【愛される女のコミュニケーション~書くこと、そして行動力~】  おはようございます。 ヤザワユキです。

本・潜在意識・音楽・声・言葉・日々のこと

ファンの皆様へ
お返事が出来ない為ごめんなさい&いつもありがとう!

②卒業式~・・・えっ。この子じゃなくて、あの子なの!?~それぞれの想い☆長い一日(お昼)

2016-03-31 06:26:05 | 音・声・電話・ラジオ・会話・コミュニケーション
<男友達と私との会話・教室にて>

男友達「これを、あの子に」
私「わかった」
男友達「・・・見てもいいよ(照)」
私「じゃあ、見る(笑)いい?」
男友達「うん」

私は声は出さないように黙読した。

(・・・えっ。)

私「・・・えっ。この子じゃなくて、あの子なの!?」
私は小声で言った。
男友達「うん(照)」



人の好みなんて分からないものだね~。

当時、彼には何人かの彼女候補がいた。(噂になった子ね)

一際目立つ子が、スゴク積極的で可愛い彼女だった。

だけど・・・

あの子・・・

確かスヌーピー似てる子だった。
あの子も噂がだったけど、すぐに消えちゃった子だったなぁ。

私はキャラクターの中で唯一好きだったのが「スヌーピー」だったのでよく覚えています。

*****

スヌーピーは笑っているからね。

①卒業式☆野球部で優しかった彼☆それぞれの想い☆長い一日(お昼)

2016-03-30 09:01:31 | 音・声・電話・ラジオ・会話・コミュニケーション
卒業式の日。

野球部の彼は忙しかった。



私とはトモダチです。

そんな彼が卒業式の日に机に座って恥ずかしそうに何かを書いていた。

私はイワユル橋渡しです。

<思わず彼との事をちょっとフラッシュバック>

中学校時代に京都へ修学旅行に行った時、スゴク積極的で可愛い女の子がいた。
私とこの子は列から離れてしまい、清水寺に行く途中で迷子になったんだけど。。。

そんなことは置いといても。

修学旅行に行った時、彼女は巾着袋をあげていて、それを持って来た野球部の彼。

また別の日。

こんどはダブルデートで映画に行った。(可愛い彼女と野球部の彼ともうひとカップル)

*****

傍から見ていた私はてっきり“そうゆう事なのかな~”って思っていた。

春うらら♪ 絶対恋愛術・P136㌻~②~

2016-03-30 06:51:39 | 
『大胆に言い切って、希望は具体的に書こう』



男性が書くラブレターと、女性が書くラブレターでは、かなりの違いがあります。

男性のラブレターは、得てして「露骨で単純」になりがちです。

たとえば、こんな感じです。

「ずっと~」

*****

矢沢雪の絶対恋愛術でP136㌻の一文です。

「ずっと~」の一文。

この人は単純ではあるけれど、露骨ではありません。

これは本当の話です。

男友達と私との会話です。
~~~~~~~~~~

野球部所属。

目がクルクルっとして、優しくって、スポーツマンで、頭も良かったし、スゴク、モテる人でした☆

④5枚の写真の2枚目~3枚目☆外野手

2016-03-29 13:31:50 | カード・ハガキ・お手紙
2枚目は“まるで綺麗なハガキ”だね。

外野手が気になる言葉です。



・“がんばろう日本”GIANTSのキャップ
バッターボックスに入る甥っ子。

・『打つ』
後ろに大人たちのベンチ。
打球が正面からやってきて、ココ一番って写真・1枚

・『投げる』
外野手としての姿。

3枚目はいいよ、この顔。空港の顔。一番自然に笑っている写真だね。
靴がスッゴク大きいね~。

・空港でGIANTSのユニフォームを着ている全身写真・1枚。

裏・次男・H27・12月

③5枚の写真の1枚目~えっ!? ジャイアンツファンじゃないの?~

2016-03-29 07:12:25 | 男と女
<妹の字は非常に綺麗な字・次女・5枚の写真>



1枚目・裏に次男・宮崎SOKKENスタジアム
1枚目・表・・・。

<私がドライアイ為、〇君に写真を渡す。>

私「大人の人と子供の人と、それは分かるんだけど・・・」
〇くん「・・・9番。たいちゃん」
私「・・・スゴイ! なんで?」
〇君「雰囲気。あと、たいちゃん、いっつも笑っているよ」
私「ホントだ! たいちゃんは笑っているね!」




<再びK君と私の会話>

私「なんか・・・。たいちゃん、ジャイアンツびいき?」
K君「えっ?」
私「5枚中、3枚がジャイアンツのユニフォーム着て・・・」

K君「ううん。違います。ジャイアンツとか、アイツは一切関係ありませんよ」

私「えっ。ジャイアンツファンじゃない?」
K君「はい」

私「・・・?? たいちゃんはジャイアンツのタオルとか、写真だって、数枚ジャイアンツのユニフォーム着て・・・」
K君「でもジャイアンツファンじゃないですよ」

*****

1枚目は甥っ子・グラウンド・黒板・地面の土の香りです♪

イヤだった〇□△甲子園

2016-03-28 08:45:19 | 
私「・・・甲子園」
〇君「知ってる!! 熱闘甲子園だろ!!」



私「それかな? 違うかな? 分かんない。分厚い本で・・・10代の頃。
カラーサイズで・・・いきなり出た事あったけど・・・。私、買わなかったなぁ。
カメラマンが勝手にとって・・・。私、スゴク、イヤだったし。。。

応援団がいて、チアガールがいて、私は生徒で・・・。

選手が“カーン”って球を打った時、
その時私、撮られて。
パシャって。

写真を勝手に。。。私だけ履歴書サイズだし。。。

・・・とにかく
勝手に出されたのが、イチバン、イヤだったからネ。



<関係ないけど>

今、私の卒業式の事を書いてるけど(その当時の青春・中三)と
甥っ子(母親からしたら、初孫=たっくん)が、今年から中三。

感慨深いモノがあるよね☆

卒業式☆私はおっちょこちょい☆それぞれの想い☆長い一日(お昼)

2016-03-28 04:38:35 | 男と女
私はおっちょこちょい。
おっちょこチョコレート。
自他ともに認めている言葉です。今もそうですから。(笑)



卒業式の時、ブーケって言うか、花束がどっかいっちゃって・・・。

廊下で、ない、ない、ない!! どうしよう~っていってたら

後ろから同じクラスの男の子が、トントンって肩を叩いた。

*****

男性「はい」
私「えっ」
男性「あげる」
私「・・・いいの?」
男性「うん。花になんか興味ないから、いいよ」
私「ありがとう

*****

スゴク優しいと思ったなぁ。

背の高い男の子だった☆

卒業式☆冷静で、プライドが高い人、無口な彼☆それぞれの想い☆長い一日(夜)

2016-03-26 08:08:21 | 気づく
それから「お別れ会」みたいのに参加した。
どっかのお店で。


会が終わって。。。

*****

ふと見るとそこにはプライドが高い人、無口な彼が
「送ってくよ」と立っていた。

方向が全然違うのに、初めて送ってくれた彼。

私は嬉しかったのを覚えている。

そういえば、教室で告白されてたなぁ。プライドが高い人、無口な彼が。

頭の良い、積極的な彼女が告白してたけど、彼は「ごめん」って感じで断って。

色んなことあるよねぇ。卒業式ってさぁ。



その日は夜から雨が降ってきた。

中三・卒業式の夜。

春の雨。二つの傘。

初めて送ってくれた彼。

彼とは小学校から22歳までの間、細く、長く、男友達として続いたのです。

たった一人の男友達。

でも、〇くんが登場してからは(夫)、疎遠になった。

当たり前だけどね。

卒業式☆一途な第二ボタン☆それぞれの想い☆長い一日(お昼)

2016-03-26 06:15:22 | 気づく
中学の卒業式の思い出。



この日は長い一日だった。

私の好きな人はサッカー部でスゴク、モテる人だった。

制服のボタンが全部なくなるような人だった。
ファンが(取り巻きが)凄くて。
階段の踊り場でファンがキャーキャー、ビービー言ってたなあ。

私は遠巻きで、ただ見てるだけだった。

事実、見事にファンにボタンを剥ぎ取られた。
ただし第二ボタンだけは堂々と着けていた。

誰にも渡さなかったのを記憶している。

*****

彼は非常にハッキリしてて。

第二ボタンだけは、その中に(ファン)の中には
このなかに、僕の好きな人はいないよ」って、アピールをしてた人でした。

一途だね。彼。

あの頃の私は消極的でした。

言えそうで、言えない、青春の思い出です☆

④焼き鳥屋☆備長炭

2016-03-24 11:12:52 | 音・声・電話・ラジオ・会話・コミュニケーション
有線から小さく近藤真彦の「大将」が流れていた。



〇君「オレ、マッチ好きだったなぁ~。近藤真彦。“マッチで~す”みたいな」
私「私はトシちゃん。あの三人でいえば、今は、まぁ、マッチかもね。古いなぁ~。しかし」

<再びメニューへ戻ります>

季節のアイス(柚子のシャーベット)

レモンサワー
青りんごサワー

~途中で有線から小さく松田聖子の「天国のキッス」が流れていた。作詞:松本隆

黒糖濃酵梅酒を2つ、飲んでいた。
杏露酒(ソーダ割り)

*****

・ドリンクが半額だった。
・お通しがなかった。


この二つ、大きいよ。

*****

ご馳走様でした☆