ピーナッツの唄

毎日の出来事、特にスポーツ観戦、読書や映画等の感想を中心に、好奇心旺盛に書いています。

35000食の芋煮が

2019-09-15 20:56:04 | 郷里山形の事
郷里山形の秋の風物詩、芋煮の大鍋がふるまわれたそうだ。
その大鍋で用意されたのは、何と35000食だと言う。
3代目の大鍋でじっくりと煮込まれた芋煮の味は、多くの方に喜ばれたらしい。
我が家でも毎年、何度かの芋煮を食するが、子どもの時の芋煮の味が今も忘れられない。


       
コメント   この記事についてブログを書く
« マラソングランドチャンピオ... | トップ | マーリンズやっと一矢を報いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

郷里山形の事」カテゴリの最新記事