ユキだるまのつぶやき

歌う仕事の日常とインディーズならではの話あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いさらい香奈子さんの仕事。

2018-01-13 21:19:52 | 音楽

いや~。凄いものを見せて頂きました。 

いさらい香奈子エディットピアフを歌う「ピアフという女」
o1187178514075131264


o1228171814075131540
 

シャンソン歌手のいさらいさんがピアフを歌うのだからコンサートと言ってもいいのだろうが、これはまさしく演劇でありますね。


IMG_0948
舞台装置も合理的で愛らしかったです。
 

だいたい一人でノーマイクで歌ったり演じたり、1日二回公演を含めて、休憩なし2時間近い公演を9回もする事自体、わたくしなど考えただけで卒倒しちゃう。1曲歌っただけで声枯れます。 

それほど驚異的。 


彼女は初め、いさらい香奈子として登場し、ピアフの生い立ちからを演じ歌い進めて行くのだが、ピアフの人生の波乱に伴い、次第にいさらい香奈子とピアフは交錯しながら、同人物として濁流の中に巻かれて行きます。終いには香奈子さんがピアフに見えて来るから不思議です。 


小道具の使い方の粋さ、無駄のなさが本当に楽しい。 


芝居も素晴らしいが、それは脚本・演出も素晴らしいという事だろう。十朱加奈子さん。 

水差しの水を現実的かつ象徴的に使った演出がステキでした。 


そして暗い照明の中で譜面と戦い、芝居をよくサポートしたミュージシャンはピアノErinneさん、アコーディオン鳥海涼子さん。若くなきゃ出来ませんわね。

 

香奈子さん、千秋楽まで身体に気を付けて頑張って下さいね。ライフワークが形になっていて羨ましいです。
IMG_0949
お疲れ様でした!
 


舞台表現に関わる歌手、役者、スタッフ、お客さん、これはみなさん見に行った方がいいですよ。

 出来ればフランス人にも見てもらいたい。日本にはこんなにピアフを愛し、丁寧に演じているアーティストが居る事を知ってほしい。

 上演は来週17日(水)まで。西荻窪劇団シアター2+1のアトリエにて。

http://www.theater2plus1.com/

 

チケット¥3000

二人だと合計¥5000になってお得です。

 

平日はまだお席があるそうです。

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« へえ~。 | トップ | 早い! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事