Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

スマホゲーム依存症(2回目)

2018-08-28 14:32:28 | 本-その他
スマホゲーム依存症』を再度読みました。
私の場合スマホゲームは「どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)」しか遊んでいないけれど、これは依存症になる可能性が高いと感じます。このゲームも基本的には無料で遊べますが、課金すればレアなアイテムが入りやすくなるので楽しさが何倍にも増すことでしょうね。それに頻繁にアップデートがあるから、終わりなく遊べます。最近、「ポケ森」もイベントが随分増えて、忙しいくらいになってしまいました。ちなみに私は自宅内でのみ遊ぶと決めていますし、課金はしていないし、長くても1日30分くらいしか遊んでいません。
本書では「いつでも、どこでも」がかなり強調されていますが、本当にそのとおりです。スマホは生活上欠かせないものとなっていますし、常に繋ぎっぱなしになっています。電車の中だろうと待ち合わせ中だろうと、ちょっとの時間さえあれば、いつでも遊べてしまいます。ホント、アルコール中毒やギャンブル中毒よりもたちが悪いです。
スマホゲームそのものが悪いとは言い切れないけれど、依存症にならない程度に上手に付き合っていきたいですね。

スマホゲーム依存症
クリエーター情報なし
内外出版社
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« amazon 世界最先端の戦略がわ... | トップ | テレビ最終戦争 世界のメディ... »
最近の画像もっと見る

本-その他」カテゴリの最新記事