畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

インカが目覚めた!

2017-07-08 04:54:15 | 野菜

 

 先週の農天市場オープンに合わせてジャガイモを掘ったけれどもまだ小さかった。

その後、大雨などがありどうかなと思ったけれど、昨日掘って驚いた。一週間でずいぶん大きくなったのです。

 

  右に見える大きな枝ぶりのジャガイモは「北海黄金」です。

そして、その左一段と小さな枝ぶりは「インカのめざめ」です。

 

 面白いもので、この「インカのめざめ」は枝ぶり、気の小ささの割合に立派な芋が着く。

ただ、一般的には芋が小さいと言われるけれど、我が家は別格で結構大粒。

 

  ちょっと分かりにくいけれど、右上の陽が当たっている部分の芽が少し紫色。

これが外見上の「インカのめざめ」の特徴かな。形は長円形が多いですね。

 

 左側から大粒のものを詰め、右には小粒なものを並べて入れたけれど、小粒は少ないですね。

味の特徴は、「栗かさつま芋」かと言われるような食感と味です。小粒は素揚げにして塩を振ると美味しい。

 この地域の伝統食の「ゼンマイ煮」にジャガイモが良く使われるけれど、このジャガイモだと一様に驚いた顔をします。

「これって栗ですか?」なんて真顔で訊ねる人さえいるほどの食感と味なんです。

 スベルべが最後のさつま芋を植えて、スベルべママは「とうや」「ノーザンルビー」「シャドウクイーン」を掘った。

サツマイモ植えを終えて、やおらスベルべが始めた「インカのめざめ」掘りがこの結果。

 まさに眠っていた「インカのめざめ」が雨によって目覚めて大きく育ったのでした。

今年はこの「インカのめざめ」は種イモで20キロを植えていますから、期待できますよ。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトがぐんぐんと成長! | トップ | 初夏の十日町で法事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-07-10 23:54:58
インカの目覚めと言えば小さいと思っている私です。前に一回だけ作っていた時もさすがに小さかった記憶だけ残っています。大きいインカの目覚め、いいですね。
ミケ様 (スベルべ)
2017-07-12 04:52:37
 そう、「インカのめざめ」ってふつう小さいというのが、常識ですよね。
今年は種イモが小さく、カットする必要も無かったほど。
そして、肝心の芽欠き作業も上手くいき、基本の二本、三本立ちに。
それが良かったのでしょう。作り始めて以来初めて経験する大きさになっています。

コメントを投稿

野菜」カテゴリの最新記事