ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

ゆきちゃん通信 No18 その2

2002年12月28日 | 新聞 ゆきちゃん通信
これは由紀子が一年生になったのをきっかけに
お世話になった方たちに郵送していた新聞です。
それを日記風にアップしました。
もともとの新聞としてPDFで見ることもできます。


ゆきちゃん通信No18


ずっとサボっていたゆきちゃんの近況をお知らせします。

夏休みは療育キャンプだ!

毎年恒例になっている自閉症協会のキャンプに今年も参加してきました。
もう4回目です。

写真は今年の担当ボランティアの由美子先生です。

これは初日の植物園の写真ですが、
初めて出会って数時間後にはこのムード・・・。

年々このキャンプで母はいらない存在になりつつあります。

今年のキャンプで成長を見せてくれたのは権現山登りでした!

雨もようの中で決行されました。

レインコートを持っていざ出発!

4年生のグループは4キロを歩きます。

いつもマイペースでのんびり登る由紀子だから
きっと今年もみんなからずっと遅れてゴールするんだろうと
思っていた母ですが、

みんなから少し遅れると駆け足になって
「おまたせ~!」と、叫びながら追いついて
とうとうみんなと同じようにゴールをしたそうです。

いつも由紀子の力を見くびってしまう母は、
今年も彼女の成長を確認する事になりました。

最後の夜の集いも雨のために室内になりましたが、
ここでも楽しい思い出ができました。



写真は集いの時の出し物です。

シンデレラになった由紀子を王
子様が抱き上げているところです。

たくましい王子様でしょう?

グループリーダーの先生です。

写真では見えませんが
足にはガラスの靴ではなく赤いトイレのスリッパが・・・。

シーツのドレスにビニール紐のリボン・・・(笑)

それでも大満足のゆきちゃんでした。



2 学期のがんばり報告

☆宿題

「宿題は自分でする!」
由紀子は学校から帰るとおやつの前に
自分でカバンからノートを出して宿題をするようになりました。

今まで誰かに指示をされないと
宿題をしなかったのに大変身です。
答えが間違っていても、忘れても
私は黙ってみているのが先生との約束です。

おせっかいな母はこれがけっこうつらかったりするんですよね!(笑)


☆走る

小体連、持久走大会と走る事の多かった二学期!

毎朝O田先生と一緒に走ろう運動に参加して
運動場を100 周以上走る事が出来ました。

持久走大会前には毎朝5 周走る日が続いて、
つらくて学校に行かないと泣いた日もありましたが
大会までと期日を決めてがんばりぬきました。

周りのみんなの声援が由紀子の大きな励みになったようです。

大会が終わっても自分からも
すすんで朝の運動に参加するようになりました。
つらかったけれど何か一つ乗り越えたような気がします。


☆お風呂

4 年生になってお父さんとお風呂に入る事をやめました。

思春期を目前にして女性としての自覚を持たせるためです。

目標は『一人で入れるようになる!』です。

体の洗い方、洗髪の仕方などを一人でできるように
こつこつ練習して、やっと自分でできるようになりました。

2 学期からは入浴の時に
自分の下着を洗う事もスケジュールに入れて
ステップアップ!

一人だけで入れる日もそう遠くはなさそうです。

由紀子のやる気を起こさせるキーワードは
「おねえさんだね!」
この魔法の言葉で何でもやる気なっちゃう由紀ちゃんです。


☆反抗期

おろかな事ですが、
私はゆきこには反抗期は来ないと思っていました。

自閉症の子どもはいつまでも天使のように育っていく・・・

そんなイメージが漠然とあったのです。

ところがそれは全くの勘違いだった事を、
最近思い知っています。(笑)

何を言っても帰ってくる答えはほとんど「いや!」
まるで天使が悪魔に変身したかと思う時があります。

今まで、ゆきこに対して声を荒げた事の無かった私ですが、
最近はゆきことのバトルの毎日です。

今まで充分甘やかして育てていたので、
このライン以上は譲ることはできません。

優しいばっかりだった母も、時々怖い母になります。

でも、気がかりな事もあります。

以前からゆきこには時々自傷行為がありました。

イライラすると、自分の手に噛み付いたり
机や壁をどんどん叩いて、手が痛くなったり・・・。

最近は反抗期でイライラがつのるのか
自分で自分の頭を拳骨でたたくようになりました。

ガンガンとかなり強い力で何度も叩きます。

私が声を荒げると頭を叩くゆきこ・・・。

その度にその手を握って、
なだめながら私のほうが泣きそうになります。

ゆきこはきっと自分の心のコントロールを失って
辛い思いをしているのでしょう。

言葉で上手に反抗できなくて
自傷行為を繰り返しているのかもしれません。

その分、私が冷静にしっかり向き合っていかなければ・・・

そう思いながら、ついついむきになってしまっている毎日です。



インフルエンザの予防接種!
写真好きの由紀子はどんな時もピースを忘れません。(笑)



夏休みにやったパン作り教室で担任のまさ子先生と!
できたよ~~!


自画像!(紙版画)


編集後記

よかった!
これで何とか2002年の内に皆さんのところに
通信がお届けできそうです。

ホームページを開いてからそちらの更新に追われて
肝心の通信の発行が遅れがちになっています。

でも、こうやって通信を書いていると緊張感があって、
由紀子との生活を真剣に振り返ることが出来ます。

最近は反抗期の香りがぷんぷんの由紀子との生活の中で
悪い面ばかり目に付いてしまうのですが、
こうやって振り返れば由紀子の大きな成長が確認できます。

これからも通信の発行を続けていこうと
新たな気持ちになっています。

今年もお世話になりました。
2003年もどうぞよろしくお願いします。

皆さん良いお年をお迎えください。


=END=
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ゆきちゃん通信 No18 その1 | トップ | 今年もよろしく »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞 ゆきちゃん通信」カテゴリの最新記事