畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

ゴーヤが熟して種が落ちる

2018-08-13 04:37:09 | 野菜

 暑さには強いゴーヤだけれど、高温に加え雨、水分不足で不作となってしまった。

いや、実の数は十分に着いたのだけれど、形がひしゃげてまともな姿にならないのです。

 

 左上に大きなゴーヤが二つ見えるけれど、真ん中がくぼんでいる。

断面が丸い形ではなくて、いびつな形になってとても商品にはならないのです。

 

 そのために収穫を諦めていると、樹上で熟したゴーヤから種がこぼれ落ちる。

真っ赤な柔らかなゼリー状の保護膜で覆われていて、これを取り除くとカメムシ状の種子が現れます。

 

 ゴーヤの種類は、スベルべ自身が大好きな、ずんぐりと丸い「アバシゴーヤ」です。

肉厚で苦みも薄く、ゴーヤチャンプルーなどに最適。張り切って30株も植えたのでしたが・・・。

 昨日は仕方なく暑い午後に畑に出て、ゴーヤの種拾い。

50粒以上も拾い集めたけれど、洗って種をきれいに取り出すと30粒ほどでした。

 

 それでも、アバシゴーヤも先日の雨で元気を取り戻したから、遅ればせながらこれから最盛期。

さて、雨で元気を取り戻したのがこの大型茄子の「山本ナス」です。

 山の畑にも植えてあるけれど、そちらは害虫の食害で仕上がりが良くない。

こちら、下の畑の「山本ナス」50本は、これからもたくさん収穫できそうです。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「コマメ」で草取りかいな | トップ | 瓜田に履を納れる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2018-08-13 13:01:14
ゴーヤはウチも同じで採らないうちにどんどん黄色になって種が下に落ちています。何本も植えないのに採っている暇が無くて。アバシゴーヤの白いのですが黄色になると緑と同じですね。ずーっと昔、私の子供の頃はゴーヤとかニガウリなんて言わず「レイシ」といっていたような気がします。実も小さくて苦いので食べようなんて誰も思わず毎年アンズの木に絡まっていました。その黄色になって割れて出て来る赤い実の赤いのを甘いなんて言って食べていたのですから今思えば大笑いですね。
ナスはこの頃はどこでも生りが止まっているようで、木の切り戻しをして秋ナスを期待です。でも農家のナス畑を見るとスベルベさんのところと同じく木もわさわさ大きくなってナスもどんどん採れているようです。何か秘訣でもあるのでしょうか。肥料と水かな。直売所に行くとよく育った大きいナスが5個で80円!畑友と、これなら買ってもいいね、なんて言って先日は4袋買ってきて知り合いにあげました。さすが農家さんのナスでやわらかくて漬けるとおいしいのです。
ミケ様 (スベルべ)
2018-08-14 05:02:24
 その「レイシ」と呼んだ頃は、食べ物では無く、飾り物として仏壇に供えたとも聞きます。
とにかく目新しい物が好きなスベルべはゴーヤもズッキーニも栽培は地域のパイオニアですよ(笑)。
実を囲む外套膜と言うか赤い部分は口に含むと甘いですよね。もちろんスベルべもお試し済み。
このナスは大きいのに、実が柔らかくふわふわの極旨ナスですよ。
先日、ハサミを持っていなかったので、引っ張ったらボソンと実の上半分が割れちゃいました。
勿体ないとばかりに割れ口をかじってみたら、その美味しい事。
サラダでも十分に食べられますね。
切り返し、更新作業も要らない、こんな素晴らしナスはブログつながりの友達、
「熊取のおっちゃん」さんから種子を分けて頂いた『山本ナス』と言います。
自分で種子を採って作り続けていますが、今や我が家の畑の宝物です。

コメントを投稿

野菜」カテゴリの最新記事