Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

子どもと本

2018-03-31 11:44:31 | 本-その他
図書館から借りた『子どもと本 (岩波新書)』を読了。
本書では著者の子ども時代の本との接し方、子ども向けの本の選び方などが書かれています。今の子どもたちは本を読む機会が少なくなっているでしょうが、やはり質の良い本をたくさん読ませてあげたいですね。
図書館についてもたくさん触れられています。幸い私の子ども時代の場合は図書館が徒歩圏内にありましたし、恵まれている方ではないかなと思います。しかし全国的にはまだまだ図書館や子ども向けの本は不十分のようですね。
これは子どもの本とは限らないのですが、一昔前は図書館の本1冊借りるのにもかなり面倒だったようですね。今のようにバーコードでピッと言うわけにはいかなかったようです。それと図書館内で読むのが原則だったようですし、開架式ではなかったそうです。そう思うと随分図書館も変わったものです。
巻末には本書で挙げられた本や人、昔話の本が載っていますので、参考になるのでは?

子どもと本 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« しっくりこない日本語 | トップ | 多動力 »
最近の画像もっと見る

本-その他」カテゴリの最新記事