畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

暖冬でもこの通り

2019-01-08 04:10:49 | 自然

 タイヤドーザーが作業を終えると次は大型ロータリーです。

まだ雪は少ないですね。投雪している場所なんて普通だったら小山のような雪になっていますから。

 

  道路の除雪が終わったころ、上りの電車が到着し、そして発車。

雪国の電車がこの程度の雪で後れを出したのでは笑わられてしまいますからねー。

 

  まだ、柿の実は落ちずに残っています。

墨絵のような風景に、柿の赤い色が鮮やかに映えます。

 

  独活とゼンマイの畑である斜面も雪に覆われました。

雪と寒さに耐えた山菜は、春の温かさを待ちじっと冬眠中なのです。

 

 家の前の除雪を終え、朝食のテーブルに着くと鉢植えの水仙が目につく。

この地の水仙は、春、雪解けを待ち4月末から5月には咲いてくれるでしょうか。

 二重サッシの窓の外をご覧ください。まだ、国道を通る乗用車の屋根が見えます。

雪が降り続くと、先ず乗用車が見えなくなり、もっと降るとトラックの屋根さえ見えなくなるほどになるのです。

ジャンル:
環境
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 少し冬らしくなったかな | トップ | 蕎麦ガレット »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2019-01-09 00:50:17
さすがの雪景色ですね。こんもりと雪が積もっているとなんだかお正月みたいです(実際にお正月ですが)
この雪がおいしい野菜を育ててくれるのですよね。
ミケ様 (スベルべ)
2019-01-09 05:39:22
 今の様子を見る限り暖冬と言う言葉がぴったりです。
でも、今年山際、越後湯沢方面の積雪が珍しくこちらよりも多いらしいです。
畑はじっと雪の下で冬眠し春に向けて地力の回復に努めていることでしょう。
人も畑も休養も肝心なこととつくづく実感させてくれる雪でもあります。

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事