群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 ファミ通に新バージョン情報が載るとかいうので、フライングもなにもせず発売日の午後にゆったりと買ってきました。
 さすがに新カード情報はまだ載らないとは思っていましたけど、2ページの誌面のほとんどがゲーム内容、それも既存情報。このあたりは読む価値無し。これ以上に詳しいことはネット上にごろごろしているわけで買って読むようなものでは(ry
 ただその中で、目を見張るべきなのがD前山氏のコメント部分。ネタバレだらけ。

 とりあえずファミ通の情報をまとめると、

・メインカラーは「シックなブルー」
・登場クラブは21チーム
・全国獲得賞金クラブチームランキングの導入
・↑の順位によってレア称号もらえる
・ネットワーク対戦はわからない
・シーズンが遅れているので巻いてます
・AIの開発に力入れてます
・ATLE出します
・06-07稼動から8ヶ月後に07-08は稼動します
・ファミ通なので細かい誤記有るかも。バレンシアが08年に国内リーグで優勝?


 かなりのネタバレしてますね。ATLEと稼動時期とか。

 特に稼動時期は「09年春予定」とタイトル部分では誤魔化してるのに、誌面で「8ヶ月でフルーバージョンアップ」と開発責任者が堂々と書いてよいのかしら。誰もツっこまなかったのそれ。
 ATLE復活は客寄せ材料でしょうね。焼き直しの現LEより、新規選手で人気のあった選手であることの多いATLEの需要が高いのは目に見えていますから。開発元はATLEは二度と出さないとか言っていたらしいですけど、回転率の落ち込みとこれからあまり伸びるとも思えない既存アミューズメント施設の集客率を考えれば、はっきりとわかる客寄せパンダは必要と考えるのは自然でしょう。つうか釜本を出そうとした前科があるので不思議でもなんでもないですけど。


 状況証拠による推測に過ぎなかった稼働日が、これで2月でほぼ確定するようですね。セガなので稼動延期になる可能性がないわけではないですが、シーズンの遅れを取り戻すと公言し、06-07の完成度の低い部分のブラッシュアップを重視したバージョンということなので、極端に稼動が遅延するということはないでしょうね。稼働時期をバラしちゃうのもそれなりの裏付けと自信があるからでしょうしね。
 パターンからいくと2月の19日(第3木曜)か26日(第4木曜)あたりが稼働日でしょうか。マジで時間ないなこれ。




 ファミ通の話と併せて猫ブログさんとこがいつものようにさらっと「KLEは2種類」とか情報をリークをしてるんですが、これは将軍と皇帝と勝手に解釈してもいいんだろか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 12月4日発売のWSKの付録は確定なようですね。やっぱり黒小野なのかな。

 今回は午前0時まで店頭で粘ってフラゲする企画はなし。午後11時以降に外出している機会が最近めっきり減りましたわ。
 とりあえず予約だけはしときました。新規発行のカードであることは間違いなでしょうから、前回の復刻版のように店頭でいつまで経ってもダブついていることもないでしょうし、WSK自体の発行部数もあれなんで。

 猫ブログの写真を見ると「第一弾」と書いているように見えるんですが、やはり3枚ぐらい出ると見ていいんだろか。


■WCCF


・11月3日(

 3連休で休みだった月曜日。夕方ぐらいからアイウィルにてプレイ。

・マドリードCF

FM31戦目/アフリカン・イーグルス/54C 勝利
FM32戦目/対人/55B 敗戦

RLD1
33戦目/対人 敗戦
34戦目/コローレ・ローザ 勝利

FM35戦目/エンニオ・プロシュート/51C 引き分け
FM36戦目/ホワイト・ライオンズ/55C 敗戦
FM37戦目/対人/52B 敗戦
FM38戦目/レアル・マドリード/52C 勝利
FM39戦目/グランデ・アルビセレステ/54C 敗戦

RLD1
40戦目/スーペル・エスパーニャ 引き分け
41戦目/アクイロッティ・ローマ 勝利

EPC
42戦目/1回戦 対人 勝利
43戦目/準決勝 FCチッタ・ディ・アクア 勝利
44戦目/決勝戦 対人 引き分け・PK敗退


 10クレ以上やったのは久しぶりな気がする。

 人は多めだったのですが、対人戦自体は少なかったですね。当たらないときはこんなもんか。

 この日から1トップでしようしていた06-07黒インザーギから、ITインザーギに変えてみました。
 DF裏の抜け出しはいいのですが、やや低い位置でパスを受けた後のドリブル突破が弱体化。黒の時のような技巧的なドリブルではなく、スピードに任せた直線的なドリブルになるため簡単に阻止されてしまいます。なので中央突破からの得点力が大きく低下し、結果的に戦績もあまり奮わず。

 黒<白な選手カードは多々ありますが、キラ<黒のカードがあるとは思いませんでしたね。まあ、チームの編成や戦術などの外部要因もあるので一概にインザーギは黒の方がいいとは言えませんが、このチームに関しては黒インザーギの方が良さそうです(出来るならLEも試してみたいんだけどそれは無い物ねだり)。


 釣果の方はリーチはかかるもののノーキラ。マタイセンやミクーの新黒が引けたのでよしとする。


アイウィル笠懸
6勝5敗3分
132ネビル 187 263 277マルディーニ 214マタイセン 018 130ファーディナンド 185 251 273ジダ 156ミクー 007 320 280


■ノーアウトをどうやって読み間違えるのかと(ry

 分かっていたことだったけど黄泉(´;ω;`)

 原作じゃ瀕死の描写だけだったのにあれじゃどう見ても即死。アニメ版は容赦なさ過ぎ。つーか何あのファンネルミサイル。
 あと1ヶ月分あるのにこれ以上の鬱展開が待っているんだろうな。やっぱり2期がないと無理。


 話は変わりますが火曜深夜の日テレのアニメが面白い。
 魍魎の匣は最初さっぱり話が分からんでしたが、京極堂が出てきたあたりから面白くなってきました。これはちょっと原作が読みたくなる。
 ワンナウツも回を重ねる毎に面白くなっていきますね。反則合戦は深夜にあれだけ笑わされるとは思わなかったわけで。最後に監督ヘタクソな画コンテの謝罪とかどこまでネタなのか。今期の意外な伏兵ですな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ちょっと話題になっているYoutubeの「&fmt=22」で色々視聴してみました。


マクロスFOP ※アドレスミス修正済
http://jp.youtube.com/watch?v=f96MkdB0gRo&fmt=22

ロザパン2期OP
http://jp.youtube.com/watch?v=2B6YmES2wkg&fmt=22

喰霊-霊-OP
http://jp.youtube.com/watch?v=s-dubarl5JE&feature=related&fmt=22

 比較サンプルになっていたマクロスF・ロザパン2と見つけた喰霊のOPを見ましたが、高画質過ぎ。ブラウザからのフルスクリーンであんなけきれいに写るとは思わなかったのですね。画質だけでなく音質も格段に良くなっているので、再生されているファイル自体が違うんでしょうね。

 つべの標準が320x240でこの「&fmt=22」にすると1280x720のHD画質になるそうで、ひとつ下の&fmt=18は既に装備されていたのも併せて知りましたが、これだと最終的にはフルHD仕様とかも出てきそうですね。ようつべは画があれなんで「とりあえず見れればいい」ぐらいに思っていましたが、こういう隠し球があるとは。
 上げられた動画がそもそもHD画質であることなど限定的でがありますが、ようつべぐらいの知名度があるところにされると他の動画サイトは脅威に感じるのかな(ニコ動が追随して赤字拡大フラグ?)。

■WCCF

・11月2日(

 この日は友人と高崎場外に行く約束があったのですが、合流時間まで中途半端に時間が空いていたので1時間限定でももたろう笠懸へ。
 日曜日、例のクレサービスもあってWCCFはほぼ満席。空いている後列の6サテだけで選択の余地はなし。

 まだまだ中途半端なレアルを出しても戦果は見込めないので、久しぶりに別のチームを投入することに。


・オークランド

RLD1
76戦目/対人 敗戦
77戦目/対人 敗戦

ICC
78戦目/GL1戦目 対人 敗戦
79戦目/GL2戦目 対人 敗戦
80戦目/GL2戦目 ジャッロ・ロッソ・ローマ


 やっちゃったよ1000円全敗。

 このチームは俊輔のファンタジーアを軸に作ったので、ファンタジアーアが弱体化した今現在では有効な戦術を見出せずに悪戦苦闘しています。
 アーリークロスを試すつもりでカフーを梃入れしたのですが、そのカフーはまったくアーリークロスを上げてくれず。無駄に太線が繋がった連携重視のチームなのにパスが通らない。お手上げ状態。任期終了前に辞任するかも。


 ただ、釣果の方はそれなり。



<CRAロナウジーニョ 初引き・所有1枚目>


 格下げMVPキタ━━━━━━━━━━━!!!


 もっとも価値の低いCRAさんですが、キラはキラ。
 これで3回連続で1000円での光り物のツモでしょうか。戦績はあれですが釣果の方は好調。


ももたろう笠桃
5敗
026 CRAロナウジーニョ 026 173ケイタ 364グティ


■折り返し

 8週目で折り返しをだいぶ過ぎましたが、今期のあたり作品は喰霊・とらドラ・かんなぎの3つ。
 特に喰霊ではすっかり黄泉ファンなわけでして、アニメ版はもちろん原作の和装姿の悪霊バージョンもお気に入り。CCOを持つ黒手袋が何とも艶やか(ry

 現在放送しているTV版が原作に繋がる路線であるとすれば、この先は間違いなく鬱な展開になるんですよね。それこそスクイズ並の鬱な下降線が待っているわけで、4・5話の様なハートフルアニメはこの先期待できない。
 ハッピーエンドのような大団円も望めないのでしょうが、おそらく原作1巻からの内容で始まる2期を見据えてのことなんでしょう。制作決定の話は聞きませんが、零の内容からすれば2期前提としか思えませんけどね。
 それに2期が無いと救われませんぜ。主に視聴者が。



 喰霊でアスリードがやれば出来る子だということが分かりました。なのでみなみけ3期はもう少し頑張っていただきたいわけで。とりあえずDVD予約しときま(ry

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 武の落馬でノーリーズンの悲鳴を思い出しました。
 しかしノーリーズンやディープや今回のポルトとか、武はGIでスタート直後に躓く馬によく巡り合いますわな。


 07-08の稼動時期が早まる可能性があるそうですね。バージョンアップキットの発売時期が2月と明記されているHPがあるそうです。
 3月だって十分早いのにさらに繰り上がって2月て。06-07の稼動期間たったの8ヶ月ですか。
 というか06-07の開発ではなんでそれだけの努力が出来なかったのかと(ry



 正直、2月稼動されたら06-07の白黒すらコンプ無理。キラなんてもっと無理。新バージョンが早く始まらないで欲しいなんて初めて思いましたよ。セガはやれば出来る子だけど空気の読めないこ子です。


■WCCF

・10月31日(金)

 所要で行ったついでにアピナ太田でプレイ。


・マドリードCF

RLD2
15戦目/サン・サルディーニャ 勝利
16戦目/ベニート・ベティコ 勝利・優勝

W4THC
17戦目/1戦目 ヴァレリ・キエフ 勝利
18戦目/2戦目 バイヤー・ハベルラント 勝利
19戦目/3戦目 リール 勝利
20戦目/決勝戦 バイヤー・ハベルラント 敗戦


 他にプレイヤーがいないので闇状態。RL2部をさくっと優勝した勢いでTHCも獲ろうと思ったら予選リーグでフルボッコにした薬屋に負けました。WCCFなんてこんなもんです。


 釣果はいつものリーチ詐欺配列。なんでこんなにリーチが掛かるのか不思議でならない。他にも引くべき黒があるはずだろうに。

 最後のクレで確信に近い堅さのパックが到来。

 開封してみるとキラ該当選手。ただし、微妙。



LEショル 初引き・所有1枚目>


 3枚目の金色キタ━━━━━━━━━━━!!!


 初引きLEということでこれでも3割増しぐらいの喜びで表現しております。


 現バージョンで初めての連続LEツモ、それも1000円でまた引けたのですから内容云々じゃないですな。罰があたります。


アピナ太田
5勝1敗/RLD2
245 343デコ 300 155 283カカ LEショル


■新規導入店


 公式HPで近所の店舗のランキングなどを見ようと思ったら、群馬に新しく1店舗追加されてました。

プレビ劇場ISESAKIアミューズメント

 店舗をクリックしてもプレイデータなしの表示。
 それもそのはずで調べたら開店するのは今月20日。いつからセガは新店の宣伝までしてくれるようになったんでしょうね。いつまで経っても導入店を追加しないこともあるのに。
 地図で調べたら、国道17号と県道68号が交差する跨線道のところに作っている大型店舗。前に通りかかったときはまだ鉄骨だったのですが、もうできるのね。
イオンのような郊外型ショッピングセンターかと思ったら、シネコンとゲームセンターの複合施設のようです。高崎のサープラみたいなものでしょうかね。
 自宅からの距離はプラボ太田と同じか、若干遠いぐらい。04-05の頃まで足繁く通っていたナムコランド伊勢崎への道中の真ん中ぐらいなので不便な距離ではないです。気が向いたときなどには行ってもよさそうですね。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 また1週間サボってたら来月発売のWSKに付録が付くとか付かないとか(ガセネタなのかどうかは調べてませんので悪しからず)。

 06-07稼動直後にCPUチームに所属する小野が黒カード(後にレギュラーカードに変更)だったため、何らかのエクストラカードとして黒小野が登場すると言われていましたが、過去に日本人のエクストラカードを出しているWSKの付録ということもあり、小野が付録で出るのが既定路線になっているようですね。
 ただ、06-07にあたる時期は浦和に所属しているはずで、フェイエからもボーフムからも出すのはちょっと無理。
 ということは浦和で出すということだろうか。「WCCF IC 06-07」で世界中のクラブを対象にした名前でも一応あるわけだし。それにまったく何の脈絡も無くプロリーグでもないヤンマーから釜本を出しかけた前科のある企業だし。現役の選手を出すのであればリーグなんてたいした問題じゃないですわな。

 そうあると付録が1枚なのか?という疑問もある。初めてのエクストラだったカズを除けば、WSKの日本人、カルチョの数値違い選手や復刻版など複数枚を続けるのがこれまでのパターン。
 とりあえず小野が1枚目だとすると、2枚目があるとすればやはり日本人と考えるべきか。
 06-07時の海外クラブ在籍選手であればセルティック中村、フランクフルト高原、ルマン松井、メッシーナ小笠原、トリノ大黒、カターニャ森本、バーゼル中田、ザルツブルグ宮本・三都主など。
 参戦していないリーグのチームから登場するのはどうなのかなと思いますが、小野がJから出てくるのならやってやれないこともないか。
 あるいは小野と同じくJリーグ所属の国内選手からの登場という可能性もある。同一リーからの方が複数の版権を取る場合、金銭的にも楽になるでしょうし。
 そうなった場合の選考規準は何だろう。人気のある選手を出すだけなら簡単でしょうが、小野の規準で考えれば小野と同様、或いは準じる実績のある選手といったところでしょうか。例えば海外クラブに在籍経験のある選手、とか。
 過去にレジェンドで排出されているカズ・名波を除けば、城や西澤ぐらいしか思いつかない。ちょっとネームバリューが足りないか。
 やはり出るのであれば海外クラブからでしょうかねぇ。特に06-07に参戦しているリーグの高原・松井・小笠原・大黒あたりでしょうね。


 ・・・と、ここまで書いといて言うのもなんですが本当に小野が出るのか、いやそもそも付録企画って本当にあるの?という疑問符が未だにあったりするわけで。


 それと公式HPでのWSKの紹介文見て思ったのですが、ゲームとはいえアーリー厨を推奨するような企画をリアルサッカー専門紙ともあろうものが(ry


■WCCF

・10月27日(月)

 ももたろう笠懸で時間制限付きでプレイ。
 投入するのは前々日に起ち上げた偽レアルマ。


・マドリードCF

FM8戦目/対人54B 敗戦

RLD2
9戦目/マンチェスター・タウン勝利
10戦目/ジャッロブルAC 勝利

FM11戦目/オーロラ・バイキングス/56C 勝利
FM12戦目/対人/46C 敗戦
FM13戦目/バイエルン・ミュンヘン/56C 引き分け

RLD2
14戦目/対人 勝利


 とりあえず公式戦では負けてないか良し。

 RLで01~03の純正ローマと対戦したのですが、黒デルヴェッキオとか渋いぜ。超渋いぜ。
 「猪突猛進の~」のゴール実況を2回も聞かせていただきました。



 釣果は相変わらずリーチが懸かる流れ。
 どうせなら光れよと思っていたら、1枚明らかに堅いカード到来。開封するとリーチktkr



<LEゼ・ロベルト 初引き・所有1枚目>


 2枚目の金色キタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!


 レート的には中下級ですが、2枚目の金色なので全然問題なし。投入金額も1000円とリーズナブルに済んだので十分な戦果ですよ。

 この人は既に3枚ほど黒を引いていたので「キラが引けないカード」になると思っていたんですけど案外あっさりと解決。


ももたろう笠桃
4勝2敗1分
012リケルメ 225 111 281ガットゥーゾ LE・ゼロベルト 110ドロクバ 215ソリン


■パ○ツ商法

 GONZOの親会社であるGDHというところが2期連続の大幅赤字を出し、アニメ事業をリストラするそうですね。
 年に8本程度制作している番組を4本に集約したり、人員設備は別会社へ売却したりと規模を縮小した上で、

・過去の名作タイトルのシリーズ化による制作収益の確保
・コアユーザーだけでなくライトユーザー向けのカジュアルなアニメの制作

というような経営方針に転換。
 前者はともかく、後者の方は典型的な失敗フラグが立っているようにしか見えないんですけど。マニアックな内容を高いクオリティで作るというイメージがGONZOにはあるのですがね。

 最近ではストライクウィッチーズのパンツで稼ぐDVD商法が上手くいっているようですが、どう見てもカジュアルなライトユーザー向けの作品でないですね。
 ただ、好調なDVD売上げや決定している2期制作による将来的な収益の見通しを考えると、前者の「名作タイトルのシリーズ化による制作収益の確保」の観点には合致するわけで、リストラする前から既にダブルバインドしている気がしないでもない。

 一般向け作品なんてサンライズとかの販売枚数が一桁違う大手が腐るほど作ってるんですから、今まで通りに得意分野に特化し約束された購買層に供給する方がリスクも少なく、安定した経営に繋がるような気がするんですけどね。親会社にファンドの資金が入っているので性急に利益を上げたいのも分かりますが、目先の利益の為には金の卵を産む鶏も殺すのが投資ファンドですからねぇ。


 GONZOからはカットされる人間だけでなく、会社の方針に従わず辞める人間も出るんでしょうね。
 そうなると京アニの山○寛みたいなことになってストライクウィッチーズの2期制作延期の後に製作中止、新アニメーション制作とか(ry

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 才能をいくら持っていても商才が無いと失敗するのはいつの時代のどの業種も同じなんですねぇ。音楽的才能は多少あれでも、平仮名の人みたいに商売が上手い人の方が生き残るんだなぁと今朝のニュースを見てふと思うわけで。
 しかし、100億の貯金をどうれすれば-5億に出来るのかと小一時間(ry


 2年ぶりに高崎場外まで天皇賞秋を買いに行ってきました。
 スカーレット×ウオッカを軸に買ったのですが、3強で決着はないだろうと思ってディープスカイを切ったのが失敗。素直に馬連で買っておけばよかったのに、3連複で買ったので1・2が当たっているのに全滅。やはり「~はない」という思い込みは禁物ですねぇ。

 高崎には帰省していた友人に誘われて買いに行ったのですが、この友人はちょっと前まで証券会社で契約社員していて、リーマンショック直前に転職したタイムリーな人。
 高崎までの道中で色々と話を聞きましたが、現在証券屋さんは株安でここぞとばかりに始める新規顧客が大幅に増えているそうです。少し小金を持っている人が始めてみようと思うらしいですね。1万円ぐらいで小さなの始めようかと自分も思うぐらいですから。
 ただ、同じぐらい株安で大損した顧客の苦情処理で大変らしいそうですけどね。
 株以外にもアイスランド・クローネの商品がえらいことになってるみたいですね。証券会社に居た頃の友人も扱っていたそうですが、それを引き継いだ人は大変そうだとか。


■WCCF

 しばらく更新をさぼってましたけどWCCFはちょこちょこやっていたりします。


・10月25日(


 用事のついでに寄ったアピナ太田で新チーム新チーム起ち上げ。

 先日任期終了したクラウンベイブスUtd.の監督カードはファンニステルローイが師弟に残って居るので別の監督カードを使用。
 使うのは任期終了させてあったクリンシ×ロナウドの監督カード。
 年俸21億の所有する最古参の監督カード。05-06では全然使用しなかったので年俸があまり増えてないですね。
 年俸9億以下の監督カードからしかまだ引き継いでいなかったので、10億超のカードだと何か違うのか試してみたいとも思ったので。


 とりあえず、こんなチームを起ち上げ。





 一言で言えば偽レアル。

 昨日引いた黒ラウールと、06-07の稼動初期から使いたかったインザーギのどちらを軸にしようかしばらく迷っていたのですが面倒なので両方使うことにしました。

 面子を調べていると、単純にレアル・マドリードの在籍選手で組むだけでラウールともインザーギとも連携面で安定。ロナウドの位置がただインザーギに置き換わっただけですね。戦術までは置きかえられませんが。
 インザーギ以外はできるだけ現所属選手で揃えたかったのですが、絶望的にカードが足りない(特にDF)ので過去在籍選手が中心。
 ラウールとグティが居ればそれっぽく見えるような見えないような・・・という感じのレアル。
 チーム名は何の捻りも無い「マドリードCF」。エンブレムもCPUの白い巨人と同じ物を使用。

 監督は年俸が高くても最初の引継ぎはNMLからのスタートなんですよね。これだと9億ぐらいのカードも20億超のカードもチームグラフの伸びにはほとんど変化がないのかな。


・マドリードCF

FM1戦目/対人/52C 勝利
FM2戦目/ブラックパンサー浪速/43C 敗戦

RLD2
3戦目/千葉ユナイテッド 勝利
4戦目/グリフォーネCFC 引き分け

EPC
5戦目/1回戦 ジャッロ・ブルAC 勝利
6戦目/準決勝 アマラント・トスカーナ 勝利
7戦目/決勝戦 パンプローナ・フィエスタ 勝利・優勝


 初戦から対人戦とか起ち上げに失敗したかなとちょっと思いましたが、終わってみればタイトル獲得。
 他のプレイヤーが一時的に途切れ、EPCがエアポケットのように闇状態。あのクラスのCPUなので育成段階のチームでも戦力差で押しつぶした感じの優勝。

 インザーギがなかなかいい。パスに抜け出すイメージだったのですが、引きずる感じのドリブルでDFを突破していきます。過去最高値のテクニックはここら辺が現われているのか。
 もう一方の軸であるラウールも上々。ドリブルの突破もさることながら、クロスにバイシクルで合わせたりするところはさすが至宝様。

 起ち上りとしてはまずまず上出来ではないでしょうか。



 釣果はリーチが1回のみ。

アピナ太田
5勝1敗1分/EPC
209 330 092ロシツキー 075 034 032 040クライトン


■温故知新。違うか。

 久々に彼氏彼女の事情を最初の方から見ていたのですが、、モブキャラの声にどこかで聞き覚えがある。

 スタッフロールで確認してみると、





 女子生徒Bが西園寺世界。よく見れば朝倉涼子までいる(こっちは後で気付いたけど)。

 なるほど。つまり県立北栄高校では人知れず、屋上や閉鎖空間で死闘が繰り広げられていたわけですね。わかります。


 10年前に視聴したときは名前もない脇役なんて何とも思わなかったのに、名前が売れた後で聞くと不思議な感じがしますね。その後の話は同じ教室に世界がいるようにしか思えないわけで。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )