畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

「イチカラ畑」の蕎麦が届く

2012-12-29 04:44:02 | 暮らし

 昨日の夕方「蕎麦を打ったんで持ってきました、食べて下さい」
と、「イチカラ畑」の若者が打ち立ての蕎麦を届けてくれた。 


 香り高い今年の蕎麦です。


 これは彼らが新聞に入れた折り込み広告。


 折込みの片隅にはメンバーの写真入り。
23と言う文字が見えるけれども、昨年は蕎麦栽培で表彰も受けています。


 蕎麦の仕事の折々に我が家を訪れ、仕事の報告もしてくれます。
今年の蕎麦を収穫し、乾燥、製粉と仕事が進んだ際には、いち早く蕎麦粉も頂いています。


 旧牧草地を切り開き、山中に蕎麦畑を作り栽培した、完全無農薬、有機栽培の蕎麦です。

写真のサイズが違ってしまいました。彼らの畑の蕎麦の花です。

夏の暑い日に彼らを訪れた際、差し入れに走るスベルべママです。

 彼ら、「イチカラ畑」のメンバーとの交流も長くなりました。
彼らが数人のメンバーで「農天市場」に初めて顔を出してから数年経ち、歳月の流れも感じます。

 何をやっているのか、いや、何をやって良いのかさえ分からなかった若者たちが、
曲がりなりにも、畑、蕎麦で自立を計っています。
「いやー、農天市場って良いっすねー、俺たちも畑、百姓をやりたいんすよー」
なんて言っていたのがつい昨日のことのように思い出されます。

 昨夜はようやく何回も続いた忘年会も最後の忘年会でした。
落ち着いたら、彼らと我が家で盃を汲みかわそうと言う話になっています。
畑が取り持つ縁で知り合った若者たちが、自分の子供のように思えて仕方有りません。 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 天寿全うのお葬式 | トップ | 我が家流餅つき(その1) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (meibi)
2012-12-30 08:32:27
これは嬉しい年越しそばになりますね。
私は今日買いに行かなくてはと思っています。
メンバーの方々が頑張っているのは嬉しいですね。
楽しく盃をくみ交わして下さい。
本年はお世話になりました。
来年も宜しくお願い申しあげます。
meibi様 (スベルべ)
2012-12-31 04:49:14
 彼らが蕎麦作りを始めて以来、毎年頂いております。
正真正銘の地元産で、完全無農薬の完全有機栽培です。
本当に彼らの成長が嬉しいですね。
年が明けたら、彼らと酒を酌み交わす約束です。
暖かなコメントを何時もありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。来年もよろしくお願い致します。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事