群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記






 字幕・音声がダメだからついに作画で遊び始めたのですね。
 Aパートは相変わらずの超展開。本筋よりも作画が気になるというテーマ(ry

 しかし、何だか見たことあるこの動き。


 


Erste





Zweite


 どう見ても弐号機です。本当にありがとうございました。





 ついでにGガン。


■最近のアピナ太田事情

 ここのところWCCFをプレイしてないので、繋ぎでホーム・アピナ太田の近況とか聞いた話とか適当に。


 ここ最近のアピナはレイアウト変更ばかりしているようで。
 特にTCGが置かれているバッティングカウンター周辺のレイアウトが大幅に変更。
 戦場の絆の8サテが東側の壁際に全て移動され、そのすぐ隣にWCCFとGCBがモニターを背中合わせに配置。いつかされると思っていたんですよね。この配置。
 他にもクイズ系の筐体がGCBのあった周辺に一遍に移動。

 文字じゃ分かりにくいので、ペイントで適当に描いた図参照。





 結論から言うと、東側出入り口周辺がもの凄く狭くなりました。

 特にWCCFは入り口周辺に無理矢理詰め込まれた感じで、周囲からの圧迫感で常にアウェー気分を満喫できます。
 周辺の待ちスペースを限りなく切りつめて空間に余裕が無いので、おそらく大会のようなイベントは開けないでしょうね。もっとも今の店長にはそれらのイベントを行なう気が全くないようですが(あるならこんなレイアウトにはしない)。


 WCCFがもともとあったカウンターの西側のスペースはどうなったかといえば、UFOキャッチャーなどのプライス筐体が代わりに配置。
 ただ、筐体の配置に無駄があって、通路が意味も無く広くデッドスペースばかりが目立つ。

 暫定的なレイアウトなのかなとは思っていたら、アピナが新しい大型筐体を入れるという話を耳にしました。それも二つ。

 一つはこれ。


ダービーオーナーズクラブ2008


 熟練者と初心者ではレースで技量の差が大きく出るので、案の定ヘビーユーザーしか残らなかったゲームですね。新型だとそのあたりは改善されるのか、それとも金注ぎ込んだやつが強い仕様のままなのか。少なくともレースの仕様をもう少しリアルに近づけてほしいんですが。

 DOCからスタホに移り、それからしばらくしてWCCFを始めたのですが、DOC2008が入ったら先祖帰りしようかなと、少し考えているところ。本稼動は3月頃という話なので、おそらくアピナもそのタイミングで入れるんでしょう。


 もう一つはTCGのこれ。


LORD of VERMILION|ロード オブ ヴァーミリオン


 スクウェア・エニクスのアーケード初参入とか鳴り物付きのTCG。

 でもこれロケテが先月終わった段階で、注文締め切り日とかの具体的なリリース時期の表記無し。製品版が出荷されるのってまだ当分先の話なんでしょうね。


 上の二つを調べていたら、ついでにWCCFの記事も読んでみると気になることが一つ。


am-net:WCCF Intercontinental Clubs2006-2007


 発売日が「2008年夏」なのは良いとして、注文締め切りが「7月31日」とどうにも確定的な記述。
 となると、稼動は早くとも2008年9月か10月ということですね。

 10月を夏といわれても瀬賀暦なので別に驚きませんが、その頃は欧州は08-09シーズンが開幕している頃ですね。2年落ちですね。07-08は黒歴史ですね。


 それと猫大将のブログの読んでたら、その2年落ちしたWCCF06-07が来月のAOU2008アミューズメントエキスポに出品されるんだとか。

 そろそろカードをちらちらっと見せて欲しいなぁとか思ったりするのですが、稼動が9月以降のタイムスケジュールだと、ちとばかし勇み足かしら。


■ハチクロと神谷

 アニマックスで放送されていた「ハチミツとクローバーII」が昨日、12話(最終回)を迎えました。

 その最終回を見ながら、途中になって気付きました。
 竹本の声が神谷浩史。

 ノイタミナで見ていた人はご存知でしょうが、TV放送での最終回は神谷が事故で入院したため、代役で野島健児が声をあてていました。
 ハチクロIIのDVDを全巻購入する動機付けになったのは、その違和感のある最終回を神谷で録り直してあるということから。

 そういえばフジTVでもハチクロ傑作選とか題した再放送を深夜やってましたね。
 先々週の土曜日がその最終回の放送日。ハチクロと名前が付くものはとりあえず録画してあるので、それを見直してみる。

 こっちも神谷。

 普通に放送しとるがな。神谷版最終回。なに。これが正規版?




 逆に考えるんだ

 無かったことになっている「野島健児の最終回」を見ていることが勝ち組である

 と考えるんだ





 でも、DVD買った自分ちょっと涙目orz

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 風邪引きました。鈴木史朗のバイオハザード動画見たら病状が悪化しました。


 気紛れで「のらみみ」の第2話を見たら、思いがけず良作。今期のダークホースといわれている理由が分かりましたよ。白石。





 俗・絶望先生はAパートで遊ぶのが仕様ですかね。
 3話は出オチ、本編がラジオ放送、半分以上サービスカット、DVDで内容入れ替え示唆、本人降臨等々。あの解体新書のOPだとMAD作り難いでしょうね。


■WCCFプレイ記録

・1月18日(金)

 アピナ太田へ行こうと思ったのですが、寒かったので近場のももたろう笠懸店へ目的地変更。

 前に行った時、鉄拳ギャラリーにサテが占拠されていたあまり良くない記憶があるのですが、今回は鉄拳が下火になったのか、ギャラリーがほとんどおらず。
 電源を落されていたサテはそのままでしたが、以前よりは状況は改善。というかこれが正しい姿だろうが。


・ブエノスアイレス

RLD1
28戦目/フェイエノールト 引き分け
29戦目/対人 敗戦

FM30戦目/オリンピック磐田/45D 勝利
FM31戦目/バーミンガムFC/41B 引き分け

RLD1
32戦目/対人 敗戦

RLD2
33戦目/パンテーラ・ダ・ルス 勝利

FM34戦目/ルジタニア・ナシオナル/41B 引き分け
FM35戦目/カルデロン・マドリード/52B 勝利
FM36戦目/バイヤー・ハベルラント/43B 勝利
FM37戦目/カルデロン・マドリード/50B 勝利

RLD2
38戦目/コスタ・デル・ソル 引き分け
39戦目/グリーン・パウリスタ 引き分け


 この日はアピナ太田の常連さんが二人ほどいたのですが、RLでフルボッコされました。チームに大人と子供ほどの戦力差があるのにあの人たち手加減とか(ry


 結果こうなりました。





 なんか最近見たような気がする。


 それでも30試合消化で最初の任期延長。ただ、何かおかしい。


 いつもであれば「残り70試合」から「80試合」に延長されるはずなのに、今回は「残り71試合」から「81試合」に延長。30試合目の最初のラインはクリアしているのに。

 なんで1試合ずれてるのか、このチームの記憶を手繰っていくと一つ思い当たることが。
 かなり前に、監督カードがちゃんとリーダーに収まらず、試合中に抜けてフリーズしたことがあったのですが、どうやらこのチームがそれらしい。
 フリーズするとその試合は強制的に負け試合にされますが、任期は減らないので誤差が発生したのだと思われます。


 この日は、戦績も引きも微妙。

 最後のクレでロナウジーニョのリーチ絵柄がありましたが、さっきのアピナ常連さんから「この店で今月3枚MVPが出た」と聞かされたばかりだったので、まったくもってwktkしませんでしたorz



 しかし、何、この5分って。


ももたろう笠懸
5勝2敗5分
275マルケス 044 308 013アンリ 263 050 247 273バルデス 297 241 097バルテズ 288ロナウジーニョ


■風邪でダウンしてて、今さっき知った話

・青森の事件で一部のアニメでまた自主規制
・青森の犯人の自室からひぐらし(ry
・ファミ痛が誤報 → 間接的な抗議で即日訂正
・関東平野部に雪降るの?


・明日月曜日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







 2話Aパートはポロロッカ語放送ですか。それも嘘字幕付きで。

 原作のペリーさんの話は好きなんですけどね。原作と1期知らない一見さんお断りみたいな話です。DVD版の副音声で日本語吹き替えがあるとかいう話ですが、それ何商法?

 ※元ネタwikiを読んでいたら、劇中のポロロッカ語は『初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた(完成版)』の歌詞だとか。いやいや。曲は知ってても分からないて。





 後半は杉田のフリーダムで持ち直しましたが、演出担当が変ってから演出が意欲的過ぎ?





 あ、このエヴァ缶まだ持ってる。


 ・・・開けるタイミングを逸したため、未だ未開封。発酵で爆発とかしないよね?



■WCCF

・1月12日(土)

 アピナ太田にて。


 最近、チーム運営している上で、よく思うことが1つあります。

 「エリアチャンピオン獲りたい」

 今幾つか保有しているチームもそれなりに真面目に選んでやっているわけですが、それでもどこかでお遊びで選んだ選手を入れたり、特にカップ戦を目標とせずにダラダラ試合数ばかりを消化しているわけで、必ずしも「勝てるチーム」を作っているわけでなく。

 ここらで一つ、多少選手選びがアレでも「勝つためのチーム」を作ろうかと思い立ったわけで。


 そうと決まれば善は急げ。早速新チームの起ち上げ。


 が。


 ここで問題発生。
 というか発覚。


 起ち上げに使う監督カードが無い。


 何というか根本的に間違ってます。すみません。
 新しく監督レベルE-で作るのもアレだしなーとか考えていたら、1枚、使えそうな監督カードがあることを思い出しました。





 プラボ太田に通っていた当時、プラボ常連SさんからBSバティスゥータを譲ってもらい、そのテンションで作ってしまったバティ中心チームで、10クレほどやったところ封印されていたチーム。
3ヶ月ぐらい前にアピナ常連Iさんが時間潰しにということで何年か振りにカードリーダーに挿入されて3クレほど消化され、再び鞄の中でほったらかしになっていたもの。
 選手付きの手頃な監督カードが手元にあるのならば、使わない手はない。このカードを基に新チームを作りたいと思います。

 ・・・辞任して起ちあげ直そうと思ったのですが、まだ20試合に到達してないため辞任できず。そもそもレベルE-だし、まだ試合消化数も少ないので上書きして使うことに。





 既存選手も一部そのまま流用。バティは残留することに。
 新チームの概要はこんな感じ。





ホーム:ブエノスアイレス

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗━┛□┃□┃
┃□┗⑪━━━⑩┛□┃
┃□□□□□□□□□┃
┃■■■■⑨■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃⑧━━━━━━━⑦┫
┃■■■⑥■■■■■┃
┃■■■■■⑤■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□┏④━③━②┓□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻①┻━┻━┛
01 デ・サンクティス
02 レグロッターリエ 残留
03 WDFネスタ 05-06
04 LEマルディーニ
05 トゥドール 02-03
07 ガットゥーゾ 01-02
08 ピエーリ
09 ATLEボバン
10 ATLEクリンスマン
11 BSバティストゥータ 残留
12 キエーザ 02-03 残留
13 シャビ・アロンソ 05-06
14 ハーグリーブス
15 ユリアーノ 01-02 残留
16 コウト 01-02 残留


 残留選手が結構多いですね。それ以外の選手の選抜基準は、

・ある程度使用感を知っている
・実戦向け
・どことなく厨カード

 点を取れるFWとして、今もっとも厨なFWであるクリンスマンをあえて使います。何を言われようと使います。02-03の不毛な時代からクリンスマンは使っているのに、なんで今になって使えるカードになったかと小一時間(ry
 ボバンは上の二人との連携を考えた上での選択。やっぱりちょっと遊びました。

 このチームから3バックを採用したのが従来との変更点。
 77様のチームで何回か試してみたのですが、やはり3バックと4バックでは選手レベルでの守備意識に違いが出るようですね。失点率がかなり変ってきます。クリンスマンを使った上に6-1-3では節操が無いので、トップ下置いた形の3-5-2が基本フォメ。

 監督レベルはE-ですが、ローカルエリアでのCPU対戦で監督レベルはたいした違いにならないらしいので、積極的にLCを狙っていきたいと思います。対人戦だと補正掛かるのかな・・・掛かったらゴメンナサイ。

 再デビュー戦はFMから。


・ブエノスアイレス

FM16戦目/千葉ユナイテッド/36D 勝利

RLD1
17戦目/シンボリ・デ・カルチョ 敗戦

FM18戦目/パンプローナ・フィエスタ/41C 勝利
FM19戦目/トゥースピック・ロンドン/44C 勝利
FM20戦目/スリーアローズ広島/37D 勝利
FM21戦目/京都サッカークラブ/35D 引き分け


 2部だと思ってRLに出たら1部でした。02-03からに引き継ぎカードであること忘れてました。


アピナ太田
4勝1敗1分
221デルピエロ 196 122 168 175カイト 061スコールズ


・1月15日(火)

 アピナ太田。

 人が少な目だったので、ブエノスアイレスの育成に励む。


・ブエノスアイレス

FM22戦目/パンプローナ・フィエスタ/39C 勝利
FM23戦目/横浜マーリンズ/43D 勝利
FM24戦目/フィル・トラッターズ/43C勝利
FM25戦目/大江戸FC/38D 勝利

RLD1
26戦目/リバプール 勝利
27戦目/ロッソ・ネロ90s 敗戦


 このレベルのチームじゃウェアは止まりません。1-4でフルボッコ。

 FM連戦で連携線はそこそこ増えましたが、E-だと連携がやはり成長しにくいような気がしますね。チームグラフの伸びの悪さはどうしようもないですが。

 しかし、この日はよく怪我人が出ました。
 スタミナ切れのバティと交代したキエーザが怪我した時は冷や汗ものでした。
 5試合帰って来ないなんてザラですが、次の試合で御帰還。勇者様がお帰りなさったぁぁぁ。

 6試合で3人も負傷退場したのは久しぶり。ガットゥーゾまで負傷。中盤で一度に複数負傷退場されると、ちょっとキツイかもしれないですね。まあ、その時はマルディーニを(ry


アピナ太田
5勝1敗
290 315 241 094 132ラーム 136


■冠競争

 公営ギャンブルでレース名を付けられる冠競争というのがありますが、先日こんなレースがあったそうで。

SchoolDays 桂言葉ちゃんお誕生日記念競争(ニコニコ動画参照)

 これはNice boat.

 実況が「ことは」なのはご愛嬌。選手はレース名に疑問を持たなかったのだろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 フジの火曜9時枠で始まったハチクロ実写TV版。

 うん。色んな意味で予想通りの出来でした。
 まあ、あれです。原作とドラマはあくまで別物と考えるべきということでつね。

 OPの山岳部カレーはオリジナルでしょうか。コミック版だったらインド人のくだりはありかな、と画を想像しながら見てましたけど、その他はなんというか、全体的に無理してるなと。
 これはどうしようもないんですが、風景がどう見ても秋。桜吹雪で無理くり誤魔化してましたけど、下草の色とか陽射しの感じとか桜が散るような気温には見えんのですが・・・。

 配役だと真山が思ったよりも良かったですね。優男感が前面に出ていてそこがいい。
 山田さんはハズレ難いキャラなので無難な人選でしたが、初回はちょっとわざとらしさが出過ぎていたような気がしないでもないです。イジられキャラの竹本は可もなく不可もないですが、山田さんに蹴られる演出は何か違う気がする。

 主要キャラの中で注目していた森田先輩は正直ハズレ。
 ただチャラチャラしているだけで、いきなりリアカーに乗って登場、というインパクトの無さもさることながら、とても才能のあるキャラに見えないのは何故だろう。

 でも、一番問題がある気がするのは花本家。

 なんと言っても、花本はぐみがデカすぎる

 頭二つぐらい小さいというイメージが出来上がっているので、他の出演者と決定的な身長差がない成海版はぐみは異様に大きく見えます。

 そんな才能を感じない森田先輩、ミニハム感の無い花本はぐみよりもさらに違和感があったのはたぶん、花本先生。

 なんだ、あのおっちゃん。

 この髭のおっちゃん、花本先生というより一休宗純だよこれ。つうか常に煙草咥えているキャラ設定になってるよこの人。

 濃すぎる花本先生のせいで、ぬるい演出も途中からどうでもよくなってきました。
 というか、そもそもこのドラマ自体がオリジナルシナリオなんですから、はぐが大きかろうが竹本が蹴り回されていようが構わんのですよね。
 なのでローマイヤ先輩がいきなり登場して、次話以降もアパートに常駐して時間を埋めるキャラになっても全然おkというわけですね。本当にありがとうご(ry


 次回予告を見ると、真山が山田さんをおんぶしているシーンがあったので花見の話だろうと想像がつきますが、あのジャイアンリサイタルは再現されるんでしょうか。

 そういえば理花さんが杖つかずに普通に歩いてたな。それじゃ雨の中で真山を呼び出す理由が無いような(ry


■WCCF

・1月7日(月)

 アピナ太田でちょこっとだけ。

・FCハリウッド

FM70戦目/バレンシア/51A 敗戦
FM71戦目ラ・ブルー・アンサンブ/58S 勝利
FM72戦目/オーロラ・バイキングス/48A 勝利


 3クレ目で引いた「272」のロッシーニですが、ほとんど引いた覚えが無い。
 帰宅後、過去ログを調べたらこれで2枚目の引きでした。

 稼動から一年半近く経つのに、未だ2枚しか引いていないカードがあるとは・・・。

 ついでに「148」のヘイティンガもあまり見た記憶がないので調べてみると、これもなんと2枚目の引き。

 白黒のカテゴリで未だ1枚しか引いていないカードが2種類もあったなんてorz


 これはもしかすると、持っていると勘違いしているだけで、未だに未所有の白黒カードがあるような気がしてきました。

 もしあるとすれば「キラを気長にコンプしよう」とか言っている次元ではないですね。瀬賀の開発遅れのおかげで白黒未コンププギャー(AA略ryを免れたのかもしれません。


 ということで、今年は真面目にコンプ目指します。たぶん。


アピナ太田
2勝1敗
009フレブ 148 272


■再販

 近所の書店に注文したバックナンバーを取りに行ったら、こんな雑誌が平積みされているのを発見したので、ついでに買ってきました





 これって11月にぐらいすぐに売り切れたDTM増刊号と同じものかしら。初音ミク試用版が入っているやつ。
 最近だとジャンプスクエアが創刊号と2号で増刷しましたが、増刊雑誌が増刷されるのはかなり珍しいような気がする。この書店でも自分が購入して残り1冊。平積みということはそれなりの部数が仕入れられていたののは想像に難くないですが、もう完売間近ですか。

 雑誌繋がりでもう1つ。

 付録バレージ効果か、発売と同時に太田地区の書店の店頭からあっという間に消え、書店巡りをした末にCALCiO2002増刊号を手に入れたのは去年の11月。。

 散々探し回ったCALCiO2002増刊号が、正月休みで帰省していた常連さんから聞いた話だと、太田市のすぐお隣り、栃木県・足利市の某大型店ではこの年末まで大量に平積みされていたそうです。


 なに。この県民の温度差。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




 あけましておめでとうございます。



 ちなみに、現在日本標準時間で2008年1月6日午後9時を回ったところでございます。

 まあ、参賀日も一般的な仕事始めも過ぎた6日で「何を今更」的な挨拶でございますが、調べてみたところ去年の最初の更新は5日、一昨年は4日だったようなので、今年もそう特に変ったところのない年始めということでよしなに。

 しかし去年の最後の更新が21日で、今年最初の更新が6日。義務教育の冬休みと変らんようなゆったりとしたサボリ休養期間でした。
 なのでいつもの長期休みと同じで全くPCを触らない日々を過ごしたため浦島太郎でございます。


■去年のWCCF

 過去4年のWCCFプレイ歴の中で一番プレイ数少ない年になってしまいました。
 一番の理由はガンダム関連のゲームに起因することは間違いなさそうです。

 何せ戦場の絆では去年の1月から12月までも1年間、将官でいたわけでして。それも中将を半年ぐらい。絆をやっている方ならこれがどういうことかよくお分かりになるかと。

 その絆も稼動から1年が経ち、最近では大佐でも別にいいかと思う次第で、比重をそろそろWCCFに戻そうかと考えております。
 ・・・とか言いつつ年末年始はジム改やフル尼などの新機体目当てでぶん回していたんですけどねorz

 06-07がまだ当分先になりそうなので、依然コンプが見えてこない現バージョンをどうにかするのが当面の目標になりそうです。
 公式大会とか店舗大会とか、モチベーションを上げるイベントが全く無いのが気になるところですが、どうにかバージョンアップまで繋いでいきたいと思うところであります。


■今年のWCCF

・1月2日(水)

 新年最初のWCCFはアピナ太田。
 茨城に転勤したアピナ常連さんがこちらに帰省しているというので、それに合わせて夜から。

 投入するのは77様チーム。


・FCハリウッド

FM59戦目/スプリング・ザ・プラハ/48B 敗戦
FM60戦目/ホワイト・ジャイアント/56B 勝利
FM61戦目/スーペル・エスパーニャ/49S 勝利
FM62戦目/FCムンディアル02/54A 勝利
FM63戦目/ロッソ・ネロ90s/39SS 勝利

RLD2
64戦目/カルデロン・マドリード 勝利・優勝

FM65戦目/ラ・ブルー・アンサンブル/54A 敗戦

RLD1
66戦目/対人 引き分け

FM67戦目/アヤックス/41A 勝利
FM68戦目/オーロラ・バイキングス/48A 勝利
FM69戦目/チェルシー/52S 勝利


 大事な新年最初の試合を落しました。何てこった。

 戦績はぼちぼち・・・FMばかりではありますが。RLD2から上がったきたばかりなので、CTやCCなどのカップ戦に出たくても出れないわけで。そういえば同一チームで2部リーグを2回優勝したのは初めてか?

 釣果は無し。今年の1枚目はウディネーゼの誰だっけこれ。


アピナ太田
8勝2敗1分/RLD2
266 035 185 322 021ガラ 066 260 330セナ 300 321 133ルシオ


■08年1~3月期

 ひぐらしぐらいしか見ていなかった前クールに比べて、今クールは割と見るものが多いかも。
 ただし地上波は相変わらず環境に恵まれていないので、AT-Xで補完するのが大半でしょうが。

 ドラマの「ハチクロ」も楽しみだったのですが、配役を見て少し心配。森田先輩の成宮、原田理花の瀬戸朝香とかねぇ・・・。

 土曜深夜に放送された俗絶望先生を早速見ましたが、相変わらずのクオリティなようで。アーバンで8分使うってどこの銀魂ですか。個人的には瀬尾公治でEDアニメ作ってくれないかなと思ったり。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )