ピーナッツの唄

毎日の出来事、特にスポーツ観戦、読書や映画等の感想を中心に、好奇心旺盛に書いています。

豆菓子

2008-01-23 16:28:06 | 郷里山形の事
小生はおやつによく豆菓子を食べる。主に郷里山形の「㈱でん六」の豆菓子である。
あの「でん・でん・でん六豆、美味い豆」のTVCMでおなじみのあれである。
大正13年に鈴木伝六氏が創業して「でん六豆」を売り出したのが初めてだそうだ。
創業者の名前から「でん六豆」と名づけられたのは有名な話のようである。
小生が若い時に亡き父親が、これは美味いぞと荷物の中に何時も入れて送ってくれた。
「でん六豆」の他に甘納豆も好きだったが、随分長い間、食べ続けていることになる。
ピーナッツを緑色の衣でくるみ、甘くコーティングした「でん六豆」は今や全国版だ。
そして豆菓子の総合メーカーとして、今は3代目の当主が「㈱でん六」を守っている。
もう直ぐ節分だ。節分豆に赤塚不二夫氏デザインの鬼の面をオマケに付けたのでも有名だ。

「孫」が2~3歳の頃遊びに来ては「じいじのお豆ちょうだい」と良くねだられたものである。
ママが中身のピーナツが固いので豆だけ取り出してあげてと言ったことを思い出す。

現在は「でん六豆」の他に4種類の豆菓子の入った、「特選豆菓」がご贔屓だ。
ピーナッツをスパイス、イカ、黒砂糖、えび味でコーティングしてある。実に美味しい。

「マメ」を「マメマメ」しく食べて「健康(マメ)」に生きていきたいものだ。

山形居住のしらほさんが「しらほぶろぐ」の山形探訪10/30で紹介している。

           

           
コメント (7)