群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 先週末はだいぶ掘りました。日を追って経過説明。

・24日(金)

 この日の夜に伊勢崎行っているような身だということお察しいただく程度で。しかし似たような境遇らしい方々がだいぶおりましたが。もちろん何も出ませんが。

伊勢崎ナムコ 11試合20点
9勝1敗1分
204 125デルピエロ 274 264 A02 232 101マテラッツィ 008 089 152ピルロ A08


・25日(土)

 休みだったので午後1時前からから昨日と同じ台を掘ってみることに。ゲームの方はだいぶ良い星取りだったのですが、結局掘り損。
 掘ったらすぐに配列が変り、10クレでまた変りました。キラ排出済ストックの上に新パックを補充して、またその上にパックを補充したというわけですか。まんまと後始末をする格好になってしまいましたよ・・・。

 この時点でマンチーニが149試合消化で228点。
 序盤とバージョンアップ後に足踏みした影響で、思ったよりも稼げませんでした。それでもランク入りするには十分なので、どこかの店で終了させたいと思います。何気にアシスト役にしたクリンスマンも130ほど記録してます。

伊勢崎ナムコ 24試合37点
21勝2敗2分/タイトル:EPC・THC・RL・PC
282 179 A15 160トマソン 259 209 037 253カッサノ A01 062 A27 カワリ 097トルド 223 129 A29 122ネド 169


・26日(日)

 この日は有馬記念を買いに高崎まで。たぶん大混雑が予想されるので、12時ぐらいに到着するように出発してみると、既に長い車列。車大好き群馬人、と思いきや、前に並んだ車が帯広ナンバー。をい。

 締め切りまで2時間以上あったので、高崎駅近くにある109ビル内のゲーセンにWCCFがあるので時間潰しに。高崎競馬場からシャトルバスが出ているのでそれを利用して駅までいったのですが、渋滞で歩いた方が早かったかも。

 名前は忘れましたけど、109のゲーセンのWCCFでプレイするのは初めて。一度のぞいた事があるのですが、その時は小学生だらけの印象。そしてこの日も小坊だらけ。
 受付して台にカード並べたら4、5人の小学生に見学されました。ま、フリーチームだったので貧乏くさいとか言われませんでしたが(笑)。
 サテは小学生だけかと思ったら、見慣れた顔。こんなとこでプラボの兄弟で来ている常連さんが。
 同じく有馬記念を買いに来て、そのついでにやってるとか。ついでの割にはヴィンターとか引いていました。早くも新キラ5枚目だそうです。自分は5クレ消化して終了。

 有馬記念はコスモバルク、タップダンスシチー、シルクフェイマス軸。
 基本的に好きな馬を勝った形。ロブロイは個人的に好きではなかったので消し。それに中山だと勝ちきれない印象もあったので敬遠。あと一昨年の有馬以来ファンであるタップ。シルクフェイマスは実力と人気があまりにアンバランスだったので買い。

 結果的はロブロイ→タップ→シルクで決着。
 ハズレ・・・かと思いきや、締め切り1分前に閃きで買ったタップ×シルクのワイド馬券が的中。1000円買って17.5倍。6000円投資だったので純利益11500円。たぶんWCCFの資金です(笑)。
 プラボ常連の兄弟も的中したそうです。ただ、ロブロイ→タップ→ツルマルが本命で、これが来ていれば40万馬券だったとか・・・。

 帰り道は恒例になった伊勢崎ナムコへ寄り道。5クレだけ消化して撤収。その後プラボまで直行したものの、満席かつキラ排出済の台のみ。渋々移動して、またもや伊勢崎ナムコへ。
 伊勢崎なら新キラが引けそうな気がするんですよね。プラボよりも相性がはるかに良いし。

 しかし、伊勢崎も満席・・・_| ̄|○

 そして再びプラボへ。壮大な時間と燃料の浪費です。プラボに再度到着したのが午後10時半。
 年末営業で閉店時間が1時間延びているので常連さんがまだ大勢残ってます。まだ満席だったので、MJ2をやって時間潰し。ビリ→トップ→ビリと全く安定しない成績で終了。

 11時を過ぎて何台か空いたのでようやく着席。ただ、出る気配なし。
 無難にこなしてこの日は終了。

 新バージョンが稼動して1週間。未だ新キラなし。
 やはり1枚も手にしないまま、年越しになりそうな予感。
 公式ページによると、新キラは若干、排出率が高くなっているそうです。なのに全く出る気配すらなし。とうとう新キラを引く夢まで見る始末で、新キラノイローゼ気味。こりゃ買ったほうがのが無難かも・・・。

※店名の横の点数はトッティチームのもの。


高崎109 5試合3点
2勝2敗1分
114フェラーラ A09 233 111レコバ A03

伊勢崎ナムコ 5試合13点
4勝1分
132 176 099 140スタンコヴィッチ

プラボ太田6試合8点
3勝1敗2分
219 135ソリン 277 A05 267 235

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 初日からの記事をあげていなかったので、初日分と2・3日目分をまとめてあげています。

・21日(火)

 稼動2日目は素直にプラボ太田で。
 7時過ぎにはほぼ満席で、1サテと3サテだけ空席。3サテは出たばかりだというので、自動的に1サテに着席。隣の2サテではVIPカードを使ってガンガン回していた第3回優勝の前プラボ王者さんがシルヴェストルを引いて早速チームに入れてました。使用感は全く守備できず使えねぇとのこと。ボランチで使ってもあまりよくないとか。ハズレキラか?

 しばらくすると、今月の大会で準優勝した常連さんがミューレルをゲット。気付くと初日からやっている常連の中でまだ新キラを引いていないのは自分と、現王者で初日にアスプリージャを引いた常連さんだけ。なので、どちらが先に引くかで勝負することに。しかし、5クレ後に常連さんがシュバルツを
あっさり引いて終了。なので自分だけ取り残されることに。

 初日に館林に行ったのが悪かったに違いない。それが原因でプラボの神様のご機嫌を損ね、自分には引かせてくれないに違いない。間違いない。・・・_| ̄|○

 この日の成果といえば、あの因縁のウグリネッチのことを常連さんと話しているときに出てきたカードがウグリネッチだったという笑いの神様が降りてきたことぐらいでしょうか・・・。

 2クレ目でパックが変ったので2枚入りを期待したもののハズレ。
 このまましばらく引けないような気がしてきました。

プラボ太田店 12試合19点
10勝3敗2分/CC
244カンデラ カワリ 150 A02 254 183 248エメルソン A23 210 A29 094 081 219 135ソリン A21


・22日(水)

 3日目もプラボ。昨日のパック変わりの1サテを目当てに行くもの、既に常連さんが座ってました。
常連さんに8サテを空けてもらったので、そこでプレイすることに。
 すると2クレ目で早くも異感触。おそるおそる開けてみると、クロアチアのFW。

 ボ、ボクシッチ!・・・_| ̄|○

 ようやく出たキラがこれですか・・・。
 いや、ダブリですがボクシッチ悪くないカードですけど、何も今更出ることは。金色のカードなら他にあるでしょうに。
 この日のプラボは前日新キラが乱舞したリバウンドか、旧カードが続出。ジダンが出るのはまだいいとして、ITブッフォンも出てましたから。
 新キラの出る確率は20/95。いくらキラの排出率が前バージョンから格段にあがっているとはいえ、実質的には下がっているんですよね、物量的に。何ヶ月かすれば格段に安くなるとか言われていますが、新リーグ以降で絶版されても、AEような価値は出るんではないでしょうか。

 プラボでは出る気がしなかったので、思い切って伊勢崎へ移動。時間がまだ早かったこともあり、8時半には伊勢崎ナムコへ到着。満席かと思いきや、3台ほど空席があったので5サテに着席。
 ここでも初めてすぐに配列が変り、2枚パックを狙って掘ってみましたが残念ながら金脈にはあたらず。伊勢崎プレイヤーへのアシストになってしまいました。
 バージョンが変ってからゲームの勝率は7割以上を維持しているんですが、カードの引き的には惨敗です。その上リアル財政難という問題も起きはじめましたし。
 先月引いたものの使用する予定の無いウェアを売却か、新キラとのトレードに使おうかと真剣に考えています。ただ、新キラのレートの定まらない今ではトレードは難しいかも。これ以上株が下がる前に、売却した方が無難かもしれませんね。


 今日から冬休みになる学校が多いようですね。8月のように、どこへ行っても中学生だらけという状況がしばらく続きそうな予感。そして年内に新キラ引けない悪寒。

プラボ太田 3試合6点
5勝
207 LEボクシッチ 041 017 A32イセナム14#26

伊勢崎ナムコ 14試合26点
13勝2敗/PC CSC
274 264 A02 232 カワリ 098カンナヴァロ 224 145 A30 273 279 A04 034 078 029

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ついにバージョンアップ当日。
 とうとうセガはアップ当日の午後まで公式HPでの予告ナシで、事後報告に。そこまで情報統制してもみんな知ってて結局並んでますから。残念。

 プラボ太田は午後3時前にアップ完了したと常連さん(先日優勝した現プラボ王者)からの広報。午後6時過ぎに出発する前に空席状況を常連さんに確認してみたところ、2台空いてはいるもののすでに出てしまった後。
 プラボでは早くもドゥンガが登場したらしいですが、現王者さんは3時から粘ってアスプリージャを引いてかなり凹み気味な様子。

 このまま素直にプラボへ行ってもしばらく掘るようなんで、どこか違う店はないかと模索。太田市内の太田セガワとアピナ太田はおそらくその店の常連で満席で、かの伊勢崎も同様だと簡単に推測できるところ。
 一個所思い当たったのは、館林にある関東スポーツセンター。

 前回バージョンアップ時、最初の日曜日にも関わらずわずか2人しか人がいないという穴場。立地的にも太田からだいぶ離れ、太田エリアというより北埼玉エリアに近い。
 今回も人がいない可能性は否定できない。太田市内よりよほど座れる可能性があるので、早速向かってみることに。
 片道30分かけて到着。早速WCCFのコーナーへ向かうと、人はわずか2人。そしてサテの画面上に現われたVER表記は2.1。間違いなくバージョンアップ済。予想通りの展開に狂喜しつつ着席、早速カードを展開。

 記念すべきかどうか第1戦目はCPU。
 ただ、その後起きる事態のために相手がどこだったかは失念。

 ROM変更で初めてプレイした実感は、全体的に動きが滑らかになったというところでしょうか。イメージ的には「柔らかくなった」という感じ。試合全体の流れが緩やかになり、この流れに慣れるまで少し苦労しそうです。
 CPUが弱体化されたというのも本当のようですね。ユナイテッドユーゴとやりましたが、まったくのカモ。極端にCPUのレベルが落ちたというより、ゲーム自体がプレイしやすい流れになったことが大きいですね。前バージョンで強豪CPUとやる時は、試合中は緊張感を保つことを強いられていたのに比べると、かなり余裕を持ってプレイできるようになった気がします。

 話は戻って第1戦目が終了した1枚目のカードは、A02ウグリネッチ。
 自分はこのウグリネッチの呪いに掛かっているのかというぐらいこのカードを引いています。このカードだけで他の追加カードの10倍近くは引いているはず。
 館林まで来てまたオマエカヨーと思っていたのもつかの間、2クレ目の排出パックを開封するとまたウグリネッチ。WCCFには仕様上、同一カードが排出されることがありますと注意書きがありますが、続けざまに出たのは初めて。それも因縁のウグリネッチ。ありえない。

 この時、たまたま袋の裏側を見てあることに気がつきました。
 排出された袋のVER表記が「2.00」。バージョンアップされていれば「2.10」のはず。2枚目、3枚目を見ても「2.00」。不審に思って店員に聞いてみたところ、パックの入れ替えはまだしてないとのこと。
 たかだか5クレ程度で新キラが出るとは思ってませんが、そもそも「2.10」が入っていないというのはいかがなもんか。可能性すらないじゃん(R・ソサは出るかもしれないが・・・)。
 どおりで人がいないわけで。カードを開けるのがこのゲームの楽しみの一つであるはずなのに、それを否定されてはたまんないなぁ。もしかしたらあの2人は中身が変ってないことに気付かずやっていたのかも。

 もちろん5クレで終了し、憤慨しつつ関スポを後に。
 館林まで来ると、太田に戻るのと佐野に行くのとそう変らないので、佐野へ向かうことに。最初に訪れたスカイラヴはすでに満席。やはり常連と思われる人ばかり。
 次に同市内の安佐エースへ向かい、こちらは1台空席。出た後かもしれませんが、とりあえずプレイしてみることに。FMとRLを中心に15クレ消化し、最後の方にICCがあったので登録。予選リーグは突破したものの、準決勝でミラクル・ブラウグラナと対戦してPK負け。そういえばCFがロナウドになっていたんですが、仮想選手は誰なんでしょうか。

 安佐エースでは半分以上が対人戦となり、ウェア・ヴィエリ・カシラギの凶悪なFWがたくさん。ただ、この3人がDFラインを突破することは一度もありませんでした。全て途中でボール奪取に成功。ペロッタがカシラギから奪い取ったのには驚きましたが。
 パワーだけで点がとれる時代は本当に過ぎ去ってしまったようです。何しろ、マンチーニがテクで中央突破できるぐらいですから(w。
 ただ、唯一DFラインを突破され2点も決められた選手がいます。それは追加されたK・アンデション。ボールをトラップしてからの動きが速く、あっという間に失点。北欧の尖塔というぐらいなんでヘディングやポスト型の選手だと思っていたのに、あの動きには驚き。1TOPにされたら嫌な選手になると思います。

 結局、安佐エースでは収穫なし。やはり出た後のようでした。佐野の帰り道で11時頃にプラボ太田に寄ってみると、大半の常連さんは帰った後。いつも兄弟で来ているあまり喋ったことなかった常連さんと話しながら、5クレ消化。兄弟の兄が帰る直前にウェスト。弟の方も最後の方で引いたものの、MVPネドヴェド。嬉しいんだけど苦笑い。MVPで苦笑いすることになるとは。

 まったく成果のあがらない初日でした。やはり館林でケチがついたのが原因です。
 その上、携帯を充電し忘れていたために関スポからの引きの記録がありません・・・もう踏んだり蹴ったり。

 マンチーニの得点記録だけ覚えていて、17試合で20点。バージョンアップでまだ戸惑い気味。この後量産なるか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨日書けなかった日曜日の記録。プラボ太田大会終了後。

 駄目さ爆発だったマンチーニBSチームを、気を取り直して続けることにして、伊勢崎ナムコでプレイ。この日はプレイヤーは一人だけで、その上立ち上げたばかりのチームと環境は好条件。

 早速FMを何試合かこなすと、マンチーニとクリンシがついに黄金連携。ここまでで40試合ほど消化。相性は悪くなかったのですが、FMで勝てないことが続いていたのでようやく、と言った方が正しいかもしれませんが。
 相方との黄金連携が完成し、50試合を消化したところでマンチーニが覚醒しました。1試合2点取れればいい方だったマンチーニが、3試合連続4得点とか平気で上げるようになりました。あたり負けていた中央突破もDFをかわして楽々と。

 この日はバージョンアップ前の最終日ということで、少し深めに20試合消化。そのうち18試合でマンチーニは43得点と爆発。不甲斐なかった土曜日とは段違いにパワーアップ。

 ただ問題は、バージョンアップでこれがどう変るのか。
 新VERはテク系選手の活躍幅が広がるとのことですが、元々パワー系ではないテク系に近いマンチーニが強化されるのかそれとも弱体化するのか。パワー系DFだけでなく、スピード・テク系のDFが強化されれば結局変らないのでは? なんだか不安なことばかり。これは実際にやってみるまで何とも言えませんが。

 この日も座ってすぐにパック切れ。最近人が掘ったあとばかりやってる気が。
 でも補充後2クレでいい感触。開けたらオリセー。何気に初引きだからいいんですが。

 やっぱり伊勢崎の方が引きがいいなぁ。本当にこっちをホームにしようかな。新キラ引くのもこの調子だと伊勢崎になりそうな予感。


伊勢崎ナムコ 18試合43点
15勝1敗4分/EPC THC
254 A05 104 107エムレ カワリ 032シニョーリ LEオリセー 041 A02 213 074 ダイカワリ 139シメオネ 131 167 A14 086 232 A08 008 172

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 日曜日はプラボで2ヶ月ぶりの大会。
 新装開店後初の大会ということで、今回は賞品が豪華。
 
 優勝者がクレジット倍増のVIPカードなのは変らないですが、準優勝者にもクレ1.5倍のVIPカードミニ、ベスト4進出でも1日2クレ無料カードと大盤振る舞い。

 大会は16名のフルゲート。予選リーグは上位2名勝ち抜け。
 A・Bの2ブロック8名に分かれた予選で、自分はBブロック。Aブロックは優勝候補同士が同じグループになることなく、順当に勝ちぬけていました。ただ、Bブロックには第2回プラボ王者と、アピナ太田大会初代王者の常連さんが。嫌な予感はしていましたが、そのうちの第2回プラボ王者さんと同じグループ。それも第1戦目で対戦。

 自分が登録したのはシェバ×クリンシの2TOPの元々主力チーム。本来なら11月の大会で使おうかと思っていたんですが当日が友人の結婚式になり、プラボ自体も改装工事で大会が流れてしまったので2ヶ月も封印してあったチーム。どんな選手が居たのか思い出し、選手の再招集から作り直しました。

 向うはサモラノ×エムボマの2TOP。大会用に作っていたチームで、このエムボマが曲者。試合開始直後、ゴール前で小競り合いになり、こぼれたボールをペナルティエリア外から押し込まれました。「くーろひょー!」がいきなり店内に。
 早すぎる失点もつかの間、シェバからパスを受けたクリンスマンが相手DFラインから抜け出しシュートで同点に追いつきました。しかし後半直後、再びエムボマに決められ勝ち越し点。
 そのまま時間が過ぎて行き、もはやこれまでかと思っていたとき、SHのペロッタからクリンスマンにパスを繋ぎ、逆サイドにいたシェバへ黄金パス。シェバが一気に切り込んでシュートし同点弾。後半47分に奇跡が起きました。勝ちに等しい引き分けです。

 2戦目は今戦った常連さんのセカンドチームを借りて出場した高校生。
 クリンシ×パパンという、自分がやったBSチームと同じ2TOP。であればこのチームの弱点は熟知してますよと思っていたその矢先、パパンがペナルティエリア外の僅かなフリー状態で放ったミドルシュートがネットに突き刺さりました。
 ただ、失点はその1点だけ。その後、クリンスマンが2点取って逆転し、後半の残り時間も押したまま終了。監督カードのプレイヤーが違うと、やはりチームの動き方がだいぶ違います。常連さんが操作していれば、かなりキツかったでしょうが。

 この時点での勝ち点は、


勝ち点
自分

常連A

第2回プラボ王者

高校生



 得失点差で僅かに自分がトップ(詳しい得失点は失念)。
 前回大会でも予選リーグ2戦目終了時点でトップに立っていたものの、3戦目に負けたために得失点差で決勝T進出を逃がす失態をやらかしています。
 残った組み合わせは、

 第2回プラボ王者×高校生
 常連A×自分

 ここで自分が引き分け以上なら決勝T進出確定。
 負けたとしても、第2回プラボ王者さんが負ければこれでも進出。ただ、負ける可能性は非常に低いですが。上位3名が決勝進出の可能性があるためガチンコ必至。

 3戦目の常連Aさんのチームはウェア×クリンシの凶悪2TOP。ウェア1TOPよりいいかもしれませんけど、でもやはり凶悪。開始早々、ウェアが左サイドを駆け上がってクロス。それに合わせてクリンシがダイビングボレーで失点。3戦全部で先に失点・・・。
 直ぐ後にクリンスマンが中央突破で同点としたものの、ウェアに勝ち越しゴールを決められ、立て続けにクリンスマンにさら1点献上し3-1。
 敗色濃厚な雰囲気で迎えた後半20分、パスを繋いでシェバが1点返し3-2。これはもしかしたらと思いながら一気に攻勢に出ると、今まで押されていた試合展開が一転、中盤でボールを奪取しFWへ繋いで攻め立てます。ただ、最後のシュートまで持ち込めずそのままタイムアップ。

 第2回プラボ王者さんが2-0で勝っていたため、予選敗退決定・・・_| ̄|○
 これで3大会連続予選敗退。そう考えると第1回大会よく優勝できたなぁ。

 決勝Tの準決勝に勝ち残った4人はプラボの常連。そのうち3人はBSチーム企画に参加してる常連さん。準決勝で第2回プラボ王者さんとアピナ初代王者の常連さんが対決。
 試合展開は2-1でアピナ王者さんがリードし、後半30分にフリー状態でプラボ王者さんのサモラノが放ったシュートがポストに当たって弾かれる。これが試合を決めました。

 決勝はアピナ王者さんとBSチームを作っている常連さん。
 常連さんの方は勝てば初タイトルで、アピナ王者さんもプラボで初タイトル。この時点で二人がVIPカード確定なんですよね。羨ましい。
 試合展開はアピナ王者さんが序盤から押す展開。対するBSの常連さんはプラボでもっとも強いウェア1TOPチーム。通常モードでは敵無しのチーム。ウェアは大会モードだとあまり強さが目立たないと言われているようですが、まさにその通り。普段であれば蹴散らすはずの白DFに呆気なくボール奪取されたり、ウェアらしさが全く無かったです。

 試合は前半中盤、アピナ王者さんのダボがドリブルでゴール前まで切り込んでシュートを放ち、そのこぼれ球を押し込んで先制。ジャンニケッダがたまに見せるようなダボの上りに周囲がざわめきました。
 その後もアピナ王者さんが押す展開で、後半30分にはそのダボがヘディングで追加点。
 試合は2-0でアピナ王者さんの完勝。これで太田の2大タイトル制覇です。

 今回VIPカードなどのクレ増券をもらったのはBSチームの常連さんばかり。今回不参加だった前プラボ王者の常連さんも12月末までVIPカードが延長になったので、自分以外のBSチームの常連さんはみんな持ってることに。羨ましすぎ。予選落ちしてる自分が悪いんですけど。
 来月の大会は新キラFWで出場したいです。・・・その前に引ければ、ですが。

 あ。伝家の宝刀ウェア様があるから、こいつを放出すれば・・・(たぶん損する)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 金曜日はプラボでプレイ。
 行ってみると新装一週間目にしてようやく満席。久方ぶりの常連組も大勢おりました。
 しばらく空きそうになかったのでMJ2で時間潰し。先日ようやく昇級したと思いきや、3連続最下位という屈辱的な敗戦で降格。
 1時間ほどでMJを切り上げると、すでに半分ほど空席。空いている席に座って早速プレイ。
 この日のプレイヤーは、BSチームを作っている常連さんが多かったので、自然と他のBSチームとかち合わないように登録。それでもKCCの1回戦であたってしまいましたが。
 この日は5クレで6点。あたりは思ったよもいいのですが、マンチーニは決定威力不足ですね。フリーのシュートをバーに当てたり、正面から打っても枠に飛ばなかったりと。

プラボ太田 5試合6点
3勝2敗
A26 193 036 252バティ A32


 土曜日は午後5時頃に伊勢崎ナムコ。微妙に人がいたものの、とりあえずプレイしてみる。

 やはりマンチーニの決定威力不足が問題となりました。枠に飛んでも、シュートがそれほど強烈でもないのでGKにパンチングされてしまいます。決定機を何度も逃がす失態。
 結局、15試合して12得点とマンチーニで起ち上げてから最悪の結果に。起ち上げ初期にFMがあまりできなかったことや、特殊連携等の連携の良い選手を入れなかったことで連携が悪くてボールが集まらないなど、起ち上げ失敗と認めざるをえない状況。勝率こそ7割台を維持していますが、肝心のマンチーニがいつまで経っても大爆発してくれないのでは、目的の達成になりそうもありません。

 マンチーニにフラストレーションが溜まりつつあるので、継承待ちの監督カードがあったのでもう一つBSチームを起ち上げました。
 対象選手は「トッティ」。
 十分強い選手ですが、トッティで起ち上げた常連さんが60試合程度で挫折しています。得点向きの選手ではない、というのがプラボにおける最近の評価。自分が前に使っていたチームでもトップ下かセカンドストライカーでした。プラボでは得点ランクには載っていないので、試してみる価値はありそうです。

 さすがに1TOPは無理そうなので、4-5-1を崩した感じで、クリンスマンと組ませてみました(いやホントにクリンスマン好きですな>自分)。
 メンバーはほぼマンチーニチームと兼用。

┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯マルティンス
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃⑮アッピア
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭:CK
┃□┗━━━━━⑩━┛□┃⑬旧ガットゥーゾ
┃□□□□□□□□□□□┃⑫クリスタンテ
┃□⑪□□□□□□□□□┃
┃■■■■■⑨■■■■■┃⑪ATLEクリンスマン
┃■■■■■■■■■■■┃⑩MVPトッティ:PK・FK
┣━━━━━━━━━━⑥┫⑨LEジダン
┃■■■■■■■■■■■┃⑧ヤンクロフスキー
┃■■⑧■■■⑦■■■■┃⑦トゥドール
┃□□□□□□□□□□□┃⑥ISサネッティ
┃□□□□□□□□□□□┃⑤LEアジャラ
┃□⑤━━④━③━━②□┃④ITカンナヴァロ
┃□┃□□□□□□□┃□┃③ITネスタ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②ISスタム
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①ITブッフォン

 バレージはあまりにチョンボが多いので外しました。連携もほとんどつかず、DFがむしろ弱体化したため外しました。その上リベロなんで上がって戻ってこないのもしばしば・・・。もしかしたらマンチーニチームの問題はバレージだったのかも・・・。
 マンチーニチームをベースにしたので、グループの相性が良くないクリンスマンとトッティを組ませたままです。このあたりが後々、問題になりそうな気がします。

 新チームを起ちあげる前にプレイヤーが帰ってしまったので、楽々とFMさせてもらいました。
 5試合して全勝、トッティも11得点と上々な出足なものの、やはりクリンスマンと繋がる様子なし。クリンシはロナウドと交代させるかもしれません。
 それでも元々、トッティは誰とでも直ぐに繋がるので、ボールの集まりはマンチーニよりも遥かに良さそうです。トップ下に置いたジダンからのスルーパスもよく拾えているので、これが得点源になるかもしれません。
 しばらくは試合を選んで、また起ちあげに失敗しないように気を付けないよう努力。

 一週間ぶりにキラを引きました。
 パックが変って17クレ目。まさかのグァルディオラ・・・
 通算4枚目で、キラ最多です・・・_| ̄|○

伊勢崎ナムコ
マンチーニ15試合12点 トッティ5試合11点
15勝4敗1分
056コリーニ カワリ 288 A30 184 A04 269 225 001 A25 171 A31 237 033 A19 196 ISグァルディオラ 250 A01


※日曜日はプラボ太田で大会。登録してあるので、結果詳細を後日。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 草津が横浜を撃破。まさに大番狂わせ。
 確かに草津のチーム状態は登り調子ではあるけど、J王者の横浜に勝ってしまうとは。
白チームがフリーチームに勝ったようなもんだろか(もっとも、代表組と故障者で実際はU-5ぐらいだったかもしれないが)。横浜側から見れば、すこぶる補正かかってますね。
 ベスト8進出で次ぎはヴェルディ。勝てない相手でもなさそうな予感。

 昨日は伊勢崎ナムコに進出。起ち上げたチームを育成しようかと思いきや、先客が2名。
 帰らないかなぁと思いつつMJ2をやっていたんですが、いつまで経っても席を立つ様子無し。しばらくすると人がさらに増えている。
 さすがにやらずに帰るのも癪だったので5クレだけ投入。すると見事に対人戦。
 相手はヴィエリ1TOPの4-4-1-1。典型的なFW単独突破チーム。ウェアとかヴィエリの1TOPチームは飽きるほど見ていますが、伊勢崎ナムコで見るのは初めてかも。
 1TOP対策とかはあるんですけど、さすがに駆け出しチームじゃ効果無し。で敗戦。

 次の試合でCPUとあたってマンチーニがトリプレッタ。CPU相手だと強いんですよ、この人。

 3試合目のFMでまたさっきのプレイヤー。
 向うはヴェエリとは別のチームで登録。誰がいるのかと思ったらカシラギ、ラヴァ、アンリの3TOP。今度はカシラギか・・・_| ̄|○
 ボランチ2人を弾き、ネスタとスタムをかわし、フランコおじさんを潰していくカシラギ。チームレベルはさほど変らないのに、あの突破力は何?
 なので問答無用で敗戦。このままでは起ち上げ失敗の予感。

 次のCPU相手のFMでは3-0で勝利。FMくらいCPUとやらせてください。
 5クレ目が確実に対人戦になるのが分かっているので、封印していたパパンチーム開封。
 向うは画に描いたようなLE・ATLEチーム。70試合近くこなしてはいるものの、勝率が5割に満たない。どおりで財政難の警告音が何回も聞こえていたわけだ。
 結果は1-1のドロー。このチームではすでにモチベーションが落ちきっているので、真剣に勝とうという気がしなくなってるのかも。相手にウェアがいたものの、あまり使いこなせていない様子。
 そういえば伊勢崎ナムコのチーム編成が最近パワー型に変りつつある。カシラギとかウェアが妙に増えました。これじゃ伊勢崎まで行く意味がないんですけどね。

 起ち上げ時ぐらいプレイヤーのいない状態でやりたいもんです。

伊勢崎ナムコ
2勝2敗1分 4試合6点
078 A30ダクール 273 050 A24

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 主力チームが残り1試合。昨日RLを消化して打ち止め。
 最終的な戦績は、確か117勝18敗15分(ややうろ覚え)。賞金は約230億。
 クリンスマンが227点でどうにかランキング入りしたものの、15位なんでいつ消えてもおかしくない。クレスポが137アシストで7位。こっちはしばらく残りそうな気配。

 パパンBSチームがほぼ終了(残り4試合で休止)し、主力チームも終了してしまい、手元に1軍レベルのチームが皆無の状況。新ROMの稼動前なので新チーム作りも少し考えないと。
 とりあえずBSチームの2週目に入る常連さんも出始めたので、2週目のBSチームということで企画してみました。

 手元にある綺羅を見ながら、得点ランクに載っていない選手探し。
 パパンを中心にチーム作りをした実感が、

・とにかくもう少しパワーを。最低でも15
・スピードも16前後
・基本はセンターか右FW
・ドリブル突破にはテクニックが必要
・特殊連携は多少無視しても大丈夫

 という具合。重要視するのはパワーとテクニックのバランス。
 この相反するパラを適度に割り振った選手がなかなかいない。
 クレスポがテク16のパワー17と好条件を備えていたものの、次のBS選手として常連さんがリザーブ済み。LEやATLEの上級FWでは面白くないので、中・低級の選手を注目してみる。

 ゾラ・アスプリージャが面白いかもしれないですが、パワー不足。エムボマは常連さんが使用中。
 バルボ・フォンセカが面白いと考えてみたものの、所持していない・・・。
 何かないかなぁとカードを見ていると、すっかり存在を忘れていた曲者が。

 ロベルト・マンチーニ。

 推定パラがテク17のパワー15。スピードも16と申し分ない選手。
 一度使ったものの連携が上手く行かないので途中で退団させたことがあるのですが、中心選手として使いFMで無理矢理、連携強化するつもりなんで、その辺りは無視してもOK。
 最近では使用している人がめっきり少なくなり、存在感もそれなりにある。
 なので俺様マンチーニに決定。

 フォメは基本的に4-3-1-2を踏襲したフリーチーム。
 
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯マルティンス
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃⑮パレーデス
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭アッピア
┃□┗━━━━━━⑩┛□┃⑬レグロッターリエ
┃□□⑪□□□□□□□□┃⑫フェラーリ
┃□□□□□□□□□□□┃
┃■■■■■⑨■■■■■┃⑪ATLEクリンスマン
┃■■■■■■■■■■■┃⑩ALTEマンチーニ:PK・FK
┣━━━━━━━━━━━┫⑨LEジダン:CK
┃■■■■■■■■■■■┃⑧ヤンクロフスキ
┃■⑧■■■⑦■■■⑥■┃⑦トゥドール
┃□□□□□□□□□□□┃⑥ペロッタ
┃□□□□□□□□□□□┃⑤LEアジャラ
┃□⑤━━④━③━━②□┃④ATLEバレージ:CP
┃□┃□□□□□□□┃□┃③ISスタム
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②ITネスタ
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①ITブッフォン

 やってしまいました。下品なDFライン。マルディーニはやめ、CBとしてスタムに変更。さらに下品な組み合わせ。ATLEを3枚投入するのは初めてです。財政難が怖い。なのでU-8という相変わらずのヘタレ具合です。それもペロッタとトゥドールのクローン。
 点を取る以前に、ガチガチに守るカルチョなチームになりそうです。相手に点を取らせないのも、得点稼ぎの第一歩(と、勝手に思っている)。
 クリンスマンは左で使うと突破力を存分に発揮してアシスト役にできるので、連携に拘らず起用。ジダンも同様に起用。

 起ち上げ初戦はFMを狙っていたものの、登録に時間がかかってRLになってしまい、相手はレアル・サン・セバステと、微妙に強い。
 チーム初得点はジダン。その後1-1に追いつかれ、同点で引き分けになりかけたところでマンチーニが倒されてPK。マンチーニが決めて初ゴールと決勝点。
 第2戦はFMで対人。相手も起ちあげ間も無いチーム。しかし2-1で早々に土が着いてしまいました。3・4戦目のCPUを無難に蹴散らし、5試合目のFMでマンチーニが爆発。5点を一気に稼ぎ出しました。

 その後、人が少なくなったのでFMを3試合こなし、5勝1敗2分で終了。
 8試合で13点と、パパンの時よりも期待が持てそうな出足です。
 さて、俺様マンチーニがどこまでいけるのか。目標は250点。

プラボ太田
621 8#13
6勝1敗2分 8試合13点
A07 280 166 A13バティ 158リヴァウド 247 040 A01 116モンテーロ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 土曜日は休日。常連さん達が朝イチでプラボ集合とか言っていたので、起きれたら朝イチで行こうかと思っていたものの、案の定、寝過ごす。気付いたら大河ドラマの再放送がやっている。
 携帯のメールを調べていると、プラボにいる常連さんから。
 昨日、自分が最後までやっていたサテから1クレでMVPトッティ登場。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・_| ̄|○

 相変わらずプラボの引き悪い。改装されて変ったかと思いきや、こんなところは変らず。まあ、知らない人じゃなくて知ってる人だからまだいいが・・・。
 失意のうちにまた寝て、4時前に起きて「天国の階段」を見る。さすが韓国ドラマのありえない設定と演出が面白いかも。その後、種デスを見てしばらくマターリし、8時過ぎに出陣しようかと思ったら友人から飲みの誘い。パチスロの吉宗で14万勝ったとかで、奢ってくれるということで、即決。

 市内で2時間ほど呑んだ後、近くのカラオケに友人の同級生たち(♀)がいるのでそちらに合流しようという話に。行ってみると、その同級生たちはみな白衣の天使というある種の憧れのような状況。

 ただ、病院の忘年会の2次会ということなので先生付きでしたが・・・_| ̄|○

 しばらくは居たものの、あまりに場違いな状況に冷めてしまったので、途中で抜けてタクシーで帰りました。って、今考えるとけっこう惜しい状況だったかも・・・。


 日曜日は昼過ぎから高崎競馬場。
 朝日杯FSは2-3-1番人気で決着する面白くも無い馬券。なので負け。

 帰り道で伊勢崎ナムコへ寄り道。
 主力チームでRLを中心に消化し、点と賞金稼ぎ。KCCを獲って、次がCTだったので登録。1回戦は難なく勝つものの、準決勝のジャッロ・ロッソ・ローマに苦戦。1戦目で2-1で勝つものの、流れが悪い。2戦目でバルボに2点も決められ、逆転負け。絶対あのアウダイールはおかしいと、負け犬の弁。

 CTの途中でパックが切れ、補充が1クレ目で異感触。
 頭で来たか?とワクワクしながら開けてみるとM・アモローゾ。
 パック頭のアモローゾ自体、2回目です。こんなに嬉しくないキラ引きもないです。夢も希望も消し去るカードをいきなり引けたので、CT終了後に即撤収。

 その足でプラボに直行。行ってみるとガラガラ。
 新装開店直後で満席かと思いきや、客足が戻るのは大変そうです。常連さん二人がいたので、だらだらぁとプレイ。
 7時前くらいに、土曜にトッティを引いた常連さんが撤収するというので、席を譲ってもらいました。前に座っていた高校生くんと合わせて25クレ回して未だキラが出ていないということで、かなり熱いサテだとのこと。
 何クレか回していると、追加新白がループ。これは熱いかもと思っていた8クレ目。
 怪しい感触のカードが出現。慎重に後ろ側を開いてみると「ミラン」で背番号「6」。

 フランコおじさんキタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 初引きのバレージ。欠番の「6」を見た瞬間に固まりました。
 プラボで上級ATLEを引いたのは初かも。今年の1月にジダン引いた以来の大物です。
 次のチームには入ればければ。マルディーニ、アジャラ、バレージ、ネスタのやや下品なDFラインを一度やってみたかったので。

 しかし、引きがだいぶ最近良いです。枚数もともかく、レートも良いものが多くなってきたし。この分なら新VER稼動前に【R・ソサ】引けそうな勢いです。

注・プラボ太田店は11月以降、パックを仕入れてないそうです。だめじゃん。

伊勢崎ナムコ
9勝1敗 取得タイトル:KCC
137フィオレ 270 A25 171 A31 237 カワリ LEアモローゾ 222 065 A28

プラボ太田店
8勝4敗
089 152 A08 229 110クレスポ 167 015 ATLEバレージ A14 131 A14 A26

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ということで金曜日行ってきましたのでプラボ詳報。

 外観がとてつもなく変貌しています。今まで外部から密閉されていたプラボが、それまで壁だった部分を全て取っ払って、外側がショーウィンドウにななりました。店内も以前のような照明を抑えた暗い店内から、メダルコーナーを除いて全体が明るくなりました。店の雰囲気が全然変ってしました。
 中でも特に照明が明るいのがWCCFのコーナー。画面が照り返って見えなくなるくらいでした。

 WCCFは聞いた話通り北側に移動して、移動したカウンターの真横になりました。おかげでパック
が切れたり詰まったりしても対応が早いです。

 残念ながらWCCFの増台はできなかったようです。WCCF担当だった副店長が改装中に転勤になってしまったり、WCCFの扱いが今後どうなるかことか・・・。

 WCCFの背後にアヴァロンが入り、その隣にはドラゴンクロニクル、バトルクライマックスとカードゲーが一個所に集中配置。ただ、バトクラは全然人がいません。この手のゲームはカードも追加しないとだめですね。撤去にならなければいいんですが。

 開店初日はBSチームを作成している常連さんが久しぶりに集合。
 シェバやラヴァは順調に点を重ね1試合2点ペース。コバチェも100試合で180点と、やはりパワーのあるFWは点獲れます。
 唯一、トッティを使っていた常連さんだけ挫折。やはりトッティは点獲り向きのFWではないですね。そして現在、チェヴァントンで挑戦中。こちらも辞任しそうな気配。

 この日は残り少ないパパンチームを2試合こなし、180点台にようやく到達。その後は主力チームを投入してクリンスマンの得点稼ぎ。やはりプラボは対人戦がキツい。
 閉店近くまでだらだらしながらこの日は終了。

プラボ太田 2試合出場3点
3勝1敗1分
197 243カフー 274 175 A08


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ