群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 日曜にアピナ太田行ってガンダム。
 アピナはおそらく群馬県ではジオン最強なわけで、ランクを見ると准将が2名、大佐が中佐がズラリしております。
 その日は准将閣下とジャブロー攻略戦で遊んだり、大佐のエルメスと宇宙で遊んだりしていたわけですが、准将閣下の使っている母艦がザンジバルだったりするわけで(ちなみに乗ってるのはマリガンと通好み)

 一方の連邦は、未だペガサス級に乗ってる人を見ません。
 というか、乗れるとこまでいけるのか疑問。アピナ太田の連邦軍は、上記ジオン将兵のポイント源でありますから。


・10日(火)

 連休明けのこの日は夜はプラボ太田へ。
 一昨日終了したシェバ×トッティチームの後継チームを立ち上げることに。

 軸選手はイブラヒモビッチ。
 ロナウドチームで途中入団させて現在も使用中で、そのポテンシャルの高さは確認済み。
 屈強で空中戦に強く、足元も抜群に巧いこのFWを最初から活かすことを目的に編成しました。


 ・・・と言っても、ロナウドチームのメンバーを流用してるんですけどね(爆)。


ホーム・トリノ
所属・プラボ太田
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯ボナッツォーリ
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃⑮ピエーリ
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭R・ジュニオール
┃□┗━━━━━━⑪┛□┃⑬メシェ
┃□⑩□□□□□□□□□┃⑫ザンキ
┃□□□□□⑨□□□□□┃
┃■■■■■■■■■■■┃⑪WSTイブラヒモビッチ
┃■■■■■■■■■■■┃⑩MVPシェフチェンコ
┣━━━━━━━━━━━┫⑨MVPトッティ
┃⑧■■■■⑦■■■■⑥┃⑧ヤンクロフスキ
┃■■■■■■■■■■■┃⑦02-03トゥドール
┃□□□□□□□□□□□┃⑥02-03ジャンニケッダ
┃□□□□□□□□□□□┃⑤ITマルディーニ
┃□⑤━━④━③━━②□┃④マテラッツィ
┃□┃□□□□□□□┃□┃③ATLEバレージ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②レグロッターリエ
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①デ・サンクティス

 前任のシェバ×トッティと同じくホームはトリノ。というのも、ICカードを購入したらまたユベントスカラーだった、と単純な理由。
 トップ下トッティを始め基本は使い慣れた選手で、そしECて時代に逆行するセリエ所属選手のみ。

 チーム名はイタリア語で「トリノの王子様」みたいな名前。この場合の王子はトッティではなく、ズラタンですが。
 中心選手はイブラヒモビッチなので、略称は「ズラタンズ」で。
 序盤はFM中心に登録。


・ズラタンズ

FM1戦目/日立パンプキンズ/43C 勝利
FM2戦目/ヴィトーリア・ロビー/44D 勝利
FM3戦目/京都サッカークラブ/39D 勝利
FM4戦目/USデル・マーレ/40C 勝利

公式戦・RLD2
5戦目/カルデロン・マドリード 勝利
6戦目/グラスゴー・クローバース 勝利

FM7戦目/スリーアローズ広島/38D 勝利
FM8戦目/パンプローナ・フィエスタ/41D 勝利

公式戦・RLD2
9戦目/日立パンプキンズ 勝利
10戦目/千葉ユナイテッド 勝利


 破竹の10連勝。と言ってもCPUですけど。
 シェフチェンコのサイド突破はまだまだですが、ズラタンの中央突破はやはり使えます。

 引きは変わらずダメっぷり。


プラボ太田
10勝
018 157インザーギ 075スネイデル 026ランパード 214 154ルイコスタ 206 215アルベルダ 008


・11日(水)

 アピナ太田で1000円だけプレイ。
 投入したのはロナウドチームとズラタンズを


・ロナウドチーム

FM111戦目/対人/46B 引き分け
FM112戦目/ユベントス/52A 勝利


・ズラタンズ

FM11戦目/グリーン・パウリスタ/44C 勝利

公式戦・RLD2
12戦目/カリビアン・パイレーツ 勝利
13戦目/オリンピック磐田 勝利
14戦目/スコペルタ・アーモニア 勝利・優勝

 ズラタンズ14連勝。まあCPUで(ry

 引きは(ry


アピナ太田
5勝1分/RLD2
008 077 068 052 071ガラセク 166



 明日はWSKフライング発売日。
 柳沢があんなに簡単に流出したのに、今回はガードが固め。

 ・・・というかこれが普通で、前回は情報秘匿もヘナギクオリティだっただけかもしれないけど。

 さて、本命筋の大久保か稲本か、それとも大穴でヴィオラ中田や浩二や大輔か。
 とりあえずカルチョカカ並に使えそうなクオリティ希望。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 堀江社長に小嶋社長、そして今度は東横インの西田社長という新キャラ登場。

 今年は社長が熱いですね!



・8日(

 この日は佐野お宝鑑定団にへ行ってきました。
 というのも、ガンダムカードビルダーの買い取りで、UCが1枚100円、Cが1枚30円と破格の買い取りを行なっていることが判明。
 この時点ではまだ佐野にガンダム導入店がないためか、売っているのは白が数種類あるだけ。在庫を揃えたいためかダブりもOKな上、優良黒はキラ並の買い取り価格が付き、UCガンダムが2500円、UCシャアに至っては4000円の壊れ価格(両方とも持ってないけど)。

 最初で最後の売り時だと言うことで、不要なキラ(ジオン系)と使わない白黒を大量に売却し、全部で12000円ほどになりました。

※ちなみにこのことを教えてあげたアピナ常連Sさん、プラボ常連Sさんも大量に白黒を売却。現在、佐野鑑定団にある白黒のほとんどは我々が売ったカードだと思われます(笑)。

 この日の佐野鑑定団はWCCFや三国志等々のカード類を1000円以上買うと2割引の期間限定セールの最終日。
 せっかくカードが安いので、売却した金額の中から以前から欲しかったATLEを一枚購入。



 02-03では最後まで縁の無かったダイハードを購入。1440円ならレートとほぼ同等。

 それと1000円のガチャガチャくじを久々にやってみました。
 フレイとかBEカンナヴァロとかBSビエリとか散々な結果だったWCCFくじに代り、現在は三国志くじ。ハズレ無しでSRかRが入っているというやつ。
 とりあえず1回だけ挑戦し、当たったのがコレ。




 微妙なカードにイラネと思っていたら、店員から予期せぬ言葉が。

「新Rなので当たりですから、記念撮影しますね」

 ちょっと待て。新Rとはいえ張飛ごときで撮影するな。記念ではなく晒し者ですかこれは。




 佐野からの帰り道でアピナ太田へ向かい、WCCFを久々に長時間プレイ。
 任期満了間近なもう一つのチーム、シェバ×トッティチームを終わらせました。


・シェバ×トッティチーム 

公式戦・THC 146~149戦目
1回戦/対人 勝利
準決勝/対人 勝利
決勝戦/対人 敗戦

公式戦・RLD1
150戦/対人 勝利


 THC優勝して最終戦オファー辞任で終わらせようと目論むも、肝心なところで負けて頓挫orz


○シェバ×トッティチーム
 就任時監督/SS
 獲得賞金/187億3000万
 114勝19敗17分/勝率76%

・主要選手成績
 シェバ 121得点19アシスト
 ロナウジーニョ 57得点91アシスト
 トッティ 18得点55アシスト
 サネッティ 12得点15アシスト

 先に終えたシャドーチームと全く同じチーム構成。序盤FMを重視したのでチーム戦績こそ良いものの、ロナウジーニョがアシスト数を大きく伸ばしただけで、個人成績においてはほとんどの選手で大差無し。シェバは思ったよりも得点が伸びず。

 シェバ×トッティと平行し、ロナウドチームをLCなどに投入。


・ロナウドチーム

公式戦・CSC
101戦目/対人 引き分け・PK勝利

公式戦・RLD1
102戦目/対人 敗戦・優勝

公式戦・LC 103~107戦目
1回戦1st/対人 引き分け
1回戦2nd/〃 勝利
準々決勝1st/対人 勝利
準々決勝2nd/〃 勝利
準決勝/対人 引き分け・PK勝利
決勝戦/ゴースト 引き分け・PK勝利・優勝


 引き分けPKばっかで胃に悪すぎ。それにここまで全部対人戦て。
 最近、夜のアピナは常に満席。太田地区の他店の人入りが疎らなのに比べ、何故かアピナは人が増えています。意味わからんす。


 ロナウドチームがLCを取った後は、先日終了したシャドーチームの監督カードで新チームを立ち上げ。
 隣でプレイしていたプラボ常連Sさんに使用する選手をあれこれ言われながら作ったため、何だかよくわからん陣容になっています。


ホーム・群馬県太田市
所属・アピナ太田
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯02-03トニ
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃⑮ピエーリ
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭ペロッタ
┃□┗━━━━━━⑪┛□┃⑬メシェ
┃□⑩□□□□□□□□□┃⑫マテラッツィ
┃□□□□□⑨□□□□□┃
┃■■■■■■■■■■■┃⑪ATLEサモラノ
┃■■■■■■■■■■■┃⑩LEジダン
┣━━━━━━━━━━━┫⑨ATLEサヴィチェビッチ:CP
┃⑧■■■■⑦■■■■⑥┃⑧ヤンクロフスキ
┃■■■■■■■■■■■┃⑦01-02D・バッジョ
┃□□□□□□□□□□□┃⑥04-05ゼビナ
┃□□□□□□□□□□□┃⑤エインセ
┃□⑤━━④━③━━②□┃④LEデサイー
┃□┃□□□□□□□┃□┃③WDFネスタ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②レグッターリエ
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①デ・サンクティス


 「サビチェビッチをトップした使え!」と言われたので、1年半ぶりにサビチェビッチを使用したチームになりました。左FWにジダンがいるのも要求に屈した結果でして、気にしないでください。

 初めて使うカードはトニ、Dバッジョ、ゼビナ、エインセの4枚。
 もともとトニを軸で作るつもりが、横やりが入ったため控えに。
 D・バッジョは前に佐野お宝鑑定館で購入したもの。01-02・02-03の白黒をランダムに詰め込んだ3枚200円のセット販売で、1枚だけ発見し即購入。
 セビナはSさんの進言で採用し、エインセは一度使ってみたかった左SB。

 軸選手のサビチェビッチに敬意を表し、略称はジェニオチームということで。


・ジェニオチーム

公式戦・RLD2
1戦目/イールFC 勝利
2戦目/対人 勝利

FM3戦目/USデル・マーレ/39C 引き分け
FM4戦目/対人/61C 勝利
FM5戦目/ボトム・ユナイテッド/38D 勝利
FM6戦目/ヴィトーリア・ロビー/42C 勝利
FM7戦目/日立パンプキンズ/※D 勝利
FM8戦目/ブラックパンサー浪速/41D 引き分け

公式戦・RLD2
9戦目/パンテーラ・ダ・ルス 勝利


 いきなりRLに投入。計画性が無いです。
 2戦目で早くも対人戦になりまずいなと思っていたら、相手も立ち上げ2戦目で、トップ下にジーコという熱い試合(笑)。

 で、トップ下に配置したサビチェビッチが凄いことになってます。
 ボールを待つと常に前線へのスルーパスを狙い、サモラノとジダンが反応しきれないことが多々。壊れてんじゃないすかこの人、と思うぐらい鋭いパスが出るのはさすが「予測不能」。

 サモラノは及第点として、FWに配置した将軍のへなちょこ具合が際立っています。
 ボールをキープできず、サイドをドリブル突破するのは夢のまた夢。サビチェビッチの壊れパスでGKと1対1になっても、シュートは全て枠を外す始末。
 ジダンはやはりトップ下、ということを認識しましたが、トップ下はジェニオな人がいるのでこのままFWで頑張ってもらいます。


 引きの方ではストック切れしたので、2枚パックの頭を狙ったのですが失敗。

 ちなみに今年2枚目の黒ロナウジーニョをツモ。パックの底で出たのでもしやと思ったのですが、そんなに甘かないですね。

 そういえば黒ロナウジーニョを使用したシェバ×トッティチームは、WMVP召喚目的のチームでもあったのですが、失敗に終わったようですorz


アピナ太田
13勝2敗5分/CSC・RLD1
033デュテク 177バルデス 116 224ミスタ 192ロナウジーニョ ストック切れ 056 119 051ファーディナンド 209カニサレス 074 191ラーション 147 158カカ 032 207パンディアーニ 196 141 176トッティ


・9日(

 午後8時過ぎから伊勢崎ナムコへ。ほとんど人が居らず、絶好のFM日和。
 ジェニオチームをFMに投入。

・ジェニオチーム

FM10戦目/イールFC/38D 勝利
FM11戦目/パンプローナ・フィエスタ/40D 勝利

公式戦・RLD2
12戦目/グリーン・パウリスタ 引き分け
13戦目/USデル・マーレ 勝利

FM14戦目/スリーアローズ広島/36D 勝利
FM15戦目/ヴィクトリー神戸/39D 勝利
FM16戦目/サン・サリディーニャ/43C 勝利
FM17戦目/FCチッタ・デ・アクア/41C 勝利


 このチームはCP・PKキッカーしか決めておらず、FKになるとジダンかサビチェビッチのどちらかが蹴っているのですが、この日は途中でジダンが怪我。
 ゴール前のFKを与えられ、サビチェビッチが蹴るのかと思っていたら何故かマテラッツィが蹴りました(それも決まったし)。

 次の試合もジダンが欠場。そしてまたゴール前のFKのチャンス。

 D・バッジョが蹴りました。

 orz

 やはりジェニオは予測不能です。


 スケジュールにLCがあったので、ジェニオチームの育成の途中でロナウドチームを投入することに。

・ロナウドチーム

公式戦・LC 109戦目
1回戦1st/対人 敗戦

公式戦・RLD1
110戦目/アムステルダム・ジュエルズ 引き分け


 LC1回からプレイヤーが1人増え、その人が1回戦の相手。
 相手チームの陣容はCグループオンリーで完全に左ベタの廃人仕様。見ただけで幻滅。
 戦術は左サイド一辺倒で、面白くも何とも無い試合内容。左でしか仕掛けてこないのは分かっているので押さえること自体は難しくないですが。
 後半40分過ぎ、相手チームがお決まりのようなミドルシュートを打って、GKに弾かせCK。
 そのCKのクロスはGKが完全にキャッチしたのですが、ボールとは関係ないところで相手選手が倒れてPKに。
 そのPKを決めて0-1で試合終了。何コレ。

 馬鹿の一つ覚えのような試合内容に嫌気が差したので、2戦目は登録せずジェニオチームのFMに充てることに。
 どうぞ準々決勝に進んでくださいと思っていたら、相手チームが負け、得失点差でCPUになったロナウドチームが逆転で進出。
 最終的には決勝へ進出して店舗チャンピオンに圧勝し優勝。


 あの、それじゃ自分の立場がないんですけどorz


伊勢崎ナムコ
7勝1敗2分
080 060スコールズ 180 096 071ガラセク 118 185エジミウソン 115 041ジェラード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 25日はVer1.1稼動日。
 ただ、必ずしも全国一斉稼動というわけではない感じですね。
 店側のモチベーション次第というか「25日に届いたけどバージョンアップは明日」という店がけっこうあるようです。
 その中の一つが我がホーム、アピナ太田。

 仕事の用事で近くを通りかかったので、午後1時(往路)と3時(復路)の2回立ち寄りました。
 午後1時の時点では特に変ったこと無し。プレイヤーが一組いるだけ。

 次に立ち寄った時はバージョンアップ待ちのためか、平日の3時にも関わらず7サテで埋まっていました。ただ、バージョンアップした形跡は無し。
 店員さんに確認してみると、まだキットが届いていないとのこと。どんなに早くとも夕方以降のバージョンアップになることは確実。

 午後9時頃、この時間になればさすがにバージョンアップされたと思われるアピナ太田へ行くも、その形跡は未だ無い。
 再度確認してみると、キットは既に届いているものの、プレイ中の客がいる間はできないので作業は閉店後に行なうとのこと。
 ちなみに、プレイしている客はバージョンアップを待っていると思われ、昼間見たプレイヤーがまだプレイしてます。
 そのバージョンアップ待ちの客がいるため店はバージョンアップが出来ず、バージョンアップがされないのでプレイしながら待ち続ける客。なにこのジレンマ。


 アピナでは埒があかないので移動することに。
 行き先はプラボ太田。プラボは入荷すれば直ぐに作業を開始する店なので、この時間であればバージョンアップされているのは確実。

 10分ほどでプラボに到着し、早速WCCFへ行ってみるとプレイしているのは4人ほど。
 まさかバージョンアップしてないのか?と不審に思いつつ、サテのモニターに表示されているバージョン情報を見ると「04-05 Ver1.1」の表示。プラボはバージョンアップ済み。

 バージョンアップした割には人が少なすぎますが、追加カードも無いんじゃこんなもんか。
 それに正式な日時の告知がされていないので、25日稼動を知らない人が意外に多いのかもしれません。

 何はともあれ、早速プレイ。相性の良い5サテが空いていたので即キープ。

 既存のチームから始めてもよかったのですが、唯一の追加と言ってもよい柳沢を使ってみたかったので、実験用チームでプレイ。
 ・・・のはずだったのですが、実験用チームを家に忘れる凡ミスorz

 現在使っているチームに加入させるわけにもいかないので、新規ICで実験用チームを立ち上げ。チームを考えている暇も無かったので、既存チームに柳沢とカルチョカカを加える形で編成。


 立ち上げたばかりのチームの初仕事は、柳沢あっくんに仕事を与えること。



 PKの大役を与えられて落ち込む柳沢。さすが我らがヘナギ様。

 最初の試合でいきなりPKのチャンス。



 苦手なPKで得点を決める柳沢。ちなみにこの直前にGKと1対1の場面があり、放ったシュートが枠に飛ばなかったのはさすが我らがヘナギ様。



 4試合で3得点(内PK2点)を決めた御褒美に背番号を「13」に変更。

 ただ、出場5試合目でDFと接触して負傷退場。さすがは我らがヘナギ様。


○柳沢の使用感

・13に相応しい決定力。
・ゲーム内でもやはり横パスするクオリティ。
・何も無いところで転ぶ。
・自陣に向かってドリブル。
・特殊実況無し。


○カルチョカカの使用感

・ドリブラーではなく、トップ下のポテンシャルを感じる
・POW14なのに倒れず、ドリブルで中央突破できる。
・低い位置から鋭いパスやキラーパスを出せる。ここが既存黒との違いかも。
・ベルジョーコの創造主に相応しいパスを出しても柳沢の理性がそれを許さない。


 柳沢に関しては予想通りでしたが、カルチョカカはキラと遜色の無い働きを見せてくれました。付録とはいえ侮れないです。

 以上が追加カードである2枚の感想。


 5試合ほどでしたが、最後に04-05Ver1.1をプレイしてみた感想。

・やはり左が機能しない。左のFWが中へ切り込むように修正された、というよりは左右のバランスを取ったという感じ。右サイドへ流れてクロスを上げられたので、サイド攻撃が出来なくなったわけではない。
・中央突破がやりやすくなった。DFが弱体化したわけではなく、02-03Ver2.1頃の攻守バランスに近くなった感じ。
・CKからの得点・失点が少ない。CK=ゴールだった点が改善され、ヘディングしても枠を外すことが多い。6回ほどあったCKで得点に繋がったのは僅か1回。
・PKが取られ易くなったかも。5試合で3回もPKはちょっと多すぎ。レグロッターリエがボールを持った相手に蹴りを入れるところをはっきりと目撃(笑)。


 テクニック系の選手が活躍できる点は違いますが、02-03Ver2.1に近くなった感じがします。サイド偏重だった攻め方が改善され、中央突破が再び主流になるかもしれません。中央から攻めるスタイルだった人にはプラス修正でしょう。

 5試合消化しただけの感想なので、もう少しプレイ数を重ねたら改めて感想を書いてみたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 去年の春頃に放送されたドラマの呪いが通じたようですね>CX

 しかし、探偵ファイルの名前を民放のニュースで見るとは思わなんだ。


・5日(木)

 午後5時ぐらいに近所の携帯屋に出かけ、携帯電話の機種替えをしました。ようやく定額制導入ですよ。

 ブログの記事に書いてる戦績等々は、携帯のメモ帳に記入しそれをPCに送信。
 携帯本体に記録できるメモ件数は10件までなので、古い記事はminiSDの方にバックアップをとっておくのがこれまでのやり方だったのですが、互換性を考えて同じシャープ製の携帯に引き継いだにも関わらず、SDには互換性が無いことが使ってから判明。何すかそれ。

 この後用事も無かったので、何となくアピナ太田。

 特に投入したいスケジュールも無かったので、任期満了が近いチームを消化することに。


・シャドーチーム

公式戦・RLD1
145戦目/OCメディタレーニアン 勝利

公式戦・CT 146~149戦目
1回戦1st/オーロラ・バイキングス 勝利
1回戦2nd/〃 勝利
準決勝1st/クイーン・レオーネSS 引き分け
準決勝2nd/〃 引き分け・敗退

FM150戦目/対人/※A 勝利

 CTで痛恨のHA得失点差による準決勝敗退。150戦目をCT優勝で飾る野望潰えるorz
 久々に終了チームの戦績と使ってみた新カードの使用感など。


○シャドーチーム
 就任時監督/-E
 獲得賞金/170億4500万
 105勝18敗27分/勝率70%

・主要選手成績
 シェバ 136得点19アシスト
 ロナウジーニョ 60得点68アシスト
 トッティ 15得点73アシスト
 ジャンニケッダ 19アシスト
 サネッティ 20アシスト

 試合飛ばし防止用のチームで、登録試合を選ばなかった割には高勝率。気付いたら任期延長5回達成。監督レベルE-で満了したのは初めてかも。


 登録した新カードの使用感を短評。
 名前の横はS~Cのランクで分けた総合評価。A-ぐらいが及第点。


04-05黒ロナウジーニョ 評価・A
 さすがというべきか、黒でもそのポテンシャルを存分に発揮。
 右側においても器用にこなしてくれたりする。あたりが弱い点は折り込み済みなのでスルー。

04-05ボウマ 評価・A-
 堅くて巧い。SBもCBもそつなくこなせる万能型DF。
 ただ、人によっては使い難いという感想も聞くので、使えるかどうかはチーム戦術次第。

04-05トゥーレ 評価・A-
 現バージョンで白DFの筆頭格。右サイドを守る砦にしては若干、パワー不足な感もあるが、ポジショニングさえ誤らなければロッベン・ウェアなどの強力なウイングもボールを奪い取る。
 ただ、テクニックが難があり、ライン際でのボールのキープは期待できない。不用意なスローインを与えることもしばしば。


アピナ太田
4勝2分
053Gネビル 112 102 192ロナウジーニョ 186 097



・6日(金)

 今年最初の伊勢崎ナムコ。WCCFにはほとんど人がおらず、ほぼCPU戦戦。
 投入したのは久々のロナウドチーム。

・ロナウドチーム

FM82戦目/マンチェスターUtd./52A 勝利
FM83戦目/スーペル・エスパーニャ/52A 勝利

公式戦・RLD1
84戦目/デポルティボ 勝利
85戦目/ラ・ブルー・アンサンブル 勝利・優勝

公式戦・EPC 86~88戦目
1回戦/ヤングエランドUtd 勝利
準決勝/オリンピコ・アスンシオン 勝利
決勝戦/カリビアン・パイレーツ 勝利・優勝

公式戦・RLD1
89戦目/インテル 勝利
90戦目/ルジタニア・ナシオナル 勝利

公式戦・CC 91~93戦目
1回戦1st/バライドス・デ・ヴィーゴ 勝利
1回戦2nd/〃 勝利
決勝戦/対人 勝利・優勝


 CCの決勝戦のみ対人。それ以外は闇状態なこともあり、全戦全勝でタイトルも稼がせてもらいました。
 引きの方はそうもいきませんが。

伊勢崎ナムコ
12勝/RLD1・EPC・CC
222 179マルケス 211 108 142デルピエロ 036 131カンナバロ 204 090 103コク 028ロッベン 082



・7日(

 翌日もちょこっと伊勢崎ナムコ。

・ロナウドチーム

公式戦・RLD1
94戦目/対人 勝利
95戦目/インターアンブロジアーナ 勝利
96戦目/A.C.ミラン 引き分け
97戦目/1FCプロイセン

公式戦・THC 98~100戦目
1回戦/ジャッロブルAC 勝利
準決勝/トロス・アスル 勝利
決勝戦/グリーン・パウリスタ 勝利・優勝

 ほぼ闇状態でタイトル確保。この後LCがあるものの土曜日なのでパス。

 引きの方は「119カンビアッソ→114コルドバ」という怪しい配列にあたるも、すぐに「39リーセ」が現われたので深追いはせず。アツい場合はリーセの前に出るので。

6勝1分
145ジダ 054 138カモラネージ 056 119 114コルドバ 039リーセ



 今日(24日)が04-05Ver1.0の最終日だと思われるので、例の如くプラボ太田で最後のプレイをしてきます。まあ、誰もいないでしょうが。左サイドマンセーがこれで最後ならいいんですけどね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 東証売買停止。ここまでくるとホリエモンが腹切っただけじゃすまないすな。

 「傲慢が綻びを生むというのか」というドレル御曹司の言を思い出します。

 ドレルを分かる人がどのくらいいるんだろうか。


■VER1.1は1月25、もしくは26日稼動

 公式発表は無いながら、ネット上では25日稼動が有力な説になっている模様。
 現在までに言われている情報をまとめてみると、

・ICカード破損時の自動修復機能追加
・CPUチームの調整
・ゲームバランスの調整(左サイドマンセーの改善)
・LC(店舗大会)のレギュレーションがU-5Rに変更
・付録選手情報の追加、隠し選手の削除
・追加カード無し


 これとは別に昨日、プラ・・・もとい太田市内某店舗にて稼働日を確認してきました。

 月曜日にセガから通達があり、来週の25日、遅くとも26日にバージョンアップがされるそうです。

 方法はネットからのダウンロードではなく、午前中にはバージョンアップキットが届き、昼過ぎには
稼動可能とのことでした(店員さんが25・26日のどちらが正確な日付なのかうろ覚えでしたが)。

 追加カードの有無については、カードの仕入れについて制限や通達がきているか聞いてみたところ、プラ・・・某店舗では特にカードの仕入れについて制限はかかっていないそうです。
 ということは、今回はカードの追加は無し。袋を「Ver1.1」に書き換えるつもりもしばらくなさそうですねぇorz


 「1.1」の数字が表す通り「ロム調整のみかも」と、最悪の可能性として想定していましたが、どうやらその最悪の事象になるようです。
 04-05は6月末稼動で、7ヶ月弱で最初のバージョンアップ。この分だとモリエンテスが使えるのは05-06シーズンが終わる頃ですか、ああそうですかorz

 付録カードで新規開拓を出来ても、古参ユーザーを繋ぎ止めておけるほど甘くはないですぜ>瀬賀


■GCB

 カード更新してきました。相手がいなかったので29000で終了。
 それでも大佐だからぁいいかと思っていざ更新してみると、

 少佐に昇進。

 飛び級するんじゃなかったのかよorz
 その上戦功ポイントが29000から13000に激減。
 せめて新型艦はいいものがもらえるんだろうかと思っていたら、

 宇宙:サラミス後期型
 地上:ミデア改

 スルガでもビックトレーでもないのかよorz



■2006年WCCFはここから

・1月3日(火)

 1・2日はアピナでガンダム。3日のこの日がWCCF始め。

 去年は元旦の昼過ぎに伊勢崎ナムコに出陣し、2005年初戦こそ負けたものの、1クレ目でATLEサビチェビッチを引く幸先良いスタート。
 今年のWCCF運を占う上で、今年最初の試合と引くカードに注目。

 初戦に選んだ戦場はプラボ太田。なんだかんだ言って行きますな、プラボは。
 いつもより遅い午後10時過ぎに行ってみると、誰も居らず。大丈夫かここのWCCF。

 サテの排出状況なんて分かるわけはないので、「困ったときの角台」ということで5サテへ。
 投入したチームはシェバ×トッティチーム。任期が残り少なく、全冠する気も既に無いのでスケジュール通りに投入。


・シェバ×トッティチーム

 公式戦・RLD1
 142戦目/ASロウズ・プリンス 勝利

FM143戦目/アーセナル/50S 勝利
FM144戦目/グランデ・アルビセレステ/54A 勝利
FM145戦目/キング・マドリード/55A 引き分け
FM146戦目/ミラクル・ブラウグラナ/53SS 勝利


 新年早々、キツいとことばっかり対戦してますなぁ。

 ちなみに初戦のASロウズ・プリンスは6-0で大勝。
 ガンダムの単調なロックオン合戦に飽いていたので、久しぶりにやったWCCFは格別に面白かったです。その後のキング・マドリードに引き分けた以外は3点差以上で勝利。気合入ってます。

 そして今年最初の引き。
 MVPでも引ければ最高のスタートになりそうだなと考えながら開封した最初のパック。

 ・・・こ、これは!





 いや、本当に驚きましたよ、裏面の顔が見えたときは。
 黒でしたが、MVP該当絵柄で始まれたのは縁起が良いかも(笑)。

 そして2クレ目もMVPではないもののキラ該当絵柄。




 ルートキタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!


 今年も運良く、少数クレで1枚目のキラを引くことができました。
 この調子なら少なくとも1枚ぐらいMVPが引けそうな予感(爆)。


プラボ太田
4勝1分
159シェフチェンコ WSTファンニステルローイ 054 138カモラネージ 099

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 昨日の大相撲のゲストはデーモン木暮閣下。

 驚いたことに、放送しているNHKの字幕表示が「デーモン木暮閣下」となっているばかりか、アナウンサーも「デーモン木暮閣下は・・・」と「閣下」の敬称付きで呼んでいる。

 今年の国営放送は一味違うな、と思った。


■GCB

 予想通りというべきか、稼動から常にランク上位に載っていた人たちが飽きてきた様子。
 年末年始でジオン4位につけていたアピナ常連Sさんは1週間やっていないし、同じく10位以内を堅守していたプラボ組Sさんも回数が激減。ジオンで使っているキラ以外は売却したりトレードに出したり。エルメスとか6枚ぐらい出してMロナウジーニョ獲得。テラウラヤマシス。

 かく言う自分も回数減。宇宙はサイコミュだらけ、陸はアプサラスだらけで連邦イジメが横行しています。連邦軍のご新規さんは模擬戦から出てきません。
 稼動1ヶ月でこの状況ですから、やはり胴元のバンダイはバk(ry


 年末年始頑張り過ぎたせいで、ICカード3枚目で現在戦功ポイント28000を越えてます。
 これで引き継ぐとどうも大佐に飛び級するらしいんですが、どうせなら支給される艦艇も飛び級して
ホワイトベースとか貰いたいです。そうすれば心置きなくやめられます。
 これがもしスルガやビックトレーとか中途半端に上がるだけだったら、それはそれでやめます。

 そういや戦功が30000越えると准将になるらしいです。
 まだ残り8プレイあるので、無差別で5回勝てば将官入り出来そうなんですが、アプサラスの群れを見てるとモチベーションが維持できそうにないっすorz


■ここからが大会

・12月18日(

 12月は1度しかWCCFしていないのに、無謀にも第14回アピナ大会に強硬出場。

 レギュレーションはU-5。今回はポイント制限などの縛り無し。
 登録したのは育成度がもっとも高いシェバ×トッティチームではなく、全冠を達成して熟成期に入ったマルコ×ルートチーム。
 もともと「勝つ」ことが目的のチームなので、店舗主催大会で勝てなきゃ意味が無い。

 参加者は15名。今回は珍しくいつものアピナ常連さんが少ない。代わりにアピナであまり見掛けない参加者が多い。

 予選はICC方式で各上位2名勝ち抜け。組み合わせ抽選で引いたのは14番で予選後半組。

 予選グループに入ったのは以下の通り(対戦順)。

・グラスゴー・ブルース(CPU)
・アピナであまり見掛けない人A
・アピナであまり見掛けない人B

 いつも予選であたるTさんと珍しくグループが別れ、手の内の分からない相手と久々に対戦。

 1戦目の相手はグラスゴー・ブルース。
 リハビリ無しで対人戦になるのは嫌だったので、初戦の相手としては絶好の相手。
 中央突破とサイド攻撃の感覚を確認し、5-0で勝利。大会モードのCPUにしては結構点が取れました。

 2戦目からが本番の対人戦。
 予選グループ表で対戦相手のチーム名を見て、どこかで見たことあると思っていたのですが、試合前のエンブレムを見て思い出しました。相手のエンブレムがエリアチャンピオンシップ優勝者のもの。
 アイウィル笠懸代表の関東エリアチャンピオンシップで優勝した人ですよ。確か4TOPの。
 嫌な相手だなぁと思いながら試合を始めてみると、それほど厳しい展開ではなく、どちらかというとこちらのペース。前半に1点先取し、それを守り切って1-0で勝利。

 3戦目の相手もどこかで見たことのある名前ながら、この時は思い出せず。
 相手は1勝1敗で負けられない状態。こういう相手が一番やり難い。
 試合は最初からこちらペースで進むものの、ド至近距離から撃ったシュートが相手GKに当たるなどいつもの展開。こうなるとこちらが前掛かりになり、後半終了間際にキレイなカウンターの流れで失点し、これが決勝点になって0-1で敗戦。
 あとで分かったのですが、このチームもアイウィル笠懸代表で関東エリア準優勝したチームでした。

 2勝1敗ながら初戦で稼いだ得失点差のおかげで2位で予選通過。


 決勝T1回戦はプラボ常連ながらあまり対戦したことのない人。
 デルヴェッキオ・ファンステルローイ・トッティが上手く機能し、前半戦で勝負を決めて3-1で勝利。久しぶりに決勝Tで勝ち上がり。

 準決勝の相手は過去準優勝している強豪めアピナ常連Tさん。ここ最近の大会ではは死のグループに入ることが多く、決勝Tに進出したのは久しぶり。
 試合は開始直後にいきなり失点して嫌な流れになりかけるも、直ぐに同点に追いついて前半終了。
 後半は一進一退の展開で、30分を過ぎてもどちらも点の入る気配が無い。
 これはPKかなと思い始めた40分、左サイドのセンター付近でこちらのスローイングになり、ヤンクロフスキが投げ入れたボールをデルヴェッキオがキープ。
 そこからドリブルをしたかと思うと直ぐに立ち止まり、突然アーリクロスを上げる。それをゴール前飛び出したファン・ニステルローイがどんぴしゃにあわせ、ギリギリ入力の間に合った間に合ったダイレクトシュートが決まり、勝ち越し点。

 デルヴェッキオがあんなとこからアーリー上げたの初めてみましたよ・・・。
 これが所謂大会モードというやつか?

 久々に進出した決勝の相手はZさん。
 太田セガワの公式大会予選でベスト4に進むなど太田地区屈指のプレイヤー。不思議なことに、同じ店でやっているのに大会や通常営業でも今までほとんど対戦したことなし。なので手の内がよく分からない。

 試合は前半先制できたのでそのまま主導権を握れるかと思いきや、すぐに同点に。
 後半にルートが勝ち越し点を上げ、さらに1点追加して3-1とし、試合の流れはこちらに。
 しかし、後半30分を過ぎたあたりで「優勝」の文字が見え始めて気が緩み、DFラインを簡単に突破されて失点。3-2。
 この失点後は守りを固め逃げ切り勝ち。なかなか主審が笛吹かないので焦りましたが。




 確かアピナでは3回目のタイトル・・・のはず。

 今回の賞品はいつものクレ券ではなく物品支給。ぶっちゃけクレ券の方がよかったですが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




 とりあえず、リヴァウドの二の舞にはならいように。>アモローゾ

 折角チャンスが回ってきたピッポが可哀相。


■奥さんカカですよカカ




 CALカカフライングで入手。店はヘナギの時と同じですが、今回は計画的。
 以下が入手するまでの手順。


1/11日 太田某所

21:02 アピナ太田近くの某レンタルビデオ兼本屋に到着。
21:03 配送トラックの到着を確認し、店内へ。
21:04 サッカー雑誌を立ち読みするプラボ常連Sさん発見。目的は同一。
21:05 ルート×アンリの2TOPのトップ下に使う中村は白orキラか話し合う。
21:08 梱包された雑誌類が店内に運ばれてくるのを確認。
21:09 配送の受領手続き。接近して観察。
21:11 さらに接近して観察。
21:12 配送業者退去。店員が梱包を解き始めるのを確認。
21:13 接触。
21:14 店員、カルチョの梱包を探索。 
21:15 引き続き探索。
21:16 発見。
21:17 会計。


 ちなみにこの店の入荷数は7冊。WSKよりも少ないです。
 内、3冊が予約済みで。Sさんと自分が購入して残り2冊。この後フライングした人もいると思われるので、この店の店頭には発売日前から既にカルチョが姿を消したかと・・・。

 都内なら前日のお昼過ぎには入手できるでしょうが、午後9時が地理的に群馬の限界です。ちなみに某ビデオ兼本屋はチェーン店なんで、県内ならだいたいこの時間には手に入るでしょう、おそらく。


 購入後、アピナ太田へ直行して一応作動確認しましたが、やはり認識せず。

 新バージョン稼動まで使えない一連の付録カードに何か利用方法はないかと模索し、考えついたのがこれ。





 カカの上に被せてみると、





 セガ公認の公式オリカの完成。

 これならオリカ禁止の直営店で使っても怒られません。たぶん。


 次回の付録雑誌は2月2日のWSK。
 未だ売れ残っている今月のWSKを見ると、予約を入れる必要があるのか迷いますが・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 WSKの柳沢が割と早いうちに流出したのに対し、カルチョは誰が出るのかさえ分からないほど情報が秘匿されていましたが、発売前日になってようやく公開。画像はいつもの通り拾い物。





 まさかの既存カード枠色違い。

 ウソだと言ってよ、バーニィorz


 一応、総合値は同一ながらパワー1ダウンでテク1アップのパラ違い。

 ただ、パワー14と15は天地ほど使用感に違い。カカの売りの一つはそこじゃないのか?
 それにこのパラじゃロナウジーニョとほとんど変わら(ry


 公式HPの方に付録の日程も載ったようですね。

World Soccer KING

・2006年1月19日号(発売中)
・2006年2月16日号(2/2発売)
・2006年3月16日号(3/2発売)

CALCIO 2002

・2006年2月号(1/12発売)
・2006年3月号(2/10発売)
・2006年4月号(3/11発売)
・2006年5月号(4/12発売)


 予想していたダイジェスト・アルカディア・ファミ通からの登場はないものの、連続企画で合計7枚のエクストラが出るということ。

 ただ、WSKがヤナギ、カルチョがカカ、ということで登場する選手もだいたい予想がついている模様。

 計3枚のWSKは欧州3大リーグの日本人選手ということで考えれば、セリエから柳沢、プレミアから稲本、エスパニョーラから大久保でほぼ間違いないでしょうね。

 計4枚のカルチョは、連載企画のカカで始まったことから、残りはアドリアーノ・イブラヒモビッチ・トッティが今のところ有力ということ。
 まあ、カルチョカズの例を考えても誌面に載らない選手のカードを出すとは到底思えないのでこれも確定っぽいですね。


 出る選手はパラ違いということなんで、それらを勝手に妄想。


例1・カルチョアドリアーノ

 処方・オフェンスを上げ、スタミナを下げてみる。

 OFE20 DFE5 TEC15 POW20 SPE16 STA14 89

 ほーら、量産型TSヴィエリの完成。


例2・カルチョズラタン

 付録の中でこれが一番欲しい。
 今使っているチームに居て、現在考えているチームもズラタン軸なんで。

 処方・オフェンスを上げ、ディフェンスを下げてみる。

 OFE19 DFE5 TEC18 POW18 SPE13 STA13 86

 ポストが友達なズラタン君もオフェンスが上がればもっと使えるようになると思われ。


例3・カルチョトッティ

 微妙に使いづらい現バージョンのトッティ。なので得点力だけでも上げてみる。

 処方・オフェンスを上げ、ディフェンスを下げてみる。

 OFE19 DFE7 TEC18 POW17 SPE16 STA17 94

 簡易量産型Mトッティの完成。ただし守備をしない。


 しかしどうなんでしょうねぇ、この追加カード。
 今回のカカは、どうせならアウェイユニフォームとかそういう捻りも少々欲しかったような。

 情報が直前まで厳重に秘匿されていたのは、既存カードのカカだと分かったら売れなくなるから、とかだったりして。

 とりあえず、今日もフライングで手に入れてきます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 4日午後9時頃。アピナ太田へ行く途中、DVDを返すためビデオ屋に立ち寄ってみると、書籍コーナーの方に届いたばかりと思われる雑誌の梱包の山。
 試しにWSKがあるか聞いてみると、入荷されてるとのことだったので、梱包の中から探し出してもらいWSKをフライング入手。
 梱包はかなり冊数があり、予約がだいぶ入っているという話。

 アピナ太田到着後、早速開封。



 実際に排出されたパックを開けてこの顔が見えたら、LEナナミを引いた時と同じ気分になるんだろうなぁと。カズは嬉しいのに。

 で、早速登録できるかテスト。



 反応しねぇorz

 よく読むと「Ver1.1」から使用可能で、そのVer1.1はこの冬稼動。

 そしてWSKは来月(2月2日)も付録がつくという予告。
 裏を返せばバージョンアップはまだまだ相当先だよ、というSEGAのメッセージorz


 で、気になったのですが、次期Verは「2.0」じゃなくて「1.1」とのこと。
 02-03Ver2.1の小数点以下ヴァージョンアップの前例から考えると、追加されるのはキラのみで、待ち望まれているモリエンテスやファン・ペルシーのような既存チームの追加白黒が無い可能性もあるわけで。

 追加白黒の有無だけでプレイヤーのモチベーションもだいぶ変わってきますからね。追加がキラだけ、という小細工はやめてほしいです。
 いや、もしかしたら三国志みたいにロム調整だけという最悪の可能性も。


 WSKですが、期せずして4冊入手しました。
 というのも、2冊を近所の書店に予約していたのですが、その店では普段取り扱っていない雑誌だっため「入荷できないかも」とかなり怪しい反応。
 それなのでフライングした分と別の店で保存用に1冊、合計2冊の入手を完了していたのですが、昨日予約した書店から入荷したという連絡。
 行ってみるとWSKが平積みの山。

「この雑誌話題になってるみたいですね」
と、レジカウンターの中から平積みとは別になったWSKを取り出す店員A。

 何冊入荷したんだよオイ。できないんじゃなかったのかよorz 

 ちなみに近所の書店はおろか、コンビニにも在庫がありました。予約イラネー。




 貯まっていた記録は昨年中に全て載せるつもりだったのですが、12月分がまだ残っていました。
 ただ、12月は2回しかやっていなかったので簡単に終わりますが。


・12月4日(

 高崎帰りでアピナへ直行し、三国志とBBHを少しやったら、WCCFのスケジュールがちょうどLC。これは出るしかないということで、マルコ×ルートチームを投入。

・マルコ×ルート

 公式戦・LC 99~104戦目
 1回戦1st/ビアンコ・ネロ・トリノ 勝利
 1回戦2nd/〃 勝利
 準々決勝1st/対人 勝利
 準々決勝2nd/〃 勝利
 準決勝/対人 勝利
 決勝戦/ゴースト 敗戦


 決勝で負けちゃ意味なかとですね。このチーム6敗目。
 通算敗戦数を一桁に抑えるのも目標なので、ちと痛い。


アピナ太田
5勝1敗
177バルデス 195 112 024ダフ 116 141

※次回は第14回アピナ大会の予定



■あまり明るい展望が無いGCB

 アピナ太田のガンダムカードビルダーが新年早々、入荷1ヶ月経たずして壊れました。
 劣勢な連邦軍で軍奮闘し、第2クールに入った年末年始のプレイで、2位に7000ポイントほど差をつけ首位に立っていたのですが、それらの記録が全部吹っ飛びました。

 この前はWCCFの記録を飛ばし、今度は新品のガンダム。
 こうも立て続けに記録を飛ばされると店側の保守管理能力を疑わざるを得ません。
 ゲームセンターも客相手の商売。自分は少なくとも以前ほどアピナ太田を信用していません。


 こんな不安定なゲームをやり込むつもりは毛頭無いので、これを機会に引退するつもりだったのですが、アピナ常連SさんからUCアムロを頂いたので引退は撤回。

 ただ、これまでのような頻度でやるつもりは無し。

 優良キラ・UCがだいぶ出まわり始め、ジオン側が宇宙はエルメス・ブラウブロ・ジオング、地上はアプサラスだらけで、ただでさえ強力なMSやMAがない連邦はさらに劣勢。
 早くもこのゲームの限界が見えてます。このゲームバランスで出荷したバンダイはバカですか。
 サイコミュとアプサラスマンセーなジオン軍に転向する気は無く、かといって挽回しようのない連邦で踏ん張る気も無く。頻度としてはたまにやろうかな、というぐらい。
 それに頑張っても記録飛んだらそれまで。馬鹿ばかしくてヤッテラレネー。


 あまりのキラ運の無さもやる気が失せた理由の一つ。

 引いたキラの中でもっともレートが高いのは未だブライトさんです。
 やはりあの1クレ目で終わってたんですよ、このゲームorz

 連邦を勝たせるには追加であれですよ、GP03出すしかないですよ>バンダイ


でも核標準装備のGP02がジオンに追加されて結局何も変わらず、それどころかノイエ・ジールとヴァルブロが追加されてさらに性質が悪い悪寒。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




4日ですけど明けましておめでとうございます。

 今年もナイナイを見ながら年越し、世間では欧州版WCCFで排出されているモリエンテスやファン・ペルシーや、ヘナギのフライング出品などの話題とは無縁なお正月を送っております(今日が初ネット接続)。


 今年最初の更新は、予定通り三国志の未開封企画の結果発表から。

【三国史大戦ほぼ1ヶ月間プレイ分まとめて開封】

期間:~12月31日まで。
開封:12月31日、もしくは翌1月1日。
目標枚数:50枚以上

 rainman24さんと同じまとめて開封企画です。

 目標枚数は50枚でしたが、ガンダムという不確定要素のため、最終的な貯蓄枚数は28枚と、目標に大きく及ばずorz

 一般的なSR率が1/33だとすれば、1枚入ってれば御の字。Rは3枚程度入っていると思われます。

 上記の枚数をノルマに、枚数も多くないので開封結果を開封順(引き順)に全て掲載します。


・1枚目 C宋憲

・2枚目 R貂蝉



 破滅踊りキタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 2枚目で未所有新Rとは幸先の良いスタート。


・3枚目 UC曹仁

・4枚目 C劉璋

・5枚目 UC厳氏(ゲンシキター)

・6枚目 C郭皇后

・7枚目 UC周倉(他)

・8枚目 SRホウ徳



 特攻キタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 自力引き3枚目のホウ徳兄貴。旧SRながら、ノルマのSRをクリア。


・9枚目 R周瑜(旧)

 この周瑜はけっこうな枚数引いてる気が。

・10枚目 R姜維

 3連続キラ。そして姜維は初自力引き。こっちの方が嬉しいかも。
 これでSR1枚、R3枚のノルマを早くもクリア。ここからは戦果拡大エリア。

・11枚目 C陳羣

・12枚目 UC袁術

・13枚目 C宋憲

・14枚目 C張梁

・15枚目 UC張紘

・16枚目 C蔡瑁

・17枚目 C魏続

・18枚目 C董襲

・19枚目 C劉璋

・20枚目 R孫策

 SR孫策出ないかなぁと思いながら開封してたら、Rの方でした。

・21枚目 SR関羽



 鬼神降臨━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 未所有新SR、それも希望していたカンヌ様。これで新SR旧四天王コンプ。


・22枚目 UC司馬懿

・23枚目 UC麋竺

・24枚目 UC鄒(初引き)

・25枚目 C何進

・26枚目 UC程普

・27枚目 SR郭嘉



 トニーたけざきキタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 これも初引きSR。神算鬼謀は使ってみたかった計略なので満足すべき1枚。


・28枚目 C呂範



開封結果

C12枚 UC9枚 R4枚(新1枚) SR3枚(新2枚)




 R率は平均を上回る1/7を達成してノルマを上回るも、SRが平均を遥かに上回る1/9.3という驚異的な数字を残しました。
 これはちょっと異常なほどの引きの良さ。11月中旬ぐらいから三国志に関しては引きがかなり好調でしたが、どうやら年末までそれは続いていたようですね。

 この煽りを受けてか、ガンダムの方はまともなキラが引けない状況が年末から年明けにかけて続いています。全ては上手くいかないわけで。

 SRを引けたのはいいのですが、槍マンセーなこの時代に、全部落ち目の魏騎馬というのは何か大きなSEGAの意志が働いているのか?と勘ぐりたくなります。


 新年最初の更新は三国志でしたが、次回はちゃんとWCCFになると思います。たぶん。

 WCCFブログのくせにふらふらしておりますが、本年も宜しくお願い申し上げます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )