悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! D-05 輸送兵 デストロンオクトーン

2008年11月14日 | トランスフォーマー

2008年10月発売、定価2310円(税込み)
トリプルトロン第2弾(第3弾はあるのか?という疑問はさておきw)は、ガンシップとタンクローリーの2形態に変形する事が出来るオクトーン。同月発売のランボルとストリークは、前月発売のサンストリーカーとプロールの仕様変更品である為か、今回の目玉商品として注目度が非常に高かった。
特にロボットモードとガンシップモードのクオリティは高い。
しかしロボットモード時では首が短すぎる為、頭部が胴体にややめり込んでしまっているという印象が強く、それを解決する為に一度分解して首パーツと胸部パーツの間にワッシャーを挟むという手間を要する。
今回は、首のプチ改造を施してから撮影しているため、実際の商品とは見栄えが大きく違う事に注意していただきたい。




■クルッと回って1回転■
肩のデザインがアニメと違うくらいで、全体的にスタイルが整った逸品
脚部に取り付けた手持ち武器は、取扱説明書には記載されていない雪月花オリジナルのもの
このように普段使わない時は足に取り付けておけるので部品を失うという事はないです


■頭部近影■
プチ改造を施して首を長くした状態
使われていたネジをそのまま使っても大丈夫なのですが、念の為に少し長いネジに差し替えています
旧玩具でも顔の出来栄えは良かったのですが、リメイクの今回もかなり出来がいいです


■火炎放射器■
手持ち武器は火炎放射器
2丁拳銃のように両手に持たせる事が出来ますが合体させる事も出来ます



■ツインブレードシールド■
旧玩具にはなかったオリジナル武器
シールドとして使えるだけではなく展開することで双剣にもなります
また、大鋏の様に敵を挟んで攻撃する武器にもなるというマルチウェポン



■ロボット→ガンシップへの変形■
無理のない変形プロセスで、なおかつ単純だったりします
ただ、首を引っ込める時に胸パネルを一度閉じないと引っ込める事が出来ず
破損しやすそうなおっかない構造だったりもします;







■ガンシップモード■
旧玩具ではジャンボジェット機風でしたが、今回はミリタリー色が強くなっています
でもデストロンらしいといえばデストロンらしいかも?
まさに輸送兵って感じです




■ガンシップー→タンクローリーへの変形■
旧玩具では完全変形が不可能という仕様でしたが、現代の技術力により完全変形を再現!
90度向きを変えるという、なかなかアクロバティックな変形ギミックです
実はシールドを取り付けたままの変形が可能







■タンクローリーモード■
完全変形という念願を達成したのですが…これタンクローリー?
かなり無理のある主張ですw
真正面からみたら、ガイコツっぽく見えるわ、真後ろから見たら機首が丸見えだわ…;
真横から見たら、なんとなくタンクローリーかなというレベル
ちなみに「スタースクリームの幽霊」で見せたような中途半端モードは無改造ではできません


「よう、何をおびえているんだ?オクトーンw」
「ひぃ、お前はスタースクリーム!?」
パワーグライドの胸部パネルの下にハートマークを付けるようなサプライズをするくらいなら
スタースクリームに怯えていた中途半端モードも用意してほしかったなw


というわけで、トリプルトロンの二人が揃いました
ジェットロンも6体揃えさせたんだから、ブリッツウイングも出してほしいですね
まあ、3人揃って共闘したような事ってほとんどなかった記憶がありますがw

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事