YUKI - OMOLOLA

MY DAILY LIFE

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤバい夢

2017年06月10日 20時30分28秒 | Weblog

認知症のハイブリッドである私。常日頃から効果的な認知症予防方法は何?」と思いながら本やネットを注意して見ている。けれど、まだこれと言って有効な手段を見つけていない。血縁者を見ていると、そんなものないのかも知れないとも感じる。あぁ、私に認知症は時間の問題なのかも?


そんな中、突然誰かに「6✖7の回答は?」と聞かれた。しかし答えが思い出せない。小学生でも知ってることなのにアセる。「仕方ない。6✖6=36だからそれに足し算しよう」

ところが計算方法で迷う。計算の目的が思い出せず、36+6か、36+7かどっちをすればいいのか判断できない。そこで、質問に7という数字があった事を思い出し、36+7を選んだ。すると今度は計算そのものができず、十の位が4なのは分かったけど、一の位が2か3かわからない。答えは42か43、どっち??

 

ここで目が覚めた。悲しいような、困ったような、仕方がないような、何とも変な気分だった。テンションは低かった。気分を直すため夢の中の質問に答える。「6✖7なんて簡単よ!えっと・・・」

ヤバい!ヤバすぎる!!目覚めても答えわからん(焦)

血流量が足りないのか、頭がじーんとしている。まぶたも半分しか開かない。「あぁついに来たんだわ、認知症。朝食を食べたら、せめて九九一覧表でも貼って覚え直そう」と決意した。

もともと数字は苦手だ。小学生の頃、友達が「7の段、覚えた」とか「8の段、言える」とか言ってた。私は「九九の後半は前半に覚えたものをひっくり返しただけだから、わざわざ覚えるなんてバカバカしいわぁ~」と勉強しなかった。だから大人になった今でも「くひち」は「ひちく」と言い直さなきゃ63が出て来ない(自分の子供時代を超反省)。

その後、朝のコーヒーを飲むと「6✖7=42」と答えられたので九九は貼らなかった。でも、これで認知症を少しだけ実体験できたような気がする。今回の出来事は「もうすぐですよ」という神様からの事前予告だったのかもしれない。発症前に良いお薬が開発されたらメッチャうれしいんだけどなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ばら園③ | トップ | サブちゃんの必殺技 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それなら私の方が・・・(;_;) (プリくみ)
2017-06-12 08:43:30
あー、歳の差もあるけどきっと私の方が深刻な問題だ~
計算だけに関してはツンの中学(因数分解‥・しかし10年前)までは私もついて行けてたので認知症に関してはさほど関連付けないし、今も買い物の時のレジで必ずおつりをレジスターに負けないよう心の中で戦ってる(笑)
本屋のおばあちゃんも認知症発症後も計算はきちんと出来てたし、それは子供時代の反省の通りでしょう
計算は出来てもお金の払い忘れが怖かったりして

ブログを始めたきっかけは頭の活性化だったけど、思い出せない漢字や語彙の多さに愕然とする日々。言葉もすっと出てこないしー、「あれ!これ!」おばさんです。
おまけに文章もまともに書けないとなると焦ります
体も心も衰え放題。
YUKIちゃまのように若い人達の中で揉まれるのはすごくいいことですよ^^
細やかでもアンチエイジング、がんばりましょう
「あれ!これ!おばさん」なの? (Unknown)
2017-06-12 19:46:04
私は「えっとぉ~、オバサン」ですの。
サブちゃんと話している時によく、「えっと、・・・・」と言っちゃうのよ。するとサブちゃんにすぐ「干支はトリ!」と言い返されます。モックンに「えっとぉ、えっとぉ、・・・。」というと、「南極えっとう隊!」と言い返される。
灰色の脳細胞を持つ私は、脳から口へ行くのもトロトロしていて、「えっとぉ~、」とワンクッションが必要。置かないとしゃべれない。我が家は猫ちゃん達の方がよっぽどしっかりしています。
あのね、 (モックン)
2017-06-12 20:04:15
上のコメント、おねちゃんはお名前書き忘れて(Unknown)になっちゃってるよ!
相変わらずそそっかしいおねちゃんなんだから~!

コメントを投稿