群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 地元の相場をチェックする時によく眺めている群馬のカード売買掲示板で、Ver2.1の追加LE・ATLEが売りに出ています。
http://hidebbs.net/bbs/wccfbest11

 新カードが登場する前後に横流しと思われる品物がオークションなどに出品されますが、今回はかなり早いです。正式な稼動時期も決まっていないのに。

 手渡し希望ということなので、本物かもしれませんね。購入者にだけ入手した経緯を説明するそうですが、おそらく関係者や製造ラインに近い人物ではないかと思われます。

 この掲示板の記事では「すべて未開封で剥がしもしてません」と書かれています。少なくとも完全な未開封状態のカードを感触や重さでレアリティを判断できても、人物まで特定するのは困難。
 だとすると、カードの特定が可能な段階で横流しされたと考えるのが自然。【R・ソサ】のごとく、新カードはすでに刷られている可能性は高いですから、製造ラインでカードが刷られ、袋に封入された段階で横流しされたのものではないかと考えられます。やはり内部犯ですか。

 価格は2万円からということですが、ATLE追加直後のコンプセットが100万円以上でふっかけられていた時と比べれば、ずいぶんと現実的な価格設定。
 そういえば伊勢崎のお宝鑑定館に実物の【R・ソサ】が置いてありました。価格は38000円。2ヶ月もすればその10分の1の価値になるんですけどね。よくぞ買い取ったと思いました。

 ALTEの方は筐体にデータがあってもおかしくないんで、ちょっとアンデションを使いたいと思いましたけど、今月余裕ないんで誰かに落札されるか見学してます。

 あ、2万円で新綺羅買って、お宝鑑定館に持ち込めばいくらか儲かりそうな気がする・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )