幸隆の国からー0

歴史の跡、豊かな自然、いい湯などを求めて出掛けたときの記録。
あるいは、四季折々、日々の雑感です。

小平+小平が産んだお酒

2021-01-22 | グルメ


北海道、札幌から日本海沿いに北に(100Kmぐらいか?)進むと小平町がある。
「おびら」と読む。
以前の旅行で、海沿いの国道を北上し、「にしん番屋」を見に行ったことがある。
にしん漁が盛んだったころの「番屋」の、往時を知ることができる。

一方、小平市は東西に長細い東京のほぼ真ん中に位置する。
こちらは東京のベッドタウンで、「こだいら」と読む。

小平町と小平市は姉妹都市になっている。
農協のスーパーで、「小平」(おびら)というお酒を見つけた。
小平市の酒販業者の組合が企画し、地域限定販売しているお酒である。
北海道小平町周辺で収穫されたお米を使って、東京で醸造されているという。

暖房の効かないところにおいておくと、冷やしたような温度になる。
吟醸酒にはいい感じである。
外に出ることができないこの時期、おうち呑みを楽しんでいる。


この記事についてブログを書く
« 蝋梅が咲き始めた | トップ | Blogサイトを引っ越しました »
最新の画像もっと見る