群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 EMVPカンナヴァロ確定でオケー?


 ・・・と思ったら、06-07から白い巨人じゃんorz



 もしかするとレアルマドリーからカンナヴァロだけ登場させる可能性も無きにしもあらずですが、チームとの交渉次第では「EMVP無し」になる可能性もあるわけで。

 つうか、今期のFIFA最優秀選手もW杯決勝に残ったイタリアかフランスから出る可能性も十分あるわけですが、その両チームの有力な候補も白い巨人所属というオチ。WMVPもダメすかそうですか。やっぱりロナウジーニョが獲らないとMVPは成立しないのかorz


■ガンダム

 先週ICカードを更新し、ようやく准将になりました。晴れて将官の仲間入り。
 ただホワイトベースは未だ支給されずorz。

 調べてみると連邦側汎用艦の支給条件は「准将以上でICを更新」らしいので、次回更新で獲得できると思われますが、もう新カード掘りをする気も無いのでWBを貰えるのは来年かなぁ・・・。


 今もアピナ太田でプレイするのはもっぱら「戦場の絆」。

 陸ガン中心にプレイして現在曹長。
 平均で評価Bぐらいは取れるようになったのですが、5回に1回ぐらいの割合でキャンパーとマッチングさせられ、連邦ジオンとも点数が稼げず敵味方全員評価Dとかいうクソッタレな試合をさせられるので昇進の辞令が下りませんorz
 それにアピナ太田は連邦用の筐体が4台あるので、見ず知らずの人と同時出撃することが多々。
 強い人もいるのですが、いわゆる「地雷」な人も結構居ます。
 4対4のゲームであるはずなのにほとんど戦闘に参加せず実質3対4、2対4で闘うことになることもしばしば。中には敵陣に1人切り込んであっという間に撃墜されるような人も居て、4人と闘っているはずなの何時の間にか敵が5人にいることも・・・。
 なので最近は知り合いの人達2、3人で出撃するように心がけています。おかげで勝率も大幅に改善。やはりインカムでやりとり出来るというのは大きな利点なんですねぇ。



 さて、また忙しくなってきたので更新が滞る悪寒。


12/01 一部誤字訂正

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 最近WCCF公式HPを定期的にチェックしていないので、人より遅れて知ることが多々。
 お約束の全国大会開催も最近になって正式アナウンスを読んだぐらいで。以下原文を抜粋。


 WCCF全国大会「WCCF CUP WINNER'S CUP The 6th」の詳細が決定しました!
 通算7回目の全国大会となる今回は、予選店舗数も過去最大数(予選店舗、日時は後日発表)になる予定。ひとりでも多くのご参加をお待ちしております!
 そして、ポスターにある「Go to the World!」の意味とは!?



 全国大会はU-5大会とR-5大会が交互に行われるんじゃなかったの?
 早くもR-5大会は黒歴史ということですかそうですか。

 R-5大会だったら前回大会優勝者に倣って、

「ASメディタレーニア」
「オランニェ・エルフタ」
「ジャッロ・ロッソ・ロー」
「新潟キグナ」
「トリ」

 とかで行こうと思ったのに。非常に残念(嘘)。


 「Go to the World!」つうことはまた海外で世界大会ですか。
 前回が伊太利亜ですから、今度の開催地は英国あたりでしょう。でもって会場にはマエトナとか来るんでしょうな。向うの人達からしてみれば「誰すか?」ではあるでしょうが。

 ただ、この前のイタリア大会みたいな開催国代表対日本代表のような名前だけの「世界大会」になりそうな予感。それじゃ世界戦じゃなくて国際親善試合ですわな。せめては今度は日・英・伊ぐらい集めましょうよ。


 ま、そんな縁の無い世界の話はともかく。
 地元・群馬の予選会場は復活した太田セガワと今年導入された前橋セガワの2ヶ所で開催と考えてもいいんでしょうか。最低でも太田大会には出たいので。


 あともう一つ、最近気付いた修正アナウンス。


【修正内容】
■ 一部選手の誕生日表記を修正しました。

■ 「EUROPEAN CLUB LEGENDS」カード裏面のポジションデータに、今シーズンのデータが表記されていたのを修正しました。



 ベルカンプやらヤンクロフスキの誕生日は前から言われていたことなんでようやくという感じですが、2番目のLEの誤植は初耳。
 今バージョンからLEの定義が変り、ポジション表記してくれる親切仕様かと思ったらミスですか。
 印刷されたポジション表記が誤植と言うことは、ひょっとすると適性位置が全く違う可能性があるわけですね。マルディーニは05-06のようなCBではなく、実際は左SBになっていたり、とか。
 

 ・・・じゃコスタクルタのポジション表記って何の誤植?



■ガンダム

 最近中心にやっているのが戦場の絆。
 アピナ太田は期間限定ながら現在8台が稼動し、連ジそれぞれ4台ずつに陣営分け。筐体は連邦専用、ジオン専用に設定できるようですね。
 アピナ太田は現在連邦150人、ジオン175人とジオン優勢。マッチングを見ていると全国的にもジオンが多いような気がします。

 現在使っている機体は陸戦型ガンダムで使用率は8割越え。ほとんど陸ガンしかやってないようなもんです。格闘より射撃重視のプレイングなので、ブーストなどにクセが無く一番使い易い機体。


 絆の売りの一つがインカムによるボイスチャット。知らない人とインカム越しにやりとりすることも多く、今ではこのゲームを始めるまで知らなかった人達とチームを組んでます。
 ちなみにアピナ太田はインカムを自前で用意するのが原則。なのでインカム無しの人と同時出撃になることもしばしば。インカムあると色々便利なんですけどねぇ。

 称号「死を運ぶ牛」パイ名「ユキムラ」でプレイしているので、他店舗からマッチングした方はよろしくお願いします(w

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 若干、余裕が出てきたのでぼちぼち更新再開したいと思いますが、仕事の状況によってはまた停滞するかもしれませんのでそのあたりはご容赦を。


・9月14日(木)

 アピナ太田でユベントスBを投入。


・ユベントスB

FM7戦目/ピチェーノ・ビゴル/35E 勝利
FM8戦目/RCフェニックス/38D 勝利

公式戦・RLD2
9戦目/パンプローナ・フィエスタ 勝利
10戦目/USデル・マーレ 敗戦

FM11戦目/オモボーノ/34D 勝利
FM12戦目/サン・サルディーニャ/43C 勝利
FM13戦目/FCカラブリア/36C 敗戦
FM14戦目/グリーン・パウリスタ/43C 勝利

公式戦・RLD2
15戦目/対人 敗戦
16戦目/ウンブリア・グリフォン 勝利

公式戦・THC
17戦目/1回戦 バライドス・デ・ヴィーゴ 勝利


 チームを起ち上げた前回(12日)に引き続き、まずまずな戦績。
 ただ、デルピエロ・トレゼゲの2TOPの決定力にやや不満が残りはしますが。


 釣果の方はキラこそ無いものの、未所持黒が出たのでまあまあな収穫。


アピナ太田
8勝3敗
023Jコール 090 064ファンニステルローイ 269 029 239シェフチェンコ 092 140シュバインシュタイガー 113 118ジェペス 211


・9月16日(

 土曜日もアピナ太田でユベントスB。


・ユベントスB

公式戦・RLD2
18戦目/ローリング・トフィーズ 引き分け

FM19戦目/新潟キグナス/34D 勝利
FM20戦目/対人/50S 敗戦
FM21戦目/ACジェノバ/41C 勝利

公式戦・RLD2
22戦目/モッシュ・ロヒージャ 敗戦

FM23戦目/対人/48C 引き分け
FM24戦目/対人/※C 引き分け
FM25戦目/対人/54A 勝利
FM26戦目/対人/53A 敗戦
FM27戦目/ルジタニア・ナシオナル/43B 勝利

公式戦・RLD2
28戦目/カリビアン・パイレーツ 勝利
29戦目/ピチェーノ・ビゴル 勝利

FM30戦目/イスタンブル・リセ/47B 勝利
FM31戦目/マルセイユ/41B 勝利

公式戦・RLD2
32戦目/アクイロッティ・ローマ 勝利
33戦目/モッシュ・ロヒージャ 勝利

FM34戦目/ACジェノバ/39B 引き分け
FM35戦目/対人/49C 勝利


 前回同様、戦績はそこそこ。
 その中で最も面白い試合だったのが最後のFMの対人戦。

 06-07仕様のバルセロナでザンブロッタ・テュラム入り。こちらはその古巣である06-07仕様のユベントス。何か因縁めいた素晴らしいシチュエーション。試合はこちらが勝利し、主力選手を引き抜かれた
恨みを晴らす結果に。


 釣果の方は最初の4クレ目で早くも堅い感触。




 認識ミスの人。キラのプログラムを間違えてたってどういうこと?>SEGA

 ネスタは歴代全てのVer毎にキラが排出されているものの、01-02以外は能力値が変らず、よく言えば安定しているカード、悪く言えば面白味が少ない。

 最初の5クレ終了後、サテを移動したりしたのですが結局、釣果はネスタの1枚のみ。

 ネスタの時点でやめときゃ良かったと思うのは、まあ、結果論ですわな。


アピナ太田
11勝3敗4分
215 054 076 WDFネスタ 209ブッフォン サテ移動 112 268 179 108 004 002 023Jコール 090 064ファンニステルローイ パック切れ 186 037 072 203スタンコビッチ

11/24 一部書き足し

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 本格的な更新は出来そうになくて申し訳。

 まあ、それでも時間を見つけて戦場の絆やりに行ってたりしてますが・・・。



 同じガンダムで久しぶりにGCBの本スレを見に行ってみたら、付録ジム頭本の発売日が近いせいか何やら「大石祭」になっている様子。
 祭するのも粘着するのも傍観者なんでどうでもいいことですが、大石氏とやる気ならそれ相当の気合と覚悟がないと体が持ちませんぜ。付録以前から大石英司を知っていたGCB住人がどれほどいるか知りませんが。


 ともかく、祭の影響で有益な情報が全然無いというのは一体どういうことか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 多忙のため、更新が滞っております。しばらくこんな感じになりそうなんで申し訳。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 本日、アピナ太田に「機動戦士ガンダム戦場の絆」が入荷されるようで。
 三国志大戦の後ろにあったBBHを移動させ、そこに鎮座するとか。あのドーム型筐体ってもしかするとTCG筐体よりデカイい?


 それと、どうでもいいことですが、BBHで来期の巨人を作るとリアルチームなのにASに扱いされる予感必至。もうね、アフォか(ry


・9月12日(火)

 場所はアピナ太田。
 前日に任期が終了した藤岡2号の監督カードで新チームを起ち上げが目的。


 今回はリアルチームを起ち上げることに。

 02-03の頃に、全白でウディネーゼを起ち上げたことがありますが、あれは過去在籍選手込みの準正リアルチーム。

 今回は06-07シーズン仕様の純正クラブを起ち上げ。


チーム名・ユヴェントス
本拠地:イタリア・トリノ
┏━┳━┳━┳━┳━┓11 ■BANデルピエロ
┃□┃□┗━┛□┃□┃10 ■トレゼゲ 05-06
┃□┗11━━━10┛□┃09 ■MVPネドヴェド
┃□□□□□□□□□┃08 キエッリーニ
┃■■■■09■■■■┃07 ジャンニケッダ 05-06
┃■■■■■■■■■┃06 トゥドール
┣━━━━━━━━━┫05 ■ムーブソン
┃■08■■■■■07■┃04 R・コバチ
┃■■■■06■■■■┃03 レグロッターリエ
┃□□□□□□□□□┃02 ビリンデッリ
┃□05━04━03━02□┃01 ■WGKブッフォン 05-06
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
16 サラジェタ
15 カモラネージ 01-02
14 マルキオンニ 02-03
13 ザネッティ 01-02
12 ゼビナ 02-03


 おそらく、日本全国に大量に発生していると思われるセリエB仕様ユーヴェ。
 WCCFでカード化されているのは全部で17名。そのうち白GKのベラルディを除外すると、ちょうどU-5で作れてしまうわけで。

 主力選手の大量移籍でどのぐらい戦力ダウンしているか心配だったのですが、そこそこの戦力は保持。
 ただ、FWが3枚しかなかったり、異様に右サイドの選手が多かったり、チームバランスが取れているかと言われると疑問。
 とりあえずネドヴェドをMにしたり、多少の梃入れを加えて誤魔化します。

 ・・・どうせならトレゼゲも光り物がいいのですが、無い物ねだりはイクナイネ。

 チーム名はまんま「ユヴェントス」。
 ここでの暫定表記は「ユヴェントスB」とでもしときます。


・ユヴェントスB

FM1戦目/ピチェーノ・ギゴル/36E 勝利

公式戦・RLD2
2戦目/サン・サルディーニャ 勝利
3戦目/ヴィクトリー神戸 勝利

FM4戦目/オモボーノ/35D 敗戦
FM5戦目/コルシFC/39D 勝利
FM6戦目/USデル・マーレ/38C 勝利


 トップ下に起用したネドヴェドは、相変わらずパスがキツすぎでFWが取れないことが多々。
 CBを任せたレグロッターリエが張り切り過ぎてポカが多いのも仕様はしょうか。コバチがカバーリングで過労死しそうです。
 全体的に左サイド選手が手薄なため、守備に不安が残るキエッリーニを右DMFで起用し、CBのムーブソンを右SBにコンバートしたのですが、そのムーブソンがなかなか良い感じで、サイド攻撃を狙う相手を潰すパワーディフェンスが光っています。


 攻守に問題は多いながら、やれそうな手応えはあるので、あとはやる側の頑張り次第か。


 釣果の方は最後のクレでこの人。





 えーと確かこの人、最近使っていたような。

 どうせなら、キラの前に引いた「至高の輝き」がダブったほうは嬉しいのに・・・。


アピナ太田
5勝1敗
291 117 327 302 221デルピエロ WWFロッベン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 昨日は伊勢崎で久しぶりに三国志大戦やりました。実に2ヶ月ぶり。
 Ver.2.01になってからは初めてのプレイですよ。

 結構調整されましたねぇ。槍兵が少し弱くなり、弓兵は強化されたのを実感。
 兵法・増援の下方修正で回復量の少なさにもちょっと驚き。マスターであれだけ?

 2ヶ月とういう時間が思い知らされたのは、対戦相手のレベル。

 13州の攻略戦手前で2ヶ月間放置したのですが、三国志の主戦場はどうやら相当上に行ってしまったようですね。
 昨日の13州での侵攻値の変動が勝利で+220、敗戦で-20。
 侵攻値のプラス・マイナス幅は全体の平均に相対して変動しているわけですから、13州で+220-20ということは、少なくとも覇者がメイン戦場なんでしょうねぇ。
 なので対戦する相手もそれなりというか、バスに乗り遅れたような人たち。戦績が200勝400敗とか、そういう感じでしたから。

 この日使ったのは王異と荀ユウ入りの魏弓デッキ。
 範囲が拡大された暴勇が凄まじい威力を発揮し、荀ユウの大水計も厨な感じがまた凄い。兵力ほぼMAXの知力5が流されたのにはやや驚き。

 蜀単と袁単と対戦したのですが、蜀がだいぶ弱体化した感。槍が全く怖くないのは何故?

 もう少し上に行けば、緊迫した試合になるんでしょうが、そこまで行くのはまだまだ先になりそうな・・・。



・9月11日(月)

 午後8時頃からアイウィル笠懸へ。
 投入するのは藤岡2号。


・藤岡2号

公式戦・RLD1
84戦目/バーデン・フェリックス 勝利
85戦目/対人 勝利

FM86戦目/対人/48A 勝利
FM87戦目/対人/48C 敗戦
FM88戦目/1FCプロイセン/52B 敗戦


 15日(金)のポイントサービス終了が近づきポイントを稼ごうと思ってアイウィル笠懸に来たのですが、これまでに貯めたポイントと、撤去までにプレイできるポイントを計算してみると日数全然足りない。

 このポイントというのが店側が帳面に記帳してカウントを取る仕組み。
 笠懸がたまにしか来ないのでポイント数も覚えていないので、前回来た際にポイント数を店員さんに確認すると31ポイント。これだとサービス終了ぎりぎりに50ポイント達成できる予定。

 ところが今回ポイントを確認すると26ポイント。

 店員がポイント数え間違えてたというオチ・・・orz

 終了までにポイントが満たないことが確定。
 このままアイウィル笠懸でプレイしても何の意味もないので、最初に投入した5クレが終了した時点で撤収。
 そしてアイウィルでの最後のプレイに。


 このまま帰るのも癪だったので、国道50号をそのまま下ってプラボ太田に移動。
 こちらでも投入するのは藤岡2号


・藤岡2号/2回目

公式戦・RLD1
89戦目/対人 敗戦・優勝
90戦目/対人 勝利

公式戦・CT
91戦目/1回戦1st ホワイト・ジャイアント 勝利
92戦目/1回戦2nd 〃 勝利
93戦目/準決勝1st 対人 引き分け
94戦目/準決勝2nd 〃(ゴースト化) 敗戦

FM95戦目/チェルシー/54S 勝利
FM96戦目/バーデン・フェリックス/46B 引き分け

公式戦・RLD1
97戦目/グランデ・アルビセレステ 勝利
98戦目/A.C.ミラン 勝利

公式戦・EPC
99戦目/1回戦 マンチェスター・タウン 勝利
100戦目/準決勝 サン・サルディーニャ 勝利

任期終了


 あ。終わっちゃった。

 チーム起ち上げで失敗したツケと、途中でサテ回し用に使ったこともあって一度も任期延長せずに終了。
 戦績も54勝25敗21分と全くいいところナシ。


 とりあえず、新カード入りのチームの任期が終わったので、使用感と短評報告。
 名前の横はS~Cでランクした個人的な評価。A-ぐらいが及第点。


・05-06 ドログバ黒 評価・B

 良いときと悪いときの差が激しい。
 1TOPで起用するつもりが、肝心な時にゴール前に居らず、ポストプレイもそれほど上手いわけでもなく。他人が使うドログバがなんであんなに動くのか不思議。

・05-06 WWFロッベン 評価・B+

 05-06バージョンでは右サイド適性ですが、右サイドでは思ったよりも活躍しない。
 試しに左サイドへ置いてみたところ、これがなかなかの突破力。

 ただ結論から言うと04-05版のWSAロッベンの方が使える。

 
・02-03 ISリヴァウド 評価・A

 前線なら大抵の場所で仕事ができた人。
 右サイドで及第点以上の活躍を見せ、トップ下やFWとして使ってもそつなくこなせる。
 その中でもっとも魅せてくれたのが左足から繰り出される高速CK。トッティクラスの高速かつ、カーブの掛かったクロスは驚異的。

 ただ問題があるとすれば、あまりにクロスが速すぎて、2本に1本は味方が触れられずに逆側のラインを割ってしまうということ。


・05-06 フレッジ 評価・A+

 たぶん、今バージョンの最優良な白FW候補。
 ドログバがぐだぐだだったので保険代わりに入れたこの人と替えてみたところ、これが面白い様にゴールを決めてくれる。突破力、キープ力ともに白とは思えないカード。
 数値を見たところスタミナが弱点かと思いきや、試合中は前線に留まり、守備に関しては運動力が少な目なので1試合は持ちます。



 藤岡2号の任期が終了したところでこの日のプレイも終了。

 釣果も良いとこナシ。



アイウィル笠懸
2勝3敗
186 245 286ラーション 295 192

プラボ太田
8勝2敗2分/RLD1
049ファンデルサール 068 078 151 196 030クレスポ 304 122 144 025 118ジェペス 245


■GCB0083

 ガンダムエースにフライングでガトーが載ったりで、巷では既に認知されていたGCBのフルバージョンアップが公式サイトでも正式に発表されたようで。以下引用。


「機動戦士ガンダム 0083 スターダストメモリー」等から新たに参戦!ネットワーク対戦などの新要素等も多数追加しました!

新たな舞台へ広がる『機動戦士ガンダム 0083 カードビルダー』にご期待ください!

■機動戦士ガンダム 0083 カードビルダー
・稼働日:未定


 新ロゴも既に出来上がっていますが、既存ロゴの0079が0083に変っただけ。

 先日ロケテが終わったばかりのネット対戦は0083から実装される、という解釈で良いのでしょうか。つうか通信状況は大丈夫そうなんですね、公式発表するぐらいだから。


 で、公式発表で一つ気になるのは、

「機動戦士ガンダム 0083 スターダストメモリー等から新たに参戦!」

の部分。

 「等から」ということは、星屑以外からの参戦があるという言い回し。
 0083前後のガンダム作品と言えば、美樹本ガンダムやAOZとか、あの辺りの英雄不在を埋める後付け話でしょうか。
 少し無理をすれば、ガンダムエース掲載漫画からアクシズ時代のシャアやハマーン、ハマーン父とかも出せるかでしょう。Rハマーン出たら即、ネ申クラス決定です。
 もう少し年代を誤魔化せばプロトタイプガンダムMKIIとか出せるかも。


 妄想はともかく、0083だけは排出確定。
 星屑等々で出てきたMS・MA・艦船と言えば、

 連邦:
 GP01・02・03S・01Fb・03D・コアファイター
 ジム改・パワードジム・ジムカスタム・ジムキャノンII・ボール改
 アルビオン・グレイファントム・サラミス改・バーミンガム

 ジオン(デラーズフリート):
 GP02・ザクII後期型・リックドムII・ゲルググM・ゲルググM指揮官型・ドラッツェ
 ノイエジール・ガーベラテトラ・ヴァルヴァロ・ザメル
 ムサイ改・リリーマルレーン


 MSVでGP04やジムカスタム高機動型、ノイエジールIIとか。・・・つうかGジェネですな。
 あとは序盤と終盤の訓練機で出てきた連邦版鹵獲ザクや鹵獲ゲルググをネタで。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )