畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載166「フライビーンズ」(その1)

2018-08-16 14:25:58 | 食べ物

 男の料理は手抜き無し。

一心不乱に油温計を見、そして火力を調整しながら大豆を揚げる。


 揚げた大豆に揚げた角切りさつま芋、小女子を入れて混ぜ合わせる。

これが、学校給食の人気メニュー「フライビーンズ」です。


      フライビーンズ(その1)

 

 学校給食に長く関わった妻は、その仕事から学んだメニューも、

我が家の定番メニューとして取り入れた物も多い。

フライビーンズもその一つだ。そのフライビーンズには思い出深いエピソードが残っている。


 卒業式を終えたある日、学校の給食室に一通の封筒が届いた。

封を切ると、中学校で三年間娘さんが給食を美味しく食べさせてもらった事。

そして、最後に食べるフライビーンズを母に食べさせたくて、

規則を破ってそっと持ち帰ったと言う内容だったと言う。


 その話に感動した妻は新聞に投稿し、採用されて掲載となり、

学校関係者の間ではしばらく話題になったようだった。


 さて、そんな美味しい定番メニューのフライビーンズを我が家の定番にしない手は無い。

妻が何回か作っているうちに、自分も作って見たくなった。

材料である大豆は前夜から一晩水に浸し吸水させておく。

        (続く)

『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『蜜蜂』 | トップ | 連載166「フライビーンズ」(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ物」カテゴリの最新記事