☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

海難1890

2015年12月06日 | ★★★★

2015/12/05公開 日本/トルコ 132分
監督:田中光敏
出演:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、かたせ梨乃、川野直輝、斉藤とも子、金子昇、夏川結衣、永島敏行、竹中直人、笹野高史


なぜあの時、
トルコは日本を
助けてくれたのか。


Story:1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る... (シネマトゥディより)


なぜ今?と思ったら、2015年に日本トルコ友好125周年を迎えたのを記念して製作された日本・トルコ合作なんだそうですね。監督は『利休にたずねよ』などの田中光敏。

この二つのお話は昔「アンビリーバボー」で見て知りました。トルコではこの海難事故については教科書に載ってるほど有名だそうですが、私はTV番組を見るまでは知らなかったというのが残念。知らない人もこれを機に知って欲しいですね。

トルコの方々は遙か昔の恩をいつまでも忘れない気持ちに感動します。前にサッカーの試合で日本とトルコが対戦した時、どちらも応援したいから複雑だというのをテレビのインタビューで答えてたのが印象に残ってます。

日本とトルコのお話が描かれていてどちらも感動的な内容です。が、前半、海難事故までが長く半分以上が日本での話になっていました。なので後半のテヘランでのシーンが短くなってしまったのはちょっと残念かな。テヘランのシーンの救援機の件で、日本政府やトルコ政府とのやりとりをもっと描いていたら緊迫感がある展開になったかもしれないですね。

嵐で大荒れの海でのエルトゥールル号のシーンはなかなかリアルで迫力ありました。その後座礁するまでは本当に緊張感ありました。
乗組員が大勢ケガをしてるのを見て、地元住民らが外国人とわかっても誰だろうととにかく助けなきゃという気持ちと暮らしも貧しいのに食べ物を彼らに提供する姿に感動。

それと同時にトルコ大使館員が大勢のトルコ人に日本人を優先してくれるよう説得して賛同するシーンも感動しますね。90年も前の出来事をずっと語り継がれて感謝の気持ちを持ち続けてくれたことはうれしいです。

どちらの話もかなり脚色されていると思うのですが、田舎町でうまいこと英語が話せる医者がいたり、テヘランで日本語の先生とトルコ大使館の人と奇跡の再会とかとか....それはないだろーと思いますがね、、、。

エンドロールの後に、エルドアン大統領のコメントがありました。これからも日本とトルコは友好関係が続くことを願います。

★★★★

 

海難1890 [DVD]
内野聖陽,ケナン・エジェ,忽那汐里,アリジャン・ユジェソイ
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

 

海難1890 [Blu-ray]
内野聖陽,ケナン・エジェ,忽那汐里,アリジャン・ユジェソイ
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

 

海難1890 (小学館文庫)
小松 江里子,豊田 美加
小学館

 

トルコ軍艦エルトゥールル号の海難(仮)
山本 雅男
彩流社
コメント (9)   トラックバック (16)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

2015年12月05日 | Star Wars関係

【STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONES】
2002/07/13公開 アメリカ 142分
監督:ジョージ・ルーカス
出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド、ペルニラ・アウグスト、アンソニー・ダニエルズ、サミュエル・L・ジャクソン、クリストファー・リー、ジミー・スミッツ、ケニー・ベイカー、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン
声の出演:アーメッド・ベスト、フランク・オズ

 

ジェダイは怒ってはならない。 憎むことも。愛さえも。

 

Story:青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが... (allcinema ONLINEより)

 


スター・ウォーズシリーズ通算5作目のエピソード2。エピソード1から10年後が舞台。青年となったアナキン・スカイウォーカーのジェダイの騎士としての成長とクローン戦争での活躍やパドメとの禁断の恋が描かれています。

シリーズの中で一番観てないのでこのEp.2です。劇場で1回、TV放送で1回、、、。当時はアナキンとパドメの恋愛映画のイメージが強くなっていていまいち自分の中で盛りあがりませんでした。でも改めて観ると恋愛シーンは思ったより少ない。だけどこの恋愛を描くのは今後に重要だから仕方がない。パドメへの愛が強すぎてまわりが見えなくなってる...ジェダイとしては失格なのである。

ジェダイは恋愛禁止!!

3部作なのでEp.3への繋ぎなのですっきり終わらずこれからという時で終わる。アナキンはパドメの護衛のはずなのにここでも自分勝手な面も。ナブーに居ろと言われてもママのことが気になってタトゥイーンへ向かい....でもママの最期を見取ってあげられたのはまぁ良かったのかな。成長した息子に安心したようだったし。

しかし...あの憎しみの目がが怖い。
これがダークサイドへの一歩だった、、、

映像もEp.1からさらに進化して、夜のコルサントやナブーの湖と別荘、草原のシーンが美しい。水の惑星のカミーノも印象的。名前が地元の地名に似てて親近感があるのよね。あんな細長い住民はいませんが 笑。

よくよく観るとアクションシーンもなかなか見応えあり。コロシアムで捕まったオビ=ワンたちとその後参戦するジェダイたちのバトルシーンは見応えありました。あと後半でのドゥークー伯爵とのバトルシーンですかねぇ。ドゥークー伯爵はアナキン、オビ=ワンそしてヨーダとも戦って元気だし~。それよりもヨーダの動きがすばしっこいのがいいね。普段は杖をついてお年寄りなのにライトセーバーを取り出すと一番元気!!

お気に入りのシーンは、工場で3POの頭と胴体が切離されて別々のパーツがつけられちゃうところ。おとぼけキャラの3POがあたふたしてるのが可愛い。その後にしょーがねぇなぁ~とR2が頭を付けて上げるのが好き。

旧シリーズで人気のボバ・フェットが出てくる。まだ子供だけど生い立ちがわかる。それとレイア姫の養父のベイル・オーガナも登場したしでいよいよクライマックスのEp.3へ...。

鑑賞日:2015/12/4,5

 

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999)
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)
スター・ウォーズ/クローン大戦 VOLUME ONE & TWO
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008)アニメ
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)
スター・ウォーズ(1977)
スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)
スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(1983)
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015) 

 

 

スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ユアン・マクレガー,ナタリー・ポートマン,ヘイデン・クリステンセン,クリストファー・リー,サミュエル・L・ジャクソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 [DVD]
ユアン・マクレガー,ナタリー・ポートマン,ヘイデン・クリステンセン,ジョナサン・ヘイルズ,リック・マッカラム
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント (2)   トラックバック (2)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

2015年12月04日 | Star Wars関係

【STAR WARS: EPISODE I - THE PHANTOM MENACE】
1999/07/10公開 アメリカ 133分
監督:ジョージ・ルーカス
出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、イアン・マクディアミッド、ペルニラ・アウグスト、ヒュー・クァーシー、アーメッド・ベスト、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、テレンス・スタンプ、レイ・パーク、サミュエル・L・ジャクソン、オリヴァー・フォード・デイヴィス、ワーウィック・デイヴィス、フランク・オズ、ソフィア・コッポラ、キーラ・ナイトレイ

 

すべての伝説には、始まりがある。

 

Story:通商連合の調査に向かったジェダイ騎士は、その背後に銀河征服を企む暗黒卿の存在を知る。ジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、砂の惑星タトゥイーンでひとりの少年アナキンと出会う。アナキンに秘められたフォースの力を感じ取ったクワイ=ガン・ジンは、彼をジェダイ騎士団に入れようとするのだが... (allcinema ONLINEより)

 

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のためのおさらい。エピソード4からにするかエピソード1からにするか悩んで、今回はアナキンの一生をおさらいしようとこちらから!! ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描いたエピソード1。

20世紀FOXのファンファーレ後に“遠い昔、はるか彼方の銀河系で...”で始まり、じゃーん~とオープニング・ロールへと続く流れで、すでにテンションが上がります。何度観ても飽きないですね! このファフーレも付きでSWなんですけれども、新シリーズはディズニーなので...ないのがとても残念です、、、

後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカー。あんなに純粋で可愛い子だったのになんやかんやでダークサイドに堕ちハゲのおっさんになるわけです、、、。

御一行様がタトゥイーンに行かなければ、クワイ=ガンがアナキンを見つけさえしなければ、彼は普通にママと暮らしてたのにね。いや、フォースのお導きで誰かが見つけてたかな。その点、早くから心配してたヨーダはすごいわけで...。この頃からアナキンは自由というか自分勝手というか....でも彼のおかげで難を逃れたけれども。

当時は、映像技術が進歩してポッドレースやクライマックスのドロイドとのバトルシーンのCG映像がすごい!!と驚いたもんですが、今観るとどこがぎこちなさを感じます。現在の進歩はさらに驚かされますね。

ジャー・ジャー・ビンクスがうざい...と思ってたけどそんなでもなかったな。むしろあるお友達に見えてしまって親しみがわきました、、、(ごいちさんごめんなさい)

アミダラ王女の影武者で出てたのがキーラ・ナイトレイ。確かに二人は本当に似てる。まさに影武者にはぴったりでした。そしてこの作品で大ファンになったのがリーアム・ニーソン。それまでは普通に知ってる俳優さんくらいだったのに、それ以降はマスターと呼んでましたわー。なのにサミュエル・L・ジャクソンはサミュエルおじさんと呼んでるわたし、、、。でも....ユアンは好きなんだけど....彼のオビ=ワンはなかなか馴染めなかった....。

やはりこのエピ1ではダース・モールが印象に残りますね。見た目は赤鬼なんですが、ライトセーバーを持って戦う華麗な舞いのような動きにうっとり。クライマックスでのクワイ=ガンとのバトルシーンは見応えありました。←どっちの見方?? 今観てもこのシーンは見とれる。

全く知らない人がここから見始めたらワクワクしながら観られるんだろうか。アナキンがどうなるかわかってるから切ない気持ちで観てしまいますね。

それにしてもナタリーは....美しいな。

そういえば2012年に3Dとして上映されましたがこの1作で終わりましたね。
たしか順番に3D化すると言ってたのに 笑。

鑑賞日:2015/12/03,4

 

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999)
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002)
スター・ウォーズ/クローン大戦 VOLUME ONE & TWO
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008)アニメ
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)
スター・ウォーズ(1977)
スター・ウォーズ/帝国の逆襲(1980)
スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(1983)
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015) 

 

 

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]
ユアン・マクレガー,リーアム・ニーソン,ナタリー・ポートマン,ジェイク・ロイド,サミュエル・L.ジャクソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス スチールブック仕様 [Blu-ray]
リーアム・ニーソン,ユアン・マクレガー,ナタリー・ポートマン,ジェイク・ロイド,レイ・パーク
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント   トラックバック (2)