☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

亜人

2017年09月30日 | ★★★++

2017/09/30公開 日本 109分
監督:本広克行
出演:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波 、品川祐、吉行和子、綾野剛
声の出演:宮野真守

DEAD
and
ALIVE

絶体絶命を、生きろ。

STORY:2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる... (シネマトゥデイより)


桜井画門・原作の大ヒットコミックの実写映画化。決して死なない新種の人類“亜人”であることが発覚した主人公が、国家権力やテロを目論む亜人との戦いを描く。監督は『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行。

原作は未読です。佐藤健くんのアクションが見られると思って観てきましたっ。
とてもテンポよく進み激しい作品でした。ドンパチはもちろんテロ攻撃に大勢の人が犠牲になったり、主要キャスト陣によるアクションも見応えありました。

亜人については発祥はアフリカで、決して死なないという情報のみ。ぐだぐだした説明がなくアクション中心に進んでいくので、原作を知らなくても亜人は死なないとわかってるだけで楽しめます。

主人公の永井が交通事故で亜人とわかり、研究施設に監禁されて人体実験されてるシーンはかなりイタイです、、、。腕を切り落とされたり、殺されてもリセットというかたちで生き返るのを繰り返すという....。死なないだけで普通の人間だから血も出てるし壮絶な痛みですよねぇ....ゾゾゾッですわ。

同じ亜人の先輩が助けにきてくれたーと思いきや、永井が仲間にならないとわかると殺そうする。でも死なないんだから無駄だと思うんだけどーと思いつつハラハラしてしまう。亜人同士の戦いなので死んでも生き返りを繰り返すのでどう決着をつけるんだろうと思ってたら、ふとT-1000を思い出しました。じゃあアレでやっつけちゃえばーと思ったら.....。
リセットからの再生の仕方もいろいろあってそんなこともできるんだーとびっくり。それがラストで活きてくる。

死なない最強の亜人でも麻酔銃に弱いのには笑った。眠ってたら何もできないもんねー。
日本にどんだけ隠れ亜人がいるんだ?と思ったのと、永井の妹が病気のわりに元気だったことや、女性の亜人はなぜ実験されないのかとかいろいろ気になる所はあるんだけれど、佐藤健くんのアクションに釘付けだったんでそこは気にしないことにします。

佐藤役の綾野剛くんが良かったですね。人の話を聞かない、容赦なく人をバッタバッタ倒していくのもいいし、無表情の悪役が似合うー。最強の敵でしたね。しかしビルが爆破されるシーンは驚いた、いいのか?
そういえば、佐藤佐藤言われてて、“佐藤は俺だー”ってたけるくんは思わなかったのだろうか 笑。

佐藤vsSATも凄かったけれど、何よりもSATの隊長が高杉亘さんだったのは嬉しいですね。
“踊る”ファンはおおー!!と思ったはず。

また原作ものかーと思ったけれどとても楽しめました。
もし続編ができるなら観たいです!!

鑑賞日:2017/09/30

コメント (12)

スクランブル

2017年09月25日 | ★★★+

【OVERDRIVE】 2017/09/22公開 フランス/アメリカ 94分
監督:アントニオ・ネグレ
出演:スコット・イーストウッド、フレディ・ソープ、アナ・デ・アルマス、ステファニー、ガイア・ワイス

世界の名車、総盗り。

STORY:頭脳派の兄アンドリュー(スコット・イーストウッド)とメカニック担当の弟ギャレット(フレディ・ソープ)は、高級クラシックカーばかりを狙う強盗団。ある日、世界に2台しかない高級車を奪う計画が失敗し、凶悪なマフィアに捕まった兄弟は、敵対関係にあるマフィアが所有するフェラーリを1週間以内に盗むよう命じられる。一流ハッカーや指名手配中の天才スリ、爆弾オタクらを招集し、フェラーリを盗もうとするが... (allcinemaより)


高級クラシックカー専門の強盗団がフェラーリの強奪に挑むクライムアクション。
96時間』などの監督・ピエール・モレルが製作、『ワイルド・スピードX2』のマイケル・ブラントとデレク・ハースが脚本を担当し、テレビシリーズ「ARROW/アロー」などのアントニオ・ネグレが監督。

この日の2本目。
スコット・イーストウッド主演作品が田舎のシネコンで上映されるのは嬉しい限りです。
今回は世界の名車を狙う強盗兄弟の兄。
弟役のフレディ・ソープ共々イケメン兄弟でニンマリ 笑
女性陣も美人さんたちでしたね。こんなイケメン美女が車泥棒とは出来すぎてる 笑

ワイスピ、96時間の製作陣が関わってるとあれば期待してしまいます。
が、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のようなド派手な作品を観てしまうと、普通なアクション作品に思えてしまいます。
普通に面白い感じで二転三転する展開もありがちかも。ちょっと懐かしい雰囲気の作品。
とはいえ、橋の爆破や、お高い車同士のカーチェイスや、どっかーんと火の車(意味違う)になったり、名車が何台も並んで走ってると圧巻でした。

あの真っ赤なフェラーリ.....横っ腹に大きな白い○印。
どうしても日の丸にしか見えない!!!!!

気楽に楽しめるアクション映画。
内容はすぐ忘れそうだけど、キャストは記憶に残ります♪

スコット・イーストウッドはアクションもイケますが、個人的には演技派な方向にいってほしいですね。
何気ない仕草だっり表情だったりがさらに父に似てきましたね。うっとり見てましたーっ

観賞日:2017/09/24

パーフェクト・タイム 100億分の10の奇跡

ロンゲスト・ライド ←お気に入り

 

コメント (14)

スイス・アーミー・マン

2017年09月24日 | ★★★+

【SWISS ARMY MAN】 2017/09/22公開 スウェーデン/アメリカ 97分
監督:ダニエル・シュナイナート
出演:ポール・ダノ、ダニエル・ラドクリフ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

世界が絶賛した奇想天外な
青春・サバイバル・アドベンチャー!!

STORY:無人島で遭難し、死を覚悟していた青年ハンク。そんな彼の前に男の死体が流れ着く。死体からはガスが吹き出しており、思い切ってまたがってみると、まるでジェットスキーのように勢いよく海面を滑り出した。死体はその後も驚くほどの多機能ぶりで、追い詰められたハンクの窮地を救っていく。やがて過酷なサバイバルの中で、2人のあいだには確かな友情が芽生えていくのだったが... (allcinemaより)


無人島で遭難した青年と漂着した腐りかけの死体との友情とサバイバルを描いたアドベンチャーコメディ。監督はミュージック・ビデオで活躍し、本作が長編デビューとなるダニエル・シュナイナート。

「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみのダニエル・ラドクリフくんが死体役!!でびっくりした作品。地元シネコンの傾向としては、MOVIX向けのような思えたけれどダニエルくんのおかげかTOHOシネマズでの鑑賞。

最初から最後まで死体のままのダニエル・ラドクリフ!!

ほとんど自力では動かないんですが、これも怪演というべきかちゃんと死体でした。
顔色は青白いし、腐りかけなのでガスがたまり、たまにプー、ビリビリ音....してます 笑。
ああ、かつては魔法学校に所属してて宿敵と戦った彼が、死体でおならしてます。
しかもたまに口からマーライオンしてます。おしりも出してます (泣笑)

とにかくありえない事づくしで笑うしかない。
死体がしゃべるので、てっきりハンクの妄想かと思っていたけれど.....

腐りかけなのでガスが溜まっててそれはわかるんだけど、なぜかとんでもないガス量で、ジェットスキーのようにスピードが出るのよ 笑。体内にたまった水もマーライオンのように吹き出すこともある。
ポール・ダノ演じるハンクがピンチという時になると、なぜか死体のメニー(本人が名乗った)が多機能ぶりを発揮するという。いつの間にか言葉もしゃべってるし....離れられない2人になっておりました。

腐りかけてたらそろそろどこか肉が落ちても良さそうなんだけど、崖から転がり落ちても川に落ちても肉が落ちない....。エロ本を見てアンテナが動いたり、感情が復活したりと....なんかの魔法にでもかかっているんでしょうかね。

ほとんどがポール・ダノとダニエル・ラドクリフの二人芝居。予告編からするとふざけたお話なのかと思ってましたが、後半からは2人の友情が芽生えてきて最後はほろっとする良いお話になってました。

しかし、最後のおならで泣けるとは、、、

これは....ゾンビの部類になるのかな??

いや、ファンタジーか?


鑑賞日:2017/09/24

コメント (6)

新感染 ファイナル・エクスプレス

2017年09月19日 | ★favorite★

【TRAIN TO BUSAN】 2017/09/01公開 韓国 118分
監督:ヨン・サンホ
出演:コン・ユ、チョン・ユミ 、マ・ドンソク、キム・スアン、チェ・ウシク、アン・ソヒ、キム・ウィソン

生か死か――
終着駅まであと2時間
時速300km超の
ノンストップ・サバイバル!

何があっても、守り抜け!

STORY:韓国の各地で謎のパンデミックが発生し、凶暴化した感染者が次々と増殖蔓延し始めていた。そんな大惨事がすぐそこまで迫っているとは知りもしないやり手ファンドマネージャーのソグ。娘のスアンを別居中の妻に会わせるため、ソウル発プサン行きのKTXに乗り込む。同じ列車には、身重の若い女性とその夫、高校球児とその恋人といった人々が乗り合わせていた。そんな乗客たちの中に、感染者の女が紛れ込んでしまう... (allcinemaより)


高速鉄道KTXの車内で繰り広げられる壮絶なゾンビ・パニック。
謎の感染に直面した登場人物たちによる、愛する者を守るための決死のサバイバルの行方を描く。
監督はアニメ『ソウル・ステーション/パンデミック』のヨン・サンホ。実写デビュー作品。

観たかったのですがなんやかんやで行けず、やっとやーっとMOVIXで観てきました!!
面白いとの評判で期待してましたが、いやはやノンスップゾンビパニックですごく面白かったでーす。

次から次へと感染者が容赦なく襲ってくるし、襲われ感染したらすぐにゾンビ化してガンガン襲ってきますー。しかも高速鉄道内で動く密室なのでさらにパニック!!
途中、下車するも頼みの綱の軍隊も感染してるので外にも逃げられず、さてどうする??
へたな人情ものは最小限なのが良かったし、ちゃんと泣ける所も用意されていました。

面白いのに、高速鉄道、新幹線....感染、新感染ってダサいタイトルですなぁ。

別の車両に妻や娘などがいるので向かおうとするんだけど、その間にはゾンビ車両があるので突破しないと行けず。何気に弱点を見つけて安全な車両に移っていくんですがハラハラドキドキもの。
この手は見慣れてるのにドキドキ感が半端ないです。
なぜならば、韓国のゾンビさんたち笑っちゃうほどの熱演で、凄い勢いで襲いかかってくるんですもん。
暴れ方も半端ない!!

この人やあの人はすぐにゾンビになっちゃうだろうなぁとか、この人は大丈夫だろうと予測はつくものの展開が早いので気にしてるヒマもない 笑。そしてパニックものには必ず自己中の人が出てくるけどホントいやなやつでした。こういう作品は人間の本性が見ることができてとても興味深いです。

マ・ドンソクさんが身重の妻を守るためにゾンビと戦う姿はカッコ良かったですねー。
娘を助けるお父さんコン・ユさんも最初はなんだこいつーと思ったけれど、娘を守るべくゾンビと戦う姿は父親らしくなってきました。あ、この方...ずっと誰かに似てると思ってて、ふと羽生結弦くんに似てると思いました 笑。
マ・ドンソクさん以外はお初の俳優さんでした。

ほとんどが列車の中、または駅のホームで繰り広げられてますが、無線や電話の先でも被害は大きそうで....隔離された地域を覗いて全滅っぽいですね。設定からすると韓国版『バイオハザード』という感じでしたね。感染もとはどうなってるのか気になります。

監督はアニメの方らしく今回が実写デビューとのことですが、実写での次回作が楽しみになりました。

鑑賞日:2017/09/18

コメント (18)

「おかげさまで12周年」

2017年09月18日 | 日記

本日、9月18日でブログを開設して12周年となりました!!

早いですねーびっくりです。
毎年言ってますが、同じ頃に始められたブロガーさんとの長いおつきあいもあれば、お休みされたブロガーさんもいます。でも今年は何年かぶりに復活されたブロガーさんもいらしてとてもうれしいです。だから続けてきて良かったと思います。

これからも地味~に続けていきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

管理人:yukarin

 

コメント (26)

エイリアン:コヴェナント

2017年09月16日 | ★★★+

【ALIEN: COVENANT】 2017/09/15公開 アメリカ 122分
監督・製作:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ 、ダニー・マクブライド

絶望の、産声。

STORY:人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最新型アンドロイドのウォルターによって行われていた。ところが突然のアクシデントで、船長を含む数十人が命を落としてしまう。そしてその直後、コヴェナント号は謎の電波を受信する... (allcinemaより)


プロメテウス』の続編。
宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描く。
監督は全作に引き続きリドリー・スコット。

とりあえず『プロメテウス』をおさらいして観てきました。
マイケル・ファスベンダーが出演するのに、前作で生き残ったノオミ・ラパスが出ないのはなぜなんだろうと思っていたら...なるほどそういうことか。

前半、前作のほうが面白かったなぁと思ってたけれど、最初の非常事態からクルーたちが目覚め、目的のオリガエ-6じゃなくて進路変更した惑星に向かうことになったあたりからは少し面白くなってきました。でも惑星に降りて探索してって......同じじゃんと 笑。

すると、変な微粒子みたいなのがクルーの身体の中に入っていったりするとワクワク感、そして身体に異変.....おおーっ。何かが産まれたーからはイッキに面白さが出てきましたわ。なかなかのグロさで 笑。でも成長早すぎじゃない???? そこは大人の都合なのかもしれませんが 笑。

デヴィッドとウォルターは同じマイケル・ファスベンダーなので最初はあれ?なんでいるの?と思ってしまった。でもアンドロイドだから同じのアリかと。同じ顔と新型だからと後半で惑わそうとしたかもしれませんがそこは驚くこともなく...です。が、かなり気味悪い人になってしまった、、、。しっかし、彼は本当にアンドロイドがハマりますなぁ~。

寄り道というか、勝手な進路変更は危険だよ!という教訓のお話でした。
時間をかけて見つけた惑星に向かったはずなのに、似たような惑星で近いからとおいしい話に乗ったかりにえらい目にあうという、、、。しかも多数の犠牲者まで出してるし。映画は勝手な進路変更しがち 笑。

とはいえ、人間とエイリアンの攻防戦はやはり見応えあります。
それに映像もきれいだし吹き替えだけどMX4Dもあったのでそれも迫力ありそうです。

ラストは、この後起こることが想像できるだけにゾッとする終わり方ですが、個人的にはワクワクする終わり方でした。あの続きが観たいでーす。何が起こるか想像できるだけに...でも、次あるんですかねぇ。

ところで、クレジットなしにジェームズ・フランコとあるのですがどこに出てましたっけ??

ここだけの話で....ヒロインが可愛くなかった。
しかし、普段の写真ではきれいでした.....うわぁーん残念だわ。
ここのシリーズは女性が強いのは良かったです。

鑑賞日:2017/09/16

 

先週に引き続き、またまたお茶の間と勘違い夫婦がいました。
ちょいちょいダンナが奥さんに説明とかしてて迷惑でした。奥さんも“○○はきっと○○だよねー”とか“気持ち悪いー”とか言っててイラッ。私がエイリアンだったら速攻首に噛み付いてやるのにーと思いました!!

コメント (18)

「東京ぐるめ @銀座」

2017年09月13日 | 日記

9月2日に行ったのを今頃アップですが....記録として残しておきます。

イマカツ 銀座店」に行ってきました!

なぜ行ったのかというと.......

 

 

 

 

昨年のLINE LIVE「さしめし」にSHINeeのテミンがゲスト出演した番組で食したトンカツのお店でした。


お昼時よりも遅くに行ったのですぐに座れました。

先にキャベツが出てきます。

テミンが食べたのはロースカツでしたが、この後SHINeeのLIVE参戦が待っているので胃に負担(わりと弱い)はかけられないので、“ささみかつとコロッケ、ヒレカツ”のセットにしました。こちらのお店は“ささみかつ”が有名とのことです。

『ササミかつ・一口ヒレ・カニクリーム膳 1240円』

 

うん、どれも美味しかったけど確かにササミカツは本当に美味しかった!!

次は何もない時にロースカツを食べてみたいです!!

 

そうそう、ここのお店の隣に「YOU」というオムライスのお店があって、来た時には長い行列でした。
行列になるほど美味しいなら気になるので今度行ってみようと思います♪

歌舞伎座の横の通り沿いにあるので行く前にパチリしてきました。
新しくなって初めて見たかも。

 

・:*.★.*:・☆・:*.★.*:・

イマカツ 銀座店

東京都中央区銀座4-13-18 1F
03-3543-1029

[月〜土]11:30~16:00(L.O15:30) 18:00~22:00(L.O21:30)
[祝]11:30〜20:30(L.O21:00)
定休日:日曜日

コメント (4)

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

2017年09月12日 | ★★★★

2010/04/24公開 日本 96分
監督:高松信司
声の出演:杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、石田彰、子安武人、青山穣、大西健晴、根本圭子、茶風林、早水リサ、山寺宏一

STORY:圧倒的な文明を誇る異星人・天人(あまんと)に牛耳られてしまった江戸の町。助手の志村新八、神楽と共に万事屋を営む坂田銀時は、エリザベスの依頼を受け、姿を消した桂の捜索に乗り出す。一方、過激な攘夷を目論み武装集団“鬼兵隊”を率いる高杉晋助。恐るべき妖刀“紅桜”を手に入れ、野望の実現に向けた動きを加速させていたのだが... (allcinemaより)


『週刊少年ジャンプ』連載の人気ギャグマンガ原作TVアニメ初の劇場版。
TVアニメの長編エピソード“紅桜篇”を新たな解釈を加えて再構成し、妖刀“紅桜”を巡って繰り広げられる銀時と因縁の宿敵・高杉との壮絶な戦いを描く。

会社の同僚がDVDを貸してくれたので観ました!!

みなさまとは逆の順番ですが実写版と同じ内容での完全実写化されていて、しかもキャストがハマりすぎで驚きました。実写を観てアニメを観てここまで違和感なく観られるのはすごいです。
これならアニメファンの方にも絶賛されたのがわかりますね。
髪型はもちろん話し方も似てましたね。特にまた子は同じ人?と思うくらい声が似ててびっくり。松陽先生は同じ山寺さんですね。

何度ワーナー・ブラザーズロゴが流れるのか 笑
新八が説明してる途中、銀さん“どうせ設定を知ってるやつしか観に来ない”で止めるてるし.... 笑
私は実写版観てるから大丈夫、ついていけた 笑

さすがに反○やナウ○カ、シ○アネタは実写版のオリジナルでしたが、見比べてみると実写版のほうがかなりふざけてる感じがしましたね 汗。
でも、この内容を完全に実写で再現した福田雄一監督はすごいなーと改めて思いました。

鑑賞日:2017/09/10

銀魂 (実写版)

コメント (2)

ダンケルク

2017年09月09日 | ★favorite★

【DUNKIRK】 2017/09/09公開 イギリス/アメリカ/フランス 106分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ

生き抜け

絶体絶命の地“ダンケルク”に追い詰められた若者たち。
残り時間、わずか。

STORY:1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する... (シネマトゥデイより)


第二次世界大戦の西部戦線において史上最大の撤退作戦と呼ばれる史実を映画化。
監督は『ダークナイト』『インターステラー』『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。

ノーラン監督作品にしては106分と短い作品でしたが、陸海空で繰り広げられる救出劇はとんでもない臨場感があり、冒頭から最後まで緊張感が続く見応えのある作品でした。
やはりノーラン監督にハズレ無し!!

冒頭の銃撃戦から引き込まれた。あまり台詞もなく進み、撃たれる、爆破される、溺れるの三点セットが常に続きます。しかも重厚な音楽とカチカチと秒を刻む音が絶えず流れ、さらに緊張感が増すという、、、
陸海空と時間の流れがよくわからなかったんですが最後にちゃんと合わせてくる所はさすがです。
他の作品でも時間をうまく使ってますよね。

主人公はいてもあまり強調されずそのシーンそのシーンで主人公となる人がいる感じでした。
救出の船が来ても爆撃され沈んでしまったりの繰り返しで、どうなるのか先が読めず。
観る側もそこにいるような感覚で、思わず頭を低くしそうになりそうだったり息を止めてみたり....観る映画...というより、体験する映画でした。

久々に見たキリアン・マーフィは謎の英国兵役。←なんか良かった
トム・ハーディ???と思ったらファリアーか。ラスト、車輪にはひやひやさせられました。
何気に兵士たちにイケメンくんがちらほら出てきてニヤリ 笑。
たくさんの民間船が救出するべく集まったシーンではうるっときちゃいました。
秒針の音が止まった時が一番ほっとしましたね。

どこにも無駄がなく最後まで緊張感のある作品でした。
あの臨場感はIMAXだったらド迫力でしょうね~体験してみたいなぁ....

今度は両隣がいないし、みなさんマナーが良かったです。

鑑賞日:2017/09/09

コメント (26)

三度目の殺人

2017年09月09日 | ★★★

2017/09/09公開 日本 125分
監督:是枝裕和
出演:福山雅治、広瀬すず、満島真之介、市川実日子、松岡依都美、蒔田彩珠、井上肇、橋爪功、斉藤由貴、吉田鋼太郎、役所広司

犯人は捕まった。真実は逃げつづけた。

弁護士、殺人犯、被害者の娘。ある殺人が、彼らをつないだ。

STORY:勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛朋章は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅高司の弁護を渋々ながらも引き継ぐことに。三隅の容疑は、解雇された工場の社長を殺害し、遺体に火をつけたというもの。30年前にも殺人を犯した前科があり、自白もしているため死刑は確実と見られていた。さっそく重盛は無期懲役に持ち込むべく調査を始める。ところが、肝心の三隅は証言をコロコロ変え、味方であるはずの重盛にも決して本心を語ろうとしない... (allcinemaより)


死刑が確実とされている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描いた法廷サスペンス。
監督は『そして父になる』『海街diary』などの是枝裕和。

予告編を見て、役所広司演じる三隅の二転三転する動機に興味を持ったので観てきました。
うーん、弁護士が弁護する人間に弄ばれる話でした 苦笑、、、
役所さん...パッと見は殺人をしたような雰囲気じゃないし、二転三転する証言はお見事で本当に罪を犯してはいないのかも、いやしてるのかも,,,と観てるこちらも振り回されました。
ほかには殺した社長の娘のびっくり秘密も出てきておいおいーっと、、、

何が真実で何か真実ではないのか....
裁判にしても、裁判官や弁護士、検事たちが別室で○○は○○ということにしましょうと口裏合わせしてるし、裁判の意味が無いような、、、
台詞にもあった“誰も本当のことを言わない”を感じる作品でした。

すっきり終わる作品じゃないので、なんかもやもやした感じが残りました。それにテンポがゆるいので所々で睡魔が、、、。
キャストのファンだからとか軽い気持ちで観るとかなりつらいかもしれません。観る人によっては奥が深いと感じる人もいると思いますが、私はいまひとつでした。

それと、右隣のカップルが迷惑なやつらで....。すぐとなりの男はスマホか腕時計なのか定期的にチカチカ光ってて気が散るし、さらに隣の女は誰々がさーとひそひそ話してるし...けっこう何言ってるかわかるんだよね。ほかにも映画初心者がちらほら....最悪でした。

鑑賞日:2017/09/09

コメント (15)

「久々にドラマの初回の感想」

2017年09月08日 | ドラマ

Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『ファイナルライフ -明日、君が消えても-』見ました!!

実はAmazonのドラマはプライムに入ってて初めて見ました。配信なのでネタバレは厳禁ですよね?
なのでさらりと...

テミンに見とれてて.....お話うろ覚え(笑)

松田翔太くんに、SHINeeのテミン、奥田瑛二さんに哀川翔さんなどなど...すごく豪華キャストですね。あっさり退場しちゃってびっくりの人もいましたが....。物語は...なかなか好みでした。陰謀もの好物です。爆発事故、奇妙な死体...そしてシオンの能力。←ちょっとATARUを思い出した

テミンさん...日本で初のドラマ出演。あまりしゃべらない役。日本語はカタコト(ふだんは上手)になってたけど英語は流暢にしゃべっとりました~。アクションもこなしてるし、何と言っても笑わない表情があまりない役がいいっすね。映し方もいかに彼を美しく撮るか...な感じでニヤリ。そして、ドラマの主題歌♪What’s This Feelingを歌っておりまする。らしい曲でしたね。

ところで、1話のひっくり帰ってお腹?を上にしてる車にひょいとかっこよく乗ったかと思うと静止してるから...え?さよならひとり踊る?とバカなことを考えました、、、。すでにミーハーな見方をしてます。今回1話と2話がイッキ配信でしたが、もう一度冷静になって見るとします~。

お話の展開はちょっと粗いかったりツッコミどころもありますが展開が気になりますー。
すこしグロいのもありますがたいしたことありません(笑)

ちょうど1年前にプライム会員になりましたが、入っててよかったー!!!!!

コメント

「SHINee WORLD 2017 FIVE Special Edition @東京ドーム」

2017年09月06日 | SHINee

9月2,3日に東京ドームで開催されたSHINeeのライブに行ってきました♪

最近はアリーナツアーの後の集大成としてドームでの公演が定番になりました。
ドーム公演の初日と2日目の2公演。
今回のドーム公演ではリーダーのオニュが諸事情で参加できなくなり、メンバー4人でのパフォーマンスとなりました。一時は動揺しましたが、ここは4人を全力で応援するしかない!!という気持ちでのぞみましたよ。

 

 まさに“がんばろう!SHINee”

メインステージがやけにシンプルすぎるーと思っていたら、普通は中央に大きなスクリーンで左右にやや小さいスクリーンがあって....となるのに中央に同じ大きさのスクリーンが3つドーンとあるので映像が流れるとかなりのド迫力でした。スタンドの天井席でもその迫力を堪能できると思います。

そして、センターステージがあり円形のバックステージ。
なぜかセンターステージの後方がやけに開いている....そしたらメインステージ中央からV字のムービングステージがバックステージまで移動するというもの。今回は後方のブロックのほうが美味しい感がありましたね。アリーナ後方とスタンド席の人たちにもより楽しめるようにと愛を感じるステージになってました。

セットリストはアリーナツアーと...たぶん同じ(笑)で、そこに追加曲が何曲かあり。アリーナツアーの時に映像で流れた♪Tell Me Your Nameのパフォーマンスを観られたのは嬉しかったですね。オニュの歌のパートは録音されたものが流れましたがバラード何曲かはメンバーがオニュのパートを歌ってました。

詳しいレポはこちらこちらの方が詳しいので私のは割愛させていただきます←おいおいっ

初日はまさかのアリーナV13ブロック(自力でゲット)でバックステージに近い席でした。ムービングステージが近くにくるとメンバーたちが近くで見られたし、なによりも♪Aboabと♪Nothing To Youをほぼ目の前で見られたのはかなり嬉しかったです。そういえばジョンヒョンの衣装完全体でしたね。

2日目は.....1塁側の後ろに席がない、いわゆる天井席でした。
しかも2席しかない(笑)
横は移動しまくれる感じ...となりを気にせずに盛り上がれたので良かったです。メインステージをほぼ正面から見られ、バックステージも遠いけど良く見えました。前日のアリーナ席では気づかなかった所も見られたし、何と言っても会場全体を見渡せるのでペンライトの演出がとてもきれいでしたね。

ミノが前日よりもハイテンションでどうしたんだろうと思っていたら、この日は東方神起のユノとチャンミンが来てたそうで、Twitterによるとユノが黄色い服で大振りでペンライトを降ってたとか(笑)
11月にライブがあるので視察?を兼ねて後輩くんたちを激励に来てくれたんですね。

今回は4人でのパフォーマンスでしたがメンバー全員がオニュの分も頑張ってました。ドームといえばそれぞれのソロがあるのに今回はありませんでした。その分休む時間もなくVCR以外は出ずっぱりの3時間は大変だったと思います。
♪Aboabでの一つ空いたブランコがさびしかったですけどね。

4人のパフォーマンスも素晴らしかったですがやはり5人の完全体で早く観たいです。

あ、ツボとしては、テミンの髪が静電気で何度も妖怪アンテナになってて、ミノやキーちゃんがそのたび直してあげてるのが微笑ましかったです。本人も嬉しそうだった。それとジョンヒョンが最後の挨拶であるパフォーマンスをしたらみんなが真似してていじられてるお兄ちゃんだったのがツボでしたねー。ほんと仲が良いなー。

FC限定の抽選会でポストカードセットが当たりました!
普通は1枚のみ....イッキに5枚揃ってうれしいー。
そして初日のアリーナにて、ヒラヒラ舞ってきたカード型の紙、これは前の席から回ってきていただきました。
金・銀テープも頭上には落ちなかったのですがちょいと取りに行ったのと、同じく近くの方から頂いたりとちゃんと皆にまわるように気を使ってくれてやさしい方ばかりでした。
ありがとうございました!!

 

【セットリスト】お借りしました。

*Gentleman
*Picasso
*JoJo
*Breaking News

[MC]

*Get The Treasure
*Lucifer
*Do Me Right
*Dream Girl
*君のせいで
*1 of 1
*Mr.Right Guy

[VCR]

〈アンプラグドメドレー〉
*JULIETTE
*Love Like Oxygen
*Hello
*Downtown Baby

[ミニMC]

*Melody

ダンサーダンス

NEW*Good Good Feeling
*Your Number+Repley

[MC]

NEW*Tell Me Your Name
(SHINeeのパフォーマンスで)

[VCR]

*Sherlock
*Aboab
*Nothing To You
*Married To The Music

【 encore 】

*Everybody

[MC]

*Stand By Me
NEW*To Your Heart
*Diamond Sky

[MC]

*Winter Wonderland

-終-

[映像BGM]Keeping Love Again

コメント (2)

★思い切ったお知らせ★

2017年09月01日 | 日記

大切なお知らせってほどでもありませんが思い切ったお知らせです ←なんじゃそりゃ


gooブログはトラックバック送受信はOKですが...

当ブログはこのたび9月1日より

トラックバック送受信をやめることにしました!!

前々から考えていたのですが、先日のライブドアブログのトラックバック機能が廃止されたことで重い腰を上げることにしました。これからは業務縮小というかたちでコメントでのお付き合いで続けていこうと思いました。

ブログを開設した2005年は同じく開始された方も多く、特に映画ブログはコミュニケーションやアクセスアップのためトラックバック(以下TB)は必須でした。TBのやりとりで同じジャンルのブロガーさんを知ることができてとても楽しかったです。そこからコメントを通じて仲良くなり、実際にお会いする機会もできました。

最近は自分の記事を更新するのに精一杯でお友達ブロガーさんへの訪問もできてません(すみません)。頂いたTBやコメントもすぐにお返事できないことも多くなりました。いっそのことTBのみにしてしまおうかとも考えましたが、昨年1カ月ほどTBのみ受付けで更新したところ、やはりさびしいものでした。

私が初めてブログを開設しお世話になったライブドアブログがTB機能を廃止するということは大きなニュースで、いずれその他のブログも廃止の方向にいくかもしれないことを考えると、ここで思い切って当ブログもTB機能を廃止したほうがいいのかなと考えました。その時間を少しでも多くコメントを残しに行けたらいいなと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

特別企画!!
「トラックバックやめました記念、過去のトラックバックまとめ」

2011年4月にgooブログに移転してからのまとめですが、ここ最近の作品のTB数で40件以上の記事をピックアップしてみました。最近は大作ものでも平均20~28件くらいです。

【2017年7月現在まで】
・ラ・ラ・ランド 44件

【2016年】
・シン・ゴジラ 48件
・レヴェナント:蘇えりし者 42件
・バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 42件
・オデッセイ 49件
・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 43件
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2D字幕版) 63件

【2015年】
・ブリッジ・オブ・スパイ 41件
・007 スペクター 53件
・アントマン 46件
・キングスマン 41件
・マッドマックス 怒りのデス・ロード 47件
・バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 44件
・イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 42件
・アメリカン・スナイパー 50件

ここからは以下50件以上の記事です!!

【2014年~2011年】
・オール・ユー・ニード・イズ・キル 56件
・アメイジング・スパイダーマン2 (2D日本語吹替版) 55件
・アナと雪の女王 (日本語吹替版) 53件
・ゼロ・グラビティ (3D字幕版) 59件
・華麗なるギャツビー(2012) 50件
・アイアンマン3 53件
・ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 50件
・テッド 52件
・レ・ミゼラブル 58件
・007 スカイフォール 63件
・アルゴ 60件
・アメイジング・スパイダーマン 55件
・メン・イン・ブラック3 50件
・テルマエ・ロマエ 50件
・バトルシップ 59件
・マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 55件
・シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム 67件
・ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 65件
・TIME/タイム 55件
・ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 76件
・リアル・スティール 54件
・マネーボール 62件
・タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 50件
・ミッション:8ミニッツ 56件
・ステキな金縛り 56件
・三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 55件
・ミッション:8ミニッツ 63件
・ステキな金縛り 56件
・三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 55件
・カウボーイ&エイリアン 57件
・キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 3D字幕 52 件
・猿の惑星:創世記(ジェネシス) 66件
・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (3D吹替版) 62件
・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (3D吹替版) 57件
・マイティ・ソー (3D字幕版) 58件
・SUPER 8/スーパーエイト 67件 
・X-MEN:ファースト・ジェネレーション 53件
・パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉 70件
・ブラック・スワン 90件
・八日目の蝉 53件
・ロボジー 65件

 ※2014年より前は多いですね。2014年以降はブログからツイッターなどに完全移行してしまった方も多いのかもしれませんね。

ちなみに、ライブドアブログ時代の記念すべき3桁がありました。
全部ではないですが記憶に残ってるものを探しました。

【2009年】
・グラン・トリノ 105件
・天使と悪魔 100件
【2006年】
・ダ・ヴィンチ・コード 157件
・硫黄島からの手紙 116件
・パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 164件
・パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 160件
・スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 100件

ジョニー・デップ強し!!
2005~2006年はブログを始めた人が多かったこともありますね。

これまでたくさんのトラックバックを頂きありがとうございました!!
これからは気が向いた時にでも覗いていただければうれしいです。
コメント欄は継続しますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

なお、いただいたトラックバックはお返しさせていだたきます。


※追記 2017/09/15
映画DVD総合ナビゲーター 象のロケット」さんへは更新のお知らせとしてトラックバック依頼をさせていただくこととしました。

コメント (20)