いつでも興味津々!

ここ数年 行動範囲が広がりました。ちょっと垣間見てください

再びのセントレア

 | 興味
今回のツアーで 個々にリサーチはしたのですが
それぞれの 位置関係がよくわからず
バスはどこを走っているのか?

それは旅行会社も予想しているようで しっかり日本地図コピーを
用意してもらっていました

ポイントはチェックしているし良くわかりました

じっくり見ていると いまさら?と思われるかもしれませんが
甲賀 伊賀・・という地名 
さらに 今はないけど 世界の亀山 
信楽 関が原 安土
あ~ ここにあるの?
って 発見・・ 近江路 すごい!
見落としていたので 再度この辺は計画しよう!

一番驚いたのは 今月2日に行った京都大原
直線距離だけど 京都駅からより 草津のホテルからの方が近い


などと 空港までのバス中でガイドブックと地図をみながら
アナログに検討中
夫は スマホに入っているカーナビを見て
あと30分ほどだから 空港で余裕でゆっくり弁当たべようと言っていました

しかし数分後 ん?どう行くんだ?と言い出し
明らかに遠回り
そして 到着予想が1時間後になっている???

実は渋滞を予想して 合流地点の亀山近辺は一度高速を降りて
一般道を走り また高速に入った経緯があり
また 違う路線なのかな?と話していたら
運転手さんからのアナウンス

「お急ぎのところ申し訳ございません 道を
間違えてしまいました 至急戻ります
飛行機時刻には間に合わせますので 申し訳ありません」

逆に戻るのが渋滞で飛行機間に合わないならどうなるんだ?
などというみなさんのざわざわ感
(空港で夕飯を食べるということをみなさんは想定しているのだ)


旅なれた?! 私たち夫婦は 事前に夕飯用にと
おかげ横丁でさんま寿司と
えび稲荷を購入していた

じゃあ 今 バスで食べよう!ってことで
ぱくぱくぱく

今回のツアー いろいろ名物というのを食べましたが
一番好みだったのは さんま寿司でした

空港でゆっくり食事はちょっと厳しかったかもしれないけど
それでも きちんと到着しましたから良かったです
運転手さんも始末書はあるかもしれませんが ほっとしたと思います
こんなところでクレーム言う人もなく みなさん一様にお世話になりましたって
御礼言っていました

以上 楽しくも波乱のある旅行記
伊勢神宮編 終了

今年は 出雲 厳島 東京10社 京都
そして 最後は伊勢で終了と思ったのですが
12月も ちょっとどこかへ行きたいですね
近場でいいから いざ 鎌倉かな~
コメント

伊勢神宮

 | 興味
彦根城で23日の予定は終了
草津のホテルへ

草津といえば 私には群馬の草津温泉!!
しかし 琵琶湖の湖畔でした

ホテルなのでユニットバスですが 希望者には近くの温泉施設に
送迎バスがでるそう
その名も「みずほの湯」
今回は 外出るの寒いし遠慮して部屋のお風呂にしました

翌朝 夜はわからなかった琵琶湖を見ました(外灯もなくて夜は真っ暗)
広いしきらきらしてきれいなんだけど
ついこの間 広島のホテルから 瀬戸内海みたから 比べるとそちらのほうに軍配が・・

いよいよ伊勢へ
と思ったら ツアーにはついている 真珠館へ
一応見ました

今年は仕方ないし さらに連休だし 外宮 内宮 人 人 人
それでも お白石もできるだけ走る
それなりに 余裕でおまいりできました

おかげ横丁も面白かったし
このねこちゃんの前は 宝くじ売り場で
年末ジャンボ購入に行列ができていました

靴は 予想して 汚れても良くさらに走れるスニーカー
旅行はこれに限ります
 





コメント

多賀大社と彦根城

 | 興味
滋賀県突入です
新名神高速道路の開通で 滋賀県と伊勢神宮が近くなったそうです

そこで 多賀大社と伊勢神宮の親子詣りというのが登場
お伊勢お多賀の子でござる・・だそうです

紅葉シーズンですね
ここは延命長寿と厄除けだそうで
なんにしても この二つの項目はなかなかありがたいことなので
このコースを選んだ理由でもあります

ところが ハイウエイオアシスでちょっと時間をもてあましたのです
時間配分おかしいかも(あとで アンケートに書きました)

ここから 彦根城につくのに時間がかかり
彦根城は かなり薄暗くなってからの到着になりそうとのこと
そんな 時間にもかかわらず 天守閣に登るために30分待ち
入れるのは5時まで かなり広いけど 他にセットの入場券付きに
玄宮園という庭もあり 到着したがすでに 4時 さらに 入り口から
天守閣前に行くのに いきなりの上り坂
つえは貸してくれるという
なので両方は無理かもしれないと
添乗員さんの説明 そして ここの出発は5時20分

で どうしたか?
いきなり のぼり坂を夫婦で走る つえは不要
ぶっちぎりのトップで入り口にはいったが 当然そこから20分ほどだが
待ち 入れたので良かったと思ったのもつかの間
けが人が良く出ないな?と思うほどの急階段なので ゆっくりしか登れないから
さらに上にいくのに20分ほどかかる
しかし 景色を見たくらいで 内装はさほどでもなく え!これだけ?
そして 降りるのにものろのろしているから 外に出たのは
4時53分  ここから 玄宮園まで 徒歩10分という看板が
無理かと思ったそのとき 夫が 走って下れば 5分でいけるというので
暴走夫婦 再び 城から城下へ走る
が・・山と違って石段だし ここで転んだら明らかに大けが
下り きつかった・・ 夫は先に到着していた (最悪 すぐに妻がきますと言ってくれるはず)
しかし 私も2分前に到着
観光地だからね 5時できっちり閉めるということはないだろうと思ったら
5時以降ライトアップで別料金なので ここで間に合った良かった

井伊直弼さんのお生まれになったというお庭からの彦根城 なかなかライトアップで
良かったです 池にうつる城も幻想的です

自分たちでこの状態なので ご一緒したツアーの人で 両方見た人は
たぶんいないと思います(笑)



コメント

ハイウェイオアシス

 | 興味
空港から 怒涛のバス移動が始まったのですが
熱田神宮のあと 食事休憩もまじえて 刈谷ハイウェイオアシスへ

もはや テーマパークですね
遊園地のほかに温泉施設もあります

一番の売りは デラックストイレだそうです
くつろぎ空間のようですが 良く見るとまわりは個室のトイレです
他に トイレと合体した母と子のオムツ換え授乳室もありますが
帰りたくないと泣いている子どもの姿が・・
少し のぞいてみたら 中で アンパンマンの映像が流れている大型テレビが
あったのでした・・ それは 見たいよね トイレにはちょっといらないかも





コメント

熱田神宮

 | 興味
11月23日より一泊二日で伊勢神宮メインで旅行にいきました
効率よく回るため ツアーに参加しました
回想ですが またも波乱万丈な旅行記をしばらくお付き合いください


再びの羽田早朝から セントレアにとび
晴れ女なので 飛行機窓からの 雪がかった富士山他 山々を堪能は
すばらしかったです

ところが 今回は任務がありました
非常口の側の席です
最初に次女に言ったら「すぐ逃げられていいじゃん!」と
違います まったくの逆で
すぐには逃げられないと説明がありました
そのために 注意書きを渡され 口頭だけど承認するわけです
たくさんあったけと 代表的なのは
「乗務員の指示を理解し お客様を誘導するなどその行動をすぐとれますか?」
いや できません とも言う理由もなく はいとお返事
そのために 手荷物(お財布等)はいつもひざにおいていたけど
いっさいもてないというので すべて上にあげられてしまった

結果からすれば なにもなかったので いいけど・・
若干負担!

ほどなく 名古屋へ 初セントレア!!
すぐ 熱田神宮へ ちょっとしたところかと思ったら
熱田の杜と呼ばれるだけあって なかなか広くて見ごたえもあり
時間が足りなかったので また行って見たいところになりました

コメント

マイブーム

 | 興味
寒くなったしこれです

ご存知 希釈の老舗の商品
水ではなくお湯割です

ポコパンやりながら これを飲んでます



さて もうひとつ さばの缶詰
もともと さばは嫌いではなく でも味噌煮程度でしたが
最近の健康ブームにのって さば缶だけのレシピ本もあります

お気に入りは カレーです
それも甘口がいいそうで

水は使いません すべて豆乳
(豆乳は箱買いしているのでいつもあります)
それに カレー粉甘口(市販のもの)
とさば缶入れるだけです
レシピはそこまでですが ちょっと味気ないと思い
たまねぎはいれてます

え~ 肉じゃないの?と言っていた次女もなかなかいいかもと
言っていました

おいしいのはもちろんですが やはり体のためにも
いいかなと思います
コメント

りんご

 | 子供
マックポテトもどき

比較的赤いりんごを購入してきたら
次女がなにかの投稿で見たとかで 
りんごを使ってこのようなものを作りました

さっそく 長女にメールで 「リンゴ」とタイトルをつけて添付

すごい!とか  返事がきた?と聞いたら

ひとこと「ゴリラ」と返事
さすが姉 受け答えにそつがない

それをうけて 次女は  「ら」ではじまって「ん」で終わるのは
蘭しかないか? まあそれでもいいかと ランと返事

もはや この作品はそっちのけ 

この感覚 まさしく私と夫両方のDNAをうけついでいる



このりんごですが
油であげているわけではありません
微妙に色が茶色に変化してきているので いい感じになっています
あと数分後には 空気にふれているところが多いこともあって
茶色に変化 もちろん くりぬいた部分も含めて食べました
しかし これをやっていたのは 夜中の0時すぎ
コメント

競馬RUN

 | 子供
11月17日
このようなタイトルに サブタイトル 今日は私が万馬券

大井競馬場でマラソン大会がありました
ファンファーレとともに スタートゲートから走るということですが
フルマラソンだけど ぐるぐるまわるだけなので
仲間でリレー形式だそうです

娘婿が大学のサークル仲間とエントリーしたと聞いて知りました

面白そうとおもったのですが私とともに走ってくれる人
10人ほど集めるのは不可能なので
参加は無理と思っていたのですが
のちに HPを見て
一周1.2キロと 5キロは 個人でも参加OK
これなら 出られる!
しかし 時すでに遅し
エントリーは終了していました

今年が第一回
来年もあるのだろうか?

コメント

一周年検査

 | ピンクリボン
16日は 朝から5つの検査予約が入っていました

15日夜9時から 食事とらないということで
健康診断には良くあることですが
それは我慢できるけど
16日朝6時半から トイレにいってはいけない・・これは結構つらい
毎朝規則正しく トイレに行っているのでこれは6時半以降に起きては大変と
5時半起床

何も食べることはできないけど 身支度とトイレをすませて
7時にはでかけるように準備

エコー2箇所 血液検査 レントゲン マンモ
キャンセルの人もいたので 意外と早く午前中で終了

さてこの病院のマンモは 痛いといわれているこの検査でも
最新式なので さほどでもありません
40歳から毎年検査して その時々の会社の指定だったので
いろいろな病院にいきましたが 一番性能良く 痛くないものです

しかし 手術によって直後は石のように硬かった胸ですが
少しやわらかくなったものの まだまだ硬い
(くりぬいたのだから仕方ないけど)
これでできるのか 不安

できました・・できましたが 
涙が自然に出るくらい痛かった
息を止めてといわれますが 言われなくても自然に痛みで止めるので
終了した瞬間に は~は~と呼吸することに
左右2方向 計四回

たぶん 通常より我慢強いほうだと思うのですが 本気でつらかった
来年はもう少し変わるのだろうか?

間違ってもらっては困りますが
マンモ検査は必要です
通常の場合は本当に最新式の機械は まったく痛くないとはいえないけど
大丈夫です 一瞬だから
だから 大事なので検査は女性のみなさん してくださいね

それから 確かに辛かったけど
再発防止のために 必要な検査だと思うからこそ
がんばれます



コメント

11月15日

 | ピンクリボン
七五三の日ですね

昨年のこの日 私は手術日でした
やっと1歳ということです
時は早いといわれていますが
私にはやはり やっと・・です

周りのみなさんも 仕事も普通で 入院のことも忘れかけていると
思うのですが それがとても助かっています

でも どこかで気にもかけていただいていて
お土産にスープの素いただきました
まさに万能スープで あっという間に中華に変わる
オイスターソース同様の料理のお供です

実はこれ 通常は赤の缶です
ピンクリボンということで この売り上げの一部は
乳がんのために使われるようです




コメント