悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! C-07 戦士 サンストリーカー

2008年10月01日 | トランスフォーマー

2008年9月19日発売、定価2310円(税込)。
ナルシストで人間嫌いなサイバトロン、サンストリーカーが変形シリーズに登場! 付属のコミックでもG1時代の設定が生かされていてニヤリとさせられましたw
カーロボットタイプでは、高い変形難易度を持っていながらもアクション性にも優れた逸品です。

発売前から期待していたアイテムだったのですが、最寄のトイザらスが1週間経っても入荷せず、店員のあいまいな返事にも我慢しかね通販に切り替えて購入しました。その為、購入が大幅に遅れてしまった上に、少々、高く付いてしまいました;
まあ、スカイワープやサンダークラッカーのぼったくり加減と比べれば安いもんですがw
そういえば、付属のコミックでは一般販売されていないサンダークラッカーが紹介されてました。


今回のパッケージは津島直人先生のイラスト入りです




まずはロボットモード
プロポーションは良好、カッコいいです
当時のアニメを思い出すほど初代に準じたデザインとなっています


武器は子供の玩具らしくメッキ仕立て…年が流れるにつれて剥がれていくんだろうな~w


ビークルモード時では屋根に取り付けるエアダクトは、ロボットモードでは背中に付け直すようになっています
そして写真のように可動するんですが、取説には特に記述なし…



バイナルテックに近い複雑な変形機構を有しておきながら可動範囲も広めです
特にストレスなく思い描いたポーズをガシガシとつけることが出来ます
また、足首の可動範囲も広く、接地性にも優れています


胸のボンネットを半回転させると、それに連動して首が引っ込みます
腕の収納の複雑さはバイナルテック並ですね
ビークルモードへの最後の仕上げ、パーツとのかみ合わせが少々やりづらい感じで
下手に力を入れると壊れそう…構造をよく把握して力の入れ加減を覚える必要があります




ビークルモード
ランボルギーニ・ガヤルドをモチーフとした架空のスポーツカーに変形します
パーツとのかみ合わせがやりづらい反面、はまるとしっかり固定されるので
ビークルモードの見栄えは非常に良い感じ


エアダクトを取り外した状態


メッキ処理は武器の他にエアダクトやウイングに使用されています


先に発売されたバンブルやリジェと比べると背も高くボリュームもあります
なんていうか、変形というよりはお子様用のバイナルテックみたいな感じ

というわけでサンストリーカーでした
入手には一悶着ありましたが無事確保できてやれやれ
そしてこんないい物を1週間以上おあずけ喰らっていたとは…
今回のトイザらスの対応にはガッカリですよ;

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事