群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 えーと、私用で更新頻度落ちてます。
 しばらくこんな感じになるかもしれませんが、その辺りはご容赦ください。



 今日はあの人たちがとうとう逮捕されましたねぇ。


 そういえばこういうゲームがあるそうですが・・・。
 http://www.aneken.com/index2.html




・3月10日(金)

 カルチョ・アドリアーノ発売前のフライング日。
 プラボ常連S、Hさんと共に某店で購入後、比較的空いている太田レジャーランドへ。

 アドリアーノを使用するチームがないので、ガチR5チームの育成で5クレのみ。


・ガチR5チーム

FM94戦目/対人/※C 引き分け
FM95戦目/対人/37B 引き分け
FM96戦目/FCドラゴン04/51A 敗戦

公式戦・RLD1
97戦目/グランデ・ビアンコ・ネロ 勝利
98戦目/ラ・ブルー・アンサンブル 引き分け


 94戦目の対人戦は、1年半ぶりぐらいに対戦するプレイヤー。
 伊勢崎や太田でたまに見掛ける人で、使用するカードは数値のみで使ってるだろそれ、というような典型的な廃人仕様。モッサリ感の有るチーム名が名前。
 これが2度目の対戦で、前回対戦したときの感想が「この人とは2度とあたりたくない」というもの。後にも先にも対戦したくないと思ったのはこの人ぐらいです。
 普段は避けていたのですが、この日は運が悪かったよう。相変わらずなチームぶり。

 「これでまたしばらくやらないんだろうな」と思ったのですが、その予測が直ぐに裏切られることになるのですが、それはまた別の話。


太田レジャーランド
1勝1敗3分
016 007 071ガラセク 179マルケス 200フラン


・3月11日(

 U-5公式大会籠原予選。

 予選は3時からなので、投入するチームの最終調整のためアピナ太田へ。
 しかし満席。聞いてはいましたが、土曜の昼間は小学生の巣窟ですなこれは。

 仕方ないので太田レジャランへ移動すると、こちらはガラガラ、というか人が居ない。店全体。
 なので早速予選に出場させるマルコ×ルートチームの調整。


・マルコ×ルートチーム

FM113戦目/ロッソ・ネロ90s/39SS 勝利


 ここでが予期せぬ事態。
 RL1部を優勝して20億を獲得してボーナス発生状態にするつもりが、調整のために投入したFMでボーナス発生。なんてこった。
 今からRLを獲得しても再ボーナス発生には届きそうに無いので、ボーナス発生直後のこの状態で本番は投入することに。

 1000円5クレを投入していたので、後の4クレは起ち上げたばかりのクリンシチームの育成に充てることに。


・クリンシチーム

公式戦・RLD2
4戦目/京都サッカークラブ 勝利
5戦目/横浜マーリンズ 敗戦

FM6戦目/トスカーナAC/※D 勝利

公式戦・RLD2
7戦目/マドリガル・アマリージョ 勝利


 序盤の横浜は強いなぁorz

 5クレ終了したところで、少し予定より早いものの籠原へ移動開始し、予選開始40分前に到着。
 最終的に出場枠は全て埋まったようで、キャンセル待ちも発生。

 組み合わせ抽選が始まり、自分の番号はコレ。



 A-3で最初のグループですよオイ。
 ちなみに抽選番号の下は参加賞のケース。赤と白の2種類があり、どうも赤の方がアタリという評判の様子。

 抽選が全て終了すると、最初の組のプレイヤーはサテのボタンのメンテナンスを確認てかまわないということだったので、各自でサテをチェックすることに。太田はさせてくれなかったぞー。

 チェックが終了し、サテ着席。
 ふと横を見ると、なんと昨日レジャランにいた「モッサリ感のあるチーム名」のあの人。

 うわー絶対対戦したくねぇー!と祈りながらICカードを挿入。
 そしてCPUが組み合わせた最初の対戦相手の名前は、


 モッサリ感のあるチーム名。


 ...orz



 あえて言い訳させてもらえるのなら、この時点で調子がすべて狂ったのでしょう。おそらく。
 酷い内容だったので、試合内容は割愛。

 予選で対戦した3チームのうち、モッサリした人以外にも、去年夏のR5大会の太田予選で対戦した人が。埼玉までやってきて、なんで群馬で対戦できる人と対戦してるんでしょうかorz

 ということで、あっという間に公式大会終了。自分1人で来ているので、別に待つ理由も無いのでさっさと撤収。
 プラボ常連S、Hさんがいるということだったので、籠原からの帰り道にアピナ太田へ立ち寄る。

 アピナでは対人戦を避けながらクリンシチームの育成。


・クリンシチーム

公式戦・RLD2
8戦目/ビック・アップルスターズ 勝利
9戦目/ジャッロブルAC 勝利

FM10戦目/トスカーナAC/38D 勝利
FM11戦目/アルビオン・バギーズ/39C 勝利

公式戦・RLD2
12戦目/カリビアン・パイレーツ 引き分け
13戦目/パンプローナ・フィエスタ 勝利

FM14戦目/FCファンタジーア/41B 勝利
FM15戦目/浦和コスモズ/41D 勝利

公式戦・RLD2
16戦目/RCフェニックス 引き分け
17戦目/対人 敗戦

FM18戦目/US・デルマーレ/※C 勝利
FM19戦目/FCチッタ・デ・アクア/41C 勝利
FM20戦目/ダッラーラ・バランゾーネ/38C 引き分け

公式戦・RLD2
21戦目/ボトム・ユナイテッド 引き分け
22戦目/ビックアップル・スターズ 勝利

FM23戦目/ヴァレリ・キエフ/※A 勝利


 引き分けが響いて、まさかの1部昇格できずorz

 クリンスマンとロナウドは、その抜きんでた個人能力で格上相手でもどうにかなるんですが、問題なのはU-5枠で使用しているマンチーニ。

 パワーの推定値15ですが、実際使ってみると数値ほどのあたり強さはないようで。パスセンスは悪くないのですが、ドリブルの精度とスピードに難があり、接触プレー必至な現バージョンでは使いづらい選手かも。

 クリンシ×マンチョの組み合わせを使用するのは2-03Ver.2.0以来、2回目。
 元々、97年サンプドリアの特殊連携を期待して使ったのですが、これがどうも特殊じゃないようで。 最初に使った際に良好な結果を残したので今回もこの組み合わせを使ってみたのですが、マンチーニが活躍しにくい環境になってしまったためか、思ったほどの活躍を見せず。
 むしろシャビ・アロンソ、デ・ロッシ、ジェエミら若手が活躍。

 貴重なU-5なので、この際、他の選手と入れ替えるか健闘すべきか・・・。


 比較的、多めにプレイし、15クレ目でストック切れ。
 サテ選びに失敗したと思いつつ開けてみると、綺羅該当選手で、嫌な予感がよく当たる人。


イメージ画像

 ちなみに写真を撮り忘れたので、上の画像は以前、別の店で撮ったもの。なのであくまでイメージ画像というわけで。

 まあ、引けた良しということで。しかしよく引きますなこの人。


太田レジャーランド
3勝1敗1分311
032 020 107フォーゲル 183ブロンクホルスト 050

アピナ太田
11勝1敗4分
183ブロンクホルスト 209カニサレス 196 213 134ザンブロッタ 032 065 172 101 069 012ピレス 061ルーニー 093 038 WCNマケレレ パック切れ 193



■サカつくユーロ_7

 10年目の15-16シーズンで遂にセリエA優勝。
 ACミランが馬鹿みたいに凶悪化したため、前年までは3位、2位と今一歩届かなかったのですが、15-16シーズンはミランを含む上位陣が軒並み開幕ダッシュに失敗し、中盤まで混戦。
 30節を終えた時点で団子から抜け出したのはACミランとラツィオ、それにうちのチーム。
 ラツィオは35節前に脱落し、最後に残ったのはやはりミラン。
 これは得失点差までもつれるかな、と思ったら、ミランがまさかの1勝2分でブレーキがかかり、2勝1分でうちが頭一つ出て、初優勝。

 サカつくシリーズは5、6年で1部優勝できるものですが、今回の欧州版は難しいですねぇ。どのリーグにも飛びぬけて強いチームが3、4チームはあるので、そう易々とは勝たせてはもらえんですね。

 とりあえず1部優勝を果たし、1つの目標はクリア。
 これからは常勝チームを目指し、本格的な選手補強に着手。メガスタジアム(6万人収用)とオフィスをLv3まで改築したので、資金を補強費充てることに。

 とりあえず若手の有力選手を物色。
 イタリアの下位クラブにレコバがいたので、スタンコビッチに代わるサイドアタッカーとしてこれを確保。移籍金30億超。
 さらに他リーグを物色していると、フランスの下位チームにとんでもない選手を発見。

 ミシェル・プラティニ。18歳。

 これは確保だ!と、月末経費4ヶ月分程度を残し、その時の資金の大半である80億をどんと積む。
 ちなみにミランのバレージやフェイエノールトのクライフにも同じ金額を詰みましたが、相手にされず。
 だめなんだろうなぁと思ったら、これがあっさり交渉成立し、4年契約でプラティニ入団。
 まあ、80億も詰まれたら下位クラブは喜んで放出しますわな・・・。

 優勝した翌年のCL予選で、スコットランドのレンジャーズと対戦。
 試合中、相手の選手の中にフィーゴの文字。終了後に確認してみると、やはり転生したルイス・フィーゴ。
 早速オファーを出して一度は断られるも、粘り強く交渉した結果、移籍金40億で交渉成立。

 この他に、自由移籍で20歳のレーマンと契約に成功。もしかしたらこれが一番の収穫かも。


 全体的に若い選手が増え、最初の世代交代の準備が完了。
 ただ、リーグ戦・国内カップ・CLの3つの激戦を戦いながら世代交代を行なうという、リアルミランのような容易ならざる状況。
 そしてミランとの大きな違いは、うちはミランと同じようにターンオーバーが敷けるほど層に厚みがないという点。特に守備陣の老朽化は激しく、平均年齢は30代。
 DF陣の強化が必要だと思っていたその矢先、正GKのアッビアーティが16-17シーズンの開幕直後に長期スランプにorz

 育成段階のレーマンはレンタル移籍でオランダ行きが決まったばかりで、保険代わりの第2キーパーだった初期選手のGKをレギュラーに緊急昇格。ただ、アッビアーティと比べるとかなり劣化しているので戦力としてはかなり不安。

 そしてその不安は適中し、第2キーパーに変えた途端、守備陣が崩壊。
 開幕5戦で1勝3敗1分と大失速。
 この責任を取らせ、監督のジョケ(エメ・ジャケ)の更迭を決定(理不尽すか?)。

 次の監督を探していると、イタリアでこれ以上のぞむべくない監督を発見。
 後任監督はカペール(ファビオ・カペッロ)。

 この人事が成功したのかチームは立ち直り、20節終了した時点で6位まで浮上。優勝争いも見える位置に。さすがカペッロ様。

 16-17シーズン1月にはDFを最優先で補強し、ブンデスリーガからマテウスの獲得。2月には自由移籍でチェルシーから、米代表GKのハワードの獲得し、満足できる補強に成功。

 次の目標選手はイタリア下位クラブにF・カンナバロを発見したので、これを確保すること。ただマテウスの獲得で今シーズンの獲得資金が底をついてはいますが。


 この欧州版、うちが補強している間に他クラブもすごい補強するんですよねぇ。
 ACミランを見たら18歳のネスタが加入した上、ユベントスからブッフォンが移籍の新聞記事。



 もうね、アフォかとorz

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 日曜日は高校の友人(新郎)の結婚式。
 市内の式場だったので、移動時間は車で5分。なんですかこの御近所感覚。

 来賓祝辞で新郎の勤務先のお偉いさん(たぶん社長にあたる人)がスピーチに立ったのですが、これが何といいますか、新郎の「それは言わん方がいいだろう」という内容の話で会場を苦笑させ、終わりの方で全然関係ない市長選の話に及んで、なかなか支離滅裂なスピーチ。
 お色直しの間に余興で小・中の同級生が「乾杯」を歌ったり、酔っ払った新郎の叔父が新郎のお礼のスピーチにいちいちツッコミを入れるなど、ベタな展開ながら面白い式でした。

 ちなみに新婦は看護師で、二次会にやって来た新婦側の招待客(15人ぐらい)がみんな白衣の天使だった新郎側の野郎共は勝ち組ですか。


■GCBとかBBH

 大石先生がとうとう引いたようです。MCガンダム。一緒にジョニゲルも引いていたり。
 その上次の日にはUCシャア。

 ぶっちゃけ自分よりイイモン引いてますよガノタセンセorz

 
 最近、BBHを再開。
 新しくカードを作り直し(また西武)、オープン戦から地道にやってます。ここまでの戦績は全て対人戦で8勝3敗4分。1級なので次の試合に勝てばおそらく段入り。


 編成は投手が先発6人、中継・抑えを左右3人ずつの合計12人。
 野手は捕手2人、内野手5人、外野手は一塁に充ててもそれほど問題にならないので7人。うち1名がDH。内野手は少ないですが、ポジション適性が複数ある選手を入れてカバー。

 6番打者をDHにし、前の試合で先発した投手を偵察要員として入れているのですが、BBHではあまり見掛けないですね。
 以前、先発組で登板しない投手を野手として登録し、相手投手を確認したら一斉交代でオーダーを組もうとしたのですが、それだとカードの配置がややこしくなる上、ポジション間違いをしたままでエラーに繋がったり散々な結果に。
 パ・リーグなんですから予告先発とかあったらいいんですけど。オーダー登録する前に、先発投手だけ選択し、その後相手投手名を見ながら打順を組み替えるとか・・・。


■サカつくユーロ_6

 サカつくも2013-2014シーズンまで進行。
 いまだ優勝してはいないものの、セリエAの上位にようやく定着してCL圏内の常連クラブ入り。
 そのCLではよほどの悪運かそれとも仕様なのか、予選リーグに優勝候補と同組にならず。予選で対戦した上位クラブはブレーメンとレバークーゼンの2クラブ。あとはストックホルム、キエフ、モスクワなど中堅リーグのクラブ。
 決勝T進出の常連になってはいるのですが、そこからが罠。
 1回戦は組し易いクラブ(リヨンとか)が相手なのに、勝ち進んだ準々決勝はACミランと対戦する確率が異常なほど高いです。おかげでベスト8の壁を越えることが出来ません。
 そもそもリーグ優勝もしていないチームがCL制覇できるか、という問題もありますが。

 ただ、この前年の12-13シーズンは優勝のチャンスがありました。
 36節が終了した時点で上位5クラブの勝ち点が71~67と、異常なほどの大混戦状態。うちのクラブはその5番手なのですが、残り2試合が1位ACミランと4位フィオレンティーナと、誰が仕組んだこの組み合わせというような日程。
 ACミランに勝てば優勝の目も出たのですが、1-1で痛恨のドロー。ミランはかろうじて首位をキープし、最終節で優勝。最終節の4位ヴィオラ戦は勝てば勝ち点で並ぶも、こちらが5点差以上つけて勝たないと逆転できない得失点差の状況で、6位以下は確定していたので、リアルサッカーだったら全くモチベーションの上がらない消化試合になり結局ドロー。5位でUEFA杯出場に格下げ。

 その翌年、現在行なっている13-14シーズンは12月の折り返して地点で3位と好調。
 1位ACミラン、2位ラツィオ、その直後にぴったりマーク。ユベントスとインテルはCPUのくせに世代交代に失敗したらしく、6位以下を低迷。優勝するなら今シーズンしかないっす。


 ちなみに、これまでに補強にした選手はレアル・マドリードからウッドゲイトとベッカム。
 ウッドゲイトは2年で放出しましたが、35歳で獲得したベッカムは不動の右SHとして活躍。ただ、13-14シーズン限りで引退が決まっているので、後継者を育成中。

 ユースでは、ドイツでビアホフとボビッチ、イタリアでディ・リービオを発掘。3人ともかなり高い評価なので期待大。
 それと、アヤックスにG・ミューレン(ゲルト・ミュラー)が居たので引き抜こうとしましたが、これに失敗。ユース発掘でD・ミューレンを発見したのでこちらを獲得。なので再度兄貴も誘ってみようかと(笑)。


■三国志大戦2

 あ、ロケテ終わってる。

 キラ画像が出てきてますけど、率直に言うと「ショボイ」。
 画が一新されたのはいいのですが、なんですかあの名前の上に書いてある前口上は。

 WCCFECのキラは写真の真ん中に名前が入り「なんだこれは?!」と最初は思いましたが、今ではすっかり慣れてしまいました。

 でもね。

 名前の上の口上だけは絶対にいらねぇ。

 まさにSSQ。


 一連のユーザーをなめた説明の書かれた用紙やカード写真の画像ですが、内部文書に見えるのは気のせいですかそうですか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 本日はCALCiO2002の発売日。WCCF付録もこれが最終号。

 ということで、昨日もいつもの店でフライング(w


 いつものプラボ常連S・Hさんと午後9時前にアピナ太田に集合。

 知っての通り昨日は全国的な雨模様。当然群馬もやむ気配の無い雨。
 これまでの教訓から、雨の日は配達のトラックが遅れる傾向にあるようなので、いつもなら余裕を持って9時頃から張り込むところですが、今回は9時半に行ってみようということに。
 なので9時を過ぎてもSさんと揃ってMJ3。空気の読めない奴が軽い手でアガリまくって何もせずに終わりましたが何か。

 MJ3が相変わらず絶不調なのでヤメ。
 やることがなくなったので、9時15分過ぎぐらいに自分だけ先行していつもの書店兼レンタルビデオ店へ行ってみました。

 すると、店の駐車場にはすでに配送のトラック。それも空になったワゴンを積み込んでいるところ。荷降ろし終わってるじゃん。
 レジ横で既に梱包解きが始まっていたので、直ぐに店員さんにカルチョを取り出して・・・と思ったら、自分より先にフライングした人の分を捜索中。

 ぬぉぉぉぉ不覚! 最後の最後で先を越されてしまったorz



 ・・・と思ったら、週刊ジャ○プのフライングでした。

 いつものように「予約された分を・・・」という口上を聞いた後、予約以外の分を取り分けてもらい無事購入。
 アピナのいるSさんたちには携帯で連絡し、こちらへ向かっている最中。
 やることが無いので、店を出たスペースで開封してしまいました(w

 今回のカルチョは一切情報が漏れなかったので、カードデザインはおろか誰が封入されているのかも知らず。・・・予想はついてましたけど。

 で、結果。




 やっぱり王子なのね。他のカードに比べて写真写りが良いような気がするのは気のせい?


 パラメータ調整はスタミナ-1のテクニック+1。

 これまで何種類もカード化されてきましたが、最新版王子はテクニック最高値を記録。
 1.5列目というイメージがあるのですが、このカードに限っては2列目という印象を受けます。他のカテゴリーとの差別化を図ったという点でも、存在感のある良い調整ではないでしょうか。

 しかしこの数値の並び、どこかで見たことあるような気が・・・。


 到着したSさんとHさんも購入し、直ぐにアピナへ移動。
 Sさんはこのカードのためにあったと言っても過言ではないリアルローマチームに組み込んで早速プレイ。
 自分もトッティがいるチームがあるにはある(マルコ×ルート)のですが、サテは空いていないようなのでその横でGCBをちょこっとプレイ。

 ちなみに。
 トッティの特殊実況は「イル・プリンチペ」でSさん爆笑。それBEじゃん。



 今回のカルチョで付録シリーズもようやく終了。
 全国大会も一段落して、WCCFもようやく落ち着きを取り戻し・・・、

 って落ち着いちゃだめじゃん。


 そろそろ追加カード情報の一つ二つ出てきてもいいんじゃないですか>SEGA

 やっぱりW杯後の稼動かな・・・。





 似てないこともないけど、全然王子の方が使えますな・・・。


■GCB

 予想通りというか、大石センセどっぷりGCBに浸かってしまったようで。最近のブログ最後はガンダムしか書いてないないし(w
 まあキラが出ないことと、優秀な敵軍カードばかり出るのは仕様ですから。


 アピナ太田のGCBは客層が全く変わりましたねぇ。去年の12月稼動からやってる人は数えるほどしかいないですが、センターモニターに表示されているプレイヤーの数は減らず。どこからともなく新規
さんがやってくるようですね。

 ただ、やる側が変わってもゲームは同じなので、結局ジオン軍で始めたプレイヤーが辿り着くのはアプサラスとゲルクロ(ry

 自分も相変わらずハイパーハンマーで殴って回るスタイルを変えずにやっていますが、最近対人戦が面倒になってきました。
 乱入してくる相手は格下の尉官ばかりで、こちらは勝っても全然旨みは無いのに相手は負けても大量に戦功ポイントが稼げるとか。それにやたらキラキラ光っているカード(それも赤い人一式)を持っているのですが、気のせいでしょうか。UCアムロを大事に使っている自分は負け組でしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 度々紹介している大石先生ですが、遂にGCBに手を出してしまったようでorz
 それも本格的に始めるとかので、黄色潜水艦でまだ安くないUCアムロなど1万ぐらいを揃えていらっしゃる。金持ってる中年ガノタ世代は違うのぉ。
 でも初心者連邦兵の例に漏れず、アプサラスにやられまくってる様子ですな。

 WB隊を作るのが目標らしいですが、先生、そのWBが出てくるまでにどれだけの時間と技量が必要なのかまず下調べした方が・・・。


■サカつくユーロ_5

 4年目(09-10)のシーズン、実はUEFA杯(ヨーロピアンカップ)に出場してました。
 前年リーグ順位9位、プライムカップで準優勝。
 UEFA杯は行けないと思っていたのですが、なぜか出場。プライムカップの優勝チームがCL圏内のACミランだったのでそちらが優先され、準優勝だったうちが繰り上げされた、ということでしょうか。欧州の出場条件はホント分かり難いorz

 初出場のUEFA杯はリーグ予選を突破して決勝Tに進出。ただ1回戦で北欧クラブに破れ終了。
 まあ、初めての欧州戦にしては上出来ではないでしょうか。


 ここからが前回までの話の続き。
 リーグ戦折り返しとなる1月の移籍市場で、センデロスを26億で放出し、約3億でロベルト・コバチを獲得。戦力ダウン無しで20億の儲けを出す。
 そして2月の移籍金無しの自由獲得開始で、ACミランからヤンクロフスキとヨハン・フォーゲルの2選手を獲得。これはかなりの収穫。
 さらにボルトンから中田英寿の獲得にも成功。これはついでっぽいですが。


 セリエA2年目はUEFA杯決勝T進出に見えるようにかなり調子が良く、以前なら負けている試合を引き分けに持ち込み、下位クラブ相手の勝てる試合は勝ち点3を着実に拾うことに成功。

 結果、終わってみると去年のウディネーゼもびっくりな3位

 1・2位のインテル、ミランには10点も離されてはいますが、3位であることは変わらず。
 目標のUEFA杯圏内を飛び越し、LC予備予選の出場権獲得。
 リーグ分配金も一気に増額されて21億。優勝賞金って幾らなんだよオイ。

 5年目(10-11)開始のメインスポンサーに大手の食品会社が登場し、交渉した結果、契約金20億円。サブスポンサーも足すと合計29億。さらにれに西ヨーロッパのTVと契約して9億追加。


 リーグ分配金とスポンサー諸々を合わせた結果、5年目開始直後の資金は90億(!)まで増殖。
 Jリーグだったら90億貯めるのに何年かかることやら・・・。


 この資金、施設拡張に充てるのもいいですが、今年はCL出場もあることだし、そろそろビッグネーム獲得に動くことに。

 グラーフとバウアーは前に声を掛け、金額とクラブの格的に無理っぽいことが分かっていたので、中堅クラブにいる若手の一流以上の選手が狙い目。

 オランダのクラブを重点的に調べていると、PSVに19歳のK・ルンゲが在籍しているのを発見(ちなみにカールハインツ・ルンメニゲの仮名)。
 早速クラブと交渉し、移籍金45億+トレード要員(DF井畠正輝)で合意。

 欧州氏キタ━━━━━━━━━━━!!!


 固有のプレイスタイルはウインガー。実際はどうなんだろ。
 4-5-1のサイド攻撃を敷いているので、右のウイング控えとしてしばらく育成。10年はくラブの象徴になってくれそうな選手なんで気長にいきます。


 大物選手獲得に成功して臨んだ10-11シーズンですが、開幕ダッシュに失敗orz
 軸であるスタンコビッチがスランプに陥ったり、MF・DFに怪我人が多発した他、守備の要であるエスキュデ、アッビアーティが代表招集されたり、散々なシーズン序盤は12位前後を低迷。

 崩壊寸前の守備を立て直すため、8月の移籍市場でレアル・マドリーからDFウッドゲイトを20億で獲得して底上げ。フル回転だった守備陣もどうにか持ち直して、8位前後をキープ。
 3位までの勝ち点差はわずか4。首位との差も7とまだまだ逆転可能なビハインド。


 リーグ戦と平行してCLも開始。
 予備予選を1勝1分で勝利して本戦へと進み、組まれた予選リーグはこれ以上無い僥倖。
 グループEに入ったクラブはブレーメン、モナコ、ストックホルム。

 なんかすごくラッキーな組み合わせなんですけど。
 それこそ06W杯のドイツのグループ、02W杯の日本の(ry

 ぶっちゃけ面倒なのはブレーメンぐらい。モナコはディヴァイオやヴィエリが入る前のゲーム設定なので恐るるに足らず。ストックホルムは・・・まあ、よろしく。
 予選リーグの結果は3勝2敗1分で2位通過。1位はブレーメン。

 目標はヴィジャレアルの如く初出場でベスト4。いや無理か。


 5年目も1月を過ぎてリーグ折り返し。前年から確保してきた日本人ユースをトップに上げて放出して移籍金稼ぎ。一人当たり8億前後で売れるからぼろい商売ですよ(w

 それと、トップチームで使うつもりだった本村も売りに出すことにしました
 今サカつくだと本村クラスの選手なら欧州にゴロゴロしているので、EU枠外登録で使うほどの選手でも無いようです。リアル世界の欧州組もこういう扱いなのかなぁ。
 ただ、このサカつく世界では次から次へと日本人を放出しているため、イタリア下位クラブは日本人だらけになりつつあります(爆)。いつか手詰まりになるなこの商売。


 5年目2月の自由移籍市場が始まると、早速ASローマよりDFメシェを獲得。なんでタダなの?というぐらい成長してますよ、このメシェ。
 あと1人ぐらいMFを獲得したいのですが、有望選手が見つからないのでこの市場での獲得はメシェのみになりそうです。


 ・・・昨日のサカつくはここまで。

 いやホントにサカつくブログ寸前ですねここは。


■三国志2

 池袋と渋谷でやっているロケテは厳重警備だとか。
 サテの左右を板でシャットアウトした上、1台1台にセガの社員が張り付いてるとかいう話。
 その執念情熱を違う場所で使えないのかと小一時間(ry

 まあ、セガ社員がどんなに頑張っても人の口に戸は立てられないし、写メールの電波は遮れないわけで。

 ただ、例の董白はセガのリークなんじゃねぇかと思うような気がしないわけでもない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 民主党代表戦はスルーの方向。イラ菅が党首になったらオワリダネミンシュ。


■三国志2ロケテキター

 池袋魏呉だか渋谷魏呉で三国志2のロケテが始まったみたいで。三国志スレはお祭りですな。

 当然新カードの排出はされてませんが、旧カードが新カードの能力で認識されているようで。
 変更になった武将の能力値も晒されていたので、大きな変更のあった武将を引用。




・SR曹操 3.0 8/10 騎兵
 魏武の大号令 知力長時間 6
 計略が変更。武力+3で知力長時間。範囲変わらず。

・R司馬懿 2.0 6/10 騎兵
 計略名不明 6
 後方士気の範囲で武力+4で迎撃を受けないくらいの早さがUP。効果範囲に敵部隊も入っていたら敵部隊の武力も1下げる模様。

・R楽進 1.0 4/3 騎兵
 魏武の強兵 知力時間 4
 勇猛削除。

・R郭嘉 1.5 4/8 騎兵
 後方指揮 知力時間 4
 知力変更。後は変わらず。

・R夏侯淵 2.0 7/6 弓兵
 魏武の強兵 一瞬 5
 計略が変更。知力上昇。

・R許チョ 2.5 9/1 弓兵
 挑発 知力時間 3
 兵種変更。

・R徐晃 2.0 7/5 騎兵 神速戦法
 知力時間 4
 知力変更。復活削除?

・SR甄皇后 1.0 2/6 騎兵
 悲哀の舞い 撤退するまで 6
 知力低下。

・UC 典韋 2.0 8/1 槍兵
 刹那の怪力 知力時間 4
 撤退しない意地。数カウント武力+10。

・旧UC曹洪 6/4 弓
 特攻戦法
 兵種変更。

・SR王異 4/6 弓
 暴勇の報い 5
 計略が武力と移動速度を下げる妨害計に変更。範囲は小さい。

・SR張遼 9/6 騎馬
 知力変更。計略も変更されたという話有り。

・C李典 3/6 弓
 看破
 計略変更。


 司馬懿が壊れカードの一歩手前。乱戦で使ってくださいと言わんばかりなんですがそれ。
 ただ、全体的に見ると弱体化した感じ。武力が下がった訳ではないのに、計略変更や特技が削除され
たことで今まで有効だったデッキがほとんど使えなくなりますねぇ。
 覇王デッキは若干弱体化しただけですが、神速・fanデッキ等は致命傷、ノイデッキに至ってはもうダメポ。高級覇王が狙い撃ちされた感のあるバージョンアップぽい。




・R張飛 2.5 9/3 槍兵
 長坂仁王立ち 知力時間 6
 範囲内の敵が全て寄って来て武力+6。自身中心円。上級挑発?

・SR諸葛亮 1.5 3/10 槍兵
 八卦の陣法 知力時間? 6
 英傑号令で範囲内の味方の武力が上がって徐々に回復。前方円。武力アップ+ランダム効果?

・UC周倉
 勇猛付。

・UC甘皇后 1/4
 知力変更。

・C孟達 3/5
 知力変更。

・UC馬岱 5/7 騎馬
 質実剛健 3
 簡易版一騎当千? 知力変更。

・SRホウ統 4/8
 知力変更。

・SR馬超 9/5
 白銀の獅子 6
 計略の使用士気変更。

・SR孫尚香 5/4 弓
 的確な援兵 3
 計略の必要士気3に変更。

・旧R関羽 9/8 勇柵慕
 知力変更。勇猛が付与。


 蜀は知力や武力が割と細かな変更多。SR趙雲の壊れ方はもはや書くこともあるまい。
 張飛の他にも法正が挑発持ちに。馬超の白銀の必要士気変更は妥当か。
 全体的に良くも悪くもなってない印象。趙雲以外。




・SR孫堅 2.5 8/7 槍兵 勇魅
 我が屍を越えよ 知力時間 5
 能力値が変更。勇猛が付与。

・R孫策 2.0 7/4 騎兵
 小覇王の蛮勇 知力時間 5
 武力変更。

・UC黄蓋 1.5 6/4 槍兵
 強化戦法 知力時間 4
 兵種・計略変更。まともなカードに。

・UC徐盛 2.0 7/7 弓兵
 麻痺矢戦法 知力時間 4
 武力変更。

・R呉国太 1.0 1/5 槍兵
 防柵小再建 一瞬 3
 武力変更。

・UC孫権 1.5 弓
 守勢の名君
 兵種・計略変更。

・SR呂蒙 2.5 7/10
 麻痺矢の大号令


 全体的に武力低下。周瑜の火計が短くなったという話も有り、バージョンアップで一番割を食う勢力になる可能性大。
 ただでさえ平均武力が低いのに、唯一の武力9槍兵の孫堅を8にし、R孫策も7に低下させ、2は呉にとって辛い戦場になりそうな悪寒。


 とりあえず主3勢力だけ抜粋。変更が多い魏が面白そうですが、基本的な部分の変更が多いので、大きくカードの組み合わせが変わり別のゲームになりそうですねぇ。

 現在ロケテということは、順調に行けば本当に5月末頃には稼動しそうですね。

 そろそろWCCFにも出てきませんかねぇ・・・そういう話。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■サカつくユーロ_4

 サカつくブログ化してますなこりゃ。

 昨日書いた資金の使い道ですが、2と3の折衷にしました。
 西ヨーロッパ拠点に資金投入にしてレベル3まで一気に上昇させた他、第2練習場と照明施設を設置して合計25億ほど投入。

 選手補強はビエラは断念。やはり32億は出せない。
 ただ、その後リストアップされた中に31歳のスタンコビッチを発見。
 ビエラとそれほど変わらない能力ながら、移籍金は17億と割安。気付いたら3年契約年俸1億8000万で契約してました。11月に契約したので合流は来年1月。
 これで経営・人事の補強終了。

 セリエA2年目も相変わらず引き分け続き。それでも負けないので常に7、8位のUEFA杯を狙える位置に付けてます。

 それと、この年からライバルクラブがセリエBから昇格。こちらが2年目に優勝して余裕で昇格したのに、6位プレーオフで昇格失敗した不甲斐ないライバルチーム。おかげでダービーマッチイベントなど面だったイベントも発生せず、セリエA1年目は快適に過ごせました。
 ただ、そのライバルチーム、とんでもない補強をしたのか補正がされているのか、セリエA初年なのにうちと勝ち点で常に競争状態。直接対決ではボコボコに出来るので、やはり補正気味ですかねぇ。

 そして年度の折り返しになる4年目1月で、移籍市場開き。
 9~1月までに成立した初期選手や売却用ユース出身選手が移籍し、空いた枠に18歳のユースを補充
して即、移籍リスト掲載。早い選手だと2ターンほどで2~3億ほどの移籍金になります。苦しい台所事情の序盤では非常に助かりますな。
 中でも、前の年度中に獲った日本人選手3人は合計12億ほどで売却。なぜかこのゲームの中の日本人は高額で売れます。これがジャパンマネーの力か。

 これと平行し、ユース選手の補充も実施。西ヨーロッパと東アジアを捜索。
 特に東アジアは重要な資源地帯なので、見つけた日本人ユースを片っ端から入団。もちろん売却用。 ただ、井畠正輝を発見した例があるので、本物の原石が居る可能性もあるわけで、その場合はユースで育成予定。
 「居たらいいな」ぐらいの気持ちだったのですが、2回目報告で早くも原石発見。

 本村和也キタ━━━━━━━━━━━!!!

 3年後トップに上げてFK指名確定。


 ユース選手売却で稼いでいたのですが、夏場以降も度々施設などに投入していたため、1月中旬の資金が10億まで減少。毎月の人件・維持費が3億ほど掛かり、決して余裕のある数字では無し。

 6月まで大きな動きができないと思っていたのですが、その矢先に代理人登場イベント発生。
 ライバルチームの代理人が現われ、うちのCBのスイス人DF・センデロスが欲しいとか。
 アーセナルから移籍金0で獲得した掘り出し物の優秀な若手選手で、今やチームの柱。

「ふざけるな。うちのDFの要を誰がくれてやるか!」

と、速攻でお帰り願おうと思ったのですが、提示された金額を見て躊躇。

 移籍金26億。

 ・・・。

 ・・・。

 いやぁ、さすがはエストデーラさん! お目が高い! うちのような弱小クラブより、エストデーラさんのビッククラブに移籍した方がセンデロス君も喜ぶでしょう!


 ちなみにセンデロス獲得に元手はかかっていないので、支払った給料を差し引いても丸まる25億円の儲け。

 ビックバ~ン!!!111


 ただ、不動のCBだったので穴を埋めるのは容易ではなく、控え選手で埋めて試合に臨むも役不足な感。やはりどこかから使える選手をひっぱて来るしかなさそう。
 直ぐに欲しいので、1月の移籍市場が開いているうちに交渉締結しないと次に合流するのは夏。1月も残り1週で困難かと思ったら、月始めにリストアップされた中に1人CBがいるのを思い出しました。
 ユベントスのロベルト・コバチ。移籍金10億。これしかない!

 早速交渉してみると、3年契約年俸1億5000万。
 そしてリストには10億と書かれていたのに、ユベントスに支払われた移籍金はなぜか2億7000万。
 バグではないと思うのですが、何らかの理由で移籍金が大きく下げられていました。クラブ間交渉能力の非常に高いスカウトだったので、その辺りも何か関係してるのか?

 ともかく、戦力をダウンさせず20億以上の利益をあげることができたので、万々歳といったところでしょう。

 セリエA優勝はまだまだ遠そうですが、弱小クラブから中堅クラブ(目標はウディネーゼ)への道筋は見えてきました。残り18節の目標はUEFA杯圏内でとりあえず頑張ることにします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■サカつくユーロ_3

 昨日の記事で訂正。
 プライムカップ制覇と書きましたが、勝ったのは実は準決勝。「結果を見る」で飛ばしたので勘違いしてました。どおりで賞金が出なかった訳だorz

 まあ、決勝も勝てば万事オケーになるので、さっそく日程進行。
 ちなみにここまでの対戦スケジュールは、

 準々決勝 対インテル
 準決勝  対ラツィオ

 そして決勝戦は、

 決勝   対ACミラン

 これは素晴らしい下位クラブイジメなゲームでつね。


 決勝戦は延長戦の末、1-2で敗戦。手にしたと思っていたUEFA杯出場権を失いましたorz
 それでも分配金3億6千万を入手。

 他にも任意参加のワールドクラブトーナメントなる大会に出場し、気付いたら決勝進出していたので今度こそ優勝・・・と思ったのに、南米のボカ相手に1-2で敗戦。ここでは賞金3億円を入手。

 終盤になったセリエAは、ACミラン・ユベントスと対戦。
 アウェイで金星をあげたACミランを迎えるホームでの試合は、開始直後にカカに決められるなど前半だけで3失点。後半もグダグダで終わってみれば0-5と、クラブ始まって以来の大敗。

 第36節節の時点でUEFA杯出場枠の6位からも大きく離され、9位で順位がほぼ確定。
 残りの試合のうち1つがユベントス戦。
 消化試合でビッククラブ相手ならやる前から戦意喪失しそうなもんですが、こんなところでなぜか奮起し、首位・ユベントスに1-1で金星に等しいドロー。
 で、これが痛すぎたのがユーベ。拾うべき勝ち点2を失い、得失点差で2位に甘んじていたインテルが勝ち点で逆転。インテルは最終節を勝利し、まさかの優勝。

 セリエA初挑戦の年は9位で終了し、分配金は9億6千万。
 賞金や分配金を使わず貯め、年度始めのスポンサー契約16億円を合わせると、4年目7月の時点で資金が47億円に到達。
 たぶん今までやったサカつくシリーズで、もっとも潤沢な状態で始まる4年目ですよ(笑)。

 で、その使い道が問題。どこに力を入れるべきか迷うところ。
 今のところ考えているのは3つ。

1)スタジアム建設
2)施設増築・海外拠点設置
3)選手補強(移籍金有)

 1は現在の2万人収用の中規模スタジアムから、3万人収用の大規模スタジアムを建設する資金に当てる計画。
 1年ほどで建設費用は回収できそうなのですが、問題は大好況になってしまったこと。
 観客動員やグッズの売れ行きにとってはプラス要因ですが、建設などの施設関連費用は逆に割高になるようで、通常と10億近く違ってくるそうで。10億という数字のため、イマイチ踏みきれないでいます。

 2はスタジアム以外のクラブハウスなどの施設増築。
 施設増築もおそらく割高でしょうが、チーム力の底上げを考えれば損ではないはず。
 海外拠点も優秀なユース獲得のため、西ヨーロッパ等を中心にレベルを上げる計画。長い目で見ると
決して損にはならない。

 3は即効性のあるチーム力の強化、選手獲得。
 移籍金のかからない期間は終了しているので、移籍金に充てます。
 そして渡りに船というべきか、7月初旬にスカウトが大物選手をリストアップ。
 ユベントスのパトリック・ビエラ。移籍金32億。
 優秀な選手には違いないんですけど、ピークを過ぎた感があるのがネック。それでも相当優秀な能力には違いないですが。


 さて、どうしたことか・・・。


・3月9日(木)

 アピナ太田で解体したイナモト(偽装)チームの後継チームを起ち上げました。


ホーム・群馬県桐生市
所属・アピナ太田
┏━┳━┳━┳━┳━┓11 ATLEクリンスマン
┃□┃□┗11┛□┃□┃10 BSロナウド
┃□┗━━━━━┛□┃09 ATLEマンチーニ
┃□□□□10□□□□┃08 シャビ・アロンソ
┃■09■■■■■08■┃07 デ・ロッシ 04-05
┃■■■■■■■■■┃06 ペロッタ 02-03
┣━━━━━━━━━┫05 レグロッターリエ
┃■■07■■■06■■┃04 ISサムエル
┃■■■■■■■■■┃03 R・アジャラ 04-05
┃□□□□□□□□□┃02 ヘイティンガ
┃□05━04━03━02□┃01 レーマン 04-05
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
16 キエーザ 02-03
15 ジェレミ
14 バローネ 02-03
13 ユリアーノ 01-02
12

 チーム名・クラブロゴ・ユニフォームは前任のイナモト(偽装)チーム同じもの。
 久しぶりにクリンスマンとマンチーニを使いたくなったので、Gグループに基準を合わせて選抜。

 ネックと思われるのはマンチーニのパワー不足と、レーマンのセービング能力か。
 略称は「クリンシチーム」ということで。ベタですが。


・クリンシチーム

公式戦・RLD1
1戦目/ヴィトーリア・ロビー 引き分け

FM2戦目/ヤング・エランドUtd/42C 敗戦
FM3戦目/ブラックパンサー浪速/42D 勝利


 都合により3試合のみ。

 なんか立ち上げ失敗ぽいorz

アピナ太田
1勝1敗1分
069 074 206



■GCB

 最近、哀・戦士が聞きたいがためだけ、アピナへ行った際に2クレずつやってます。
 相変わらずキラは引けませんが、戦績の方は上々。今のICカードになってから勝率は8割を越えているはず。

 そして昨日、残り任期が5回になったので一気に終了させ、カードを更新。
 終了時の戦功ポイントは27000。更新によって13000へダウン。
 母艦も更新され、今まで使っていた、
【ミデア改・サラミス後期生産型・潜水艦U型】

から、

【ビック・トレー(迷彩塗装)・マゼラン・潜水艦M型】

へ更新。残念ながら強襲揚陸艦は支給されず。
 階級は少佐から中佐に昇進し、次回の昇進目安ポイントは25000。対人戦を中心に行けば問題ないですが、最近太田で対人戦を行なうのは難しいようで。伊勢崎や前橋辺りまで出張らないとなかなかポイントを稼げそうに無いようです。


 マゼランにはワッケインを乗せると画になりますなぁ。
 ビック・トレーはイーサン・ライヤーかエルランでしょうか。

 ・・・いや、どっちもキライなんですけどね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




■サカつくユーロ_2

 昨日は3年目12月~2月まで進行してセリエAも折り返し地点。

 適当に進めていたらイタリアプライムカップ制覇で、初タイトル獲得(w

 準々決勝でインテルと対戦し、リーグ戦に続いてまたも撃破できたので「もしかしたら」と思っていたら本当に獲っちゃいましたよコッパ・イタリア。賞金は直ぐには貰えんみたいですけど。
 これってヨーロピアンカップ(UEFA杯)出場権獲得ってことでいいんでしょうか。


 リーグ戦の方は一通り対戦し、ユーベに完敗したもののACミランに2-1で勝利する金星。さすが上位イジメチーム。

 現時点での順位は9位。
 1~5位まではインテル・ユーベ・ミラン・フイオレンティーナ・ローマの5強でほぼ確定。
 インテル・ユーベ・ミランが優勝争いし、勝ち点10ほど離れたところでヴィオラとローマがCL出場権を争う様相。何このリアルと同じ展開。
 UEFA杯出場2枠のうち1つはヴィオラかローマでほぼ確定。そして最後の枠を6位から12位までのクラブが勝ち点6差で争う団子状態。
 うちもその団子の一員だったわけですが、カップ戦を獲っちゃったので椅子取りゲーム終了。
 他クラブからすれば「空気嫁!」「S・S・Q!」の大合唱でしょうな(w


 ・・・欧州大会の出場条件がうろお覚えなんですが、上記のような認識でオケーすか?


 それと2月になったので移籍金無しで選手を獲得。
 ハイバリー(アーセナル)からスイス人DF(名前忘れた)、アヤックスからDFエスキュデ、ラツィオからGKアッビアーティを獲得。
 エスキュデは意外に優秀なパラだったので良い買い物かも。

 ユースでも有望株を獲得に成功。
 トレード用の日本人を適当に探していたら偶然にも井畠を発見。即ユース入りさせて育成です。トレード用日本人も忘れず確保。


・3月6日(月)

 伊勢崎ナムコでプレイ。
 気紛れでマルコ×ルートチームと、イナモト(偽装)チームをそれぞれFMに投入。


・マルコ×ルートチーム

FM105戦目/オーロラ・バイキングス/47A 勝利
FM106戦目/インター・アンプロジアーナ/62S 勝利

 完成しているこのチームは安心してできるんですけど、問題は新チームの方。


・イナモト(偽装)チーム

公式戦・RLD2
15戦目/カルデロン・マドリード 勝利
16戦目/トスカーナAC 勝利

FM17戦目/スコペルタ・アーモニア/39B 引き分け
FM18戦目/ジャッロ・ヴェローナ/39C 勝利

公式戦・RLD2
19戦目/レアル・サン・セバステ 勝利
20戦目/大江戸FC 勝利

FM21戦目/ローリング・トフィーズ/43C 引き分け
FM22戦目/ヴァレリ・キエフ/44B 引き分け
FM23戦目/アステカSC/45B 引き分け

公式戦・RLD2
24戦目/ジャッロ・ヴェローナ 引き分け・優勝

 21戦目から怒涛の4連続引き分け。それもすべて1点先取した後に追いつかれた1-1というスコア。

 相変わらずイナモトは存在感が無く、1TOPのズラタンは明後日の方向へ走り出し、両サイドに置いたMの人たちは連携という言葉を知らず。
 守れず点が取れない。こんなチーム今まで無かったとですよ。1回しか負けていないのに勝率が6割を切っているのは一体どういうことですか。




 これ以上引き分けたらブチ切れそうなので解体決定


伊勢崎ナムコ
7勝5分
006 033デュデク 224ミスタ 096 091ホール 123 193 167 130 078 062 058キーン



・3月7日(火)

 レンタルビデオ兼本屋へ行ったついでにアピナ太田へ。
 解体しました。


・イナモト(偽装)チーム

FM25戦目/ローリング・トフィーズ/43C 勝利

 後で聞いた話ですが、トッティさんとネドヴェドさんはM同士限定の特殊不連携があったとか。
 やはり偽装したものは解体される運命にあるんですねぇ。


 いつもなら新チーム立ち上げ準備をするんですが、この後スケジュールにLCがあったので予定を変更し、マルコ×ルートチームを投入。


・マルコ×ルートチーム

公式戦・LC
107戦目/1回戦1st/対人 勝利
108戦目/1回戦2nd/〃(ゴースト) 勝利
109戦目/準々決勝1st/イスタンブル・リセ 勝利
110戦目/準々決勝2nd/〃 勝利
111戦目/準決勝/ベスト・ガーディアンズ 勝利
112戦目/決勝戦/ゴースト 敗戦


 痛恨の決勝敗退orz
 全黒ゴーストのアドリアーノが止まらず。ボウマとアジャラのCBじゃ無理ゲーですよ。
 これでマルコ×ルートチーム7敗目。あと2つしか黒星に余裕が無いです。


アピナ太田
6勝1敗
208トリスタン 161 170 098 066 010ジウベルト 059Cロナウド

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■三国志・呉大会

 土・日は呉大会。

 この大会は赤壁と流星が多いと踏んだので、こんなデッキで参戦。

【SR孫策・SR大喬・R孫堅・C祖茂・Cグホン】

 孫策夫妻封印デッキ。ちなみに大喬はアピナ常連Sさんからの借り物。
 呉は火計・流星・麻痺矢など基本的に計略頼りになることが予想されるので、その計略を封じて騎馬による突撃と高武力のアドバンテージで押し込む戦術。
 金曜日に全国対戦で試用してみると、サブICの6品ながらこれが結構勝てて勝率8割超。
 
 その勢いのまま、翌日大会に伊勢崎ナムコにて参戦。
 しかし、これが上品(3品~)以上と対戦すると苦戦しっぱなし。
 序盤戦を凌いで封印しても守り切れなかったり、防柵再建されて破壊しきれず騎馬を活かしきれなかったり。
 あっという間に玉璽を失って落ち延び、再スタートorz

 デッキ構成もR孫堅・C祖茂をRフトシ・UC呂蒙に変更し、騎馬一辺倒から呉バラへ変更。
 これが功を奏し、再開後3連勝。そのあと1敗するも玉璽の数は14個と貯金4。


 再びコンテニューすると、遂にその時がやってきました。
 念願の対覇王戦。
 無差別マッチングの醍醐味であり、3品風情の自分からすれば雲の上の人との対戦です。

 記念すべきその相手は・・・




 ぱ、ぱちろ~3━━━━━━━━━━━!!!

 初めての対覇王戦がまさかの超有名ランカー覇王。それも今大会優勝候補。
 2品相手にも勝ったこと無いのに最強クラス覇王相手に勝てるわけが(ry

 ・・・そういえば伊勢崎ナムコに来る前、ランカー覇王はこんなデッキ使ってますよというメールを貰い、その中でぱちろ~3覇王の名前が出てきたばかり。
 まさか対戦するとは夢にも思わず。それに聞いていたデッキと違うんですけど(爆)。


 ただ、勝ったら臣下みたいなことが書いてあるようで。
 も、もしかすると覇王を臣下にできるかも。ビビりながらも、ややテンションアップ。

 で、結果。




 家来にしてもらいました(w

 臣下の礼を取ってもらえてむしろ光栄っす。
 ぱちろ~3軍所属って書いてあるとハッタリが効きそうな予感(笑)。
 初日はここで終了。

 二日目は夕方からアピナ常連Sさんと太田セガワへ。
 サブICを使って夫妻封印デッキで再び挑戦。

 しかしこれがまったくの不発。いきなり3連敗でかなり凹む。
 全国対戦で普通に覇王デッキでゲームの勘を取り戻し後、再び挑戦するも敗戦orz

 9時ぐらいにセガワを出て、近くの店でSさんと夕食。その後、アピナ太田へ移動。
 BBHでSさんと店内対戦した後、三国志が空いていたので再び呉大会。
 ・・・と言っても自分は見てましたが。

 Sさんのデッキは、ぱちろ~3覇王が呉大会で使っているデッキの亜種で、
【R孫策・R孫堅・R陸遜・SR呉夫人・R大喬】
というメンツ。
 これがよく出来たデッキで、序盤を凌げれば大抵のデッキには負けないです。見てる前で覇王を倒したぐらいですから。

 で、それを見ていたら自分もやってみたくなったので、空いた隣のサテに着席。
 使うデッキはその「ぱちろ~3亜種」デッキで、ICはぱちろ~3軍配下のメインカード。

 立ち回りがイマイチ分からないので、最初の試合慣れるつもりで色々とテスト。
 負けはしたものの感覚が掴み、次の対3品戦に勝利。

 どうやらこのデッキに転向したのは正解だったようで、その後、格上2品どころか1品をも撃破し、大会上位100位に載っていた君主を討ち取る金星も。
 無名ながら覇王とも対戦しましたが、これは序盤に孫策で伏兵を踏む致命的なミスをして敗戦。ただ負けたのはこれぐらいで、後は勝ちっぱなし。0個に近かった玉璽は最終的には21個に躍進。
 ぱちろ~3覇王にも1個だけですが献上し、名君への道に貢献できたでしょうか(笑)。

 Sさんの方も絶好調で、この日だけで覇王4人を撃破。
 中には2~5位に入賞する可能性があった君主もいたようで、玉璽を大量に奪って上位戦線から脱落
させる勝星も。

 このデッキ、全国対戦でも使えそうな気もするんですが、魏・蜀の妨害計略が入ってくると苦戦するんでしょうね。
 いや、なかなか面白かったです呉大会。

 次は2色大会という噂ですが、果たして・・・。


■サカつく

 現在3年目。
 1年目は8位で終了しましたが、2年目は勝ち点100越えで優勝して昇格。
 意気揚々と上がったセリエAですが、開幕から下位クラブ相手に1分2敗。トレヴィーゾにすら負けましたよ。

 これが昇格組への洗礼か!と思っていたら、第4節は対インテル戦と畳み掛ける展開orz
 が、これが2-1でなぜか勝利。
 それだけではなく、第5節のラツィオ戦にも勝利し、昇格したての弱小クラブがビッククラブを連続で撃破する大判狂わせ。

 ガハハハ!このままユーベやミランも倒して優勝だぁ!と思っていたら、第6節のウディネーゼには完封負け。
 なんすかこの上位イジメの典型みたいな戦績はorz


 今のところ獲得した実名選手は、未所属に載っていたディ・ビアッジョ(笑)のみ。
 気紛れにスカウトに探させるのですが、移籍金を見て直ぐに獲得断念。
 WCCFだと白カードであるバルサのイニエスタですら21億。その金あったらスタジアム建てます。

 移籍金のかからない契約年数1年以下の選手を丹念に調べるしかないみたいですねぇ。
 あとはエディット選手に実名を付ける特殊エディットぐらい・・・これは実名選手なのか?

 まあ、やることが多すぎ、WCCFする時間がありませんw




 ・・・ブログ的にはダメすか?





序盤の参考にオススメ。

サカつくユーロ 攻略まとめwiki
http://sakatuku-euro.gamedb.info/wiki/?FrontPage

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )