畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載170「茸丼」(その2終わり)

2018-09-15 10:05:14 | 山菜

      茸丼(その2終わり)

 昔、アマンダレを採りを覚え始めた頃は、仕事で只見線沿線に出掛けた際などに見つけたものだ。

あちらには多く有る、ブナの木の大木が枯れ、先ずはナメコが発生し、

それが終わる頃に立派なアマンダレが出ていた記憶が有る。あちらの沢も随分探し歩いたものだった。


 しかし、有る時同じような地形、山の沢に倒木が有ると考え、行ってみるとこれが見事に的中。

ブナの木では無くてもコナラ(ドングリ)の枯れ木にも随分立派な大きさのアマンダレが出る事を知った。

いや、大きさだけだったら胡桃の木の倒木に出ると椎茸と見紛うばかりの大きさのアマンダレが出る。

そんな事も知ったのだった。


 その年の気象条件などでどんな木にも寄生して出るもので、杉の木にさえ出た物を採った事もある。

しかし、哀れをとどめるのはモミジにでたアマンダレだ。

これは市販のエノキたけを茶色にしたような貧弱な傘と軸の姿になってしまう。


 でも、どのアマンダレも味には大差が無い筈。

皆さんもアマンダレが運良く手に入ったら、騙されたと思って一度「茸丼(キノコどん)」をお試しあれ。

             (終わり)

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 畝を作り種を蒔き畝を作る | トップ | 稲刈りが始まる風景 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2018-09-15 15:24:34
キノコと言えば小さい頃から鍛えられていますので群馬に来てからも山に行くと出そうなところを見て歩きます。こちらに来てから初めて見たキノコもたくさんあります。ナラタケは日光の光徳牧場に行った時に倒木に食べ頃のがたくさん出ていて、観光客がゾロゾロの場所でしたが遠慮なく採りました。知ってるものの勝ちです。倒木に出ているナラタケの写真、見事ですね。私もキノコの写真を撮りますが弟はたくさん撮って(スベルベさんと同い歳)居間に飾ったりアルバムを作ってあって帰ると見せられたりしています。塩で漬けて置くと毒が抜けるのはカキシメジですね。田舎では昔から食べていました。キノコはこれから街道筋で売っていますが人の採ったのは時キノコが混ざっていることがあるのでよく見ることが大事ですね。
Unknown (ミケ)
2018-09-15 17:58:47
他人の採ったのは毒キノコが混ざっている・・・です。
ミケ様 (スベルべ)
2018-09-16 05:36:12
 子供の頃は山の上に雑木林があり、燃料の薪として伐採されて更新されていました。
毎年伐採する林が異なり、そのために色々な条件の雑木林(切ったばかりとか、切る直前の大きな木まで)有りました。
キノコの生育にピッタリの条件の場所も必ずあったのでした。
今は雑木林そのものも畑化されて少なくなり、有っても燃料としての伐採は無く荒れ放題。
色々なキノコを見る機会は全くと言ってよいほど無くなってしまいました。
母の後ろを子犬のように付いて雑木林を歩き回っていた頃が夢のようです。
Unknown (ミケ)
2018-09-17 18:35:50
>母の後ろを子犬のように
それでキノコの勉強をしたのですよね。私の母もキノコ採りが大好きで、足腰が弱くなって自分が行けなくなると弟に「行って来い、行って来い、と俺をせかせるので困るよ。」と言っていました。
ミケ様 (スベルべ)
2018-09-18 05:15:33
 可笑しい思い出ですよね。子供の視線は低くて、母が見逃したキノコさえ見つけていました。
義母、スベルべママママは87歳になりましたが、20年以上も前に「ナラタケ」を大収穫。
スベルべが教えた場所に行き、大量のナラタケを見つけ、朝から夕方まで採り続けたのでした。
今でも「そろそろアマンダレが始まるのだがなー」なんて言いますよ。

コメントを投稿

山菜」カテゴリの最新記事