Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

謹賀新年2019

2019-01-01 20:53:05 | 日記・エッセイ・コラム
明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いします。

今回も母と一緒に、某商業施設で「カルディ」の食品福袋の整理券を無事にゲットできました。極暖ヒートテックに長めのダウンコート、お腹と腰にカイロと「完全防備」したつもりでしたが、それでもお店の外で待っていたのは寒かったです。朝8時過ぎに到着したのですが、整理券を受け取ったのは9時ちょっと前。
近所にはここの店舗以外に某ショッピングモールにもカルディがあって、そこの福袋の整理券が取れなかった人がこちらに流れ込んだ様子。そこは朝8時に配布予定だったようですが、7時半の時点でなくなったそうです。

お昼前に中学2年生の姪が自宅に来ました。本当は小学校6年生の甥も来る予定でしたが、妹と旦那さんとともに風邪を引いてしまって来られなくなりました。旦那さんも自宅近くのスタバまでは来ていたのですが、すぐに帰ってしまいました。何と旦那さん、スタバの福袋のネット抽選に見事に当選したとか。どのくらいの倍率かは分かりませんが、相当高かったと思います。
そして母と姪と私の「英検トリオ」で、某商業施設内のとんかつ屋さんでゆっくりランチタイム。その後は自宅で休憩をしました。

大体年末年始は風邪を引くのですが、今回は乗り切れたらいいと思っています。特に甥は来月に中学受験を控えているので心配です。

それにしても、甥が昨日の大晦日に母と電話した時の…
「今年もお世話になりました。明けましておめでとうございます。」
というのが気になる…。一応今年の4月から中学生なのですが、かわいいやらそれとも心配やら、ちょっぴり複雑な思いです。

取り敢えず、今年も平穏な1年になるといいですね。
ジャンル:
きいてきいて
この記事についてブログを書く
« 2018年大晦日 | トップ | 3人揃ってインフルエンザ »
最近の画像もっと見る

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事