群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 プラボ常連さんたちで行っている得点王企画。
 実は「BS育成計画」という立派な名前がついていたらしいです。最近知りました。

 我がチームのパパンは相変わらず倒れます。経験値MAXになっても変らず。
 今週になって3回ほどやりました。なのでまとめて報告。

22日/伊勢崎ナムコ 3試合出場3点

 この3点は最後の試合でまとめて取りました。波が激しいのがパパンの難点。
 本人ではなく、相方のジダンとクリンスマンが怪我をするという問題も発生。これはこれで大問題でした。

3勝2敗
A28 002 A13バティ 001 212


24日/伊勢崎ナムコ 8試合出場4点

 とにかく動きませんでした。ボール持っても全く突破は出来ず、サイドのクロスに合わせてもGK正面。いるのかいないのかわからない状態。FM中心に行ったにも関わらず、引き分けが多すぎて効果がほとんどなかったようです。
 そういえば驚いたのは、WCCFに併設されていたバトクラが撤去されていました。確かにあまり稼働率は高いとは言えませんでしたが、何もバージョンアップ前に撤去することはないと思いますが。

3勝2敗5分
042 071 045バッジョ A15 141 282 160トマソン 004 049 209

25日/伊勢崎ナムコ 15試合出場18点

 この日のナムコは人は1人だけ。財政難になりかけていたので、賞金稼ぎでRL優勝。続いてコンチネンタルカップにも登録して本日二つ目のタイトル奪取。
 最初の試合でFMを行い、パパンとクリンスマンが太線になったのが大きかったようです。フォメも4-5-1から4-4-2に変更し、クリンスマンを左でパパンを右高めに配置。するとなんぜかクリンスマンのポストプレーとクロスが急に良くなり、パパンもそれに上手く合わせるようになりました。得点量産の兆しが見えてきました。

 この後、THCに出るものの決勝でPK敗退。この時点で午後11時。
 切りもいいので切り上げようかと一度考えたものの、次のスケジュールがICC。登録したプレイヤーは1人。チームレベルは未だAなので極端に強いクラブが出てくるとは思えないので、思い切って登録しました。結果的にはこの判断が吉となる。

 予想通り、出てきたのは微妙なチーム。3戦全勝して準決勝進出し、相手はニューバグパイプUtd。抜群の攻撃力に比べて守備力の低いチームなので、カウンター重視で戦い勝利。

 ここで、排出されたカードの背中を開けると、あまり見ない顔。だけどその顔はよく知っている。

 リベリアの怪人キタ━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━!!!

 Ver2.0追加からもうすぐ半年。ようやくウェア入手。たとえ平均価格が1万円を切っていようと、ウェアはウェアに違いない。
 ただ、ウェアの1TOPチームに何度と無く轢殺され、反ウェア思想とアレルギーが染み付いているのでどうも使う気には・・・というより使っちゃ駄目だな。
 処置に困りながら、とりあず袋から出さずにそのまま保管。Mトレゼゲとネドヴェド以外なら何とでも交換できるジョーカーみたいなカードとして持っていようと思います。
 決勝戦はウェアショックで動揺したのか、対人戦は2-2でPK戦になり、ここでもまさかの敗退。
 詰めが甘すぎます、このチーム。現在パパンは51試合51点でトントンペース。

11勝1敗3分 RL CC優勝
156 259 A09 208 062 140スタンコビッチ 021 272 A21 075 037 253カッサノ 026 ATLEウェア 202

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )