☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ワンダーウーマン

2017年08月28日 | ★★★★

【WONDER WOMAN】 2017/08/25公開 アメリカ 141分
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ、ユエン・ブレムナー

美しく、ぶっ飛ばす。

STORY:女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。そんなある日、外界から隔絶されているその島に、アメリカ人パイロット、スティーブ・トレバーが乗る飛行機が不時着する... (allcinemaより)


DCコミックスの女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの初の単独主演作を実写化。第一次世界大戦下を舞台に、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ある事件をきっかけに島を飛び出し世界を救うおはなし。監督は『モンスター』の女性監督、パティ・ジェンキンス。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に初登場したワンダーウーマン。クライマックスで登場してましたが、この作品でワンダーウーマンを知りました。

超スーパーデリシャス世間知らずのお嬢様なダイアナ....可愛い。
女性ばかりの島でどうやって子どもが生まれるのかと思ったら...粘土で作るとはびっくりさん 笑。だったらなんでもっと作らなかったのかなと思ってはいけない、、、。

しかし、とんでも世間知らずかと思いきや人間界?のなんやかんやは専門書を熟読しているので知っている。しかもどんな言葉でも理解し話せるからすごいや。見たことのない男がいきなり降ってきてパニくるかと思いきや、専門書のおかげで驚きが少ない、わりと冷静。スティーブとのロマンスもわりとスムーズに...

とにかくダイアナことワンダーウーマンは強い、強い、強すぎる最強!!

とにかくガル・ガドットのワンダーウーマンはハマり役!!

彼女の出身国では女性でも兵役があるそうで軍事経験があることも抜擢された理由のひとつらしいですね。役作りのために筋肉を増やしたり様々なマーシャルアーツのトレーニングもしたとか。ワイスピの時は細かったですもんね。そのかいあってか、彼女の美しさ、格好良さをたーっぷり堪能できる作品となっておりました。そして様々なファッションも楽しめました♪

ほかのアメコミヒーローよりも強いのではないか?と思うほど最強。
あんなに重い盾も軽々と....盾つながりでキャップとかぶる。←別のシリーズ
壁をよじ登るシーンでスパイダーマンはしゃしゃか登ってたけどワンダーウーマンはガツッガツッと登っててびっくりした 爆笑。

クライマックスのバトルシーンは見応えありましたね。
DCヒーローたちはマーベルヒーローに比べて地味なイメージがありましたが、ワンダーウーマンは派手でかっこよくて最強でとても楽しめました。

ふと疑問なんですが.....『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と今回の時代はかなり違いますよねぇ。てっきりラストはキャップ同様にタイムスリップ的な感じになるんかと思ってましたが.....不老???アマゾン族だから?? 普通に考えるとおばあちゃんですよねぇ??? と、気になりつつも次の活躍が楽しみです。

ワンダー・ウーマンの武器が、剣と盾、弓矢にキラキラ縄とレトロだけど彼女が使うと魅力的。
縛られたら問答無用に自白してしまう縄はいいですね~隠し事ができない♪

そうそう、クリス・パインがえらくカッコ良かったです。
あまりそう思ったことがなかった(←失礼なっ)んですが....今回は素敵でした!
ラストは物語上仕方がないとはいえ切ない、、、

++

26日に観に行ったのですが1時間ほどして停電により上映中止となり払い戻しとなりました。仕方がないので次の日に改めての鑑賞となりました。原因は配電設備にスズメが入り込んだらしいです。しかし、TOHOシネマズ宇都宮のスタッフの対応の悪さ...。払い戻しが始まってるのに何も説明がない。長蛇の列になってるし後で半券持っていけばいいじゃん!と思うのだけど聞いてもオロオロしてるし....。私はフリーパスなのでそのまま帰りましたが、割引券も無料券もなくただの払い戻しだったみたいです。


鑑賞日:2017/08/26(1時間で中断)、08/27

※TOHO cinemas free passport #11(上映中止)  #13

コメント (20)   トラックバック (12)

関ヶ原

2017年08月27日 | ★★★

2017/08/26公開 日本 149分
監督:原田眞人
出演:岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、キムラ緑子、滝藤賢一、大場泰正、中越典子、壇蜜、西岡徳馬、松山ケンイチ、役所広司

日本の未来を決した、
わずか6時間の戦い。
誰もが知る「関ヶ原」の
誰も知らない真実――――

「愛」と「野望」、激突!

STORY:豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司)と対立を深めていく。そして1600年10月21日、長きにわたった戦国時代に終止符を打った歴史的合戦「関ヶ原の戦い」は、早々に決着がついた。有利と思われた三成率いる西軍は、なぜ家康率いる東軍に敗れたのか... (シネマトゥデイより)


天下分け目の大合戦“関ヶ原の戦い”を敗軍の将・石田三成の視点から描いた司馬遼太郎の同名時代小説の映画化。監督は『日本のいちばん長い日』『クライマーズ・ハイ』などの原田眞人。


えっと....日本史はちょいと苦手です。
岡田くん目当てで観てきました...不純な動機ですんません。

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』は見ました。岡田くんといえば官兵衛の印象が強く、同ドラマで石田三成を演じた田中圭くんのイメージがどうもぐるぐるしててなーんか変な感じでした 笑。
この作品も大河ドラマと同じ時代なので助かった、見てて良かったー ←おいおい

原作は長いと思うので149分にまとめるのは大変だったと思います。
さくさく展開していってダイジェスト的な感じなんだと思いますね。
この時代を熟知している人は楽しめたと思いますが、そうでないとちょっとついていくのが大変。いろいろな出来事も時間の都合で台詞で終わってしまいましたし。
でも、その土地の方言での台詞は良かったかな。だいだいのドラマは標準語なのでこんな感じなのかなーと気分は出ました。

かなーり、上級者向けの作品でした!!

長丁場ということもあり、所々ウトウトししてしまう所も、、、
で、登場人物も多いのでこれ誰だっけ?あの人はなんだったけ....みたいな所も、、、
ナレーションでも字幕でもいいので、人物や展開をわかりやすくして欲しかったなと思いました。
一般向けではないので、原作をしっかり読むか予備知識がないと難しいです。

しかし、役者さんが豪華ですし熱演でそこは良かったです。
あと後半の合戦のシーンはかなりの迫力で見応えありました!!
なので劇場鑑賞をおすすめしますね。

最後まで....岡田官兵衛との葛藤が 笑
だって黒田、黒田聞くとさー、、、
迫真の演技の岡田三成も良かったんですが岡田くんが負けるなんてーっとか思ってしまって、、、

 

鑑賞日:2017/08/27

※TOHO cinemas free passport #12

 

関ヶ原 上・中・下巻セット (新潮文庫)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
コメント (10)   トラックバック (8)

クリミナル 2人の記憶を持つ男

2017年08月26日 | ★★★+

【CRIMINAL】 2017/02/25公開 アメリカ 113分分
監督:アリエル・ヴロメン
出演:ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、アリス・イヴ、ガル・ガドット、マイケル・ピット、ジョルディ・モリャ、ライアン・レイノルズ


STORY:CIAロンドン支局のエージェント、ビル・ポープが、極秘任務中に命を落としてしまう。彼は、米軍の核ミサイルさえも遠隔操作できるプログラムを開発した謎のハッカー、ダッチマンの居場所を知る唯一の人物だった。世界的なテロの脅威を取り除くためには、何としてでもダッチマンを捜し出さなければならない。そのためにCIAがとった最後の手段は、研究中の移植手術でビルの記憶を他人に植え付けるというものだった... (allcinemaより)


任務中に命を落としたビル・ポープの記憶を移植されたサイコパスの死刑囚のジェリコが、世界的陰謀に巻き込まれていくというお話。監督は『ザ・カオス』『THE ICEMAN 氷の処刑人』のアリエル・ヴロメン。

『ワンダー・ウーマン』を観に行ったら停電で上映中止になり、帰ってきてこちらを観たら偶然にもガル・ガドットが出てました 笑。キャスト・内容知らずに観たのですが、なにこれー超スーパーデリシャス豪華キャストじゃあないですかー。それだけでもテンション上がりますね。

ライアン・レイノルズ....カッコイイじゃないかと観てたら....まさかまさかの拷問の末に死んじゃった。
ライアンがケヴィン・コスナーに変身してしまったよ。
でも良い人役が多いケヴィンさんは結構人を痛めつけておりました、、、

誰かの頭ん中をいじるには囚人がもってこいですな。しかも危険人物にCIAエージェントの記憶を移植するとは...。前に極悪人の脳をいじって善人にする実験の作品を観たことがあったけど、こちらは善人と悪人の記憶が同居しててだんだん善人に侵食されていく感じでしたが、最後はちょいと都合が良かったかなという感じ。でもキャストがいいし、タイムリミットがあるのでハラハラさせらりと面白く観られました。

前半はアクションもの、後半はドラマがメイン。ケヴィン・コスナー演じるジェリコに、はじめは感情移入できなかったけれど、頭の傷のエピソードが語られたところから少し変わってきました。これが原因で犯罪者の道へ行ったと思うと切ない、、、。勝手に記憶を移植されたとはいえ、これのおかげで少しずつ善悪の判断がつくようになったことを思えば良かったのかもしれませんね。なのでラストは少し都合が良すぎるとはいえちょっとウルッときちゃいました。

核ミサイルも遠隔操作できちゃうという恐ろしいプログラム。PCで勝手に操作されてミサイルが発射されて、止めることも自爆させることもできないのは怖い。実際にこんなプログラムを悪の手に渡ったら世界が終わってしまいますね。逆に某国の某実験をできないようにしてくれませんかねぇ。

それはそうと、相変わらずガル・ガドットは美しい。こちらは必死に娘を守ろうとする普通のママを演じてました。ライアン・レイノルズもCIAのエージェント姿がカッコ良かったのでもうちょっと活躍が観たかったですね。

鑑賞日:2017/08/26

 

クリミナル2人の記憶を持つ男 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
ケヴィン・コスナー,ゲイリー・オールドマン,トミー・リー・ジョーンズ,ガル・ガドット,マイケル・ピット
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
コメント (2)   トラックバック (6)

スノーデン

2017年08月25日 | ★★★+

【SNOWDEN】 2017/01/27公開 アメリカ PG12 135分
監督:オリヴァー・ストーン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シェイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、スコット・イーストウッド、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジ

米国最大の機密を暴いた男
彼は、英雄か。犯罪者か――。

世界を信じた、
純粋な裏切り者。

STORY:9.11同時多発テロに衝撃を受けた青年エドワード・スノーデンは、国家の役に立ちたいと2004年に軍への入隊を志願する。しかし過酷な訓練で足を負傷し、除隊を余儀なくされる。その後CIAの採用試験に合格した彼は、コンピュータの知識を高く買われ、指導教官コービン・オブライアンからも一目置かれる存在に... (allcinemaより)


アメリカ政府による大規模な監視システムの実態を暴露し世界中を震撼させた元NSA(米国国家安全保障局)職員・エドワード・スノーデンがなぜ危険を冒してまで告発するに至ったのかを描いた実録ドラマ。
監督は『ウォール・ストリート』『ブッシュ』『ワールド・トレード・センター』などのオリヴァー・ストーン。

公開時、観たかったんですが諸事情?で見逃しました、、、
実際のニュースはとても印象に残ってます。まぁ実際にもいろいろと監視されてるんだろうな~とは思ってましたがとんでもなく大規模でしかも実名での内部告発には驚きましたね。

難しい話なのかと思ってましたが、細かいことは難しくても全体的にはわかりやすく描かれていたので観やすかったです。後半のデータをどうやって持ち出すのかハラハラしたし、そこからロシアまでの過程はスピード感があって面白く観られました。

しかし....日本のことも描かれていて、日本がアメリカの同盟国ではなくなった場合どうなるか.....
よその国での話だけじゃないところにゾッとしました。

まぁ...覗かれていてもたいした情報もないのでいいんですけど....
スノーデンの行動は賛否両論あると思うんですけど、世間に知らせてくれたことは良かったかもしれませんが、お仕事としては....秘密厳守を破ったのは契約違反でだめですよね、、、

鑑賞日:2017/08/24

コメント (2)   トラックバック (2)

ミニオンズ

2017年08月23日 | ★★★+

【MINIONS】 2015/07/31公開 アメリカ 91分
監督:ピエール・コフィン、 カイル・バルダ
声の出演:サンドラ・ブロック、ジョン・ハム、マイケル・キートン、アリソン・ジャネイ、スティーヴ・クーガン
声の出演(日本語吹替版):天海祐希、設楽統、日村勇紀、宮野真守、藤田彩華、LiSA

STORY:人類が誕生する遥か以前から存在していたミニオンたち。彼らの生きがいは、最強最悪のボスに仕えること。これまでにも、様々な時代で様々な歴史的悪党たちに仕えてきた。しかしある時、ついに仕えるボスがいなくなり、すっかりやる気をなくしたミニオンたち。そこでリーダーのケビンは、新たなボスを探して旅に出ることに... (allcinemaより)


「怪盗グルーシリーズ」のバナナが好きな謎の生物“ミニオン”が主演のアニメ。
ミニオンたちが怪盗グルーと出会うまでを描いたおはなし。

遅ればせながらこのシリーズにハマりまして....先日地上波で放送されたこちらを観ました!
ミニオンたち可愛いー。

えらく昔から生息してたんですね~びっくり!!!
人類が誕生する前って....

グルーに出会うまでの長い期間がこんなにあるとはね。
歴代のボスたちが...なんかかわいそうというかなんというか.....。

普通に楽しめましたが前2作よりずっとお子様向けでした。それにグルーが出てこないとなんか物足りない感じ。天海祐希さんが吹き替えたスカーレット・オーバーキルも悪党としてはいまひとーつ。

ミニオンたちはかわいくて好きだけど、ずーっと出ずっぱりよりもグルーのお手伝いや救出とかで活躍するぐらいのほうが面白いかもと思いました。
でも見続けたお陰で、ケビン、スチュアート、ボブの3人?が区別つくようになりした 笑。

スチュアートのラストのギターには笑った。
さすがイギリスだわー♪

ありえないけど8時間だっけ? ミニオンズもイギリス国王になったんだよね 笑

若くて髪の毛があったグルー.....なぜ声が鶴瓶さん????? それおかしいやろ!!

最後に、短編も放送されてましたね。


ミニオンのお仕事(2010)
【ORIENTATION DAY】 4分
監督:カイル・バルダ、サミュエル・トゥルヌー

 

怪盗グルーの月泥棒
怪盗グルーのミニオン危機一発
怪盗グルーのミニオン大脱走

鑑賞日:~2017/08/22

コメント (2)   トラックバック (3)

「こちらも2かいめ」

2017年08月19日 | 映画関係・その他

スパイダーマン:ホームカミング」の2回目を観てきましたー!

同じ吹替版しか観られないのでせっかくだからとMX4Dにしました。かなり久々でしたが1度観ているので気楽にアトラクションを楽しみました。

前に来た時よりも水のプシュ~がすごかった。顔にかかりメガネが濡れた~終わった後、男の子たちが水すげーって言ってたから私だけじゃなかった 笑。
やはりMX4Dは1000円プラスだからそんなに観ないけれど作品を選んで観るのも楽しいですね。今回のスパイダーマンはぴゅんぴゅん空も飛んでるからとても楽しめましたー♪

鑑賞日:2017/08/19

※TOHO cinemas free passport #10

コメント (6)   トラックバック (1)

ビニー/信じる男

2017年08月18日 | ★★★★

【BLEED FOR THIS】 2017/07/21公開 アメリカ 117分
監督:ベン・ヤンガー
出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セイガル、キアラン・ハインズ、テッド・レヴィン

狂気のカムバック
衝撃の実話

奇跡を起こした伝説のボクサー<ビニー・パジェンサ>の信念

STORY:スーパーライト級チャンピオンのロジャー・メイウェザーに完敗を喫し、プロモーターからも引退勧告されたビニー・パジェンサ。これを機に、飲んだくれだが名伯楽の呼び声高いケビン・ルーニーをトレーナーに迎える。そしてみごと世界ジュニアミドル級タイトルを獲得する。だがその直後、正面衝突事故に遭い、首の骨を折る重傷を負ってしまう... (allcinemaより)


TOHOシネマズ シャンテで観てきました!
交通事故で首の骨を折る重傷を負いながらも不屈の闘志で奇跡のカムバックをした伝説のボクサー・ビニー・パジェンサの実話を映画化。監督は『マネー・ゲーム』のベン・ヤンガー。

ボクシング映画にハズレ無しですね。『セッション』ではドラムを流血しながら叩きまくり、今度はボクシングで打たれまくりのマイルズ・テラー。身体もかなり鍛えた感がありましたねー。トレーナーがアーロン・エッカートでハゲ役でいい味だしてました 笑。

思ったほど重々しい感じではなかったのですが観て良かったです。わりと淡々としてて感動、泣ける作品とはちょっと違いましたが、クライマックスでの復活戦は手に力が入って観てしまいました。

首の骨を折ったというのに生きてるだけでも奇跡。半年間、首を固定するための器具を取り付けて暮らすのは本当に痛々しい。しかも額とかにボルトを入れるのは観る側も拷問レベル、それを外す時に麻酔をかけずに取るシーンで痛みのために声を上げるシーンがあってさらに拷問でしたわ。麻酔には頼らないビニーの強い意思には驚かされました。

最初は、医者に歩けるようになるかも保証できないと言われたのを再びリングに上がることが出来たの並大抵のことではないわけで....映画では描ききれない凄まじいトレーニングがあったんでしょうね。劇中のインタビューのシーンでリングに戻ることは“そんなに単純なことではない”と言われてきたけれど、ビニーいわく“単純”だという台詞が印象に残りました。確かに単純にボクシングをしたい!!...なるほどと思いました。

エンドロールでは実話ものにはお約束のビニーご本人の映像や写真が流れました。映画と同じ首を固定する器具をつけてるシーンには本物だけに痛々しさを感じましたが、どれも前向きな姿勢にはちょっとうるうるしちゃいました。

鑑賞日:2017/08/15

※TOHO cinemas free passport #8

コメント (2)   トラックバック (4)

「やっと2かいめー」

2017年08月16日 | 映画関係・その他

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の2回目やっと観てきました!

1ヶ月以上前の公開なので終わっちゃうかなと思っておりましたが、まだまだ人気で満席でした。初回の時はおさらいする時間がないままの鑑賞でしたが、今回は1作目からおさらいをしてからだったので今頃になってしまいました、、、。今回は吹替のほうで鑑賞。おさらいのほうも慣れるために吹替で観ました。ジョニーの声が好きなのでずっと字幕でしたが、最初からわりと違和感なく観られましたね。

前回見逃したポール・マッカートニーも確認いたしました。知らなかったら気づかないわー。やはり一度観ただけじゃ気づかないところもあるので最低でも2回は観ないとですね。2回目でもすごく楽しめました。そして...やはりバルボッサの所は切なかったし、ラストの呪いが解けたウィルとヘンリーの再会、そしてエリザベスが出てくる所は泣けちゃいますね。何度観ても泣けそう~。

エンドロール後のおまけ映像がなければ、きれいに完結したのでこれでおしまいにしてもいいと思うんですけどね。あれがあるなら続くんですかねぇ。続けて全作観るとみなさんいい感じにトシを重ねているのがわかりますね。もし続編があれば観ますけどね 笑。

※TOHO cinemas free passport #9

コメント

「SHINee WORLD V (サラウンド・ビューイング)」

2017年08月15日 | SHINee

東京・丸の内ピカデリー3にサラウンド・ビューイング専用シアターが期間限定でオープンされました。「SMTOWN SURROUND VIEWING WEEK in TOKYO」と題して、S.M.ENTERTAINMENT所属のアーティストのライブ映像を面のスクリーンで鑑賞できるというもの。ということで、SHINeeの回に観に行ってきました!

ピカデリー3は540席。地元のシネコンよりも席数は多いのですが、見えなくなるから前から5列と左右4席分は客を入れてません。ちょっと贅沢な鑑賞でしたね。私は15日の10時の回でした。朝早いから取れるだろうと思ってて取れました。しかし、お隣の方から聞いたのですが結構取れなかった人もいたようで....観に行けたのは運が良かったんだと初めて知りました、、、。席はI列上手側、つまり9列目。

最初にメンバーからのあいさつ(字幕とちょこっと日本語)で始まり本編スタート。誰もが最前列にいるかのように体感できるのと、3つのスクリーンがあるのでメインでは全員、左右ではメンバーそれぞれ1人がクローズアップされて全身やアップで映ったりとなかなかの迫力ものでした。音響もよく爆音で楽しめます。でも音響はサラウンドじゃないんですね 笑。VCRやMC(字幕あり)で観られたのが嬉しいです。昨年末に日本でも行われたのですが立ち見だったので良く見えなかったんです。

 

入場の時にパキッとするペンライトをもらいライブ会場にいるかのように振ってましたが、私もそうですが周りの人たちも映像に見入ってしまったせいかペンライトの手が止まってました 笑。生のライブで豆粒のように見るなら大画面で彼らのダンスや何気ない仕草を見逃さず見られるほうが楽しいかもしれませんね。

ただ、個人的にはスクリーンは一つでいいから音響がぐるぐるとサラウンドで聴けたほうが好きかな。あと見上げる形なので後ろの席のほうが観やすいかもしれません。とは言っても席は決められてるかなぁ...。とはいえ、輝くSHINeeちゃんたち不足だったのでしっかり2時間半を堪能してきました。

コメント (2)

スパイダーマン:ホームカミング

2017年08月12日 | ★★★★

【SPIDER-MAN: HOMECOMING】 2017/08/11公開 アメリカ 133分
監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、ドナルド・グローヴァー、タイン・デイリー、ジェイコブ・バタロン、ローラ・ハリアー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr

STORY:ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた... (allcinemaより)


マーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾。アイアンマンに憧れ、アベンジャーズ入りを夢見る15歳の青年の葛藤と成長を描く。監督は『クラウン』『COP CAR/コップ・カー』のジョン・ワッツ。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で登場したトム・ホランド版スパイダーマンがメインで活躍するおはなし。『スパイダーマン』のリブートのリブートではなく『アベンジャーズ』シリーズのスパイダーマンの活躍という感じですね。『シビル・ウォー』でみた時のトム・ホランドのピーターがハマってたので楽しみにしてました。

なかり設定は変わってましたね。蜘蛛に刺されるシーンは会話のひとつとして出てくるだけでした。さすがにみんな知ってるしねー。トム・ホランドは21歳らしいけど設定は15歳...でも童顔なので違和感なかったです。しかもスパイダーマンのように身体能力が優れているのでまさに彼のための役。かなーり軽めな設定で調子こいてるのでヒーローとしての葛藤とかなさそう~と思ってたけど、トニーにお仕置きされたのもあってか、ピーター・パーカーの成長物語になってました。最後はやっとヒーローっぽくなりましたね。

昔のシリーズのようにチクチク縫ってたりはなく、トニー・スタークが開発したスーツでの活躍。ちっこいドローンも凄いけど女性ナビもついていろんな機能もついてて流石のスターク製。予告編でおなじみのフェリーの真っ二つからエレベーターの落下で機能が本領発揮してるのはハラハラドギトキで迫力ありましたー。スパイダーなだけあって目まぐるしいアクションシーンに目がまわりそうでしたわ。一番大きなスクリーンで観られたのも効果あり。

ただ....観られる時間帯が日本語吹替版しかなかったのがちと残念。本職さんなので安心して観られるんですがどうしてもロバートの声が個人的には合わず...だったのですが気づいたら慣れてた 笑

ヒロインの子がいまいちだったなー。これからこの子が?と思ったらMJは別の子で良かった。しかも今までのMJとはちょっと違うのが新鮮かも。おなじみスタン・リーおじいちゃんは早々と登場しましたね。それと最後に『アイアンマン』でおなじみのあの人がちらっと登場していて嬉しかったー。思いの外ハッピーの登場も多かった。悪役にマイケル・キートンは豪華。『バットマン』がダークサイドおちちゃったよぉ~と思いつつも悪役顔なのでけっこうハマってました 笑。

前半でスパイダーマンがアベンジャーズと闘ってる...というシーンがツボでしたわ。グッズ売り場でなんでお面?と思ったらそういうことで....。あとピーターのぽっちゃりなお友達ネッドがかなーりいい味だしてて面白かった。デススターを持ってるのも高感度アップ 笑。あと、ちょこちょこと映像でだけどキャップがやさしくお説教してて笑った。エンドロール後のおまけ映像も必見。帰ってくるとのことで楽しみです。

鑑賞日:2017/08/12

※TOHO cinemas free passport #7

コメント (18)   トラックバック (20)

哭声/コクソン

2017年08月11日 | ★favorite★

【THE WAILING】 2017/03/11公開 韓国 156分
監督・脚本:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ、キム・ファニ

疑え。惑わされるな。

STORY:のどかな田舎の村。いつの頃からか、山の中の一軒家に一人の日本人が住み着き、村人たちの間にこのよそ者に対する不気味な噂が広まり始めていた。そんな中、村人が自分の家族を惨殺する謎の猟奇事件が連続して発生する。いずれの事件でも、犯人の村人は体中を奇妙な湿疹に覆われ、正気を失った状態で現場に残っていた。気のいい村の警察官ジョングは、よそ者の日本人が関係していると睨んで捜査を進めるが、ある日自分の幼い娘ヒョジンにも犯人と同じ湿疹を発見する... (allcinemaより)

静かで平和な村を舞台にしたサスペンス・スリラー。謎の日本人男性が現れたと同時に原因不明の不気味な殺人事件が立て続けに発生し、捜査を担当する地元警察官を待ち受ける運命を描く。監督『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン。

久々に韓国映画を観ました。
これぞ韓国映画!!という恐ろしく奇妙なおはなしでした。
156分の長丁場も冒頭から引き込まれて圧倒されましたわ。

はじめは猟奇的な殺人事件が起こり、いかにも韓国映画らしいわーと思って観てました。すると次々に事件が起こり、共通するのが犯人の身体中に謎の湿疹があり正気を失ってるという。何か伝染病なのかと思うと、悪霊が取り憑いたから祈祷師にお祓いをしてもらうという展開に。え?今度は????

どんどんジャンルが変わっていくので全く先が読めません 笑

韓国映画特有のバイオレンスシーンで重々しい雰囲気の中にちょいコメディっぽさも入れつつ、登場人物たちが怪しい行動を取りまくるので、あの人が怪しいこの人が怪しい誰が怪しい??て最後まで誰が言ってることが真実なのかわからない面白さがありました。疑い、惑わされましたー。

祈祷師役のファン・ジョンミンさんがちょっと笑っちゃいました。韓国の祈祷師はあんな感じなんですか? コミカルでまるでダンスしてるようで....いつものファン・ジョンミンさんじゃなーいと新鮮でしたよ。鼻血とゲロゲロがマーライオンで怖いより笑ってしまいましたけど、、、。

惨殺死体も怖いんですけど、警察官の娘を演じた女の子の演技が凄かったですね。何かに取り憑かれたように暴れる姿は大人顔負けの迫真の演技でした。将来が楽しみの女優さんですね。

怪しい日本人役の國村隼さんが本当に怪しすぎて....人間なのかそうでないのか曖昧な感じが絶妙。最後まで不気味さがあり淡々と演じセリフもほとんどないのに存在感がありました。韓国の「青龍映画賞」で助演男優賞に輝き、初めての外国人受賞者となったそうですね。納得です。

めでたしめでたしで終わるような作品ではないので好き嫌いがあると思いますがかなり好みです。観終わった後には多少のあれはなんだったのか...という所もありますが、それを考えさせない展開は韓国映画らしさなのでいいのです 笑。とにかく凄い作品でした。

鑑賞日:2017/08/09

コメント (6)   トラックバック (3)

怪盗グルーのミニオン大脱走

2017年08月10日 | ★★★★

【DESPICABLE ME 3】 2017/07/21公開 アメリカ 90分
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
声の出演:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグローヴ、デイナ・ゲイアー、ネーヴ・シャレル、スティーヴ・クーガン、ジュリー・アンドリュース、ジェニー・スレイト、アンディ・ナイマン、ピエール・コフィン
声の出演(日本語吹替版):笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉、松山ケンイチ、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤、須藤祐実、矢島晶子、LiSA、生瀬勝久


STORY:かつては世紀の大泥棒を夢見ていたグルーだったが、今では養女に迎えたかわいい3姉妹に、妻となったルーシーも家族に加わり、良き家庭人としての生活を送りながら、“反悪党同盟”のエージェントとして活躍する日々。そんな彼の前に、ハリウッドに恨みを持つ80年代の元人気子役バルタザール・ブラットが立ちはだかる... (allcinemaより)


「怪盗グルー」シリーズの第3弾。3姉妹とともに妻となったルーシーを家族に迎え、泥棒稼業から足を洗ったグルーが、新たなライバルや生き別れた双子の兄弟を相手に繰り広げる。監督はシリーズを手がけるピエール・コフィンとスピンオフ作品『ミニオンズ』のカイル・バルダ。

フリーパスを使うために観始めたこのシリーズですが、取得してなかったら観てなかったと思います。でも観て良かった~今回は泥棒らしさもあったし、ハラハラドキドキもあったし、生き別れの兄弟とのドタバタもうざいわーと思いつつも楽しめました 笑。公開してからかなりたってるのに一番大きいスクリーンなのでなかなか迫力ありました。

このシリーズは日本語吹き替えで観てますが、グルー役の鶴瓶さんをはじめ、ルーシー役の中島美嘉さん、アグネス役の芦田愛菜ちゃんの吹き替えがさらに上達してましたね。ほかにも俳優さんの起用ではありますがあまり本人の顔が浮かばずスムーズに観られたのも良かったです。がっかり感なく聞けるなら俳優さんや芸人さんの吹替もOKなのですよねぇ。

グルーには実は兄弟がいて....髪がふさふさなのに笑った。パパも泥棒さんだったとは...グルーがパパに引き取られていたらドルーの人生も違ってたかな? 今回ドルーの登場で博士の活躍がなかったのが残念でしたが、その理由がスターウォーズネタで笑いました。

悪役が80年代の元人気子役のブラット。成長してハリウッドから干されハリウッドに恨みを持つという設定。実際に人気子役の子のその後はいろいろあったので素直には笑えないところも、、、。でもそこはお子様向けなので面白くおかしく悪い役はやっつけられるのよ~と。ブラットが登場するとなにかと80年代の音楽が流れてきてなつかしい 笑。ブラットも誰かに似てるように思うけど思い出せない。大きな肩パットは80年代の象徴?

相変わらずミニオンたちは役に立っていない 笑。でも泥棒をしないグルーに怒って出ていったけど、かつてグルーに優しくしてもらったことを思い出すシーンはほろっとさせるところも。前回はブルーベリー色だったけど今度は白も登場。まだスピンオフは観ていないので観てみようっと。

前回、グルーと結婚したルーシーが3姉妹の良いママになろうと努力してる所が良かったですね。血は繋がってなくてもグルーとともにしっかり家族になってました。

鑑賞日:2017/08/10

※TOHO cinemas free passport #6

怪盗グルーの月泥棒
怪盗グルーのミニオン危機一発
ミニオンズ

コメント (2)   トラックバック (9)

怪盗グルーのミニオン危機一発

2017年08月09日 | ★★★+

【DESPICABLE ME 2】 2013/09/21公開 アメリカ 98分
監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー
声の出演:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ベンジャミン・ブラット、ミランダ・コスグローヴ、ラッセル・ブランド、スティーヴ・クーガン、ケン・チョン、エルシー・フィッシャー、デイナ・ゲイアー、モイセス・アリアス
声の出演(日本語吹替版):笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉、宮野真守、須藤祐実、矢島晶子、伊井篤史、山寺宏一、中井貴一

STORY:引き取った孤児院育ちの三姉妹と、イタズラ好きの黄色い軍団ミニオンたちとの平穏な毎日を送る元怪盗のグルー。そんなある日、世界的な悪に立ち向かう極秘組織“反悪人同盟”の美人エージェント、ルーシーから強引なスカウトを受ける。三姉妹との平和な暮らしを優先し、一度はこれを拒否するグルーだったが...(allcinemaより)

怪盗グルーの月泥棒』の続編。裏稼業から足を洗い、三姉妹の父親として平和な日々を送っていた元悪党のグルーが、何者かに誘拐されたミニオンたちを助け出すため、新たな相棒とともに大活躍を繰り広げるというおはなし。先日の地上波放送のを観ました。

前作は月を盗んじゃうお話でしたが、今回はスパイものって感じでした。
三姉妹を引き取って裏稼業を辞めたグルーが反悪人同盟の美人エージェント・ルーシーにスカウトされるけれど一度は断る。しかしミニオンたちが誘拐されたことからルーシーと共に捜査に乗り出すというもの。

危機一髪....一発??
スパイもの風でタイトルが危機一発で、ルーシーの車が海に入ると潜水艦になってしまう...これは完全に007を意識してますよねぇ。それにグルーとルーシーのロマンスもあって...でもお子様向け仕様ですが。

黄色いミニオンたちがブルーベリー色の凶暴なミニオンになってました。後半で普通のミニオンがブルーベリー色に塗ってグルーとともに敵地に忍び込むドタバタは面白かった。ドンパチもゼリー銃で可愛らしく 笑。
グルーの相棒であるネファリオ博士がなぜ敵に寝返ったのかがよくわからなかったけれど、最後はきれーいにめでたしめでたしで終わったのでまぁ深く考えないことにします。

しかし....タイトルの怪盗、今回は怪盗じゃないですね。子供たちのために足を洗ったのだから仕方がないのかもしれませんが、お話は前作の月泥棒のほうが怪盗らしく好きです。が、怪盗もスパイも紙一重的な感じもするし、これはこれで楽しめたので良しです 笑。

鑑賞日:2017/08/04

 

怪盗グルーのミニオン危機一発 [DVD]
スティーヴ・カレル,ワイルド:クリステン・ウィグ,エルシー・フィッシャー,ベンジャミン・ブラット,ミランダ・コスグローヴ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
コメント   トラックバック (5)

怪盗グルーの月泥棒

2017年08月08日 | ★★★+

【DESPICABLE ME】 2010/10/29公開 アメリカ 95分
監督:クリス・ルノー
声の出演:スティーヴ・カレル、ジェイソン・シーゲル、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、ウィル・アーネット
声の出演(日本語吹替版):笑福亭鶴瓶、山寺宏一、伊井篤史、京田尚子、須藤祐実、矢島晶子、芦田愛菜

STORY:大泥棒グルーの生きがいは、世界をあっと驚かせる物を盗むこと。そのために、バナナから作られた怪盗軍団“ミニオン”を従え、涙ぐましい努力を続けていた。そんなある日、ピラミッドが盗まれ大ニュースに。悔しがるグルーは、負けてなるものかと、月を盗むことを決意する。ところが、宿敵ベクターの横やりで作戦失敗の危機に... (allcinemaより)

世紀の大泥棒を目指す男が、孤児の三姉妹を利用とするものの思いがけず愛情が芽生えてしまうというハートウォーミング・アドベンチャー・コメディ。監督は今作が長編デビューのクリス・ルノー。

3作目の『怪盗グルーのミニオン大脱走』が公開中で、せっかくフリーパスを取得したので観に行こうと1作目から観てみました。
ミニオンが主役じゃないんだー 笑 ←怪盗グルーの....ってあるし
というか、ミニオンて何なんの?と思ったらバナナから作られたのを初めて知りました!!

公開されてるのも吹替版なのでこちらも吹替版で。お子様向けの作品なので大泥棒といっても人のいい泥棒さん。TOHOシネマズでもミニオン推しでくるからどんな活躍をするのかと思いきや...大したことしていない!! 笑

はじめは鶴瓶さんの声がいまいちだったけど観ていくうちに慣れました。しっかり関西弁、、、
ベクターは宿敵とはいっても大したことなく 笑。
グルーがベクターの家?に忍び込むシーンはわりとツボでした。

月泥棒てなんぞや?と思ったらちゃんとあのお月さまを盗んじゃったとは!
しかもコンパクトになる所があり得なさすぎて笑いました。
三姉妹が可愛い。グルーになついてるところも微笑ましいし、絵本を読んで上げるグルーがまたまた微笑ましい...大人が観ても楽しめる作品でした。

鑑賞日:2017/08/02

怪盗グルーのミニオン危機一発
ミニオンズ
怪盗グルーのミニオン大脱走

 

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]
笑福亭鶴瓶(スティーヴ・カレル),芦田愛菜(エルシー・フィッシャー),山寺宏一(ジェイソン・シーゲル)
ジェネオン・ユニバーサル
コメント (2)   トラックバック (2)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

2017年08月06日 | ★★★+

【JOJO'S BIZARRE ADVENTURE: DIAMOND IS UNBREAKABLE】
2017/08/04公開 118分
監督:三池崇史
出演:山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介

この「力(スタンド)」で、
守るべきものがある。

STORY:スタンド”と呼ばれる特殊な能力を持つ高校2年生、東方仗助。彼が暮らす杜王町は、緑豊かで平和な町。ところが最近、謎の変死事件が続発していた。それは凶悪なスタンド使いアンジェロの仕業で、ある事件をきっかけに仗助に対して激しい憎しみを抱くようになる。そんな中、仗助の前に承太郎と名乗る男が現われ、仗助は実の父親を巡る秘密と、奇妙な事件の背後に蠢く凶悪なスタンド使いたちの存在を知ることに... (allcinemaより)

世界的な人気を誇る荒木飛呂彦のコミックの第4部“ダイヤモンドは砕けない”を実写映画化したアクション・エンタテインメント。“スタンド”と呼ばれる超能力を持つ高校生が、スタンド使いの凶悪犯から家族と町を守るために繰り広げる戦いを描く。監督は『無限の住人』『藁の楯 わらのたて』などの三池崇史。

ジョジョは最初の頃なら読んだことがあるのですが...忘れました。第4部は全く知りません。こういう話でしたっけー??と思いながら観てました。どうしても“ひがしかた”はどうしても反射的に“とうほう”と読んでしまいます、、、。仗助がジョジョ、安十郎がアンジェロって...面白いー。実写化が発表された時はブーイングが凄かったので冷やかしに観に行ったら奇妙な面白さで意外に楽しめました。た、たしかにあの髪型はへ.....ごにょごにょ、、、。

スタンドという特殊能力は人によって能力が違うことはわかりました。仗助の能力はいいですね。時間を止めるのもいいし....しかーし、その特殊能力を使う時にバックに出てくるモノが戦隊ヒーローっぽくて笑ってしまった。おもちゃの兵隊..いや軍隊さんも笑えた。でも水のCGがなかなか良かった。ターミネーターっぽい。それよりも最近のドラマや映画で見る岡田将生くんの表情や髪型は変で面白い好きだわ。

美しい海に臨む杜王町.....確かに美しい海がありました。ってースペイン???? うまくはめ込んだのかと思ったらエンドロールで本当にロケしてたんだーとびっくり。学校に通う生徒たちのバックにはスペインの建物が....無駄にお金かかってるのがなんか凄いな 笑。でも舞台は日本なのよね??? あんな日本があったら住みたいかも...でもスタンド使いがいるから怖いかな。

原作は知らないので実写化が成功してるのかわかりませんが、あまり期待をしないで観たせいかいろいろなギャップに驚き登場人物たちの髪型がわりと変なところが逆に楽しめました。伊勢谷さんが学生服って...。
なぜ第4部を実写化したんでしょーか。第一章とあるけど何章まで続くんだろう。

小松菜奈ちゃんは何かありそうなんだけど...今回はあまり活躍がなくて残念。
神木くんはらしい~って感じで良かったけど髪型、、、、

鑑賞日:2017/08/06

※TOHO cinemas free passport #5

コメント (6)   トラックバック (9)