シュノーケリングの旅 

 by オススメ・おでかけ・レストラン

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

珊瑚礁の海 ・ 2

2007-12-13 16:12:26 | 旅行記

マーシャル諸島の、マジュロへは、現在、JALの直行便が、
不定期に、運航されていますが、

定期便では、コンチネンタル航空で 日本からグアムへ
グアムから、 コンチネンタル航空 アイランド・ホッピング便で、
グアム→チューク→ポンペイ→コスラエ→クワジュリン→マジュロ へと、
気の遠くなるような、消耗戦の末、たどり着く事ができる 
サンゴの王国が、マーシャル諸島共和国です。

この、アイランド・ホッピング便は、グアム⇔ハワイ間を 
毎週 3往復 程していますが。  
当然、途中 5回も、着陸して 島に 立ち寄る訳ですから、
乗客も、島ごとに 入れ替わる事になります。

ここで、当然のように、出てくる問題が、オーバー・ブッキングです。
ひどい時には、10人近くも、搭乗出来ない 事もあるそうです。
なにしろ、週3便ですから、次の便は 早くても
2・3日後になってしまいます。

これは 大問題!! と思いきや、
比較的、簡単に 片が付くようなのです。
何しろ、搭乗客のほとんどは、南の島の住人ですから、
次の便の 航空券と、現金の額によっては、
簡単に、降りてくれる方が 現れるようです。

ちなみに、あまり降りてくれる 人が、いない場合は、
機内で、競りに賭ける事も あるそうですが。
500~600ドルもあれば、
降機、希望者が多数、出て来るようです。

なにせ、あまり時間に 追われていない、
南の島の、住人達の 事ですから、
2~3日なんて、 なんてこと ないのかもネ!

オススメ・おでかけ・レストラン

おてごろ・オススメ・食べ歩き

ショップ・ヴィガロス

マーシャル・マジュロ送客No1海外ツアー会社-クルーズアンドアイランド

コメント (3)

珊瑚礁の海  ・ 1

2007-12-06 10:48:02 | 旅行記

以前、訪れたボルネオ島・コタキナバルの
シャングリ・ラ・タンジュンアル・リゾート では、

毎朝、レストランでの 豪華な 朝食が、頂けました。
そんな、朝食と共に 印象に残っているのは、
毎朝 仮装したコメディアンが、
ゲストに声を かけて楽しませていた 様子です。
赤ちゃんの 格好をして、食事をゲストに オネダリしたり、
ウエイターの衣装を着て、おどけてみたり、サービス精神旺盛に
楽しませてくれました。

なかでも、おかしかったのは、
料理長に、変装した コメディアンが
ゲストの テーブルを、回りながら
ゲストを からかったり、おどけてみせたり、していました。 が、しかし!

あまりにも、料理長らしく 見えすぎて しまったのでしょう・・・
ゲストも 本物の コックさんと 思い込んでしまい
コメディアン扮する 料理長に、
料理の美味しさを 褒めたり、感謝したり、しだしました。

そのうちに、偽者であることを 言い出すタイミングを 逸したのか、
引っ込みが、つかなくなってしまい
ギャグをして、 ゲストを 楽しませて 回るはずが、
いつの間にか、本物に なりすまして、
真面目に ゲスト達の 接客を、する羽目に!!
近くにいる ホテルスタッフは、笑いを堪えるのに 必死で、
遠くで 様子を観ていた、スタッフは 腹を抱えて 大笑い!

その時の、コメディアンの 
なんとも バツの悪そうな、 引きつった 笑顔が、
今でも、忘れられません。


おてごろ・オススメ・食べ歩き

オススメ・おでかけ・レストラン

ショップ・ヴィガロス

【おとなの週末お取り寄せ倶楽部】スタッフ太鼓判商品お取り寄せ

コメント (5)

南の島のレストラン  FIJI  トレジャー・アイランド

2007-10-11 17:33:22 | 旅行記

フィジー・ヴィチレヴ島から、船で、約40分の 場所にある、
 トレジャー・アイランド・リゾート  の、
レストラン・エレブカ

宿泊者が、
主に利用する、メイン・レストランです。

朝・昼 は、ブッフェで、
 夜は、テーマ・ブッフェ か、コースメニュー。

シンプルで、綺麗な料理です。味もなかなかです。
全体的に、肉料理より、魚料理の方が、オイシイかも。

デザートも、南の小島とは、思えないほど オシャレです!

島の周辺の、海の様子は、また、あとで・・。

オススメ・おでかけ・レストラン

ショップ・ヴィガロス

ヒルトン東京ベイ-東京ディズニーリゾート オフィシャルホテル
コメント (2)

楽園リゾート気分 成田空港

2007-10-07 00:19:52 | 旅行記

成田空港の 第二ターミナルビルで、チェックインを済ませ、
出国手続きを終えると、いよいよ、旅の始まりです。
そこに、第一ターミナルの、  ナリタ・ナカミセ  につづいて
免税店モールの、 ナリタ・ゴバンガイ  がオープンしていました。

ちょっと、見ぬ間に、ゴージャスに変身です。

見晴らしのいい、大きな窓の カフェもオープン!
旅気分も、グッと、盛り上がります。
そして、今回の、目的地は・・・

 南の島へ、出発です。

オススメ・おでかけ・レストラン

ショップ・ヴィガロス

コメント (2)