群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 色々と乗り遅れてますけど、先週発売のファミ通と電撃アーケードに新バージョンのカード画像を含む情報が掲載されたようですね。ファミ通は購入しましたが、アーケードの方は店頭で目を通した程度ですが。
 画像はどこかにあるでしょうからそっち参照。掲載されていた新カードについて簡単にまとめ。


■ファン・ロマン・リケルメ MF ボカジュニアーズ
17/02/17/11/14|81 トリックパス

□アレクシス・サンチェス MF リーベル・プレート
15/08/16/11/18/16|84 敵陣を縫うドリブル

□レナト・アウグスト MF CRフラメンゴ
15/08/16/15/16/15|85 スペクタルの起点

□クレーベル・ペレイラ FW サントスFC
16/05/11/15/16/12|75 弾丸シュート

■ロジェリオ・セニ GK サンパウロFC
12/18/14/17/09/10|80 ピンポイントフィード

■フランセスク・ファブレガス MF アーセナル
16/11/19/13/15/15|89 ゴールの轍

■ジョン・テリー DF チェルシー
09/19/13/18/13/15|87 結束を導くディフェンス

■フェルナンド・トーレス FW リバプール
19/04/17/17/18/15|90 反動の矢

■ポール・スコールズ MF マンチェスター・Utd.
14/12/15/15/14/17|87 確信の一撃

■カリム・ベンゼマ FW リヨン
18/05/16/18/16/14|87 不敵のボールキープ

■バスティアン・シュバインシュタイガー MF バイエルン・ミュンヘン
15/10/16/15/17/15|88 ショットオンエッジ

■クラス・ヤン・フンテラール FW アヤックス
19/05/15/18/15/16|88 ハンティングボレー

■ロイ・マカーイ FW フェイエノールト
18/04/15/17/15/13|82 狡猾なゴールハンター

■カルロス・サルシド DF PSVアイントボーフェン
11/17/12/15/17/16|88 迅速無比なストッピング

□アルベルト・パロスキ FW A.C.ミラン
16/06/15/14/15/12|78 ワンタッチストライカー

■フランチェスコ・トッティ FW ASローマ
18/07/18/18/15/15|91 最前線の司令塔

■ズラタン・イブラヒモビッチ FW インテル
18/06/19/19/15/16|93 エアコマンダー

■アレッサンドロ・デル・ピエロ FW ユベントス
19/07/19/13/14/15|87 ゴールへのパス

■リオエル・メッシ FW FCバルセロナ
18/08/19/13/19/15|92 スモールの崩し

■イケル・カシージャス GK レアル・マドリード
08/19/12/15/16/13|83 カバーガーディアン

■ダビド・ビージャ FW バレンシア
19/07/17/12/18/16|90 シューティングスター



 今回の発表で明らかになったのは、登場する21チームから各チーム1名21枚。
 内訳は黒が17枚、白4枚。キラはなし。

 09年2月末稼動を前提に考えると、今までの発表に比べると若干情報が早い。過去の2シーズンでは稼動1ヶ月前におおまかなカード情報が出ています。今回は稼動8ヶ月でシーズン終了と事情が違うからかもしれませんが。


■過去3シーズンの公式発表の傾向、今回の発表を比較してみる。


【稼動1ヶ月前】

 現06-07の場合、稼動1ヶ月前にファミ通で発表されたードは23チーム中23枚。ただし、キラ画像はなく、発表された黒8枚・白15枚からもキラになったカードはなし。

 05-06の稼動1ヶ月前のアルカディアで発表された情報は21チーム中18枚。その中でキラ画像だったものは8枚。ただし、2名発表されたチームが4つあり、発表されたチームは実質14チーム。

 04-05の1ヶ月以上前の情報といえば、AOUでスネークされた小野の画像ぐらいなもので、事前情報らしい情報はなし。この頃のセガの情報秘匿能力は今の倍ぐらいあった気がする。


【稼動1~2週間前】

 06-07は1週間前にファミ通でキラ9枚を含む全25枚が発表。
 この時はキラが発表されたチームに限り白黒が掲載されていないチームもありましたが、ファミ通webで補完する形で6枚が発表され、合計すると黒16枚、白6枚の合計22枚。
 この22枚のうち、キラ化されたものは7枚。

 05-06は紙媒体では電撃PSにリケルメとシュバインシュタイガーの2枚がぽつんと載った程度でしたが、公式HPが突如更新され新カード画像が掲載されたためにお祭りに。
 確認されたカードは41枚(手元に残っている記録が元なので確証はないですが)。
 内訳は黒16枚、白25枚。この中からキラ化されたのは6枚。ただし、既に発表されていた選手も2枚含む。

 04-05は2週間前になってようやく公式サイトで稼動が発表され、ファミ通に新カード情報が掲載。
 掲載されたのは15枚。内訳は黒10枚、白5枚。その中でキラ化されたのは6枚。
 キラ画像はなし。稼動当日に新キラのデザインを見て唖然としたのが懐かしいなぁ・・・。
 


 今回のファミ通発表は1ヶ月以上前に全チームからのカードがキラ画像抜きで発表されたという点で06-07の1ヶ月前情報に類似していますが、発表された選手層を考えると、この全てがキラ化されないというのは非常に考え難い。セリエA得点王のデルピエロ、メッシ、カシージャスをキラ化しない理由も見当たらないわけで。今回はキラ化選手を含む発表と考えるほうが自然でしょうね。

 過去の白黒からのキラ化割合を考えると多くて全体の30~40%程度。今回も7枚、多くて8枚といったところか。

 今回発表されているカードを見ると、若手ながら既にチームの主軸となった選手が多いですね。下方修正されているトッティ、マカーイ、スコールズと対照的でWCCFも世代交代を印象づける人選。その中でも輝きを放ち続けるデルピエロは別格なんだなと思ったり。

 確実だと思われるのが上記したデルピエロ、メッシ、カシージャス。
 残りの枠もFトーレス、ズラタン、ビージャは妥当な線。
 可能性として十分ありうると思われるのがリケルメ、セスク、シュバインシュタイガー。穴狙いでいくとアレクシス・サンチェス、レナト・アウグストのどちらかはYGS枠で登場するのではないかな、と。


 細かい予想もしたいところですが、続きはまた次回ということで。




 というか、できたらもう1回ぐらい更新したいところですが、今年はこれが最後になるかも。
 なので「良いお年を」と念のために言っておきたいと。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 終わってみればやっぱりマンUというか、マンUに勝ってもらわないと困るんですよね。結局。マンUが勝って色んな人が幸せになれたのだから、いい大会だったんでしょう。

 しかし、大会前からやっていた日テレのマンUマンセーな番組構成はどーよと思ったり思わなかったり。
 マンU以外に盛り上がる要素なんてないのは分かってますけど、欧州のクラブ次第で盛況具合が変わる大会の存在意義ってどうなのかしら。ネーミングもCWCじゃなくて「トヨタプレゼンツ〝サッカー後進国でも欧州ビッククラブとガチで戦えるかもしれない〟カップ」とかでいいなじゃないかしら。

 次回から2年間はUAE開催になるようですが、気候的にどうなんでしょうね。欧州王者は自国とたいして変わらなかった冬季の日本から気候が逆転したような中東に遠征ですから、ちょっと不利になるのかな。


■WCCF

 いつもの時間にももたろう笠懸。

・マドリードCF

FM62戦目/対人/39B 敗戦

RLD1
63戦目/対人 勝利
64戦目/インテル 引き分け

EPC
65戦目/1回戦 パンプローナ・フィエスタ 勝利
66戦目/準決勝 SSCエルコラーノ 引き分け・PK敗退


 特に戦果も釣果もパッとせず。ま、5クレでどうこうなるとは思ってませんけど。


 WCCFで書くことに事欠いているので、新バージョン情報が出てくるまでしばらくWCCF以外のどうでもいい話を主体にしましょうかね。5クレやそこらのプレイ内容をちまちま書いてるよりよっぽど更新速度が上がりますわな。

ももたろう笠懸
2勝1敗2分
140スコールズ 383モリエンテス 245 326 294


■気付けばもう最終週

 喰霊最終回。原作へ繋がる結末だと分かってはいるんだけどやっぱり黄泉(´;ω;`)

 でもってほんとに出て来たよ剣ちゃん。
 声が白石だったのは配役内での使いまわしなのか、それとも2期は白石で確定しているのかしら。弐村に声をあてるなら最近の流行で吉野・間島・羽多野あたりかなぁと思ってたんですけど。白石稔が主役だとのらみみぐらいしか思いつかない。
 これが使いまわしの場合「この先は考えてないから誰でもいい」的な消極的理由もあるので勘弁願いたいところなんですよね。

 全ての番組が最終回を迎えたわけではないですが、個人的に喰霊は今期のNO.1で確定。
 年間を通してもマクロスFと並ぶ今年の1、2番手の作品ですが、前評判の高かったマクロスに比べて全くのノーマークだったことを考えれば最もインパクトのあった番組かも。

 とりあえず2巻までDVDを予約済みなんですが、ネット通販での商品説明の主役キャストが特戦4課のメンツなんですよね。うん。どう考えても違うと思うんですが。
 レコーダー内の整理して出て来たAT-XのCMや番宣部長も4課が主役の内容で作られているわけで、公式HPから何から今から考えれば手の込んだ釣りだったなと思うわけで。

 そういえば特戦4課が何か伏線張ってたような気がするんですけど、回収されないんだろうな葵。それとも今流行の付録OADで(ry

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 いくら相手がホーム開催でも3点は取られすぎ過ぎだと思うマンU。意外にリガデキトはいけるんじゃないかと思ったり。


■WCCF

 時間的・資金的制約で今月WCCFしてません。だめじゃん。
 とりあえず11月分のストックで時間稼ぎ。


・11月11日(火)

・マドリードCF

FM55戦目/インテル/50C 引き分け
FM56戦目/対人/47C 敗戦

RLD1
57戦目/リバプール 勝利
58戦目/対人 敗戦

EPC
59戦目/1回戦 モッシュ・ロヒージャ 勝利
60戦目/準決勝 FCカラブリア 勝利
61戦目/決勝戦 ベニート・ベティコ 勝利・優勝


 毎回時間が同じなので同じカップ戦しか出れないな、これ。

 そして釣果も毎回同じようにリーチのみで終了。画的にもダメ。


ももたろう笠懸
4勝2敗1分/EPC
325 292 342ザンブロッタ 299 218 153 012リケルメ


■桐ちゃん(´;ω;`)

 くいたまは予想通り対策室は壊滅状態でナブーが1人生き残ったり、原作序盤と同じ人員構成に整理されたようですね。それにしても主要人物の死傷率が高すぎ。Vガン以下の生存率じゃ(ry
 最終回はちらっと弐村が出るんじゃないかという噂もあるようですが、2期制作が決まればまたアスリード+AICの共同制作という形でしょうか。

 そのアスリードといえば1月から始まる「おかえり」がアンケートで期待度1位になっているとか。
 純粋に作品の人気と「おかわり」の悪夢に対する期待が混ざっているような感じでしょうか。スタッフ総入れ替えで前評判は良さそうですが、結局はフユキが出るかどうか次第になりそうですね。
 くいたま2期があるとすれば、みなみけの後の制作ですから、来年の春期か秋期といったところですかね。


 どうでもいいですが絶望先生註買いました。あの雑誌載らないネタやるとは思わなんだ。というか単行本付録と勘違いして予約忘れ(ry

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 戦場の絆がREV2.0へ大幅バージョンアップしました。
 ここ何ヶ月かは週1ペースぐらいで続けていたのですが、しばらくプレイ回数が増えそうです。全然新情報調べてなかったのでwktk

 ・・・と、しばらく絆にシフトしてみようと思っていたのですが、WCCF07-08の2月稼動がほぼ確実になってしまったようですね。
 資金と時間に余裕があるならともく、年末年始でどっちも余裕なさそうな上、この状況は来年もしばらく続きそうときている。白黒ですらコンプ絶望的。これはもう購入かリサイクルBOXか常連さんからトレードしてもらうぐらいしかないかしら。



 ところで「REV」って何て呼ぶの? レブ?


■WCCF

・11月10日(水)

 ももたろう笠懸でいつもの時間に。


・マドリードCF

RLD1
50戦目/グラスゴー・クローバーズ 勝利
51戦目/アスル・デ・シエロ 勝利

CT
52戦目/1回戦1st ジャッロ・ロッソ・ローマ 勝利
53戦目/1回戦2nd ジャッロ・ロッソ・ローマ 勝利
54戦目/準決勝1st ロッソ・ネロ90s 引き分け


 CTの途中ながら、時間切れのために撤収。勿体無い。


 この日の釣果。




 WCCFの近くにあったアイスのプライズ。投資100円。
 アピナ太田で磨いた腕が役にたちます。でもスプーンがどこにもないんですけど。


 カードの方の釣果は初めてのMVPリーチが掛かりました。掛かっただけで終わりました。


ももたろう笠懸
4勝1分
021 010 179 354カンナバロ 270


■さあ押し迫って参りました

 10話でようやく2話と繋がりました、くいたま。
 黄泉失踪から特戦4課壊滅まで数日~数週間ぐらいの期間があると思っていたんですが、時系列でそのまま直結だったんですね。とにかく神楽生きててヨカタ。

 叔父上がお亡くなりになるまでは予想通りでしたが、白石がここで退場になるとは思わなんだな。黄泉の舐めた返り血は飯綱のものだとばかり思ってたし。
 原作に登場しない人物はここらあたりで掃除されるんでしょうね。ナブー兄弟のどっちかとか。個人的には桐ちゃんは残ってて欲しいのですがね。だって菖蒲に代わって来るであろう室長が峰不死子(ry

 ティルトローターが見切れただけとか、特戦4課は今回もほとんど触れられませんでしたね。
 その特戦4課の機体を見ながら桜庭が「都内を車で移動するのはナンセンス」とか言ってましたが、ずいぶんとごついの乗り回してますよね、対策室。三菱あたりの高機動車じゃなくてハマー使ってるのは市ヶ谷に対する当てつけかと思ったり思わなかったり。桜庭の言う通りヘリ導入になったらオスプレイの流れですかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 小野かと思ったら松井でしたね。WSK。やっぱりJは無茶すぎるか。

 16 09 18 13 14 14 84
 SKILL:挑発するテクニック
 戦術:ドリブル突破

 数値的には小野や中村と似た割り振り。事前にジダンの釣り画像があったり、復刻版や高数値を希望していた一部からは不評なようですが、個人的に好きなタイプの選手なので次のチーム使ってみようかと思います。

 そうなるとやはり次以降の付録は別のリーグ、高原、大黒、小笠原といったところでしょうか。

■WCCF

・11月4日(火)

 前日に続いて5クレ限定でももたろう笠懸でプレイ。

・マドリードCF

FM45戦目/対人/40C 勝利
FM46戦目/リヨン/50C 勝利
FM47戦目/レミューオンズLFP/53C 引き分け
FM48戦目/スーペルスダメリカ/54C 勝利
FM49戦目/FCバルセロナ/※C 勝利


 スケジュールが合わなく、あえなく全戦フレンドリーマッチ。ま、戦績も上々で黄金連携もぼちぼちできたので悪くはないか。

 釣果の方はリーチが掛かるのみ。


ももたろう笠懸
4勝1分
41
134ビディッチ 006 303トッティ 164 350メッシ


■ここから黄泉のターン

 黄泉生きてましたね。どこの記事やネタでも死亡扱いされてたのに。

 でもって病室で久々のポッキーに、





 となるところなんですが、それまでのやりとりや黄泉を見ていると涙が(´;ω;`)

 ま、その直ぐ後に殺生石で無駄にエロい方法で復活して暗黒面に落ちていったわけですが。とりあえずCCOを持ち帰った叔父上には死亡フラグが立ったわけですね、わかります。


 今日放送のAT-Xの無修正8話でラストの黄泉のところカットが明るくなって怪我の具合がはっきり見えましたが、なんであれで助かったのか不思議でならない。即死でもおかしくないのに東北道にいた飯綱や桜庭がよく間に合ったなと。
 黄泉と冥姉さんの一騎打ちの場所を何かで見た覚えがあると思ったら、NHKの番組で見た大谷市の石切り場でした。喰霊は1話の放水路や新橋駅とかしっかりロケハンしてますね。つうか黄泉は都内から栃木まで原付で移動したのか(ry

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )