悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! C-21 戦略家 スモークスクリーン

2009年04月29日 | トランスフォーマー

2009年4月25日発売、定価2310円。
変形シリーズ最後のラインナップ(?)となった商品の一つ、スモークスクリーンです。
初代アニメのシーズン2から登場し、煙幕を張り巡らせ敵の視界を遮り反撃のきっかけや速やかに撤退させるなど団体での活躍が目立ったキャラです。
またギャンブルが得意な一面も…(もっともイカサマですがw)

玩具はプロールやストリークのリカラー品で俗に言うプロール型。
トリコロールカラーのレーシングカーである事から3体の中では最も派手で目立ちます。
またプロール型の難点だった表面のベタつきは解消されているようですが、相変わらずサイドカバーが外れやすく、変形時は取り外した方がストレスなく変形させれます。





ロボットモード
形状自体はストリークやプロールと変わりありませんが
トリコロールカラーという派手なカラーリングのおかげで独特な存在感を放っています



頭部近影
後頭部に光を当てると目が光る集光ギミックつき


アクションポーズもストリークやプロールと同様、よく動きます
個体差もあるかもしれませんが、私のは間接の保持力が一部弱かったです


プロール型オートボット全員集合!
さすがにスモークスクリーンは目立ってます
違いはカラーリングと一部の外装のみですが、こうして3体そろえると達成感に満たされます




ビークルモード
昭和センス大爆発のカラーリング…でもそれが良いw
ストリークやプロールは触るとベタつきましたが、スモークスクリーンは大丈夫みたい


プロール型オートボットのビークルモード
ストリークは一般車、スモークスクリーンはレーシングカー、プロールはパトカー
ちゃんとバリエーションが揃っていて面白いですね

ちなみに変形プロセスはプロールやストリークと同じなので省略しました


旧製品も既存商品のリカラーで発売されていましたがリメイク版もリカラーで揃えられました
サンストリーカー組とあわせると、サイバトロンオートボット部隊も面子が出揃った感じ

無論、未だ未登場のままシリーズ完結を迎えてしまったキャラがいるのは残念です
映画第2弾シリーズが落ち着いた頃にまた復活してくれる事を祈ります

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事