群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 マガジンとサンデーが共同で新雑誌ですかそうですか。

 コラボ企画で久米田先生と畑先生と赤松先生でいくのは常道として、あとは金田一少年のコナンとかそういう方向で(ry
 
 先日のミスドとモスの提携みたいな、打倒業界首位を掲げてライバル企業同士が手を組むケースはこれからも増えるんでしょうかね。


 それにしても何の絡みも無いチャンピオン涙目。


■WCCF

・2月22日(金)

 アピナ太田で、閉店間際に500円だけ。


・ブエノスアイレス

FM73戦目/ドラゴン・ダス・アンタス/42B 勝利

RLD2
74戦目/ウディネーゼ/勝利 優勝

FM75戦目/アフリカン・イーグルス/50S 敗戦


 ようやくRL2部を制したのに写真撮り忘れたorz


アピナ太田
2勝1敗
016 275マルケス 285ジュリ


・2月25日(月)

 またアピナ太田で500円だけ。


・ブエノスアイレス

RLD1
76戦目/バイエルン・ミュンヘン 敗戦
77戦目/ASローマ 勝利

EPC
78戦目/1回戦 ジャッロブルAC 勝利


 意気揚々と投入したRL1部でバイエルンMにチンチンにされました。
 続くローマ戦では逆にチンチンにしてやりましたが、たった1試合で選手の動く状態がこうも違うとか、相変わらずWCCFのROMは流動的でわからんです。

 EPCは誰も他のサテが誰も出場していないので、時間も無かったのでクレ消化で1回戦だけ。




 さて、2月も終わるのに今年まだ1枚も光り物を見ていないのですが。




 いよいよマズイ気がする。


アピナ太田
2勝1敗
323 184コク 178


■スクイズ

 スクイズDVD6巻観ました。ディレクターズカット版という名のオリジナル版。
 音が大変なことになっています。効果音だけで怖いと思ったアニメは久しぶり。
 Bパートからラストの一騎打ちに至るDVD版での修正点は、効果音やあれの色とか、AT-X版で修正が加えられていると思われている個所がオープン。
 効果音と色変更で誠氏ねの最期がより誠ざまぁwwwな感じになっていますが、それを上回る変更とインパクトががくわえられたのが、屋上で鉈を振りかざした言葉様の部分。
 丸々カットされた鉈を引き抜く動作と音、そして何よりも言葉様が笑っております。ゲーム版のラストと同じ演出ですが、これを地上波で流すのはやっぱり無理なんだろうなと思うわけで。


 DVD最終巻発売に先立ち、AT-Xで再放送されていたスクイズが先週終了し、その後番組で「ひぐらしのく頃に解」が今週からスタート。

 なんというか、同じ事件で放送中止になった経緯のあるアニメを同じ時間帯で流すのはAT-Xの演出にしか見えな(ry

 このあとシゴフミ放送しやがったら確定。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 昨日の日本×中国戦は一体何の競技だったのでしょうかね。中継したTBSお得意の異種格闘技?

 試合自体は中盤の数分と試合終了間際しか見ていなかったのですが、前半から見ていたルールをよく知らない祖母に「酷い試合」と言わしめたぐらいなので何となく想像はついていました。

【サッカー】日本vs中国080220 中国のラフプレー集【高画質】 - ニコニコ動画
EAFF Cup China×Japan Chinese dirty football - youtube




 こ れ は ひ ど い 。

 代表レベルでまさかの少林サッカー。GKのあのカンフーキックは一発レッドじゃまいか。
 他にもボールがライン切る前に自分がキレて手を出したり、スパイクの裏が見えているのはデフォで、スライディングが全然ボールに行ってないのは気のせいでしょうか。

 オフサイドの区別もつかない審判もヘボすぎると思ったら全員北朝鮮。中東の笛も顔負けなジャッジは、技術以前の問題もあるようですね。いくら局地的な対抗戦でも欧州とか南米とか、アジア以外の中立国から呼べよ審判は。

 東アジア選手権の参加国を見て「罰ゲームにしか見えない」と評した人がいましたが、少なくともスポーツではなさそうです。地獄甲子園とか山崎×モリマンに近いような。
 岡田体制になってから代表戦は冷ややかに見ていたのですが、この状況下でよく勝ったなと感心しました。


 負けた方の観客は最後に発煙筒焚いて大ブーイングの嵐でしたが、この国、半年後にオリンピックやるんですよね?


 これはハルピンに続く来週の絶望先生のネタだなぁ。


■WCCF

・2月20日(水)

 中国戦が終わった後にご近所のももたろう笠懸まで。

 2人ほど先客がいましたが、アピナ太田の常連さんの姿がなし。
 珍しいなと思っていたのですが、その30分後ぐらいに常連さん来店。この店で見ない日なんて無いようです。


・ブエノスアイレス

RLD2
65戦目/ローリング・トフィーズ勝利

FM66戦目/RCDモンジュイック/45B
FM67戦目/コローレ・ロ-ザ/41C 引き分け
FM68戦目/アクイロッティ・ローマ/41B 勝利
FM69戦目/ASローマ/43A 敗戦
FM70戦目/グラスゴー・クローバーズ/43B 引き分け
FM71戦目/DCリアソール/44B 勝利

RLD2
72戦目/コルシFC 勝利
73戦目/ブラックパンサー浪速 引き分け

FM72戦目/ユナイテッド・ユーゴ94/45S 敗戦


 CTのスケジュールにあたったため、丸々6試合がFMに充てることになったんですが、DFのラインばかり成長して、必要な連携線が伸びない。バティ×クリンシのラインがようやく白太線になったぐらい。
 いい加減チームも70試合を消化し、LCや上級タイトルにも出たいのですが、LCはタイミングが合わず、上級タイトルは2部なのでそもそも出れないわけで。
 まあ、実力はどうあれLC狙いで作ったチームなわけですから、別に上級タイトル獲らなくてもいいんですけどね。監督レベルE-なので全冠してもたいした称号がつくわけでもないですし。

 そういえばここ最近、称号はおろか全冠すらしてませんね。
 ・・・最近どころか、おそらく1~2年ぐらいしていないです。記憶が正しければ最後に全冠したのは04-05時代のマルコ×ルートのチーム。それも未だ任期終了せず、大会用として休眠中。

 巷に04-05の左ベタや05-06の6バックなど、誰にでも安易に強豪チームが作れてしまうようになってから、賞金や得点などのランキングは馬鹿馬鹿しくて04-05の早い段階で興味が無くなっていたのですが、何時の間にか全冠すら目標から外れていたようですね。

 昔は目的のタイトルまで違うチームを使ったり、時間がある限りスケジュールを調整していたのですが、現在は専らその時行われているスケジュールを消化することに終始。この日のようにCTを全てFMに使ったりするわけで。根本的な部分でのプレイスタイルがだいぶ変っているみたいです。

 このチームでの全冠は、最低130試合までの任期延長はほぼ確定しているので狙えないわけではありませんが、当初の目標通りやはりLC狙いということで。
 次のチームからは少し、全冠も意識していこうかなと思います。


 しかし、相も変わらずレアが出ない。


ももたろう笠懸
5勝2敗3分
323 184コク 178 236ジラルディーノ 215 054 259 158フンテラール 291 039ルイスガルシア


■7話

 絶望先生7話はいつにもましてカオスというか、普通にやってたのはAパート部分の6、7分ぐらいでしょうか。




 プリ○ュアみたいなOPとか笑っていいともとか料理番組とかスプーとか先生の中の人の実写とか、巻末ネタとかだらけ。
 後半パートは、切り絵とか影絵とかパステル調とかクレイアニメとか色々な手法のアニメを試みるクオリティの高い仕様など、7話は良い意味でカオスな神回。話の内容はあまり覚えていませんが。

 スタッフロールの制作協力に「ガイナックス」の名前がありましたが、ガイナックスといえばもう10年くらい前になりますが、「彼氏彼女の事情」で手書き画を棒に張って動かす回とかやってましたね。 エヴァではCGを至るところに使ったかと思えば、カレカノではアナログな手法を取り入れてみたり、思えば随分と先駆け的なことをやってましたねぇ。


 現クールも折り返し地点を越えましたが、シャフトのクオリティは落ちませんね。中盤に差し掛かれば中弛みして作画崩壊など粗い作品が増えるのですが(南家お○わりみたいに1話から不評もあるけど)、シャフトは回を重ねる毎にむしろ質が上がっているとすら思えるぐらい。
 先週号のマガジンの絶望先生は映画原作用を意識してるらしいですが、このレベルでシャフトが作るなら3回観に行って3回ともパンフ買ってもいいです。





 ね、簡単でしょ? シャフトさん。


 ENDカードが湖川先生だったのは驚き。どう見てもイデオンとダンバインです。本当に(ry

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先週発売されたPSPのギレンの野望・アクシズの脅威をプレイ中。

 地球連邦軍でクリアしたので、レベル:ハードでエゥーゴでプレイを始めたのですが、まったく地球に攻め込む気が無く、もっぱら宇宙に引き篭もり。
 資源が足りなくなると、時々ジャブローを占領しに行くぐらいで、周りのエリアに敵が集まってくると尻をまくって宇宙に帰るだけ。これだけで200ターン近く消化。
 宇宙に出て来た敵を虱潰しにするぐらいで他にやることはないので、技術力と開発にせっせと励んだ結果、現主力MSはジェガン。
 ただ圧倒的優勢かといえば、ティターンズの技術もMAXなため、そっちの主力MSもジェガンやジムⅢだったりするため、結局は物量次第。やってることは一年戦争と何一つ変っておらず。

 だらだらやってて忘れてましたが、このあとアクシズとかネオジオンとか出てくるんですよね。

 なんかすごくめんどくさい。


■WCCF

・2月10日(

 アピナ太田にてプレイするものの、閉店間際だったので3クレしか出来ず。


・ブエノスアイレス

FM60戦目/ASローマ/44A 勝利

RLD2
61戦目/ボトム・ユナイテッド 勝利
62戦目/パンテーラ・ダ・ルス 勝利


 まあ3クレじゃ何も出ないわけで。


アピナ太田
3勝
222イブラヒモビッチ 046 205アドリアーノ


・2月11日(

 この週末の連休はもともと土曜・月曜は仕事で、休みは日曜日だけはずだったのですが、急に3連休ということになりました。
 なので月曜日は特にやることもなかったのですが、前日に友人からメールがあって外出。
 自高校の部の後輩が前橋で写真展に出展するということで、行ってみようかということにあいなりました。

 正午に車で迎えに来るという予定で、起床して色々と準備が完了したのは午前11時。
 1時間あれば、5クレぐらい出来るだろうと思い、近所のももたろう笠懸で時間を潰すことに。

 祝日とはいえ月曜日の午前中という、WCCFをプレイする機会のない未知なる時間帯に行ってみると先客が3名もいるでは。

 1人は完全に仕事をサボっているサラリーマン。その向かい側に座っているのは学生風の客。
 残るもう1人は明らかに見たことある。アピナ常連さん。なんでこの時間帯までカバーしているんだこの人は。恐るべし。

 ももたろう笠懸まで来て気付いたのですが、往復時間等を含めるとどうやら5クレは無理そうであるということに。来る途中で信号に全部引っかかったし。
 なので、投入金額は500円。


・ブエノスアイレス

RLD2
63戦目/カリビアン・パイーツ 勝利

FM64戦目/ゲルゼンキルヘン04 勝利


 この日のFMでようやく2本目に黄金連携。




 ボバン×バティストゥータ

 現在のメンバーに入れ替えてからしばらく経ちますが、当初のチーム構想に比べ、内容がだいぶ外れてきました。

 まず、戦術が4バックに変りました。
 3バックの方が守備し易いと思っていたのですが、中盤が微妙に動かないという弱点もがあるようで、結果的に守備面が弱体化。中盤5人だとそれぞれのスペースに干渉し合うのか、動きが緩慢に感じます。FWを増やして3-4-3にすればちょうどよくなるでしょうか。

 現在、フォメは4-3-1-2に転換。
 トゥドールを控えに下げ、フェルナンド・コウトをCBに。
 そのコウトがなかなかいい感じで、無闇に上がらずポジションをキープし、相手がボールを持つと早めにチェックに行って芽を潰してくれます。スピードはないのですが、その足の遅さが逆に空振りを減らしてくれているようで、正面から対峙すればほぼ確実に接触してくれます。

 一番の誤算だったのが、クリンスマンの存在感の薄さ
 クリンスマンの反則的な活躍を期待していたのですが、現在のチーム内得点王はバティストゥータ、アシスト王はボバン。
 早い話、ボバンがバティにしかパスを出してくれません。クリンシ×ボバンの黄金連携の方が早く完成しているにも関わらず。
 現在のクリンスマンの立ち位置はセカンドストライカーといったところで、満足いく結果を残しているわけではないです。

 バティが予想外の活躍をしているのを喜ぶべきか、クリンスマンの期待外れを嘆くべきか微妙なところ。
 今のところ勝率7割程度は確保しているからいいようなもんですが、この先の上級カップ戦やLCでそれが問題にならんとも限らんですからね。


ももたろう笠懸
2勝
159 042


■生先望絶らなよさ

 今回はCパートがいい意味でカオス。
 それにA・Bパートは漫画版で好きな話だったので、こっちをいじられなくて良かったと(ry





 フルカラー宇宙の心理。この構図は凡人では思いつきません。





 だらしない千里の方がかわいいと思うのは私だけ?





 JOJOとか桜井女子とか。


 で、Cパートは良質なMADとして評判が良いようでつね。





 こういう遊び方も個人的には有りかと。ゴットゥーザ様の糸色倫はあのままでもいけるんでない?





 杉田にしか出来ないこのCV字幕オチ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 この前休載したハンター×ハンターが3月に早くも再開するとか。

 「おお、富樫先生本気出してるなぁ」と少し感心してしまったんですけど、よくよく考えてみれば本気だしてる漫画家は毎週連載しているわけで、ああ、これが映画版ジャイアンの法則というやつかと、勝手に思ったりするわけで。

 でもって次の連載が終わったらまた長期休載で、TV版ジャイアンの法則、やっぱりあんたジャイアンだよということになるのだと(ry



 ああ、それと昨日、後頭部強打による突然死フラグを立ててみましたけど、いや結構生きてるもんですね。


■WCCF

 昨日記事を上げた後、時間があったのでWCCFをやろうと思い出発。
 雪は止んでたとはいえ、路面凍結とか気になったのであまり遠出はしたくなかったので、ももたろう笠懸で妥協。

 9時半頃に行ってみると・・・ああ、やっぱり、という感じでいつものアピナ常連さんが鎮座。この時間のももたろう笠懸に行くと毎回いるぞこの人。アピナ常連さんじゃなくて、もはや笠懸常連さんというべきなんじゃないだろうか。

 着席してギリギリ間に合ったPCに、ブエノスアイレスを投入。


・ブエノスアイレス

PC
48戦目/1回戦 ボトム・ユナイテッド 勝利
49戦目/準決勝 浦和コスモズ 勝利
50戦目/トロス・アスル 勝利・優勝

RLD2
51戦目/フィル・トロッターズ 勝利
52戦目/バーミンガムFC 敗戦

FM53戦目/テーハミング・ソウル/38D 勝利
FM54戦目/コローレ・ローザ/42C 勝利
FM55戦目/リヨン/45A 敗戦

RLD2
56戦目/ハイランドダラーSV 勝利
57戦目/浦和コスモズ 引き分け

FM58戦目/テーハミング・ソウル/38D 引き分け
FM59戦目/グラスゴー・クローバーズ/43B 勝利





 PCをサクっと優勝し、そのままRLD2へ突入。
 5節目は昨日負けたバーミンガムFCだったので、借りを返そうとしたら、それまで鉄壁だった守備陣が不可解なクリアミスから失点した上、ボールを持ったバティストゥータがCBのサーラにタックルされて負傷退場。借りを返すつもりが0-1で敗戦というまさかの事態。
 さらに不運というべきか、負傷したバティが6試合欠場。

 クリンスマンを軸にしたチームのつもりだったのに、バティが何時の間にか攻撃の要になっていたため、不動のCFの長期離脱は痛手。そのあとの6試合が3勝1敗2分という数字にも表れているわけで。

 特にRLの最終節で引き分けてしまったのが痛恨の極み。




 結果、こういうことになりました。






 まさかの昇格失敗。




 憎きバーミンガムFC。

 次の試合は覚悟しとけチクショー。



 ちなみにアピナ常連さんはLCだけ獲ってお帰りになりました。いつものことですが、どうやらこの店でLC獲ることが目的なようですね。確かにアピナよりも獲り易いですから。笠懸は。

 ここでLCを獲るのは不可能ではないでしょうが、ちょいと骨が折れそうなので(勝利9割近い廃人仕様のチームと対戦するのは鬱)、LC出場するときはアピナとか他店舗の方が良さそうですね。


ももたろう笠懸
8勝2敗2分/PC
313 115 124 319 070 224トレゼゲ 041 091 216カモラネージ 280 125 325

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




 今週の絶望先生はいたって普通なAパート。それはそれでちょっと残念であったりなかったりしますが、他番組イジリが満載だったり、ツンデレとかヤンデレとかツンワビとかネタが豊富だったので、今のところ2期で一番の良回か。





 殿下とか。





 鳥羽イチローとか。





 いつか来ると思ってた本人によるOOネタとか。





 これなんてホイッスルとか。


 食中毒ネタは意図せず時事ネタにもなって(ry


 今週からEDが変ったようですが、こっちが正式ED?
 ローリー寺西の曲は久しぶりに聞きましたが、けっこういいかも。キュンキュン。
 空想ルンバCD買いましたが、あれはTVサイズよりフルサイズで聴くべき。


 ああ、それと今日、坂道で滑って転んで後頭部打ちました。


■WCCF

 昨日のアピナ太田は人が少な目だったので、ちょこっとブエノスアイレスの育成。


・ブエノスアイレス

FM40戦目/対人/56C 勝利
FM41戦目/レアル・サン・セバステ/45B 勝利
FM42戦目/バーミンガムFC/40B 敗戦
FM43戦目/オリンピコ・アスンシオン/37C 勝利
FM44戦目/アステカSC

EPC
45戦目/1回戦 バライドス・デ・ヴィーゴ 勝利
46戦目/準決勝 対人 勝利
47戦目/決勝戦 パンプローナ・フィエスタ 勝利・優勝


 キラ黒の対人FMには勝てるのに、圧倒的戦力差のバーミンガムFCに勝てない素晴らしい監督レベルE-クオリティ。

 初カップ戦としてEPCに出場したら、準決勝で常連さんと対人戦になってしまいました。なんだか補正掛かり気味ですいません。


 決勝も勝って、一応このチームで初タイトル。





 aafbさん風に記念写真を載せてみる。

 まだRL2部すら優勝してないのに。
 この際特化して、出場するのはLCだけにしてまおうかしら。




 今回引いたカードを見ながら、重大なことを思い出しました。


 今年まだ一枚もキラ引いてないじゃん。


アピナ太田
7勝1敗
020 018カルバーリョ 265 305カニサレス 048 330セナ 299 209ブッフォン


 シャナの新OPと新EDは曲調的に逆にした方がいいとか一部で言われてるらしいですね。個人的には新OPの曲好きな感じ。本編は相変わらず見てないけど。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )