畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

「コマメ」で草取りかいな

2018-08-12 12:45:13 | 

 ニンジン10畝分と、牛蒡2畝分を蒔く予定の畑が干ばつ状態で蒔くことが出来なかった。

そんな、砂漠の状態の畑でも、雑草は元気です。主たる雑草は例のスベリヒユ、スベルべです。

 

  手で草を引き抜く気力も消え失せ、小型耕運機コマメで耕すことにしました。

今年新調したばかりのコマメは焼けつくような暑さにも関わらず、元気いっぱいに始動。

 

  でも、ご覧のように耕耘刃は草が絡まってご覧の通り。

雑草が団子状態に絡みつくので、一往復ごとに取ってやらないと効果が上がらない。

 

  軽トラのこちら側は、雑草マルチなんて洒落ていたニンジン畑です。

冗談が冗談で無くなり、もうニンジンは諦めざるを得ないようです。

 

 一応全体を耕し終えました。後はレーキで草を掻き集めたら良いのですが後回し。

向こうのさつま芋も、葉が黄ばんでる場所さえ見え始めてしまいました。

 でも、左手前のネギは潅水の効果もあるけれど、強い作物で元気いっぱいです。

これは一週間ほど前の光景、仕事でしたが6日一昨日に一か月ぶりの降雨が有りました。

 本当はしとしとと時間を掛けて降ると、土に浸透するのだけれど一気に降って止んでしまいました。

ジャガイモを掘ってみたところ、土は表面から10センチ程度しか濡れていませんでした。

まだ足らない雨です。(少し前に準備した記事でその後雨は来たけれど、やはり少ないですね)

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 災害復旧道半ば「川編」 | トップ | ゴーヤが熟して種が落ちる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2018-08-12 18:36:12
コマメで草取り、いいですね。でも草が絡んでしまうのは腹が立ちますね。大きい耕運機でガーっと耕したらどうでしょうか。草はすぐに枯れて軽くなるのでそれからレーキで(沙悟浄みたいな)掻き集めたらすぐですね。
広いところがきれいになって気分いいですよね。
こちらもあまり雨がしっかり降らないのですがそちらはもっと降らないようで、しっかりした雨が待たれますね。
ミケ様 (スベルべ)
2018-08-13 04:41:54
 もう本当にこれは非常手段ですね。
こうしても、スベリヒユなどは強くて、再生しちゃうのです。
お話の通り、先日はレーキで掻き集めたり、掘り起こしたりでした。
この畑はニンジン用にたっぷりの堆肥が入っているから勿体ない。
秋野菜の白菜でも作ることにして、今年の人参は諦めました。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事