカードも陳列されていましたが、結構安いものもあったりします。




サカつくEX バッジョ 所有2枚目

 その中で購入したのがさかつくバッジョ。使用予定はないものの、状態も良さそうなので500円なら予備に1枚持っておいていいかも。

 各ショーケースの下には過去バージョンの白黒が個別に包装されて釣りさげられているのですが、その中の一つの列に30枚程度をランダムに詰め込んだと思われるお徳用セットなパック売りがぶら下がっています。
 値札には「1個300円3個700円」と書かれ、スーパーの総菜や肉のまとめ売りみたいだなーとか思いながらどんなものがあるか見ていると、ここにもおかしなことが一つ。
 ぶら下がっている中に、どう見ても一番上のカードが光っているパックがあります。手に取ってみたら一番上だけじゃなく、反対側の一番上のカードも光っていますが。
 レアカードが封入されているパックが数えてみると10個ぐらいぶら下がっていました。だいぶ売れた後の様子だったので、最初何個あったんだろうねこれ。

 その中から未所有カードが封入されているものを選んで購入。




WFW アネルカ 所有1枚目
WFW ベンゼマ 所有1枚目
WFW アグエロ 所有1枚目
WGK ファン・デル・サール(08-09) 所有1枚目
WGK ツェホ(08-09) 所有3枚目


 700円で前バージョンの未所有4枚が手に入れば安いもの。ちなみにツェホの2枚は組み合わせで買わざるをえなかったもの。

 後で開封してみると特に目立った傷も角スレもなく状態は良好でした。各カードともショーケースの正規の値段では315円で販売されていたので、これはオープン記念のサービス品だったんでしょうね。


 ショーケース以外にも、こういったリサイクルショップにつきものなのがガチャガチャ。この店ではおなじみのガチャガチャの他に、キラ確定の3000円・2000円の大入り袋くじを販売。
 3000円の大入り袋に入っているカードのリストが掲示されているのですが、ペレ・マラドーナなどの最上級のカードが入っているのは当然なことだとしても、他のカードにちょっと問題あり。WWFとかWDFとか、どう考えても300円の価値しかないカードが多数入っています。額を考えると祭りの出店のクジ屋よりもひどい。
 2000円の方は今バージョンのMVPなどが目玉で、他のカードの質は変わらず。

 そんな地雷原には足を踏み入れず、今回は安価なガチャガチャの方を回してみました。1回1000円でこちらもキラ確定。ショーケースに番号が書かれたカードが展示されていますが、こちらはそれほど高いものはないですが新バージョンの日本人など欲しいカードが結構あります。もちろん引いてはいけないカードもそれなりにありますが。

 で、1000円を投入してみた結果がこれ。




BE ブッフォン 所有たぶん3枚目


 引いてはいけないカード。相変わらずこの手にクジに弱い。せめてAEだったらorz


 なんだかんだでこの日は色々と買ってしまいました。アピナ太田の近所にも同系列店がありますが、こちらはプラボ太田からエレベーターで降りてすぐのところですからね。プラボからの帰りにちょくちょく寄り道してしまいそう。
 それに新チームを立ち上げようと思ったらあの白カードがない・・・と思っても直ぐに買ってこれるわけで、いやはやなんとも便利になったものです。



けいおん!再始動

 2期終了後も映画化やらキャンペーンやらで話題に事欠かないですが、最終回を迎えたはずの原作がまんがタイムきららの方で再スタートするようで。
 大学生編なのか、それとも梓憂純の後輩軽音部なのか分かりませんが、スピンオフとかでなく続編みたいですからこれは映画に続いて3期フラグも立ったようで。

 けいおん!の続編が作られるのは素直にうれしいのですが、どうも再始動には掲載雑誌の方に事情がある様子。最終回を迎えた後のまんがタイムきららはだいぶ売り上げを減らしているとかで、けいおん!の看板をまた掛け直した・・・ということのようで。


 なんというか、代表引退したジダンを呼び戻したフランス代表みたいだと思ったわけで。本当にいなくなったあとが大変なのにね。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )