悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! D-07 航空参謀 サイクロナス

2009年02月02日 | トランスフォーマー

2009年1月発売、定価2310円。
アメリカで1986年に公開された劇場版アニメ「トランスフォーマー・ザ・ムービー」にて登場したデストロン軍団新航空参謀のリメイク品。
サイバトロンとの最終決戦で負傷した航空兵スカイワープが、ユニクロンの力によって転生した姿で、暴君と化していくガルバトロンに忠誠を誓っていた。
しかし、「ザ☆ヘッドマスター」以降はガルバトロンに対する忠誠心は失われ、部下のスカージと共にゴマすりキャラに成り下がってしまっている…。

今回の玩具化でターゲットマスターが付属しているが、「ザ☆ヘッドマスター」では、彼がターゲットマスターの一員であるという描写はなかった。
当初は彼がデストロンのターゲットマスターのリーダーという設定があったのだが取りやめになった為だ(なお、スカージもターゲットマスターに加わる予定だった)。
しかし海外では玩具が発売されており、パートナーの名前も「ナイトスティック」だった。

海外で発売された仕様の玩具がリメイクされて日本で発売されるまで、なんと22年の月日が流れた事になる…。




1986年に初めて玩具として売り出される事になった時
なんと変形する事を考慮に入れていないデザインのトランスフォーマーを
変形玩具として作れと商品開発部に吹っ掛けたそうである
サイクロナスもその一つで、当時の担当者は非常に困惑したらしい

それでも何とか変形できるように作られたのだが
当時の技術では相当無理があったらしく、優れた変形機構と引き換えに
ロボットモードのプロポーションを犠牲にしてしまった残念出来となってしまっている

あれから23年…よくもまあ、ここまでカッコよく出来たもんだ




初代玩具で犠牲になったのはプロポーションだけではない
無論、可動範囲も相当犠牲になっている
もっとも当時の技術力ではアクション重視の変形ロボットを作るのは困難だったし
子供向けの玩具にアクション製を追求する考え自体がなかった時代なので仕方ないわけだがw

それが、ここまで動かせるんですよ…すげ~な20年以上の歳月w
これがG2シリーズからビーストウォーズ時代に確立され追及された
動けるロボット玩具の進化系ですよ


冒頭でも触れたサイクロナスのパートナー、ナイトスティック
本来、「ザ☆ヘッドマスター」でサイクロナスのパートナーとして登場する予定だったけど
設定変更でお蔵入りになっちゃったキャラ
もっとも海外では玩具が発売されていたんだけどね

なお、同じくお蔵入りになったスカージのパートナーはフレイカスって名前だそうです


ナイトスティックの可動範囲
さすがに膝は曲がりません…腕も横には広げられません


サイクロナスとナイトスティックの身長対比
ナイトスティックはマイクロンとほぼ同等な大きさです
乗り物に変形するか武器に変形するかの違いですね

そういやマイクロンの中にも第3形態として武器に変形するのもいましたが
ターゲットマスターの特性を引き継いでいるともいえますね
つまりターゲットマスターはマイクロンのご先祖様だったんだよ!


まずはナイトスティックの変形から…解説する必要がないほど簡単な内容ですがね


ターゲットマスターを装備したサイクロナス
残念ながらアニメではこのような雄姿を見る事が出来ません
変形版サイクロナスは没になった「ザ☆ヘッドマスター」に「2010」の性格を付け足したものですね


変形したナイトスティックを背中にマウントする事もできます
これはビークルモード時のギミックを流用した形になります


さらに変形ギミックを流用した発想として両手を火炎放射モードに変形させるというのもあります
無論、非公式の遊び方ですが、サイクロナスはこれ以外にも
遊び手のアイデア次第で幅広い楽しみ方が出来ます


それではサイクロナストランスフォーム、ギゴガコキッ!
まず頭部を180度回転
手首を収容し、スライドさせながら腕を肩に引っ込めていきます


そして翼を広げて溝に当てはめて固定します
次につま先をたたみ、スネを前後に「クパァ」と開きます
「クパァ」と単語に反応した大きなお友達は萌え玩具レビューのページにでも飛んでください(コラ


スネで太ももを覆うようにかぶせたら一先ず下半身の変形は完了です
次に肩を外してジョイントの軸をクルッと半回転
さらに腕も半回転して写真の状態にしたら、足のジョイントに差し込んで固定します


最後は背中のカバーを開いて機種部分を取り出し顔を覆うように展開します
先端のレバーを使って先っぽを延ばし、ライディングギアを取り出して変形完了です





どうです、この見事な変形!?
ロボットモードとビークルモードのスタイルを損なう事なくアクションまでこなすという
23年前では考えられない玩具サイクロナスの姿です

今のお子様は幸せ者だ~…と思いましたが現実では大きなお友達によって
即日完売で子供の手には行き届いていないような気がします(^^A
まあ、私もその諸悪の一員ですが;;

…チータスならまだ店頭で見かけるんだけどね


ビークルモードでもターゲットマスターを取り付ける事ができます
まあ、仕方ないといえば仕方ないんですが、あんまりカッコいいとは言えません


理想はこの状態でしょう
構造的に固定する事は不可能なんですけどね…乗せるだけならできない事はないです


サイクロナスはユニクロンによってスカイワープとインセクトロンのポンプシェルが転生した姿
当初は二人いたんですが、いつの間にか一人になっていました
作画ミスの多い作品でしたので、あんまり気にする事はないんですが
私の脳内ではサイクロナス=スカイワープという事になっています

ポンプシェルが転生した幻のサイクロナスは、海外版で補うと面白いかも?
サイバトロンと比べて頭数の少ないデストロン軍団なので
それくらいの焼き増しはしてもいいんじゃないかとw

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事