悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! C-09 戦士 ランボル

2008年11月15日 | トランスフォーマー

2008年10月発売、定価2310円(税込)
先月発売されたサンストリーカーの仕様変更品。サンストリーカーとの違いは「カラーリング」「頭部が新規造形」「ロボットモード時での胸部パーツの向き」をはじめ、サンストリーカーに付属していたブースターパーツがオミットされていたり、ナンバープレートに「LAMBOR」と刻まれているなど変更点は数多く存在する。が、基本的にサンストリーカーと同じ構造となっており、真新しさはない。

同時に発売されたストリークもプロールの仕様変更品という事で、ライバル役として同時発売されたオクトーンと比べると、どうしても敬遠されがちという損な立場になってしまった…。もっともスタースクリームのリカラー品であるサンダークラッカーやスカイワープ、ラムジェットのリカラー品であるダージとスラストが揃って限定販売品で正式ラインナップから外されているという事を考えれば、恵まれた方である。
さらに海外では発売されているバンブルのリカラー品であるクリフが日本で発売されていない事も添えれば、正式ラインナップに加えられただけマシとも取れるだろう;





■クルッと回って1回転■
商品はサンストリーカーの仕様変更品ではあるが、胸部パーツが前後逆だったり
頭部が新規造形による物、照明弾ランチャーが肩に取り付けられるなどという違いから
ストリークとプロールの関係と比べれば、しっかり差別化されているといえる


■頭部近影■
頭部は新規造形で、しっかりG1キャラを意識した作りになっている
後頭部から光を当てればカメラアイが光っているように見える集光ギミックを装備



■アクション■
廉価版バイナルテックと言ってもいいくらい変形とプロポーションの両立を保ち
可動範囲も広く確保されている
多少、苦しいところもあるが、肩膝立ちも十分に可能
武器である照明弾ランチャーは、もちろん手持ち武器として持たせる事ができる


■サンストリーカーの仕様変更品■
基本構造はサンストリーカーとまったく同じ
胸部パーツが前後逆なだけで変形ギミックはサンストリーカーとほぼ同様で写真のような事もできる
(無論、手の向きは逆になってしまうが…)
その為、変形ギミックに関してはサンストリーカーのページを参照してもらいたい





■ビークルモード■
ブースターパーツがないだけで、サンストリーカーとまったく同じの外見


■サンストリーカーのブースターパーツを装着■
基本構造は変わっていない為、ブースターパーツを装着する事もできます


■サンストリーカーとのツーショット■
こうしてみると、本当に色が違うだけの同系車種
一応、兄弟という間柄で元ネタでも同じ車種(ランボルギーニカウンタック)がモチーフですが
旧玩具だとランボルはサンストリーカーのリファイン商品だった為、まったく異なる構造でした


サ「おい、ランボル!こっちは近道じゃなかったのかよ!?」
ラ「いや、待ってくれ…この崖を突き抜ければ目的地まですぐの筈なんだ;」
ス「サンストリーカ、ぼやいてないで瓦礫をどけるのを手伝ってくれ」

ランボルといえば、確か両手が削岩機に変形して救助活動や崖を掘り進む時にも活躍してましたが
さすがにそんな気の利いたギミックはありませんw
一応、サンストリーカーの武器も持たせて、それらしい形にはなるとは思います;

というわけでランボルでした
サイバトロンは小兵揃いで、デストロンほど強力な戦闘力を持ったメンバーは少ないのですが
ぞれぞれがいい味を持ったキャラクターであり、数を揃える事で華も咲きます
しっかり買い揃えてアメリカンコメディーを展開してあげましょうw

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事