☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ムービー43

2014年01月31日 | ★★★

【MOVIE 43】 2013/08/10公開 アメリカ R15+ 94分
監督:スティーヴン・ブリル、ピーター・ファレリー、ウィル・グレアム、スティーヴ・カー、グリフィン・ダン、ジェームズ・ダフィ、ジョナサン・ヴァン・タルケン、エリザベス・バンクス、パトリック・フォーシュベリ、ブレット・ラトナー、ラスティ・カンデッフ、ジェームズ・ガン
出演:エリザベス・バンクス、クリステン・ベル、ハル・ベリー、レスリー・ビブ、ケイト・ボスワース、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、アンナ・ファリス、リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、ジャスティン・ロング、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、リーヴ・シュレイバー、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サーマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、キーラン・カルキン、デニス・クエイド、セス・マクファーレン 、グレッグ・キニア

2013年のラジー賞ノミネート発表でこの作品が入ってたのでどんなんもんかなーと観てみました。たくさんの監督が豪華キャストを起用したオムニバスでのおバカ・コメディ。

下ネタオンパレード....といっても、
ただ○○○、○○○言ってるだけでたいしたことなかったなー。

それよりも....豪華キャストにびっくり!!

あの人がこの人がそんな人が.....よく出演したものだな。
実は好きだったり??

どの作品も下ネタ満載のお下劣なお話。
そんな中で一番爆笑したのがヒュー・ジャックマン&ケイト・ウィンスレット!!!
ヒュー様ったらあんなのぶら下げて....よく出演したものだわ。
しかもケイト・ウィンスレットの慌てようが爆笑もの、、、

リチャード・ギアの“iBabe”はクスクス笑い。
ギア様ったら楽しそうで嬉しそうなのがおかしかった。

クロエちゃん....苦笑、、、
慌てっぷりがなんかかわいい。
でも...ちょっとなぁ~どうなんだろ。

ジェラルド・バトラー.....ちっちゃいおっさん....
テレンス・ハワード.....テンションたけっ

アメコミのパロデイなんかもあった。
微妙に笑えたがなんか複雑、、、

そんなこんな、なんやかんで....微妙に面白かったです。

★★★.2

 

ムービー43 DVD
ヒュー・ジャックマン,ケイト・ウィンスレット,クロエ・グレース・モレッツ,ナオミ・ワッツ
角川書店

 

ムービー43 Blu-ray
ヒュー・ジャックマン,ケイト・ウィンスレット,クロエ・グレース・モレッツ,ナオミ・ワッツ
角川書店
コメント (6)   トラックバック (10)

偽りの人生

2014年01月30日 | ★★★

【TODOS TENEMOS UN PLAN/EVERYBODY HAS A PLAN】
2013/07/12公開 アルゼンチン/スペイン/ドイツ 117分
監督:アナ・ピターバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ソレダ・ビジャミル、ダニエル・ファネゴ、ハビエル・ゴディーノ、ソフィア・ガラ・カスティリオーネ

ただ、もう一度だけ、
すべてをやり直したかった――。

[Story]
ブエノスアイレス在住の医師アグスティンは、結婚8年目の妻クラウディアと恵まれた暮らしをしながらも心は満たされず、漠然とした空虚感に苛まれる日々を送っていた。そんなある日、音信不通だった一卵性双生児の兄ペドロの訪問を受ける。ペドロは自分が末期ガンであることを告白し、自分を殺してほしいと懇願する...


ヴィゴ・モーテンセンが少年時代を過ごしたというアルゼンチンの映画に初参加したヒューマン・サスペンス。
人生に閉塞感を感じていた医師が、双子の兄を殺してその兄になりすましたことから思いがけない運命を辿るというおはなし。
監督は商業映画デビューとなるアナ・ピターバーグ。

ヴィゴ・モーテンセンが出てるから観ました。
少年時代にアルゼンチンに住んでいたとは!!
いろいろ思い入れがある作品になったんでしょうね。
1人2役を演じてます。

兄は末期ガン、弟は恵まれた暮らしをしている医師....
でも家庭事情はいろいろあるようで、、、
兄が自分を殺して欲しいと言って本当に殺してしまった弟。
バスタブでのシーンはちょっと衝撃的。

弟も家庭円満に暮らしてたらこんなことはしなかっただろうし、成りすまそうとも思わなかったと思うけど....。兄になりすましたことで兄が関わってた犯罪に巻き込まれてしまう。

これってそのまま弟のアグスティンとして生きてたほうが幸せに暮らせてただろうに、わざわざ兄のペドロになりすましたことでえらい目にあうことになってしまいました、、、。
なりすましてまで別の人生を選ばなくてもいいのに....
その前にペドロがどんな生活をしているのとか調べてから成りすませばいいのに~と思ってしまいました。

ラストでのあのボートはいったいどこに向かっているんでしょうかね。

★★★.1

 

偽りの人生 [DVD]
ヴィゴ・モーテンセン,ソレダ・ビジャミル,ダニエル・ファネゴ
ポニーキャニオン

 

偽りの人生 [Blu-ray]
ヴィゴ・モーテンセン,ソレダ・ビジャミル,ダニエル・ファネゴ
ポニーキャニオン
コメント (6)   トラックバック (11)

ある会社員

2014年01月27日 | ★★★+

【A COMPANY MAN】 2013/06/01公開 韓国 R15+ 96分
監督:イム・サンユン
出演:ソ・ジソブ、イ・ミヨン、クァク・ドウォン、イ・ギョンヨン、キム・ドンジュン、オ・ジェム

俺の人生これでいいのか。

暗殺者が
人を愛することを知ったとき、
はじめて流す涙。

[Story]
一見ごく普通の会社員ヒョンドが勤めているのは、どこにでもありそうな普通の貿易商社。唯一普通と違うのは、業務内容が“殺人”という点だった。ヒョンドはそんな会社に忠実な真面目な暗殺者。ある日、新人のフンと一緒に仕事をすることに。ところが会社からはフンの殺害も命じられていた。初めて躊躇いを感じたヒョンドは、殺人を偽装しフンを匿ってしまう...
 

表向きはごく普通の貿易会社、しかし本当の仕事は...殺人請負会社だった!!
その会社でサラリーマンとして働く主人公が、ある出会いをきっかけに人としての普通の幸せを求めて葛藤するおはなし。

と聞こえはいいが、
サラリーマンの殺し屋が、仕事と一緒に新人の男の子の解雇通知を知りながらかくまったうえに、その母親と出会って好きになってしまい人としての幸せを求め退職願を出そうとするがそうは簡単にいかなかった....というおはなし。

MOVIXで上映してたんだけど見そびれてしまった作品。
あー、ラスト20分...観に行けば良かったーと後悔、、、
地味ぃ~に展開するんだけどラスト20分あたりの壮絶映像だけでも大きなスクリーンで堪能したかったわー。

社員全員が物騒なモンを持ってる会社すごいー。
韓国だったらなんかありそうーと思ってしまう(笑)
いや日本だって人知れずあるかもしれないな、、、

やっぱり殺し屋さんは女を好きになっちゃイカンよー!!!
大体これで失敗する。

正社員がアルバイトが殺し屋というアイデアとしては面白いんですが、予想つきすぎる展開でしたね。
主人公が新人くんの母親に会った時点で展開読めちゃった。 ←いろいろ見すぎ?
でも、主演のソ・ジソブのアクションにキレがあって見応えありましたよ。
実は今回お初の方。
女性社員との格闘や銃撃戦はテンションあがりました。
ちょっぴり『アジョシ』を思わせるバイオレンス映画でしたね。

ただ、ツッコミどころが....
殺しの会社なのに社員が簡単にやられすぎー。防弾チョッキくらい着てないと(笑)
でも受付嬢を含め全社員に銃が支給されてるのはすごいよね。
それよりもこの会社....倒産??
社員1人くらい見逃しておけばあんなことにならなかったのにね。
えらい誤算でしたなぁ...

★★★.6

 

ある会社員 [DVD]
ソ・ジソブ,イ・ミヨン,クァク・ドウォン
ポニーキャニオン

 

ある会社員 [Blu-ray]
ソ・ジソブ,イ・ミヨン,クァク・ドウォン
ポニーキャニオン
コメント (6)   トラックバック (5)

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

2014年01月25日 | ★★★★

2014/01/24公開 韓国/日本 120分
監督:キム・ソンス
出演:西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり、パク・トンハ、イ・ギョンヨン、伊武雅刀

彼は記憶を上書きされた。

誰もが僕を
騙している――!

[Story]
ある日、石神(西島秀俊)は自宅で殺害された妻を見つけてわれを失うが、いきなり鳴り出した電話の音で現実に引き戻される。電話に出ると通話の相手は死んだはずの妻で、彼は混乱したまま警察を装った男たちに追われることに。そんな彼に正体不明の女性記者(キム・ヒョジン)や、彼の妻をかたる謎の女性(真木よう子)らが近づいてきて...
 

第15回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞した司城志朗原作のミステリー小説「ゲノムハザード」を日韓合作で映画化したサスペンス・アクション。
監督は『美しき野獣』のキム・ソンス。

西島さん好きーってことで楽しみにしておりました!
巻き込まれ系記憶もの、逃走劇、カーアクション、謎解きありーでかなり私好みのお話でした。
ウィルスなんちゃらはちょっとわかりづらかったけれども、、、。
冒頭シーンがラストに繋がっているので、すべて真実がわかった上でもう一度観たくなる...そんな作品でした。

主人公の石神が読めない韓国語が読めたり、家に帰ったら妻が死んでたのに妻から電話がかかってきたり...と冒頭から謎ばかりで引き込まれました。観る側も石神目線でいくので最初は誰?何?...という感じでわけもわからず。
追ってから逃れある韓国人の女性記者の車に逃げ込み、彼女を巻き込んで真相を追うという展開。

日韓合作ですが監督が韓国の方ということもあって、日本の雰囲気(←原作が日本)もありつつの完全な韓国映画でした
そういうことから日本映画独特のヘンな間も全くなく、韓国映画らしいスピード感、やや強引さ(ようするにツッコミどころ)があるものの最後まで飽きさせない展開でした。
日本の原作を韓国で映画化するとハズレがない!! ←私が思うにはね

とにかく西島さんがカッコイイー素敵、声が好きー♪ ←切なそうな顔の人が好きだったりする
アクションもご自身でこなし、ぶっ飛ばされたり、走りまくったり、韓国でのカーアクションとすっかりアクションスターですね。
なんかね日本の俳優というよりも、どこかアジアスターな雰囲気で観てました。
それにサービスシーンもある。それと韓国語で怒りをぶちまけるシーンはお気に入り。

実は予告編を見た記憶がない!

陰謀で消されたのか、ただ忘れたのか、それともTOHOさんが流さなかったのか...
毎週通ってるんだから見逃すこともないと思うのですが、うまいこと見てなかったおかげで、石神のもうひとつの名前と職業も知らずに観られたこともあって石神と一緒に驚けたので面白さ倍増なり~♪ ←サブタイトルのことは忘れてる

いかにも映画(小説)らしい都合良さはあるけれど楽しんだもの勝ち。
韓国映画は細かいことを気にしてはいけない(笑)。
いろいろとツッコミどころもあるんだけど、展開早いから入れてるヒマもない、、、
ということで、私は楽しめました!!

★★★★.5

 

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 [DVD]
西島秀俊,キム・ヒョジン,真木よう子,伊武雅刀
Happinet(SB)(D)

 

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 [Blu-ray]
西島秀俊,キム・ヒョジン,真木よう子,伊武雅刀
Happinet(SB)(D)

 

ゲノムハザード (小学館文庫)
司城 志朗
小学館
コメント (10)   トラックバック (17)

スマイル、アゲイン

2014年01月23日 | ★★★

【PLAYING FOR KEEPS】 2013/08/17公開 アメリカ 106分
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ジェラルド・バトラー、ジェシカ・ビール、ユマ・サーマン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、デニス・クエイド、ノア・ロマックス、ジュディ・グリア、ジェームズ・タッパー、エイダン・ポッター

そばにいるのに届かない、
いちばん大切なもの。

[Story]
ヨーロッパでは人気スターとして鳴らした元プロサッカー選手のジョージ。だがケガで引退後は、新たな仕事にも失敗し、何もかも失ってしまう。それでも別れた妻子のことが諦めきれず、2人が暮らすバージニアの小さな田舎の町に越してくるのだった。そして一人息子ルイスとの距離を縮めようと、彼が所属するサッカーチームに顔を出す。


別れた妻子とヨリを戻したいと願いながらも思い通りに行かず悪戦苦闘する元人気サッカー選手を描いたコメディ・ドラマ。監督は『7つの贈り物』『幸せのちから』などのガブリエレ・ムッチーノ。

MOVIXで上映してたんだけど都合がつかず見送った作品。
まぁよくあるヨリ戻しのお話で、先が読めて最後にはなんでもうまく行く結末になるおはなし。
思ったほど感動もしなかったし、はいはいメデタシメデタシで普通でした。

ただ、キャストが豪華ですねー。
ジェシカ・ビールは好きな女優さんだし、ユマ・サーマン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、デニス・クエイドとほんと豪華。
でも内容は、わざわざ無理して観に行かなくてよかった。
DVDで十分でした。

ジェラルド・バトラーにとってはおいしい役どころだったのでは?
モテモテな主人公で綺麗どころに迫られてたし(笑)

息子がサッカーをやってて、最初のコーチが電話ばかりしてて役立たずで、ひょいと現われた元プロサッカー選手のジョーがコーチをしはじめて盛り上げてる....ので、感動モノも期待したんだけどそういうのはなかったです。
それに最初のほうはあれだけデニス・クエイドが絡んできてたのに、途中から絡みが無くなっちゃた、、、

ま、ジェシカ・ビールが見られたからいいかー(笑)

★★★.2

 

スマイル、アゲイン [DVD]
ジェラルド・バトラー,ジェシカ・ビール,デニス・クエイド,ユマ・サーマン,キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
Happinet(SB)(D)

 

スマイル、アゲイン [Blu-ray]
ジェラルド・バトラー,ジェシカ・ビール,デニス・クエイド,ユマ・サーマン,キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
Happinet(SB)(D)
コメント (2)   トラックバック (6)

「ヒカリ座2014年上半期上映リスト」

2014年01月22日 | 映画関係・その他

2014年上半期のヒカリ座上映予定。
昨年末は観たい作品が時間を遅らせていただいたにも関わらず観に行けなくて、観る観る詐欺でした...申し訳ありません(汗)
今年は行ける範囲で....その前にDVD発売済になってしまう作品もあるかな。
以下、覚書き用に勝手に引用させていだだきました。


【楽園からの旅人】(2014/01/25~2014/02/21)
樹々は果実をみのらせ、花には蜜があふれ、大地の豊かな恵みは心を幸福に満たし、見るものはすべて美しかった。
そして今、私たちは何処にいるのか。何処へゆこうとしているのか――イタリアの世界的巨匠が、ある街の聖堂を舞台に描いた、危機の時代に贈る、現代の黙示録。

監督・脚本:エルマンノ・オルミ(『木靴の樹』)出演:マイケル・ロンズデール(『宮廷画家ゴヤは見た』)/ルトガー・ハウアー(『ブレードランナー』)/アレッサンドロ・アベル(『裸足のトンカ』)/マッシモ・デ・フランコヴィッチ2011年/イタリア

【愛、アムール】(2014/01/25~2014/02/21)
パリ、音楽家の夫婦。人生の最終章を共に生きると決めた、至高の愛の物語。
2009年の『白いリボン』そして本作と、2作品連続でカンヌ国際映画祭パルムドール受賞という快挙を成し遂げた名匠ハネケ監督が描く“老い”と“死”。世界が感泣した夫婦の姿。

監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ(『白いリボン』)出演:ジャン=ルイ・トランティニャン(『男と女』)/エマニュエル・リヴァ(『二十四時間の情事』)/イザベル・ユベール(『ピアニスト』)/アレクサンドル・タロー/ウィリアム・シメル(『トスカーナの贋作』)2012年 カンヌ国際映画祭パルムドール〈最高賞〉/2013年 アカデミー賞 外国語映画賞ほか全5部門ノミネート/2013年 キネマ旬報ベストテン 外国映画1位2012年/フランス=ドイツ=オーストリア

【楊家将 烈士七兄弟の伝説】(2014/02/01~2014/02/28)
「三国志」と並び称される、偉大な歴史小説「楊家将」。これは宋の建国期に敵国・遼を相手に勇猛果敢に戦い、宋に一筋の光明を与えてきた将軍・楊業率いる楊一族の物語。
宋のため、皇帝のため、命をおしまず戦った楊業と七人の息子たちの英雄伝説を、驚愕のアクションを用いて完璧に映画化した歴史大作。

製作・監督・脚本:ロニー・ユー(『フレディvs.ジェイソン』)出演:ウーズン(『処刑剣 14BLADES』)/ヴィック・チョウ(『僕は君のために蝶になる』)/イーキン・チェン(『ツインズ・エフェクト』)/アダム・チェン(『レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍 方世王』)/ユー・ボー2013年/香港=中国

【世界にひとつのプレイブック】2014/02/01~2014/02/28)
観賞済み

【ザ・コール】2014/02/01~2014/02/28)

【ある海辺の詩人 小さなヴェニスで】2014/02/22~2014/03/21)
イタリア・アドリア海をのぞむ漁師町キオッジャを舞台に、異国からやってきた二人の心の交流を詩情豊に描く感動作。

監督・脚本:アンドレア・セグレ出演:チャオ・タオ(『長江哀歌』)/ラデ・シェルベッジア(『バットマン ビギンズ』)/マルコ・パオリーニ(『親愛なる日記』)/ロベルト・チトラン(『遥かなる帰郷』)/ジュゼッペ・バッティストン(『人生、ここにあり』)2011年 ヴェネチア国際映画祭 FEDIC特別賞2011年/イタリア=フランス

【熱波】(2014/02/22~2014/03/07)
現代と過去、無機質感の漂うポルトガルの都市と冒険的な勇壮さに満ちた植民地時代のアフリカ、そして今目の前にあるものと眩い記憶を描く上質なメロドラマ。

監督:ミゲル・ゴメス(『私たちの好きな八月』)出演:テレーザ・マドルーガ(『白い町で』)/ラウラ・ソヴェラル(『アブラハム渓谷』)/アナ・モレイラ(『トランス』)/カルロト・コタ(『自分に見合った顔』)/エンリケ・エスピリト・サント第62回ベルリン国際映画祭アルフレッド・バウアー賞、国際批評家連盟賞 受賞/2013年 キネマ旬報ベストテン 外国映画9位2012年/ポルトガル=ドイツ=ブラジル=フランス

【大統領の料理人】(2014/02/22~2014/03/14)
ひょんなことから、大統領のプライベート・キッチンを任されることになった女性シェフが、型破りな豪快さと絶品料理でお堅い官邸の常識と、大統領の“心”を変えていく――。ミッテラン大統領の心を虜にした一人の女性シェフ、真実の物語。
監督:クリスチャン・ヴァンサン(『恋愛小説ができるまで』)出演:カトリーヌ・フロ(『譜めくりの女』)/ジャン・ドルメッソン/イポリット・ジラルド(『ユキとニナ』)/アルチュール・デュポン(『我が至上の愛 アストレとセラドン』)/ジャン=マルク・ルロ2012年/フランス

【いとしきエブリデイ】(2014/03/01~2014/03/21or 28)
父の帰りを待ち続ける、母と4人の子どもたち。名匠マイケル・ウィンターボトムが、『ひかりのまち』のスタッフ・キャストと共に5年の歳月をかけて撮った珠玉の感動作。

監督:マイケル・ウィンターボトム(『イン・ディス・ワールド』)出演:ジョン・シム(『ヒューマン・トラフィック』)/シャーリー・ヘンダーソン(『ひかりのまち』)/ショーン・カーク/ロバート・カーク/ステファニー・カーク2012年/イギリス

【コマンダンテ】(2014/03/01~2014/03/28)
世界各国の映画祭で上映されたにも関わらず、アメリカ本国での公開が禁止された。それは、アメリカ政府にとって〝不快〟であり〝批判的〟であるという理由であった。20世紀最後の革命家が明かす驚愕の真実とは──。伝説のキューバ最高指導者カストロに迫った歴史的ドキュメンタリー。
監督:オリバー・ストーン(『ワールド・トレード・センター』)出演(本人):フィデル・カストロ/オリバー・ストーン/ファニタ・ヴェラ2003年/アメリカ=スペイン

【サニー 永遠の仲間たち】(2014/03/08~2014/04/04)
友人との偶然の再会をきっかけに、ナミは夢であふれていた日々を思い出し、仲間たちの皮肉な現実に直面しながらも、再び友情と人生の輝きを取り戻していく── 韓国でクチコミが広がりロングラン、740万人を動員した大ヒット感動作。

監督・脚本:カン・ヒョンチョル(『過速スキャンダル』)出演:ユ・ホジュン(『酔画仙』)/シム・ウンギョン(『王になった男』)/カン・ソラ/コ・スヒ(『インフルエンザ』)/ホン・ジニ2011年/韓国

【鑑定士と顔のない依頼人】(2014/03/15~2014/04/04)
鮮やかに騙される。だが、この物語には、まだその先がある。衝撃のラストを知ると、構図は一転する――豪華で知的で刺激的な謎を散りばめた極上のミステリー。
監督:ジョゼッペ・トルナトーレ(『ニュー・シネマ・パラダイス』)出演:ジェフリー・ラッシュ(『英国王のスピーチ』)/ジム・スタージェス(『クラウド アトラス』)/シルヴィア・ホークス/ドナルド・サザーランド(『ハンガー・ゲーム』)第26回東京国際映画祭上映作品2012年/イタリア

【マッキー 《日本語吹替え版》】(2014/03/22~2014/04/18)
世界初!ハエがヒーロー!あの『ロボット』以上に奇想天外で誰も考えつかなかった設定のコミカルかつダイナミック、そして爆笑&号泣──インド史上ナンバー1のアクションコメディ登場。

監督・脚本:S・S・ラージャマウリ出演:スディープ/サマンサ・ルス・プラブ/ナーニ2012年/インド

【マチェーテ・キルズ】(2014/03/29~2014/04/25)
2007年ロドリゲス監督作とクエンティン・タランティーノ監督作で、二本立て公開された『グラインドハウス』上映時に、実在しない映画の予告編を製作した。架空の本編を基にしたニセの『マチェーテ』予告編は目を見張るものがあり、ついに2010年、『マチェーテ』本編が製作される。さらに誰もが続編製作を待ち望むようになり製作されたのが本作『マチェーテ・キルズ』である。
監督:ロバート・ロドリゲス(『シン・シティ』)出演:ダニー・トレホ(『デスペラード』)/ミシェル・ロドリゲス(『アバター』)/ソフィア・ベルガラ(『ニューイヤーズ・イブ』)/カルロス・エステベス(=チャーリー・シーン『メジャーリーグ』)/レディー・ガガ/アントニオ・バンデラス(『レジェンド・オブ・ゾロ』)/メル・ギブソン(『ブレイブハート』)2013年/アメリカ

【ジ、エクストリーム、スキヤキ】(2014/04/19~2014/05/02)
演劇・小説・ドラマなど、ボーダレスに活躍するクリエイター・前田司郎が、自身の同名小説で映画監督に初挑戦。前田の真骨頂と言えば、やはり台詞。一見脱力系に見せながら、人間同士の〝わかりあえなさ〟と〝わかりあいたさ〟のせめぎ合いを鋭く描き、笑いだけに留まらず、やがて果てしない宇宙的哲学にまで昇華する。

監督・脚本・原作:前田司郎(『横道世之介』共同脚本)出演:井浦新(『ピンポン』)/窪塚洋介(『ピンポン』)/市川実日子(『めがね』)/倉科カナ(『ぼくたちと駐在さんの700日間戦争』)/黒田大輔(『南極料理人』)2013年/日本

【相棒 劇場版Ⅲ】(2014/04/26~2014/06/上旬)
舞台は、都心から300キロ、八丈島を更に南下した太平洋の孤島。巨大な密室ともいえるその特殊な環境下で、事件解決に向け、特命係が過酷な自然の中を奔走する。極上の推理サスペンスにして、エネルギッシュな社会派ドラマが誕生した。

監督:和泉聖治(『相棒』シリーズ)出演:水谷豊(『相棒』シリーズ)/成宮寛貴(『逆転裁判』)/伊原剛志(『BLAVE HEARTS 海猿』)/釈由美子(『スカイハイ 劇場版』)/風間トオル(『まぼろしの邪馬台国』)2014年/日本

【MUD -マッド-】(2014/04/26~2014/05/23)
舞台はアメリカ南部、ミシシッピ川中洲にある小さな島。14歳の少年ふたりが、島に潜伏する奇妙な男に出会い、惹かれていく。
本作は瑞々しい青春とサスペンスが入り混じった〝現代版『スタンド・バイ・ミー』〟とも言われ、家族との在り方を見つめ直すきっかけをくれる、思春期の少年たちの成長物語となっている。誰の心にも響く、静かなラストが温かい余韻を残す良作である。

監督・脚本:ジェフ・ニコルズ(『テイク・シェルター』)出演:マシュー・マコノヒー(『評決のとき』)/タイ・シェリダン(『ツリー・オブ・ライフ』)/リース・ウィザースプーン(『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』)/サム・シェパード(『アメリカ,家族のいる風景』)/マイケル・シャノン(『マン・オブ・スティール』)2013年/アメリカ

【最後の晩餐】(2014/05/03~2014/05/31)
初恋の人と約束した、ウェディングドレス。結婚直前、突然、彼女からの5年間の“別離契約”。それは、お互いの夢のためのはずだった…。
美しいコントラストを放つ北京・上海を舞台に、目にも楽しい料理の数々と共に繰り広げられる初恋の行方。大切な人が自分のためだけに作ってくれる思い出のスープ。そこに秘められた本当の意味を知ったとき、優しい涙が流れ出す──滋味と自愛の温かさがしみわたる、感涙スープストーリー。

監督:オ・ギファン(『ラスト・プレゼント』)出演:バイ・バイホー(『失恋33天 Love is not blind』)/エディ・ポン(『ジャンプ!アシン』)/ペース・ウー(『レイン・オブ・アサシン』)/ジアン・ジンフー2013年/中国=韓国

【新しき世界】(2014/05/24~2014/06/20)
潜入捜査は終わるはずだった…。傷ついた孤独な男が夢見た新しい世界とは──『インファナル・アフェア』の〈潜入捜査もの〉+『ゴッドファーザー』の〈ファミリー要素〉。予想外のエンディングにタイトルの意味がずっしり響く、衝撃的で切ないヒューマン・クライム・ストーリー。

監督・脚本:パク・フンジョン(『悪魔を見た』脚本)出演:イ・ジョンジェ(『ラスト・プレゼント』)/チェ・ミンシク(『オールド・ボーイ』)/ファン・ジョンミン(『甘い人生』)/パク・ソンウン(『チャーミング・ガール』)/ソン・ジヒョ(『コードネーム:ジャッカル』)2013年/韓国

コメント

マジック・マイク

2014年01月21日 | ★★★

【MAGIC MIKE】 2013/08/03公開 アメリカ R15+ 110分
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、マット・ボマー、マシュー・マコノヒー、ジョー・マンガニエロ、コディ・ホーン、オリヴィア・マン、アダム・ロドリゲス、ケヴィン・ナッシュ、ガブリエル・イグレシアス、ライリー・キーオ

[Story]
男性たちの華やかなストリップ・ショーで人気を博すクラブ“エクスクイジット”の看板ダンサー、マイク。彼の夢は、インテリアデザインの才能を活かした事業を興すこと。ストリップ・ダンサーはその資金を得るためだったが、稼ぎも上々で女にも不自由しないこの煌びやかな世界をエンジョイしてもいた。そんなある日、人生に迷う若者アダムと出会い、ひょんな成り行きからストリップ・ダンスの才能を発揮した彼をクラブの一員に迎え入れることに...


主演を務めるチャニング・テイタムの実体験をモチーフに、男性ストリッパーの世界で繰り広げられる男たちの葛藤と友情をセクシー&華麗なストリップ・ショーとともに描く青春サクセス・ストーリー。

どうやら地元では規制がかかったらしく上映なしでした、、、

全裸に近い男性陣のダンスがインパクトありすぎてストーリーがぶっとんだ!!
さすが元ストリッパーなだけあってチャニングのダンスは凄かったわー。
チャニングファンはたまらない作品でしょうねぇ....。

これ、スクリーンで観たらもっと迫力あって凄かったんだろうな。
映画というより、もうライブビューイング的なストリップ・ショーですね。

私??
思ってたより冷静に観てました。
こう、次から次へと豪華俳優陣がくねくねし過ぎて逆に引いてしまいました、、、
あまりにも大胆にやられると、申し訳ないが全然ドキトキ、トキメキ感もなく.....
たぶんああいうガッチリ筋肉質すぎる体型が好きではない(ほどほど筋肉が良い)のかも....アクション映画では好きだけどね。
女性とのあんなことや、こんなこと、なんやかんや....とびっくりはしたけれど特に興奮はしませんでした(笑)

それよりも初めて東方神起のライブ参戦したときのユノの♪Honey Funny Bunnyのダンスのほうが断然興奮したわ。あ、ちゃんと服は着てますがね。
見終ったあとはしばらく頭の中でぐるぐるしてて社会復帰まで1週間かかりましたもの(笑)。

すっかりただのイケメン、普通のイケメンになってしまったアレックス・ペティファーくん。
ある斜め角度からのお顔は好きなんだけど正面はイマイチ....
少年の頃は超ドすとらいくの彼だったけど、アレックス君だったのをすっかり忘れて見てた私(汗)
きっと彼の役がかつてのチャニングなのかしらね~。

世の中にはこういう世界があるんだというのがわかりました!!

★★★.2

 

マジック・マイク DVD
チャニング・テイタム,アレックス・ぺティファー,マシュー・マコノヒー,コディ・ホーン,オリヴィア・マン
東宝

 

マジック・マイク Blu-ray
チャニング・テイタム,アレックス・ぺティファー,マシュー・マコノヒー,コディ・ホーン,オリヴィア・マン
東宝
コメント (11)   トラックバック (13)

松本清張二夜連続ドラマスペシャル 昭和の二大未解決事件 (ドラマ)

2014年01月20日 | TV movie(ドラマ)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 昭和の二大未解決事件」を見ました。


【三億円事件】
2014/01/18放送 日本 21:00~23:21
監督:藤田明二
出演:田村正和、余貴美子、段田安則、小野武彦、手越祐也、北乃きい、忍成修吾、板谷由夏、田中哲司、光石研、横光克彦、矢島健一、橋爪功、津川雅彦

[Story]
1975年12月10日午前0時。約12万人の捜査人員、およそ9億円の捜査費用を投入した“三億円事件”の時効が成立した。実は奪われた3億円には保険金が掛けられており、そのうちの3分の2をアメリカの保険会社が支払っていたが、当時の日本人でそれを知る者はほとんどいなかった...


昭和最大の未解決事件「三億円事件」。アメリカの保険会社調査員が謎を解明するという、推理作家・松本清張からの視点で迫った小説(1975)の初ドラマ化。

昨年のドラマ「クロコーチ」もこの事件を扱ったお話でいかにもドラマな完全フィクションだったけど面白かった。こちらは大御所の松本清張が原作とのことで誰よりも信憑性の高い内容なのでは?と思い見てみました。

一般的に知られている情報は「クロコーチ」で知ったのでおさらい感覚。
警察じゃなくてアメリカの保険会社の調査員が調べる設定は面白い。警察がいろいろと隠ぺいしてるのなら外からの目線のほうが見やすい。
ただ、調査員はちとトシが取りすぎてるように思えたのだけれど....

どちらのドラマにしても結局は警察にうまくごまかされちゃった感じね。
だから未解決事件で永遠にわからないんだけれども...
キャストも良かったし興味深く見られたので推理もののドラマとしては面白く見られました。

++

【黒い福音~国際線スチュワーデス殺人事件~】
2014/01/19放送 日本 21:00~23:24
監督:石橋冠
出演:ビートたけし、瑛太、竹内結子、北大路欣也、國村隼、市原悦子、木村文乃、角野卓造、佐野史郎、池内博之、小池栄子、風吹ジュン、川原和久、志賀廣太郎、升毅、スティーヴ・ワイリー、ニコラス・ペタス

[Story]
昭和34年4月4日、早朝。犬の散歩をしていた警視庁刑事の藤沢六郎は、東京・武蔵野の玄伯寺川のほとりで若い女性の死体を発見する。被害者が所持していたハンドバッグから、すぐに身元が確認できた。生田世津子という航空会社のスチュワーデスで、バッグには乗務員証のほか、彼女宛ての速達便の封筒が入っていた。差出人は“グリエルモ教会”とあった...

この事件は知りませんでした。なのでなんの知識もなく見たのですがまるで小説のようなリアル事件だったのですね。
スチュワーデスが殺されて外国人が絡んでいて...しかも神父だというから驚き。外国に逃げられたらアウトだよね、、、
このドラマは原作をベースに脚色も含まれているそうだけど、普通に小説のドラマ化として興味深く見られました。

二つの未解決事件を見てみての共通点はやはり隠蔽だよね。上層部からの圧力とかでうまく捜査できず最後はうやむやになって終わり、、、。このほかにも未解決事件もあるし、何かしら圧力がかかってるのかしらねぇ。
ラストでの警視総監の台詞がリアルだなー。いろいろと面倒なものはこれ以上関わりたくないから迷宮入りさせる...とな。

 

黒い福音
松本清張
新潮社

 

水の肌 (新潮文庫)
松本 清張
新潮社
コメント

エンダーのゲーム (日本語吹替え版)

2014年01月19日 | ★★★+

【ENDER'S GAME】 2014/01/18公開 アメリカ 114分
監督:ギャヴィン・フッド
出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィス、ヘイリー・スタインフェルド、アビゲイル・ブレスリン、アラミス・ナイト、スラージ・パーサ

[Story]
強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダーもベースキャンプに送られる...


オースン・スコット・カード原作のSF小説を実写映画化したヒューマン・アドベンチャー。
監督は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ツォツィ』のギャヴィン・フッド。

予告編がテレビでやたらと流れててしつこいと思った(笑)
未来の地球を舞台に、宇宙戦争を終わらせるという使命を負った少年エンダーが、過酷な宿命に立ち向かっていく姿を描いたおはなし。

時間の都合で日本語吹替え版での鑑賞。
すべて(だと思う)本職さんの吹替えなので安心して観られたし、キャストと声優さんの声も合ってて違和感なく聞けました。

どちらかというと子供向けなのかなーと思いつつもハリソン・フォード、ベン・キングズレーが出演しているので観に行ってきました。
そしたら、アビゲイル・ブレスリンちゃんも出演してたんですねー。すっかり大人になっちゃってびっくり~。

エンダーを演じたエイサ・バターフィールドの目がいいよね!
知らない子だなと思ってたらなんと、『ヒューゴの不思議な発明』のヒューゴだったとは全く気づかず、、、。役柄とはいえ、大人にもしっかりもの申す堂々とした姿が良かったな。

最終的には少年指揮官になるのはわかってたけど、バトルスクールに入ってから指揮官になるまで早かったな。原作はいろいろエピソードがあったのかもしれないけど、端折りすぎたのかいろいろとわからない所もありました。
政府の特別許可で生まれたという禁断の第3子“サード”の意味がよくわからん!
謎の地球外生命体フォーミックもよくわからん、、、

でも、ゲームというか訓練のシーンは見応えありましたね。
無重力訓練でのシーンの仲間との連携も良かったし、その後の最終試験でのエンダーの指揮官として映像を見ながら指示していく様子は思わず見入ってしまいました。
その時の映像もとってもキレイだったし迫力もありましたねー。

ただ、再びフォーミックからの侵攻に備えて地球を守るためとはいえ、子供たちを強制的に訓練させるのはちとかわいそうですね。
最終試験の真相にはびっくりしたー。
これはエンダーに同情してしまうよ~まったく大人ったら酷い!!!

映像はとってもキレイで迫力があって良かったけど、ちょい地味なSFものな感じがしました。でもハリソン・フォードとベン・キングズレーの大物俳優が出てることもあって重みがある内容にもなってたし、エンダーのあの後も気になる。
続編はあるのかな??

映像的に3Dにしても良さそうなのにあえて2Dで勝負してきたのは好感度アップ!!
戦闘シーンや最終試験あたりはとても立体感あって良かったです。
IMAXで観たらもっと迫力ありそう~でも今回は行かない(笑)。

★★★.8

 

エンダーのゲーム [DVD]
ハリソン・フォード,エイサ・バターフィールド,ヘイリー・スタインフェルド,ヴィオラ・デイヴィス,アビゲイル・ブレスリン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

エンダーのゲーム ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ハリソン・フォード,エイサ・バターフィールド,ヘイリー・スタインフェルド,ヴィオラ・デイヴィス,アビゲイル・ブレスリン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
田中一江
早川書房

 

エンダーのゲーム〔新訳版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
田中一江
早川書房
コメント (13)   トラックバック (24)

黒執事

2014年01月18日 | ★★★+

2014/01/18公開 日本 119分
監督:大谷健太郎、さとうけいいち
出演:水嶋ヒロ、剛力彩芽、優香、山本美月、大野拓朗、栗原類、海東健、ホラン千秋、丸山智己、城田優、安田顕、橋本さとし、志垣太郎、伊武雅刀、岸谷五朗

全能の執事vs禁断の怪事件(ミステリー)
この執事、性格以外は完全無欠(パーフェクト)。

[Story]
女性だということを秘密にしている幻蜂家当主の幻蜂清玄伯爵と執事のセバスチャンは、絶対的な主従関係にあった。一方、二人は世界統一を目標にする女王の諜報(ちょうほう)員「女王の番犬」という役割も担っていた。ある日、女王から連続殺人事件を解決せよという命が下る...


同名タイトルの『黒執事』(枢やな)のコミックの実写映画化。
監督は『NANA』シリーズの大谷健太郎とアニメ『TIGER & BUNNY』のさとうけいいち。

予告編を見てなんとなーく面白そうだったので観てきました。
チラシで見るまでは全く知らなかったし、コミックが原作だったのも知らなかったので、予告編のみの知識のみ。
どうやら映画版はオリジナルストーリーのもよう。

剛力ちゃんは可愛い女の子よりもボーイッシュな役のほうが似合う。
今回は男装する役でなかなかハマってたと思う。
胡散臭い執事役の水嶋ヒロ....この方、俳優引退して小説家になったんじゃなかったっけ?と思いつつ、危険な執事役はこちらもハマリ役でしたな。
俳優復帰でいいのかな?こういう普通じゃない役とお顔があってるし、俳優のほうがあってるよ。
でも...セバスチャンって...いかにも昔的な執事の名前だよね(笑)

貴族がどうたら女王がどうたら...お屋敷が洋館で、執事はセバスチャンで、チャールズ?....一応ハーフの人が出てたけど...どうみてもここは日本!!
引きでは近未来のような外国のような....でもセットの中では日本!!!
最初はこの物語の世界観に最初はついていけなくて微妙だなこれ...と思ってました。
でも、水嶋ヒロのアクションや相手に容赦ないナイフ使いがカッコ良くてわりと楽しめました。
それと、剛力ちゃんとの絶対的な主従関係がよろしいっすね。

あくまで執事....つまり、悪魔で執事なわけですねー。

大使館員ばかりが狙われた“連続ミイラ化怪死事件”。
真相はなんだかなーで笑っちゃうんだけど、人間の醜い部分を描いたお話は好き。
解毒剤も本当は人数分あったんじゃないかなと思うんだけどね....いやしいわー。

優香.....
今まで見たことない役で、なかなかの迫力ある演技でしたなー。
でも予想はしてましたよー。身内でああいう展開はお約束でしょ? 

昔はセーラー服が戦闘服の時もあったけど、今はメ○○服なんだ!
二丁拳銃で撃ちまくる姿にはびっくり~ドジなのはカモフラージュだったのか!!

黒幕かと思ってたらその先に真の黒幕がいるみたいなので...これは続編あり??

 

後でコミックの画像を見てみたら、お二人とも似た感じでわりとハマってたかも。

★★★.6

 

黒執事 DVDスタンダード・エディション
水嶋ヒロ,剛力彩芽,優香,山本美月,大野拓朗
エイベックス・マーケティング

 

黒執事 Blu-rayコレクターズ・エディション(完全数量限定)
水嶋ヒロ,剛力彩芽,優香,山本美月,大野拓朗
エイベックス・マーケティング

 

「黒執事」Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【応募者全員ご招待イベント応募券付】
坂本真綾,小野大輔
アニプレックス

 

黒執事 コミック 1-17巻セット (Gファンタジーコミックス)
枢 やな
スクウェア・エニックス
コメント (22)   トラックバック (24)

第86回アカデミー賞ノミネート発表♪

2014年01月17日 | 映画関係・その他

またまたこの日がやって参りましたアカデミー賞ノミネート発表。「アメリカン・ハッスル」と「ゼロ・グラビティ」が最多ノミネートだそうですね~でもこればかりはわかりませんが....。例によって未見の作品が多いので静かに授賞式を待つこととします。
個人的に監督賞は「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督を推したいところですが...。そしてアニメ関連ではやはり日本の作品(実は未見)も入ってるのでぜひぜひ!!
なお、授賞式は3月2日(現地時間)。WOWOWプライムで生放送されるようだけど今年も休めないだろうなぁ、、、。

【作品賞】
 「アメリカン・ハッスル」
 「キャプテン・フィリップス
 「ダラス・バイヤーズクラブ」
 「ゼロ・グラビティ
 「her/世界でひとつの彼女」
 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
 「あなたを抱きしめる日まで」
 「それでも夜は明ける」
 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

【主演男優賞】
 クリスチャン・ベイル  「アメリカン・ハッスル」
 ブルース・ダーン  「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
 レオナルド・ディカプリオ  「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
 キウェテル・イジョフォー  「それでも夜は明ける」
 マシュー・マコノヒー  「ダラス・バイヤーズクラブ」

【主演女優賞】
 エイミー・アダムス  「アメリカン・ハッスル」
 ケイト・ブランシェット  「ブルージャスミン」
 サンドラ・ブロック  「ゼロ・グラビティ
 ジュディ・デンチ  「あなたを抱きしめる日まで」
 メリル・ストリープ  「8月の家族たち」

【助演男優賞】
 バーカッド・アブディ  「キャプテン・フィリップス
 ブラッドリー・クーパー  「アメリカン・ハッスル」
 マイケル・ファスベンダー  「それでも夜は明ける」
 ジョナ・ヒル  「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
 ジャレッド・レトー  「ダラス・バイヤーズクラブ」

【助演女優賞】
 サリー・ホーキンス  「ブルージャスミン」
 ジェニファー・ローレンス  「アメリカン・ハッスル」
 ルピタ・ニョンゴ  「それでも夜は明ける」
 ジュリア・ロバーツ  「8月の家族たち」
 ジューン・スキッブ  「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

【監督賞】
 デヴィッド・O・ラッセル  「アメリカン・ハッスル」
 アルフォンソ・キュアロン  「ゼロ・グラビティ
 アレクサンダー・ペイン  「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
 スティーヴ・マックィーン  「それでも夜は明ける」
 マーティン・スコセッシ  「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

【オリジナル脚本賞】
 「アメリカン・ハッスル」
 「ブルージャスミン」
 「ダラス・バイヤーズクラブ」
 「her/世界でひとつの彼女」
 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

【脚色賞】
 「ビフォア・ミッドナイト」
 「キャプテン・フィリップス
 「あなたを抱きしめる日まで」
 「それでも夜は明ける」
 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

【長編アニメ賞】
 「クルードさんちのはじめての冒険」
 「怪盗グルーのミニオン危機一発」
 「アーネストとセレスティーヌ」
 「アナと雪の女王」
 「風立ちぬ」

【外国語映画賞】
 「オーバー・ザ・ブルースカイ」
 「グレート・ビューティ(仮題)」
 「偽りなき者
 「The Missing Picture」
 「Omar」

【撮影賞】
 「グランド・マスター
 「ゼロ・グラビティ
 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
 「プリズナーズ」

【編集賞】
 「アメリカン・ハッスル」
 「キャプテン・フィリップス
 「ダラス・バイヤーズクラブ」
 「ゼロ・グラビティ
 「それでも夜は明ける」

【美術賞】
 「アメリカン・ハッスル」
 「ゼロ・グラビティ
 「華麗なるギャツビー
 「her/世界でひとつの彼女」
 「それでも夜は明ける」

【衣装デザイン賞】
 「アメリカン・ハッスル」
 「グランド・マスター
 「華麗なるギャツビー
 「The Invisible Woman」
 「それでも夜は明ける」

【メイクアップ&ヘア賞】
 「ダラス・バイヤーズクラブ」
 「jackass クソジジイのアメリカ横断チン道中」
 「ローン・レンジャー

【音楽賞】
 「The Book Thief」
 「ゼロ・グラビティ
 「her/世界でひとつの彼女」
 「あなたを抱きしめる日まで」
 「ウォルト・ディズニーの約束」

【歌曲賞】
 「Alone Yet Not Alone」
 「怪盗グルーのミニオン危機一発」
 「アナと雪の女王」
 「her/世界でひとつの彼女」
 「マンデラ 自由への長い道」

【視覚効果賞】
 「ゼロ・グラビティ
 「ホビット 竜に奪われた王国」
 「アイアンマン3
 「ローン・レンジャー
 「スター・トレック イントゥ・ダークネス

【音響編集賞】
 「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」
 「キャプテン・フィリップス
 「ゼロ・グラビティ
 「ホビット 竜に奪われた王国」
 「ローン・サバイバー」

【音響調整賞】
 「キャプテン・フィリップス
 「ゼロ・グラビティ
 「ホビット 竜に奪われた王国」
 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
 「ローン・サバイバー」

【長編ドキュメンタリー賞】
 「アクト・オブ・キリング」
 「キューティー&ボクサー」
 「Dirty Wars」
 「The Square」
 「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」

【短編ドキュメンタリー賞】
 「CaveDigger」
 「Facing Fear」
 「Karama Has No Walls」
 「The Lady in Number 6: Music Saved My Life」
 「Prison Terminal: The Last Days of Private Jack Hall」

【短編実写作品賞】
 「That Wasn't Me」
 「Just Before Losing Everything」
 「Helium」
 「Do I Have to Take Care of Everything?」
 「The Voorman Problem」

【短編アニメ賞】
 「Feral」
 「Get a Horse!」
 「Mr. Hublot」
 「九十九」 (森田修平監督)
 「Room on the Broom」

※allcinema ONLINEより参照

コメント (6)   トラックバック (3)

第34回(2013)ゴールデンラズベリーノミネート発表♪

2014年01月17日 | 映画関係・その他

毎年楽しみにしている、2013年の映画界の 「最低」を選ぶゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネートが15日発表されました。

常連のアダム・サンドラーが安定の最多8部門(「アダルトボーイズ遊遊白書」)でノミネート。
 「ハングオーバー!!! 最後の反省会」は確かに最低だったわー、面白くなったし。 「ローン・レンジャー」....最後の11分だけは面白かったんだけどね。「アフター・アース」(6部門)も納得だ(笑)。「ムービー43」は....違った意味で凄くない??表記が長い、、、。一度レンタルするのをやめたんだけどやはり観てみよう(笑)。
主演男優にジョニー.....あ゛う゛。主演女優にナオミ・ワッツ...あ゛ぁ゛。意外性でお二人どお??? ←ひどい
各賞の発表は、アカデミー賞授賞式の前日となる3月1日。


【最低作品賞】
 「アフター・アース
 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 「ローン・レンジャー
 「A Madea Christmas」
 「ムービー43」

【最低主演男優賞】
 ジョニー・デップ 「ローン・レンジャー
 アシュトン・カッチャー 「スティーブ・ジョブズ」
 アダム・サンドラー 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 ジェイデン・スミス 「アフター・アース
 シルヴェスター・スタローン 「バレット」 「大脱出」 「リベンジ・マッチ」

【最低主演女優賞】
 ハル・ベリー 「ザ・コール 緊急通報指令室」 「ムービー43」
 セレーナ・ゴメス 「Getaway」
 リンジー・ローハン 「ザ・ハリウッド」
 タイラー・ペリー 「A Madea Christmas」
 ナオミ・ワッツ 「ダイアナ」 「ムービー43」

【最低助演男優賞】
 クリス・ブラウン 「Battle Of The Year」
 ラリー・ザ・ケーブルガイ 「A Madea Christmas」
 テイラー・ロートナー 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 ウィル・スミス 「アフター・アース
 ニック・スウォードソン 「アダルトボーイズ 遊遊白書」 「A Haunted House」

【最低助演女優賞】
 サルマ・ハエック 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 キャサリン・ハイグル 「グリフィン家のウエディングノート」
 キム・カーダシアン 「Temptation: Confessions of a Marriage Counselor」
 レディー・ガガ 「マチェーテ・キルズ」
 リンジー・ローハン 「InAPPropriate Comedy」 「Scary Movie 5」

【最低スクリーンコンボ賞】
 「アダルトボーイズ 遊遊白書」の全キャスト
 「ムービー43」の全キャスト
 リンジー・ローハン&チャーリー・シーン 「Scary Movie 5」
 タイラー・ペリー&ラリー・ザ・ケーブルガイ、またはその古臭いウィッグとドレス 「A Madea Christmas」
 縁故起用(アフター・アースにひっかけて 「planet nepotism」と表記)によるジェイデン・スミスとウィル・スミス 「アフター・アース

【最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞】
 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 「ハングオーバー!!! 最後の反省会
 「ローン・レンジャー
 「Scary Movie 5」
 「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」

【最低監督賞】
 デニス・デューガン – 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 タイラー・ペリー 「A Madea Christmas」 「Temptation: Confessions of a Marriage Counselor」
 M・ナイト・シャマラン 「アフター・アース
 13人の監督(エリザベス・バンクス&スティーヴン・ブリル&スティーヴ・カー&ラスティ・カンデッフ&ジェームズ・ダフィ&グリフィン・ダン&ピーター・ファレリー&パトリック・フォーシュベリ&ウィル・グレアム&ジェームズ・ガン&ボブ・オデンカーク&ブレット・ラトナー&ジョナサン・ヴァン・タルケン) 「ムービー43」
ゴア・ヴァービンスキー 「ローン・レンジャー」

【最低脚本賞】
 M・ナイト・シャマラン&ゲイリー・ウィッタ/ウィル・スミス 「アフター・アース
 アダム・サンドラー&ティム・ハーリヒー&フレッド・ウルフ 「アダルトボーイズ 遊遊白書」
 ジャスティン・ヘイス&テッド・エリオット&テリー・ロッシオ 「ローン・レンジャー
 タイラー・ペリー 「A Madea Christmas」
 19人の脚本家(スティーヴ・バーカー&リッキー・ブリット&ウィル・カーラフ&トビアス・カールソン&ジェイコブ・フライシャー&パトリック・フォーシュベリ&ウィル・グレアム&ジェームズ・ガン&クロース・カイルストレム&ジャック・クコダ&ボブ・オデンカーク&ビル・オマリー&マシュー・ポーテノイ&グレッグ・プリティキン&ロッキー・ルッソ&オッレ・サッリ&エリザベス・シャピロ&ジェレミー・ソセンコ&ジョナサン・ヴァン・タルケン&ジョナス・ウィッテンマーク) 「ムービー43」

cue キューティー映画情報サイトより参照

コメント (2)

トリック 新作スペシャル3(ドラマ)

2014年01月15日 | TV movie(ドラマ)

2014/01/12放送 アメリカ 分
演出:堤幸彦
出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、池田鉄洋、飯島直子、藤田朋子、国生さゆり、福士蒼汰、朝倉あき、上條恒彦 、石田太郎

[Story]
講演会を行っていた上田のもとに、水神達郎という男性が訪れる。彼の実家の当主が亡くなり、遺言状を開封する為、講演会に来ていた奈緒子と共に長野県水里郡尾古溝村の水神家へ向かう事に。そこには呪いが掛けられたとされる財宝の在処のヒントが入ったとされる箱があった...


トリック劇場版 ラストステージ』で完結したハズのトリックシリーズ、エンドロールで泣かせてくれたのになぜか次の日にテレビで“新作スペシャル3”が放送されるという、、、。なんで映画の前に放送してくれなかったのか....だがしかし、トリックらしいっちゃらしいのだが(笑)

お話は映画の前日壇として描かれています。
それによりも何よりも...

犬神家の一族のオマージュが!!!!!

というより、どーみても犬神家の一族パロディなんだけど、、、
湖にたくさんのV字が刺さってるー、うひゃひゃひゃひゃっ。

犬神家..ではなく水神家(笑)
そこの当主が亡くなり遺言状を開封.....まんまで笑えた。
しかし、その遺言状を開封する弁護士が上條恒彦ときたもんだからすごいわー。
ちゃんとネタも用意されてて....笑いました。

完結編の映画よりこちらのほうがちゃんと謎解きもあるし初期のトリックらしい感じがして面白かった。しかし小ネタはおさえ気味のような....でも相変わらずクスっとするネタがいっぱい。
硫化水素を吸ったら5分で死ぬというのに上田と奈緒子が全然平気というか、匂いになれて余裕があるのはすごいよ(笑)

映画で気になってたミサンガの謎もわかった。

これで終わりて思ってた矢先に新作スペシャルで嬉しかったけど、できれば映画の前に見たかったかな。普通に終わったし、次は暑い国に行くって言ってたから、まだまだ続くのかなとつい思ってしまう。暑い国は映画のことなんだけどね、、、

映画もテレビもこれでおしまい!!

でも....映画よりテレビのスペシャルのほうがトリックらしいから、映画はこれで終わりにしていいから、テレビのスペシャルは続けてはいかがでしょうか。
上田と奈緒子が結婚でもすれば諦めるからさぁ...(笑)

★★★.8

 

トリック新作スペシャル3(本編DVD&特典DVD2枚組)
仲間由紀恵,阿部 寛,生瀬勝久,野際陽子,飯島直子
東宝

 

トリック新作スペシャル3(本編Blu-ray&特典Blu-ray2枚組)
仲間由紀恵,阿部 寛,生瀬勝久,野際陽子,飯島直子
東宝
コメント (4)   トラックバック (8)

第71回ゴールデン・グローブ賞発表!!

2014年01月14日 | 映画関係・その他

第71回ゴールデン・グローブ賞授賞式が1月12日(現地時間)にロサンゼルスのビバリー・ヒルトンで開催されました。

『アメリカン・ハッスル』がコメディ/ミュージカル部門で作品賞など3冠ということで益々観るのが楽しみになりましたね。うれしいのはレオのコメディ/ミュージカル部門での主演男優賞。こちらも楽しみなんですよね~。助演女優賞のジェニファー・ローレンス...すごいなぁ。
個人的には監督賞でのアルフォンソ・キュアロン監督の受賞はうれしい。サンドラ...残念っ。
日本からは第48回(1991年)の黒澤明監督『夢』以来の23年ぶりの外国語映画賞候補となった宮崎駿監督の『風立ちぬ』は残念ながら受賞ならず、、、。
次は1月16日(現地時間)の第86回アカデミー賞のノミネート発表が楽しみですね。

以下、受賞作品、受賞者。 

■作品賞(ドラマ)
★ 『それでも夜は明ける』
  『キャプテン・フィリップス
  『ゼロ・グラビティ
  『あなたを抱きしめる日まで』
  『ラッシュ/プライドと友情』

■作品賞(コメディー/ミュージカル)
★ 『アメリカン・ハッスル』
  『インサイド・ルーウィン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』
  『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
  『ハー(原題) / Her』
  『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

■主演男優賞(ドラマ)
★ マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
  キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
  トム・ハンクス 『キャプテン・フィリップス
  ロバート・レッドフォード 『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』
  イドリス・エルバ 『マンデラ:ロング・ウォーク・トゥ・フリーダム(原題) / Mandela: Long Walk to Freedom』

■主演男優賞(コメディー/ミュージカル)
★ レオナルド・ディカプリオ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
  クリスチャン・ベイル 『アメリカン・ハッスル』
  ブルース・ダーン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
  オスカー・アイザック 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』
  ホアキン・フェニックス 『ハー(原題) / Her』

■主演女優賞(ドラマ)
★ ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』
  サンドラ・ブロック 『ゼロ・グラビティ
  ジュディ・デンチ 『あなたを抱きしめる日まで』
  エマ・トンプソン 『ウォルト・ディズニーの約束』
  ケイト・ウィンスレット 『とらわれて夏』

■主演女優賞(コメディー/ミュージカル)
★ エイミー・アダムス 『アメリカン・ハッスル』
  メリル・ストリープ 『8月の家族たち』
  ジュリア・ルイス=ドレイファス 『イナフ・セッド(原題) / Enough Said』
  ジュリー・デルピー 『ビフォア・ミッドナイト』
  グレタ・ガーウィグ 『フランシス・ハ(原題)/ Frances Ha』 

■助演男優賞
★ ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
  マイケル・ファスベンダー 『それでも夜は明ける』
  ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・ハッスル』
  バーカッド・アブディ 『キャプテン・フィリップス
  ダニエル・ブリュール 『ラッシュ/プライドと友情』 

■助演女優賞
★ ジェニファー・ローレンス 『アメリカン・ハッスル』
  ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』
  ジューン・スキッブ 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
  ジュリア・ロバーツ 『8月の家族たち』
  サリー・ホーキンス 『ブルージャスミン』 

■監督賞
★ アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ
  スティーヴ・マックィーン 『それでも夜は明ける』
  アレクサンダー・ペイン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
  デヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
  ポール・グリーングラス 『キャプテン・フィリップス

■脚本賞 
★ スパイク・ジョーンズ 『ハー(原題) / Her』
  エリック・ウォーレン・シンガー、デヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
  ジョン・リドリー 『それでも夜は明ける』
  ボブ・ネルソン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
  スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ 『あなたを抱きしめる日まで』

■音楽賞
★ アレクサンダー・イーバート 『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』
  スティーヴン・プライス 『ゼロ・グラビティ
  ハンス・ジマー 『それでも夜は明ける』
  アレックス・ヘッフェス 『マンデラ:ロング・ウォーク・トゥ・フリーダム(原題) / Mandela: Long Walk to Freedom』
  ジョン・ウィリアムズ 『ザ・ブック・シーフ(原題) / The Book Thief』

■歌曲賞
★ 「Ordinary Love」 『マンデラ:ロング・ウォーク・トゥ・フリーダム(原題) / Mandela: Long Walk to Freedom』
  「Atlas」 『ハンガー・ゲーム2
  「Let It Go」 『アナと雪の女王』
  「Sweeter Than Fiction」 『ワン チャンス』
  「Please Mr Kennedy」 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス(原題) / INSIDE LLEWYN DAVIS』

■外国語映画賞
★ 『ザ・グレイト・ビューティー(英題) / The Great Beauty』(イタリア)
  『偽りなき者』(デンマーク)
  『アデル、ブルーは熱い色』(フランス)
  『ある過去の行方』(イラン)
  『風立ちぬ』(日本)

■長編アニメーション作品賞
★ 『アナと雪の女王』
  『怪盗グルーのミニオン危機一発』
  『クルードさんちのはじめての冒険』

コメント (2)   トラックバック (1)

インシディアス 第2章

2014年01月13日 | ★★★+

【INSIDIOUS: CHAPTER 2】 2014/01/10公開 アメリカ 106分
監督:ジェームズ・ワン
出演:パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、タイ・シンプキンス、リン・シェイ、リー・ワネル、アンガス・サンプソン、バーバラ・ハーシー

[Story]
3人の子どもたちを狙っていた悪霊も去り、ジョシュとレネ夫妻にようやく平穏な日々が訪れたように見えた。だが、息子を救うために幽体離脱したジョシュは、自分と共にこちら側の世界にやって来た何かに取りつかれていた。実は彼には幼い頃から、幽体離脱してあちら側の世界とつながる特別な能力が宿っており...
 

ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督と脚本家のリー・ワネルのコンビによる『インシディアス』の続編。

のんびりしてたら第2章が公開されてしまったので、前回をおさらいできずに観てきました....が、前作があまりにもインパクトがあったので見始めてすぐに思い出しました!!
いつもならすっかり忘れているのにめずらしいです。

続編は前作のラスト直後から始まるので、前作を観ていないと?マークが出てしまうかも。あのラストはなかなかの衝撃的でしたしね。
前作ほどのインパクトや面白さ、怖さはないけれど、お話は2本でひとつのお話になっているので前後編としてイッキに観るのがベストですね~。
ジョシュの過去やいろいろなことがわかってスッキリ!!

ただ怖がらせるだけのホラーではないので、ピアノの怪奇現象の真実にはジーンときてしまいましたわ。それに子供の糸電話のことも、ただの遊びだけじゃなかった。

タイトルがドーーーーーン!!!と出てくる時が一番怖いかも、、、

音がでかいのなんのって(笑)。
エンドロールの音楽が昔の怪奇映画っぽい雰囲気があって好き。
とにかく効果音が大きくて、内容の怖さよりもそっちのほうでドキッとしちゃうよ。

でも、全体的には怖くないです。

どうやらこれは....続編ありですね!!

★★★.6

 

インシディアス 第2章(初回生産限定版) [Blu-ray]
パトリック・ウィルソン,ローズ・バーン,タイ・シンプキンス,バーバラ・ハーシー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

インシディアス 第2章 [DVD]
パトリック・ウィルソン,ローズ・バーン,タイ・シンプキンス,バーバラ・ハーシー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
コメント (6)   トラックバック (10)