縁鍼灸院 女性の健康ブログ |広島の鍼灸院

広島市・中区・袋町で針灸院を行う女性鍼灸師のブログ。女性の健康、東洋医学、針灸、養生法に関する事など。

胃の不調について

2010-05-03 21:38:07 | 胃の不調
今日は胃の不調についてです。


よくお腹を壊したり下痢になるとお悩みの女性は多いです。

お腹が冷えているという方の胃のあたりを軽くたたくと胃の所がポチャポチャ音がする事がありますが、これは“胃内停水”といい水分代謝がうまくできず余分な水(水毒)がたまっている状態で、冷え症の原因にもなります。

胃の働きが低下し消化吸収がおちてくると、このような胃の不調を感じます。
また、この状態が長く続くと食欲も低下し徐々に体はエネルギー不足となり体力もなくなってくるので元気が出ずパワーもありません。パワーをつけようと無理して栄養価の高い物をたべようとしてもかえって胃腸に負担をかけてしまい食べた物を消化しきれずその未消化物が胃にたまってしまい毒となり色々悪さをします。

胃の不快感と共に、頑固な首肩凝りを持っている方がすごく多いですが、この頑固な凝りが自律神経を圧迫し胃腸の不調を起こしている事もありデスクワークで同じ姿勢で一日中座りっぱなし!という女性に特に多いように思います。

治療は、手足背中にある胃のツボを緩め消化吸収がスムーズに行われるようにしていきます。針が怖いという方には、足つぼ療法を行い胃腸や水分代謝の反射区を手で緩めお腹の動きを良くしていきます。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慢性疲労 | トップ | ホルモンバランスの乱れ »
最近の画像もっと見る

胃の不調」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事