☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

「a-nation stadium fes. 8/30」

2014年08月31日 | TVXQ!

8月30日、東京・味の素スタジアムで開催された「a-nation stadium fes.」に行って来ました。

毎年行われていますが参戦は今回が初めて。今までは野外は好きじゃなかったので敬遠してたのですが、昨年の日産スタジアムで味をしめたのと今年の東方神起のライブツアーの参戦が東京ドームで終わったこともあって、自分の中での不完全燃焼をすっきりさせてファイナルしたかったという理由でした。

この日は、May j.、moumoon、清水翔太、ソナーポケット、KREVA、Every Little Thing、東方神起というラインナップでした。あ、もちろんお目当ては東方神起です(←わかってるって?)
このスタジアムもイベントも初めてなので思いっきり早く行ってしまいました(笑)。オープニングアクト、トップバッターのMay j.さんからトリの東方神起まで約5時間弱しっかり見ましたよ。チケット代分は楽しまなきゃ!!

思ってたより会場内は自由で、私の周りの席は結構空いてて途中から来たり食べ物を買いに行ったり...スマホいじってる人、撮影してた人(←いいの?ダメだよね)がいたりしてました。

May j.さんの♪Let It Goが生で聴けたのはうれしかったな。その他、名前は知ってるけどアルバムを聴いたことがないアーティストさんたちの歌も聴けたので楽しかった。清水さんの歌声が素敵だったのに対しMCがなんか笑えたり、90%は東方神起ファンだろーな中でのKREVAさんの客の乗せ方のうまさにはすごいなと思いました。でもみなさん、アウェー感持ちながらのライブだったんですね、、、汗。

そしてトリを飾るのは東方神起。他のアーティストが30分ほどなのに対し彼らは約1時間のステージ。それまでは入場の時にもらった光るうちわでブルーオーシャンだったのが、レッドオーシャンに変る瞬間には感動しました。話には聞いてても実際に目にすると感動ものですわ。

ツアーの時とは違って夏らしい衣装で登場の二人。黒髪のユノが素敵すぎる...チャンミンはツアー時のほうが好きだけど汗で濡れてくるといい感じになってきた。とにかく初っぱなから汗だくの二人。とくにチャンミンはテカテカしててすごかったわ~日焼けてましたね。

1曲目の♪スリスリからはじまり締めの♪Somebody To Loveまでの10曲を披露。もう単独ライブ状態で盛りあがりました~っ。選曲が良かったわ~♪I love youではツアーの時と同様に会場がシーンとした中での二人の歌声が響き渡るところはまたまた感動。

わたし、♪Good Daysがものすごーーく好きで特に転調する所にグッと来ちゃうのです。今回のツアーは昨年以上に思い出深いものがありまして、この曲を聴いたらその時を思い出して涙が出てきてしまいました、と同時にまたこの曲が聴けたうれしさもプラスです。
♪Summer Dreamからはトロッコで場内を一周...ステージ正面の下層スタンド席だったので、やっと近くで二人を見ることができました~。

短いMCがありましたが、中盤でユノが大事なお知らせがあるんだって?と言うと、チャンミンは“あるよっ”と某ドラマの真似を。その後“なんと東方神起が....”で止まってファンをドキドキさせます。しかもチャンミンはユノに耳打ち.....これってキャー言うの想定済みでしょ?。その後“来年5大ドームツアーが決まりました”と発表するもんだからまわりの大歓声はすごかった。思わぬ発表にテンションあがったワタクシです。

ライブ終了後にはどどーんと花火が打ち上がりfesが締めくくられました。そして....私の夏も終わりを告げました。と、同時に私の中で今年の東方神起のライブも気持ち良く締めくくることができました。ありがとうユノ、チャンミン。

もしかしたら来年のツアーはないかなと思ってた矢先のうれしいお知らせ。チャンミンがツアーはこれで終わりと思ってた人が多いみたいですが...と言い、ちゃんとファンが思ってることは彼らにも伝わってるんですね。ユノも“僕はまだまだだよ”と。しかし嬉しい反面またチケット争奪戦が始まるのかと思うと複雑ですけどね、笑。

ツボその1:
中盤でユノがはけていく場所を違えたようで、チャンミンに“本番前に何度も言ったのに”と指摘されてた 笑。そして“これがライブの魅力だ~”と手を振りながらダッシュしていくユノがかわいすぎるーーー。

しかし...その後ジャケットを脱いで出てきた時に笑いが...。白のタンクトップに胸の所に太い青いラインがある姿で出てきたものだから体操でもするの???と思っちゃった。衣装担当の方.....なんとかならないものかしら、、、←衣裳担当の方、ジャニーズ見習ってよっっ

ツボその2:
ライブが終わった時、チャンミンがユノの肩を抱いてはける姿が印象的でした。

ツボというか萌えというか...その3:
最後の挨拶の時の濡れた髪のユノのアップが映し出された時.....すっ、すてき過ぎる!!!!
濡れた黒髪のユノ....ああ゛~たまらん。せくすぃ~でいちころでしたワタクシ。

この日は偶然にもNakajiさんとの席も近く、しかも同じ列でした。席から手を振れば確認できる距離で、この5万5000人も入るのにこんなに近くなのも驚きです。ホテルも一緒だったという、笑。その後は色々とお世話になりましたー。

【東方神起「a-nation stadium fes. 2014」セットリスト】
1. SURI SURI
2. Scream
3. I love you
4. Good Days
5. Something
6. Why?(Keep Your Head Down)
7.Sweat
8.Summer Dream
9.OCEAN
10.Somebody To Love

コメント (4)   トラックバック (1)

変態小説家

2014年08月30日 | ★★★

【A FANTASTIC FEAR OF EVERYTHING】 2012年劇場未公開 イギリス 100分
監督:クリスピアン・ミルズ
出演:サイモン・ペッグ、クレア・ヒギンズ、アマラ・カラン、ポール・フリーマン、アラン・ドレイク

ジャックは、児童作家から犯罪小説家に転身し、執筆活動のため、ヴィクトリアの連続殺人鬼のリサーチに没頭する。 ところが、これが原因でジャックは自分が何者かに命を狙われている、という誇大妄想に憑りつかれてしまう...

何故か突然にハリウッドの大物がジャックの作品に興味を示したことから彼の妄想が膨らんで...というもの。ディスカスからレンタルした2枚が偶然にも“変態”でした。が、こちらは病的なほどの妄想しまくりの人で変人ではあると思うけど変態とは違うと思います。邦題はちゃんと付けてほしいものですねっ。

サイモン・ペッグ主演のコメディということで観てみたのですが....爆笑するでもなく何かよくわからない感じで、ただサイモン・ペッグが異常に妄想しまくって怯えてる姿は笑いました...というか圧倒されましたわ(笑)。

監督はイギリスの人気バンド、クーラ・シェイカーのイケメン(←気になる)ボーカル、クリスピアン・ミルズの初監督作品だそうで、彼の祖父は英国の大俳優、故サー・ジョン・ミルズだそうな。

後半でのコインランドリーで妄想が限界を超えていく流れは面白かったかな。
でも....全体的なおもしろさは微妙です、、、

★★★

 

変態小説家 [DVD]
サイモン・ペッグ
松竹
コメント (5)   トラックバック (3)

HK/変態仮面

2014年08月29日 | ★★★★

2013/04/06公開 日本 PG12 105分
監督:福田雄一
出演:鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、片瀬那奈

愛子ちゃん、
どうか俺の闘う姿を
見ないで欲しい。

紅游高校拳法部員の色丞狂介は、刑事だった父親の血を受け継ぐ正義感あふれる青年。転校生のお嬢様・姫野愛子に一目惚れした彼だったが、ある時、銀行強盗に巻き込まれた愛子を救おうと覆面をして変装するはずが間違って女性用パンティを被ってしまう。すると、ドMの父とドSの女王様だった母から受け継いだ変態の血が覚醒し、潜在能力を極限まで引き出すことができる超人“変態仮面”に変身したのだった... (allcinema ONLINEより)

90年代前半に「週刊少年ジャンプ」に連載されていたあんど慶周原作のコミックを実写映画化した作品。監督は『コドモ警察』『俺はまだ本気出してないだけ』などの福田雄一。なお、脚本協力には本作の映画化を熱望したという小栗旬。

やーっと、やぁーーーっと、観られました!!!

堂本光一さんがよく“おいなりさん”発言をしてて、そこでコミックの存在を知りました。実写化の時は光一さんにやってほしいなと思ってたんですけどね、笑。変態仮面を演じた鈴木亮平さんはNHKの『花子とアン』に出演してますよねぇ...同じ人とは思えないわ 汗。

オープニングクレジットがもろマーベル....しかももろスパイダーマンだった、笑。

いやぁ~面白かった
期待以上に楽しかった笑った爆笑した

そういう作品が楽しめた...私は...変態....でしょうか、、、

会社の同僚(いつもとは違う女性)に変態仮面のDVDがなかなか借りられなくて~と言ったら、コミックを貸してくれました。まずは原作を読んでからの鑑賞となりましたが、これは原作を読んでから観て大正解。あの世界をどう実写でやってるのか....と思ったら、しっかり再現されていてビックリ。...鈴木さん...よく引き受けましたなぁ~素晴らしいです。

変態仮面のあのポーズも決まってるし、なんやかんやもキマっておりまする~。何も知らないで観たら、もしかしたら引いちゃったかもしれないけど、笑。

それに敵がまたまたインパクトがあってすごいっ。

偽変態仮面....最高!!!

すごいんだよ~と聞かされて期待が膨らんだんですが、期待以上の変態さに爆笑しました。

本家変態仮面よりも変態じゃーーーーん!!!

外でのシーンは本当に外?それとも合成?? 
変態仮面vs偽変態仮面のバトルはテンションあがりました。
必殺技には...もうわらうしかないっ。

ここまで変態を見せつけてくれると、嫌らしくもなくかえって気持ちいいというか清々しいというか←違う?? よくぞ演じてくれましたという感じです。

狂介の母親役の片瀬那奈さん、すごいですね、笑。
捨て身?の怪演には圧倒されましたが爆笑しました。

見終って知ったんですが、監督さんは堂本剛っさん主演の『天魔さんがゆく』の監督さんなんですねー。天魔さんも大好きなのであ~なるほどだから楽しめたんだと妙に納得いたしました。

★★★★.7

本編が終わってエンドロールに差し掛かった頃、いきなりビシュービシュー言うからなんだろうと思ったら、ライトセーバー型の懐中電灯が光ってました、、、。なぜ??? 光を照らすのはバットマンのはずだけど、、、。しかも....止まらなくなった 汗

コメント (17)   トラックバック (17)

新しき世界

2014年08月27日 | ★★★★

【NEW WORLD】 2014/02/01公開 韓国 PG12 134分
監督:パク・フンジョン
出演:イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、パク・ソンウン、ソン・ジヒョ、チュ・ジンモ、チェ・イルファ、チャン・グァン、キム・ビョンオク

“父”への忠誠か、
“兄”との絆か。

韓国最大の犯罪組織で8年間も危険な潜入捜査を続けている警察官のジャソン。その甲斐あって、今では組織のナンバー2、チョン・チョンの信頼を勝ち取り、その右腕として台頭するまでになっていた。しかし神経をすり減らせる仕事に、警察へ戻る日を待ちわびる毎日だった。そんなある日、組織の会長が急死し、にわかに跡目争いが勃発する。ジャソンの上司カン課長は、これを組織壊滅の絶好のチャンスと捉え、警察復帰を嘆願するジャソンに非情な捜査継続の命令を下し、“新世界”と名付けた一大プロジェクトを決行する... (allcinema ONLINEより)

悪魔を見た』『生き残るための3つの取引』の脚本で注目を集めたパク・フンジョンによる監督第2作。犯罪組織に潜入した警察官が、警察への忠誠と組織との絆の間で葛藤する姿を描いたヒューマンクライムアクション。

冒頭からショッキングな映像に...さすが韓国映画ですわ~。
ボコボコで血だらけでもうわぁ~と思うのにトドメはセメント飲ませちゃうんですもん....あの後どうなるのかを想像しただけでゾゾゾ、、、です。でもドラムカンは古いわ~と思ったり。

潜入捜査もので、主人公の立場や内容がもろ『インファナル・アフェア』そのものでパクリか?と思いましたよ。しかし、そのまま観ていくと全く違う展開になっていき最後まで見入ってしまいました。なかなか見応えがあって面白かったです!!

“新世界”と名付けられた警察の一大プロジェクト。組織の壊滅を図るためのもので、一日も早く警察に戻りたいジャソンに上司からの非情な命令が下る...切ない。しかも組織にはブラザーと呼んでくれるアニキ的存在のチョン・チョンがいて絆もそこそこ深い。その間で苦悩するジャソンを演じるイ・ジョンジェが素晴らしい。ジャソンの上司を演じるチェ・ミンシクの最低っぷりが良かった。そのほかの俳優陣もうまい人たちばかり。

やはり韓国映画だからバイオレンスシーンは多い。冒頭の顔が変形するまで殴る蹴るはあたりまえだし、セメント流しはやりすぎーと思いつつ、刃物でスパーっとグサッとはあたりまえ。特に印象に残ったのはエレベーターのシーンですかねぇ。あんな狭い所で...怖すぎ。

途中からの展開はお国の違いなのでしょうかね。はたして新世界プロジェクトは犯罪組織の撲滅になるのだろうか....
これ...ハリウッドでのリメイクがあるんですか?
うーん....これは韓国映画だからいいんだと思うのですがね。

★★★★.4

 

新しき世界 [DVD]
イ・ジョンジェ,チェ・ミンシク,ファン・ジョンミン,パク・ソンウン,ソン・ジヒョ
TCエンタテインメント

 

新しき世界 [Blu-ray]
イ・ジョンジェ,チェ・ミンシク,ファン・ジョンミン,パク・ソンウン,ソン・ジヒョ
TCエンタテインメント
コメント (8)   トラックバック (12)

イントゥ・ザ・ストーム

2014年08月24日 | ★★★★

【INTO THE STORM】 2014/08/22公開 アメリカ 89分
監督:スティーヴン・クエイル
出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー 、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス

“怪物”のど真ん中へ――

アメリカ中西部の街シルバートン。この日、ゲイリーが教頭を務める高校では卒業式が行われようとしていた。一方、竜巻の撮影に執念を燃やすピート率いるストーム・チェイサー・チームのメンバーで気象学者のアリソンは、シルバートンの気象状況にかつてない巨大竜巻の可能性を見出す。さっそく一行は、特別仕様の装甲車を駆って現地へと向かう。そんな中、ついに想像を絶する巨大竜巻が発生し、シルバートンの街を襲う... (allcinema ONLINEより)

巨大竜巻が街を破壊し人々を恐怖に陥れるようすを描いた体感型パニック・アドベンチャー。監督は『エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ』のスティーヴン・クエイル...と言ってもよく知らない。キャストも見たことあるようなないような....出演作を調べたら観てるようですが覚えてないデス。

予告編で飛行機が軽々と巻き上げられてるのを見て、ありえなーい、ふざけてると思ったのであまり期待してませんでしたが意外と真面目に作られてたし、竜巻が発生して街をことごとく破壊しまくる姿には手に汗握りました。

映画としては思ってた以上に迫力があって、竜巻が通った後の破壊された街はリアルに壊されてたのでゾッとしましたね。ああいうふうに竜巻は発生するのかーと...とはいっても映画なのでかなり大げさにはなっとりましたが...特にクライマックスはね。

パニック映画なので物語はあるようなないようなもので、竜巻に大はしゃぎするオバカ2人組と、高校の教頭を務めるゲイリーとその息子たち、そして竜巻の撮影に執念を燃やすストーム・チェイサー・チームとの3本立てで展開されます。
それが前半でしばらく続いてなかなか竜巻が現れないので退屈気味に....しかし、第一弾が発生してからは緊張感ある展開に...。

破壊されまくった街は、連日報道されている土砂災害の映像とだぶり複雑なものがありました。しかも、昨年と今年と地元でも竜巻被害が起こり今日も注意報が出てたりするので映画とはいえ素直に迫力あって面白かった~というには複雑な気持ちです。

しかし手に汗握る大迫力の映像ですごかったわ。特に学校に向かってくる竜巻や火柱になって襲ってきたり、クライマックスでの排水管?のシーンは凄まじいものがありましたね。あと、まるで戦車みたいなタイタスが必死耐える所は力が入りましたね。

巨大竜巻に巻き込まれの目に入った時に見える風景はまるで天国のように見えた.....
目撃した彼はある意味本望だっただろうなぁ。

しっかし....オバカ2人組のその後にはあきれたよ。

きっとツッコミまくりでまったくもぉ~という感じなのかと思ってたけど、この異常気象の今、竜巻がきたらどうすればいいのかとか色々と考えちゃった。いつどこで起きるかわからないし、他人事ではないですもんね。
教頭でもあり父親でもあるゲイリーの的確な指示や息子を救おうと必死な姿が素敵でした。でもこういうパニック映画はいつも親子関係が悪いのよね、しかも母親はいない 汗。

やはりこの迫力は大きなスクリーンで!!

★★★★.2

 

イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
リチャード・アーミティッジ,サラ・ウェイン・キャリーズ,マット・ウォルシュ,アリシア・デブナム=ケアリー,アーレン・エスカーペタ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント (18)   トラックバック (31)

「県南に行って来た」

2014年08月23日 | 日記

急に母がどこかへ行きたいというもんだから....とりあえず県南の小山と下野に行って来ました。
見たい映画もあったんだけど、たまには付き合わないとね~っ。 

下野市にある「道の駅 しもつけ」。

途中、立ち寄ったのは2011年3月26日にオープンした新4号国道沿いにある道の駅。
なかなか行けなくてやっと初めていってきました。

 

最近は有名になった日光の天然氷を使用したかき氷。
ちなみに“とちおとめミルク”。
普通のイチゴシロップよりイチゴらしくさっぱりした甘酸っぱさでおいしかったー。
人気でちょいと並びましたー。

 

お昼は小山市にある「和風喫茶 音楽館」でお昼。
最近はなかなか行く機会がなくて久々で約10年ぶりになっちゃうのかな。
看板もない上に、住宅街の中にあるので見つけにくい。
目印もなくお店の地図があっても行くのはむずかしいと思います。

 

店内はレトロな雰囲気漂ってて静かで落ち着きます。
なのに近代的な扇風機が(笑) 

お店の名前が「音楽館」なのはオーナーがクラシック好きで、
音楽家を招いて演奏会を催すこともあるそう。
店内には演奏会の写真がかざられております。

 

クロックムッシュやクロックマダムもおいしいんだけど、
やはりここは、“漁師風スパゲティ トマトソース” 。

お皿が大きいので量が少なく見えるけど普通の量でーす(笑)
ここはお箸で頂くのです。

 

食後の水出しコーヒー。
濃いんだけど口の中で香りが広がる。
ミルクをたっぷり入れてまた違ったおいしさに。

かなーり久々に来たのですがパスタの味も全く変らずのおいしさで
嬉しかった。もちろんお店の雰囲気も変らず...

 

その後、なんやかんや用事を済ませた後.....帰り道...
 ふたたび、道の駅しもつけ(笑)

昭和23年創業の餡子屋「福居製餡所」と昭和20年創業のお茶屋「吉川園」。 
旭川の老舗によるコラボブランド「福吉」。 
本州第1号店として、今年ワタクシの誕生日(8/10)に道の駅しもつけにオープン。

 季節限定ものの“日向夏ラテ”と“福吉ラテ”(下はあんこ)。
意外に福吉ラテのほうが甘くなくて、あんこが苦手な私でも飲めました。
 

行きも帰りも新4号国道...ここは事故多発する国道。
よく死号線とも言われたりします。
高速道路並みに飛ばす車が多いのでなるべく避けてたんですが、
さすがに小山に行くにはここを通らねばならず、、、 
今日はもう夏休みも終盤なので空いてました。

ここ最近は体調も良くなかったりしてたので、今日はいい気晴らしになりました!! 

コメント (11)

リベンジ・マッチ

2014年08月22日 | ★★★+

【GRUDGE MATCH】 2014/04/04公開 アメリカ 113分
監督:ピーター・シーガル
出演:ロバート・デ・ニーロ、シルヴェスター・スタローン、ケヴィン・ハート 、アラン・アーキン、キム・ベイシンガー、ジョン・バーンサル

ハナタレ共、
これが人生賭けた
戦いだ

80年代に全盛を誇った伝説的ボクサー、ヘンリー・“レーザー”・シャープとビリー・“ザ・キッド”・マクドネン。2人は1勝1敗で迎えた運命の第3戦を目前に、突然シャープが引退を宣言、誰もが望んだ完全決着は幻に終わった。それから30年、シャープが独り身のしがない工場労働者なのに対し、マクドネンはビジネスにも成功し悠々自適の日々。そんな2人にひょんなことから世間の注目が集まり、お調子者のプロモーター、ダンテ・スレート・Jrの計略で30年越しの遺恨試合が実現することに... (allcinema ONLINEより)

往年のライバル同士のボクサー2人が、ひょんなことから30年の時を経て老体に鞭打ちふたたびリングに上がり宿命の対決をする...というおはなし。
監督は『ロンゲスト・ヤード(2005)』『ゲット スマート』のピーター・シーガル。

観たかったけどMOVIXで都合がつかなくて観られなかった作品。
『レイジング・ブル』のロバート・デ・ニーロと『ロッキー』シリーズのシルヴェスター・スタローン共演ときたらそれぞれの作品を観た人はテンション上がるよね~。
私は残念ながら『レイジング・ブル』は未見です、、、あとで観るっ。
何気にロッキーのパロディ?なんかもあったりしてニヤリ。

ボクシング映画は大好きだけど、さすがに今回はおじいちゃん同士の闘いものだからゆるい。スピード感もないし違った意味でハラハラドキドキ、笑。ややコメディ寄りの作品でしたね。ま、スタローンはアクション映画にバンバン出てるから身体を鍛えてるのはわかるけど、デ・ニーロさんはきついかな。その分笑いで楽しませていただきました~。

しっかし、この二人で今、ボクシング映画を作ろうと考えたのはすごいわ。この二人だから面白く観られたんでしょうね。お二人の小学生レベルのケンカが笑えたー。
キッドと息子の絆を深めるエピソードとか良かったな。

エンドロールの途中で出てくる人たちには笑ったよー。

★★★.6

 

リベンジ・マッチ ブルーレイ&DVD セット (【初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
シルベスター・スタローン,ロバート・デ・ニーロ,ケビン・ハート,アラン・アーキン,キム・ベイシンガー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント (2)   トラックバック (14)

私の隣の殺人者

2014年08月19日 | ★★★+

【sin of a family】 2010年 韓国 98分
監督:ミン・ビョンジン
出演:シン・ヒョンジュン

妻が家を出て行き、息子と二人暮らしのチョ刑事(シン・ヒョンジュン)は、酒ばかりを飲む毎日を送っていた。ある日、村の裏山で少年の遺体が発見され、チョ刑事は相棒のイ刑事(イ・ギウ)と少年の身元調査に乗り出す。歯型から治療した歯科医院を割り出し、少年の身元を確認した二人は、さっそく医師から伝えられた住所へと向かう。しかし、遺体の身元と考えられていたその少年は、なぜか目の前で元気に遊んでいるのだった... (Amazon解説より)

『天国の階段』のシン・ヒョンジュン主演によるサスペンススリラー。
と、言っても韓国ドラマは見ないので出演している俳優さんはお初です。しかも、この作品は劇場公開されたのかDVDスルーなのかもわかりません。

しかし、とぉーーーーっても切ないお話でした....

サスペンスというよりも家族をテーマにした人間ドラマという感じでした。
主人公のチョ刑事は妻に逃げられ何かと問題を起こす息子がいて、チョ刑事の相棒のイ刑事には認知症の父親がいる。そして障害を持った息子を持つ家族がいて.....とそれぞれの家族を通していろいろと考えさせられる作品でした。

普通に殺人事件の犯人を追うお話だと思ってたら全く違ってて、その辺を期待して観るとサスペンスでもなんでもないじゃんということになります。このお話は韓国だけではなく、日本でもありうる話なのでそれぞれの家族に感情移入しながら観てしまいました。

前半はちょっとコミカルな展開もあったけど、わりとシリアスで真面目にきちんと作られている作品でした。冒頭の身元不明の少年がなぜこうなったのか真相がわかるとかなり切ないです。

★★★.7

 

私の隣の殺人者 [DVD]
シン・ヒョンジュン
エプコット
コメント (2)   トラックバック (1)

「2回目のトランスフォーマー/ロストエイジ(3D日本語吹替版)」

2014年08月16日 | 映画関係・その他

地元で2回目となる「トランスフォーマー/ロストエイジ」を観てきました。
前回はIMAX3D 字幕版だったので、今度は3D吹替え版にしました。夏休みで他にお子様向けの作品があるせいか一番大きなスクリーンでは上映されませんでした、泣。が、しかしほぼ満席状態で大人が多かったな、笑。

普通の3Dでもそれなりに効果はあったと思います。しかし、はじめにIMAXで観てしまったため見劣りしてしまうのは仕方がないですね。いつものは地元で観てからIMAXだったのですが、やはり映画は観る環境が大切ですね。一度観てるせいかアクションに次ぐアクションでやや単調に思える所も、、、。それとIMAXの迫力ある音響と映像は格別でした。...ここだけの話....中盤ちょいと寝ました←おいおいっ

前日に行って来た「トランスフォーマー博」でのオプティマスや等身大のバンブルビーの見上げる感覚と実際に使われていた武器などを見たこともあって感慨深いものがありましたわ~。やはりダイナボットが出てきた所からはテンションMAXで観てしまいますね。

 

・ トランスフォーマー/ロストエイジ(IMAX3D 字幕) ←1回目

TBはこちらにお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2cef9fff3f555fbea858d6f2ba2e6d56/54

コメント

「砂の彫刻展」

2014年08月16日 | 日記

トランスフォーマー博」の後、日本・中国・韓国の砂像彫刻家による「砂の彫刻展」に行って来ました。

砂の彫刻とは、砂を固めて積み上げたピラミッド状の塊から彫り上げていくもので、砂の締め固めに使うのは水だけだそう。今回の展示では、横浜市水道局の協力のもと、横浜の水と鳥取砂丘の砂が使用されてるそうです。


韓国ゾーン

中国ゾーン

日本ゾーン

すべて砂で作られてるとは思えないほど細かく描かれていてみごとです。制作には気が遠くなりそう、、、。夜はライトアップされるようで、夏季は8月31日まで開催されてます。

コメント   トラックバック (1)

「トランスフォーマー博」

2014年08月16日 | 映画関係・その他

パシフィコ横浜で開催されている「トランスフォーマー博」へ8月15日に行って来ました。

生誕30周年を迎えることを記念して8月9日(土)から17日(日)まで開催されているもので、高さ9メートルの巨大トランスフォーマー像や3Dプロジェクションマッピング、巨大ジオラマ、約7メートルのオプティマスプライムにほぼ実寸大の約6メートルのバンブルビー、そして変形前のトレーラーとカマロなどが展示されていました。

まず、入ってすぐに...ずら~りと並んでいてみなさん撮影会と化してました。

中程に入っていくと、オートボットとディセプティコンとに分かれて年代順に解説とともに並べられております。全体的に暗めなのでうまく撮れませんでしたが、その一部。

その先は巨大ジオラマゾーン。

         

 なかなかリアルに再現されておりまする。

 

ジオラマゾーンを抜けると...

 

ほぼ等身大のバンプルビー。
映画の中でサムが見上げる角度と同じというのがうれしい。




オプティマスはさらにデカかったー。左側にはリフトに乗って頭の高さまで行けるのですがかなり並んでました。

 

 実際に使用されていたものが展示されてました。

 

↓ケイドが普通に使ってたけど、実際に見るとかなり重そう....

ほかにもいろいろと展示されてましたが、撮ったつもりがとれてないものもあった(泣)

この先には、玩具・アニメ・実写映画にいたるまでのトランスフォーマー30周年の歴史を堪能するゾーンがあります。原点となった「ダイアクロン」や「ミクロマン」や、初代から現在までのキャラクターやコラボなどが集まる約3000点が展示された「トランスフォーマー ラボ」。玩具のほかに当時のアニメや原画も公開されておりました。

このゾーンは所狭しと並べられたキャラたちがたーくさんでもうお腹いっぱい状態、笑。私はアニメは見てなかったのと実写映画から入ったのでただただすごい~と思いながら見てました。それよりも3000点をきちんと並べた労力もすごいと感心しちゃいましたよ。片付けるのも大変そうだ、、、。

全部まわって約2時間は越えました。思ってたよりも見応えがありまして入場券2600円分しっかりと堪能しました。バンブルビーちゃんと写真も撮ったし満足満足♪
展示品のほかにも3Dバーチャル体験や体験ゲーム、ステージイベントなども行われていました。

以前Twitterで誰が行かないかなーとつぶやいた所、SGA屋伍一さんが名乗りを上げてくださいまして、この日は一緒に行って来ました。ブロガーさんたちと箱根に行った以来の1年半ぶり。大変お世話になり、ありがとうございました。

コメント (4)

キリングゲーム

2014年08月13日 | ★★★

【KILLING SEASON】 2014/01/11公開 アメリカ PG12 85分
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演:ジョン・トラヴォルタ、ロバート・デ・ニーロ、マイロ・ヴィンティミリア、エリザベス・オリン

ロバート・デ・ニーロVSジョン・トラヴォルタ
楽には、死なせない。

かつて、アメリカとNATOによるボスニア紛争への軍事介入に参加した元米軍兵士のベンジャミン・フォード。今はアパラチア山脈の奥地で家族とも疎遠のまま、孤独な隠遁生活を送っていた。ある日、脚の痛みを抑える鎮痛剤が切れたため町へと向かうが、途中で車が故障してしまう。幸運にも、偶然出会った東欧訛りの男性エミール・コヴァチが修理してくれたおかげで窮地を脱するフォード。やがて互いにボスニアの戦場にいたと知り、意気投合する... (allcinema ONLINEより)

ロバート・デ・ニーロとジョン・トラヴォルタ共演のサスペンス・アクション。
かつてボスニア紛争を経験した2人の元兵士がアパラチア山脈の大自然を舞台に繰り広げる死闘を描いた作品。監督は『デアデビル』『ゴーストライダー』のマーク・スティーヴン・ジョンソン。

デ・ニーロvsトラヴォルタということで観てみました。
面白かったというよりイタタタターでした、、、。
前半は二人がひょんなことから出会い、お互いボスニアの戦場にいたことで意気投合して仲良しおじさんたちなんだけど、中盤からはお互い正体がわかるところころと主導権がかわりつつのイタタターな拷問合戦に突入。

トラさんの18年もの恨みが積もった戦場での敵がデ・ニーロさん。サッさとやっちゃえばいいのにじわじわ~と痛い思いをさせながら....なんか年寄りいじめに思えてきちゃった 汗。
どうみてもトラさんのほうが若いんだから簡単に殺せそうなんですがね....ゲーム感覚ですか?

ふたりの共演はいいと思うけど、作品としては思ったほどテンションが上がらなかったです。やるかやられるかなのにイマヒトツ緊張感が無いような気がしました。でも拷問シーンだけは見応えあったかな。
地元のMOVIXでも上映してたけど時間の都合で観に行けず。でもDVDで良かったかな。

★★★.2

 

キリングゲーム [DVD]
ロバート・デ・ニーロ,ジョン・トラボルタ
アミューズソフトエンタテインメント

 

キリングゲーム [Blu-ray]
ロバート・デ・ニーロ,ジョン・トラボルタ
アミューズソフトエンタテインメント
コメント (2)   トラックバック (12)

トランスフォーマー/ロストエイジ(IMAX3D 字幕)

2014年08月08日 | ★favorite★

【TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION】 2014/08/08公開 アメリカ 165分
監督:マイケル・ベイ
出演:マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ、スタンリー・トゥッチ、ジャック・レイナー、リー・ビンビン

共に戦うか、滅びるか。

地球征服を目論むディセプティコンから人類を守った正義の軍団オートボット。しかし時代の流れと共に、政府からの迫害は激しさを増していた。テキサスの片田舎で年頃の娘テッサを育てながら廃品業を営むシングルファーザーのケイド。ある日、偶然手に入れた中古トラックがオプティマスだと気づく。しかしそこに、オプティマスを回収しようとする謎の組織KSIが現われる... (allcinema ONLINEより)

「トランスフォーマー」シリーズ第4弾。
登場人物やキャストが一新されて、シャイア・ラブーフからマーク・ウォールバーグへ。
製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ、監督はマイケル・ベイと変らず。

このシリーズはIMAXで観たいと思ってたので、代休があったのでそれを使ってユナイテッド・シネマ浦和で観てきましたー。

キャストが一新されて一応リブードという感じなのかな。でもオートボットとディセプティコンとの戦いから4年後という設定なのでまぁ続編にはあたる。キャストが変ってしまうとどうしても前のキャストと比べてしまうのですが、今回はまーーーーーったくありませんでした!!

マークの娘を溺愛する発明家という設定も悪くはなかったし、娘の彼氏がレーサーという設定もいかされてたしね。ここに出てくる女子は守られるタイプじゃないのもいいよねー。意外にすんなりと新キャストに入っていけたのもすごい。スタンリー・トゥッチがいい味だしてましたね。最初は嫌なやつだと思ってたけどだんだんと憎めないやつになっていったし...。

さすがIMAXですなー。3D効果ありあり。冒頭シーンなんて本当に空を飛んで眺めてるようだったし、目の前の岩?もすぐ目の前にリアルに見えた。ちっさい恐竜さんがぁ.......。市街戦で火の粉が舞ってるのがきれい。灰もね。高所恐怖症にはつらいシーンもあって足がすくみましたわ。

技術の進歩も素晴らしくトランスフォームするのがさらに早くなった。とにかくバトルシーンが盛り沢山でこれだけ多いと飽きちゃうんじゃないか?と思う所だけど、お目々ギラギラで観てました、笑。

それとこのところ仕事が環境の変化でストレスが溜まりすぎてた所、前作に引き続き街が全滅か?というくらい破壊され、さらに舞台は中国に移りそこでも街がド派手に破壊されててていいストレス発散になりました。中国からなんか出てるなと、、、まぁいいです、面白ければいいんです、派手に街をぶっ壊してくれましたから。

オプティマスやバンブルビーがショボいのからいつものぴかぴかに変った時はテンションあがったなー。今回はダイナボットという恐竜系が出てきたのが良いねー。メカゴジラ(観たことけど)が出てきたら面白かったのに、笑。そのほか、『ワイルド・スピード』もびっくりのカーチェイスも見応えあった。車種もなんか「トランスフォーマー」と「ゴジラ」と「ワイルド・スピード」を足して割ったような感じでしたわ~。

内容もスケールが大きくなったし、映像も迫力が増した。バトルはもちろんどっかんどっかん爆破シーンが多く、これでもかーとやらかしてくれる。挙げ句に人造トランスフォーマーなるものも出てきたり、巨大な宇宙船が襲来してきたりとちょっとゴチャゴチャしちゃった感はあるけど迫力ある映像に興奮して観てました。時に...サムライ風のオートボットが“先生”というのに笑っちゃったけど声を担当してるのが渡辺謙さんだったのね...気づかなかった。

全く165分の長さを感じさせなかった。遠征したかいもあって私は満足でした。
次は地元で観よっと。吹替えにしようかな。

あ、オプティマスって空飛べるんですねー。

★★★★★

トランスフォーマー
・ トランスフォーマー/リベンジ
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 

 

 

トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
マーク・ウォールバーグ,ニコラ・ペルツ,ジャック・レイナー,スタンリー・トゥッチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


コメント (16)   トラックバック (36)

鑑定士と顔のない依頼人

2014年08月07日 | ★★★★

【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド

一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン。極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、女性の肖像を描いた名画たち。これはと思う肖像画が出品されると、相棒のビリーを使い、不正な手段で自分のコレクションに加えてしまうのだった。そんなある日、彼のもとに、亡くなった両親が遺した家具や美術品の鑑定をしてほしいという若い女性からの依頼が舞い込む... (allcinema ONLINEより)


ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督による切なくも華麗なミステリー。偏屈なオークション鑑定士が、姿を見せない女性からの鑑定依頼に翻弄され思いがけない運命を辿るさまを描いた作品。

観る前はちょっと長いなと思いつつ観たけれど、面白かった!!

さすがに天才鑑定士も生身の女性には天才っぷりは発揮できないようで...って、これ恋愛映画じゃないかーい。おじさまが若い女性にときめいてしまって...おいおい。
鑑定士のヴァージルは自分の部屋には女性の肖像画をコレクションしてて、そのうち謎の依頼人女性をこっそり覗いたら美しかった。そりゃ生身の女性のほうが魅力的でしょうから惹かれてしまうよね。 

偏屈鑑定士と顔を一切見せない依頼人の女性の会話劇のような内容なんですけど、顔が見えない所が謎めいていて、しかも先が読めない展開に引き込まれて観てしまいました。
主人公がオークションで不正をしてるカラクリ、オートマタ...カラクリ人形、顔を見せない依頼人のカラクリ....とカラクリ劇を楽しませてもらいました。

それにしても....気の毒なお話でした。

★★★★.3

 

鑑定士と顔のない依頼人
Giuseppe Tornatore,柱本 元彦
人文書院

 

鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]
ジェフリー・ラッシュ,ジム・スタージェス,シルヴィア・ホークス,ドナルド・サザーランド
Happinet(SB)(D)

 

鑑定士と顔のない依頼人 [Blu-ray]
ジェフリー・ラッシュ,ジム・スタージェス,シルヴィア・ホークス,ドナルド・サザーランド
Happinet(SB)(D)
コメント (6)   トラックバック (28)

そして父になる

2014年08月05日 | ★★★★

2013/09/28公開 日本 120分
監督:是枝裕和
出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん

6年間育てた息子は、他人の子でした

これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。そんなある日、病院から連絡があり、その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる... (allcinema ONLINEより)


カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞し話題になった作品。
監督は『歩いても 歩いても』『空気人形』の是枝裕和。

あれだけ話題になったのに今頃観ました。是枝監督作品は初めてかな。
6年間育ててきた息子が実は他人の子だった...。子供の取り違えを題材にしたドラマは昔よくあったし、実際にもあってニュースにもなりましたよね。

病院側は血のつながりを優先していて子供たちを交換することを提案。野々宮良多も早ければ早いほうがいいと交換する方向で話が進むけれども....。

大事に育ててきた息子に血のつながりがなかったと知ったら....こわい。しかもなぜ取り違えが起きてしまったのかという理由があまりにも軽率なものだった、、、。

病院側はまるで宅配便の誤配のような態度なのもイラッときた。モノならすみませーんで済むけど人の感情はそうはいかない。しかも、それぞれの家庭環境が正反対に違うから交換したとしても難しいよね。そして、どちらの方法にしても2組の家族には一生このことが心の片隅に残るわけで....。

結末はわかるけどそれまでの過程が丁寧に描かれていました。特にエリートのパパの心情がとても丁寧描かれていて、仕事優先のパパが今回の出来事で少しずつ父親らしさを取り戻していくところが良かったですね。

生みの親よりも育ての親....というけどまさにそのとおり。たとえ他人の子でも我が子として愛情を注いで育ててきた6年間は大きいはず。それぞれ納得いく方法になっても取り違えがあった事実は一生消えないと思うと切ない。

★★★★

 

そして父になる DVDスタンダード・エディション
福山雅治,尾野真千子,真木よう子,リリー・フランキー
アミューズソフトエンタテインメント

 

そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション
福山雅治,尾野真千子,真木よう子,リリー・フランキー
アミューズソフトエンタテインメント
コメント (2)   トラックバック (11)