Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

平成30年度第1回日本語検定1級

2018-06-09 20:35:20 | 日本語検定
今日、2年ぶりに日本語検定1級を受検してきました。昨年度も申込みはしたのですが、2回とも欠席してしまいました。
試験会場はいつもの某大学。受検番号の下4桁がまたまた「1001」でしたので、当然端っこの席でした。3級、5級、7級の受検者と同じ教室で、1級は8人。7級は小学校低学年くらいの男の子1人でしたが、そんな年齢で検定試験を受けるなんて偉いですね~。
試験はやはり難しかったし、「準認定」も取れないでしょうね。今回も問題傾向が多少変わりました。ホント、この試験だけは完全な試験対策なんてないです…。
実は今朝になって急に緊張し始めたのですが、お昼のサブウェイのサンドウィッチを食べたら緊張しなくなりました。会場に着いてからも行き帰りのバスの中でも落ち着いていました。おそらく検定試験でこんなに緊張しないのは久しぶりではないでしょうか?もしかしたら既に「諦めモード」だったのかもしれません…。

さて、今回の試験を振り返ってみると、やはり…

♪♪検定試験は楽しい♪♪

の一言に尽きます。たしかに緊張はしますが、その緊張感を楽しめることがいいんでしょうね。それだけの経験ができるのだから、やはり受検料6,000円を払う価値はあります。過去問を買って問題を解くこともできますが、本番とは全く違います。
次回の試験は11月10日(土曜日)ですが、おそらく受検するかと思います。取り敢えず今晩はゆっくり安んで、明日に備えます。
ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんばりすぎるあなたへ 完... | トップ | 話しことばの花束 »
最近の画像もっと見る

日本語検定」カテゴリの最新記事