畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

飲んで飲んで~♪(その2終わり)

2019-01-06 06:02:08 | 食べ物

 お酒の友には贅沢な物をもう一品。

本場「小濱」の鯛の笹鮨でその名も「すずめ小鯛」です。

 

  包装をはがすと、杉の正目の小さな樽。

期待に胸が膨らむってところでしょうか。

 

  蓋を取ると、なんと金粉が輝いています。これも本当に酒の味が一段とアップする逸品です。

若い頃にスベルべが企画した職場の旅行で、小濱、三方五湖を訪れたことが脳裏に浮かんできました。

 

  北海道産の紅鮭とシシャモの焼き物。

酒が進みます。飲んで飲んで~♪飲みつかれて飲んで~♪ですねー。

 

  冷酒時に愛用する利き酒用のぐい飲みで。

銘酒は微細な気泡を見せていました。この酒もまた経験したことのない味なのでした。

 今日はパートは休みです。

でも、15センチほどの降雪があり、家の前の雪かきをして、今に入った所です。

             (終わり)

ジャンル:
お酒・お茶
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 飲んで飲んで~♪(その1) | トップ | 少し冬らしくなったかな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2019-01-06 22:46:03
次々においしそうなものや銘酒が出てきますね。これは飲まない手はありません。潰れない程度にほどほどに酔ってくださいね。
ホヤと鱈を物色に魚屋さんに行って見ましたが今日はありませんでした。午後だったので売れてしまったのかも。ここの魚屋さんはたまにナマコもあります。ナマコも自分で酢にして食べますよ。海無し県の長野県から群馬県に来ても海に対する憧れがありますね。
ミケ様 (スベルべ)
2019-01-07 04:16:19
 だって、正月ですものー(笑)。
ナマコも久しく食べていませんねー。スベルべも自分で調理しますけれどもね。
今は流通関係が発達し、どこでも新鮮な魚介類が手に入り有難いですね。
自家用車が普通になり、1時間も有れば海の近くまで行けるようになりました。
子供の頃は汽車を乗り継ぐしか手段がなく、海を見るとそれだけで胸がわくわくしたものでした。

コメントを投稿

食べ物」カテゴリの最新記事