今月の雑草倶楽部(11月フジバカマとアサギマダラ)

2021-10-25 21:20:05 | 写真(今月の雑草倶楽部)

数千キロを旅する蝶を ご存知ですか?

飛来する時季になるとニュースになっているようですが、

興味がないと、気にもかけないもんですね

たまたま、ご近所の方が、アサギマダラを見つけられて、ラインで画像と説明を送ってくれたのが、興味を持つきっかけでした

近くに竹尾緑地という区域があって、

一株?植えられたフジバカマが、ありまして、良く探し当てて飛来してきたもんだと思います。

警戒心がなくて、ジッととまったままだったので、写真を撮ることが出来ました。

羽をひらいてくれてたらなぁ~~

フジバカマは、秋の七草のひとつで、アルカロイドという毒性があるんだって・・

もじゃもじゃとした、面白い花ですね

アサギマダラはその蜜をすって、体内に取り込み、外敵から、身を守っている

また、フジバカマには、PA物質も含まれていて、それは性フェロモン

オスが取り入れ、メスを誘う物質を出している

原種のフジバカマも絶滅にさらされてるんだって、画像は、原種のフジバカマなのかな?

フジバカマは漢字でこう書きます「藤袴」

食用にはなりませんが、古くから乾燥させて香草として使われてきたという事です。(PA物質がらみかしらね?)

そのフジバカマの密を吸い 南西諸島から、台湾、香港まで、旅をする蝶

透明化している羽の部分に場所や時季をマーキングして、移動している証拠の調査をして、2000キロ旅をする事を立証出来たようです。

春は北上、秋になると南下

渡り蝶で、海外には気流に乗って飛んでいくとか、海面で休憩している姿を見た人もいるようです。

なぜ移動するか?花を求めて、気温に合わせてとか、まだはっきりした理由はわかってないみたいです。

鬼滅の刃の胡蝶しのぶ栗花落カナヲの周りに飛ぶ蝶は、アサギマダラだって。

フジバカマ、ヨツバヒヨドリが、絶滅しないことを祈ります。

庭に植えようかしら・・・涼しくて風通しが良い場所がいいらしいです。

地下茎でふえていって、土地に合えば、背丈ほど大きくなるそうです。

やっぱり、山の中かな・・・増やすとしたら。

沢山の蝶が舞う姿がみたいです。フジバカマとヨツバヒヨドリ、植えまくりたい(笑)

 

庭の花 今年初めて植えました、ゴンフレナ・ラブラブラブ(ラブが3回もついとう・・・

ヒメツルソバ

道路に飛び出て咲いてしまっています。

これも厳しい場所でも増えていきます。

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 弱肉強食  | トップ | 肛門嚢炎 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (snap-k)
2021-10-26 21:05:46
おおっ!随分ぶりの部活参加
なにやら轢かれたりしていてビックリっす!
藤袴♪私もいい蜜を吸って、体にためてみたいわ〜(笑
snap-kさんへ (oldオードリー)
2021-10-26 21:37:43
ほんと久しぶりの投稿でした。

轢かれたんよ、なかなか治らんやった!

フジバカマの蜜は、毒があるから吸えないよ
それよりPA物質を含んだの匂い袋を持つ方がいいかもよ。
若い子孫を残せるような女性が集まってくるよ、大丈夫?(なんか心配)
お久しぶりです (hiiragi)
2021-10-30 20:08:45
子供たちが小さい頃、福島の山奥でアサギマダラを捕まえてマーキングするイベントに参加したことがあります。
長旅をするだけあって、羽が丈夫でしたよー
hiiragiさんへ (oldオードリー)
2021-11-01 21:10:11
へぇ~、そんなイベントがあったんですね。
アサギマダラ知るのが、遅すぎですね。
子供さんたち、大人になっちゃてるでしょうね。
二人とも、サッカー少年でしたよね。

コメントを投稿

写真(今月の雑草倶楽部)」カテゴリの最新記事