☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

クロニクル

2013年09月30日 | ★★★+

【CHRONICLE】 2013/09/27公開 アメリカ 84分
監督:ジョシュ・トランク
出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、アシュリー・ヒンショウ

[Story]
超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、自分たちの姿をビデオで記録することに。超能力を使い、他人がかんでいるガムを口から取り出したり、女子のスカートをめくったり、空中でアメフトをしたりと、退屈だった毎日を刺激的なものに変える三人。そんなある日、クラクションを鳴らして後方からあおってきた車を、アンドリューが超能力でスリップさせる。それを機に、彼は超能力を乱用するようになり...


ごく普通の高校生たちが、ある日超能力者として覚醒したことから思わぬ事態になってくというSF作品。テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。

いつもなら地元では上映されないだろうメジャーじゃない俳優陣にB級くささが漂う作品なのにめずらしく公開されたので観てきました。
登場人物が終始手持ちカメラでの撮影するという設定なのでちょいゆれ気味ですね。いわゆるPOV方式の撮影です。

もし突然、特別な力を持ったら....

最初は楽しくて私もちょっとしたいたずらをするだろうな。彼らも同級生をからかったり、マジックとして力を披露したり、スーパーマンのように気持ちよーく空を飛んでみたり....楽しいと思う。

スパイダーマンの“大いなる力には、大いなる責任が伴う”という有名な言葉があるけれど、まさにそれだ!!

最初は遊び程度だったのがだんだんエスカレートしていって、そこらのミュータント張りに、新生スーパーン張りに街中を巻き込む事態に、、、すげー破壊力だわ。

複雑な家庭のアンドリューには同情するけどドハデなブチ切れはいけませんなぁ。あの感情が爆発したシーンはまるで『キャリー』を思わせますね。そうそうアンドリュー役のデイン・デハーン君て、少年の頃のレオ(ディカプリオ)に似てるなぁと思って見てました。ほかの2人の演技も良かったし今後期待の俳優くんですね。

でも、なんだかんだと言っても、週末は“ハワイ”に行こう、“チベット”に行こう....どこでもひとっ飛びで楽に海外旅行を楽しめるのはいいな。どんな秘境にも行けちゃうしねー。
それに、もしかしたら....マジシャンの中には本当に超能力を使ってマジックをやってる人がいるんじゃ???なーんて考えてしまいました。

彼らが能力を身につけたあの洞窟らしきものは.....いったい何だったんだろう?

★★★.8

これって「2週間・首都圏限定公開」なんですってねー。
栃木も首都圏に入れてもらえたのね(笑)~しかも1000円で観られてうれしい♪


クロニクル [DVD]
デイン・デハーン,アレックス・ラッセル,マイケル・B・ジョーダン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

クロニクル [Blu-ray]
デイン・デハーン,アレックス・ラッセル,マイケル・B・ジョーダン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント (18)   トラックバック (21)

謝罪の王様

2013年09月29日 | ★★★★

2013/09/28公開 日本 128分
監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子

謝るとき、人は誰でも主人公。

[Story]
依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく...


舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く、水田伸生、宮藤官九郎、阿部サダヲの監督・脚本・主演トリオによる奇想天外ナンセンス・コメディ。

クドカン脚本なんで観てきましたー。
やっぱり面白い。
思ったほど阿部サダヲがくどくなかったのが良かったかな。
あんなふざけた所でウルッときたなんて......(笑)
爆笑、クスクス笑いが多いお話だけど、共感できる所やなるほどと思う所があって“謝罪のマニュアル”っぽい作品でした。
ちょい出演の俳優陣もこれまた豪華。

お話は、
CASE1:倉持典子(井上真央)の場合 怖い人達に謝りたい!
CASE2:沼田卓也(岡田将生)の場合 セクハラを誤りたい!
CASE3:南部哲郎(高橋克実)/壇乃はる香(松雪泰子)の場合 謝罪会見で謝りたい!
CASE4:箕輪正臣(竹野内豊)の場合 過去の過ちを謝りたい!
CASE5:和田耕作(荒川良々)の場合 国際問題を謝りたい!
CASE6:黒島謙(阿部サダヲ)の場合 ラーメン屋の......と、6つのエピソードで構成。

それぞれどこかで聞いた見たことあるような場面を面白おかしく描かれているのですが実は奥が深い。こういう時どう謝ると相手を不愉快にさせて、どう許してもらえるのかと考えさせられるところもありましたね。謝罪のテクニックは勉強になりましたわ(笑)

それぞれのCASEで面白いんだけど、一番笑ったのはCASE3かな。ハゲネタはよくあるもんなんだけど高橋克実さんだからかなぁ....失礼ながらも笑いました。
あとCASE5のマンタン王国と日本の国民性の違いはウケました。皇太子(野間口徹)が日本のアニメオタクなのも笑えたけど、誤解につぐ誤解....究極の謝罪は爆笑ものだわ。やはりその国でやってはいけないものはリサーチしとくべきですね。
そんな中でCASE4は結構いい話でした。笑える所でついウルッときてしまったり...

それにしても、あの“べつに..”会見、大物俳優の息子の謝罪会見、謝罪失敗で“反日”状態になったりと...それやっちゃう?的なところがさすがクドカンだなとおもったり(笑)。それと俳優陣がみなさん弾けてて楽しかった。
あと、依頼人と待ち合わせするお店がそれぞれの依頼人と時間が重なってたりして、この時に向こうの席で....っていうのがあってもう一度確認したくなりました。まさかあの時岡田くんが...あの人だったとは~でも声がヘンだなと思った時があったのよ。 


わき毛ぼーぼー、自由の女神!!

ずっと頭ん中でぐるぐるしとります、、、
あ゛あ゛...真央ちゃんも竹野内さんも.....わき毛~良かったです(泣笑)
アメリカではどうなんだろーと思ったら大うけだったようで安心しました。

★★★★ 土下座の向こう側についてはちとオチが弱かったかなと思うけど...おまけ。

謝罪といえば...小学生の時、何もしてないのに謝らせられた悔しい思い出があります。
うー、今思い出しても悔しいわ~きぃー。

 

謝罪の王様 [DVD]
阿部サダヲ,井上真央,竹野内豊,岡田将生
バップ

 

謝罪の王様 [Blu-ray]
阿部サダヲ,井上真央,竹野内豊,岡田将生
バップ

 

映画「謝罪の王様」オリジナル・サウンドトラック
バップ
バップ

 

「謝罪の王様」オフィシャルブック 土下座の彼方まで~黒島譲に学ぶ謝罪の極意~ (TOKYO NEWS MOOK 377号)
東京ニュース通信社
東京ニュース通信社
コメント (14)   トラックバック (28)

劇場版 野王-序章-

2013年09月28日 | TVXQ!

2013/09/27公開 韓国 106分
監督:チョ・ヨングァン
出演:クォン・サンウ、スエ、ユンホ

7年ぶりに再会した男女と、その女性を愛してしまった大企業の若き御曹司との悲しくも激しい愛と復讐劇を描いたドラマ。韓国では放送開始直後から圧倒的な人気を集め、視聴率首位を獲得したラブストーリー。

もともとはテレビドラマで、その第1話と第2話を編集したものを劇場版の序章として上映された作品。これってユノの出番は2話からだと聞いてたので最後にちょろっと出てきておしまいだったらやだなー、それに割引なしの定価だし...と思ってたのですが今朝になって意外と出てると知ったので観てきました。ポストカードをいただきました♪

始まる前にクォン・サンウとユノのコメント映像が流れました。最初は二人とも日本語での形式的なあいさつから始まり韓国語でのコメントが流れる...のですが、え??なんでユノまで韓国語??? てっきり日本語でくると思ったので想定外だった(笑)。ま、これは韓国ドラマだからかな。

序章と名がつくとおり良いところでブツっとまた来週(次はいつ??)で終わるのである、、、。
でも復讐劇とか人間のドロドロしたお話は好きなのでなかなか面白く見入ってしまうお話でした。

それに....巨大財閥の御曹司ぺク・ドフンがいいーーーーーっ、素敵だ....ユノぉ~。

後半の後半あたりに登場するんだけど、大画面での彼の微笑みにはやられましたね。全体の3分の1も出てないと思うけど定価2000円でも惜しくはなかった。彼が登場するたびに口元がゆるみっぱなしで...ニヤニヤ(汗)。
アイスホッケーでの真剣な眼差し、けんかっ早い所(←好み)なんかも素敵ね。

この後悲しい出来事が起こるらしいけど....そんなの今は考えてません、はぁユノを堪能しました。ああ....テレビドラマを編集しただけの映画...まんまとエイベックスの策略にのせられてしまった、、、

ほとんど韓国ドラマは見ないんだけど数少ない見たうちで思ったのは、過去のエピソードの時も若作りをして本人が演じるんですよね。クォン・サンウ、スエのお二人も演技力がある人だから引きではちゃんと約10年前っぽく見られたけど、大学受験とか...いったいいくつの設定なの?と思ってしまった。

現在からはじまり過去に飛び、やがてあの冒頭シーンへとたどり着くわけですが、最初から衝撃的なシーンで始まると結構わくわくしますな。不幸は伝染する...というけどまさにその通り。チュ・ダヘさえ二人の前に現れなければ幸せに暮らしてたのにねぇ。ハリュはダヘにあれだけ尽くしてきたのに...どんな裏切りがあるのか...。

お話はベタだしヒロインの不幸な設定もベタベタだけど、ああ続きが見たいっす。その続きはWOWOWでかよぉ.....完全版はDVDが出たら見るとして、やはり大画面でぺク・ドフンが見たいかも ←完全に策略にはまってる、、、

クォン・サンウファンにはたまらないですね。いろんな顔や姿が見られてかなりおいしいのではないでしょうか。上半身脱いでるし(笑)。そしてスエ、この人のちょっと低音になる時の声が好き。ダヘのような強かな女性役にはぴったりだなーと思います。しかし、お二人の作品はほとんど観たことないのよねぇ、、、。

 

 

野王(ヤワン)/ 韓国ドラマOST (SBS)(韓国盤)
Loen Entertainment
Loen Entertainment
コメント (4)   トラックバック (1)

イヤー・オブ・ザ・スネーク 第四の帝国

2013年09月27日 | ★★★

【DIE VIERTE MACHT/THE FOURTH STATE】 2012年劇場未公開 ドイツ 116分
監督:デニス・ガンゼル
出演:モーリッツ・ブライブトロイ、カシア・スムートニアック、マックス・リーメルト、マーク・イヴァニール

事実は、真実ではない。

[Story]
チェチェンとの情勢が緊迫するロシア。ドイツ人ジャーナリストのポールは、亡父の友人アクセレイの口利きで雑誌社に赴任するためモスクワへ渡った。ロシア政府が一刻も早く反テロ法を施行しようと反政府勢力を弾圧する中、ジャーナリストのイジェンスキー殺害現場に出くわす。彼を慕う謎の女性カティヤの依頼で、事件の記事を掲載するが、雑誌社にとって命取りの行為だと問題視されてしまう。その後、カティヤと深い仲になるが、地下鉄で爆破テロに巻き込まれ、意識を失い目を覚ますとそこは刑務所の病棟だった...


es[エス]』のモーリッツ・ブライプトロイ主演、『THE WAVE ウェイヴ』のデニス・ガンゼルが監督・脚本を務めたポリティカルサスペンス。爆破テロ犯の濡れ衣を着せられたジャーナリストが、隠された真実を暴こうとする姿を描いた作品。

『THE WAVE ウェイヴ』は面白かったので観てみました。おなはしは、見に覚えのない事件に巻きこれるというよくあるパターン。でもこの手の話は好きです。冒頭の爆破シーンは結構驚く。ほかにも爆破シーンだったり人が銃で撃たれるシーンがあるんですが絶妙なタイミングでドキッとしたわ~。

濡れ衣を着せられたジャーナリストが身の潔白を証明してめでたしめでたしかと思うのですが、ハリウッド映画のようなすっきり感がなかったですね。わりと地味で淡々とした展開。それよりも、刑務所や人々が集まるお店、お役人さんとかとかロシアだけどソ連の雰囲気が残ってたというのが印象に残りました。

『THE WAVE ウェイヴ』の監督さんで期待したのですが普通かな。でも、最後の空港のシーンは結構ドキドキもんでした。主人公とすれ違う人たちがみんな胡散臭く思えてしまって最後まで何かあるんじゃないかと思ったり....一番おもしろかったところかな(笑)

主演のモーリッツ・ブライブトロイは久々に見たけどちょい老けたなー。

★★★.2

 

イヤー・オブ・ザ・スネーク-第四の帝国- [DVD]
モーリッツ・ブライプトロイ,カシア・スムートニアック,マックス・リーメルト,ラデ・シェルベッジア,マーク・イヴァニール
アメイジングD.C.
コメント (2)   トラックバック (1)

クリーンスキン 許されざる敵

2013年09月26日 | ★★

【CLEANSKIN】 2012年劇場未公開 アメリカ 100分
監督:ハディ・ハジェイグ
出演:ショーン・ビーン、シャーロット・ランプリング、アビン・ガレヤ、タペンス・ミドルトン、ジェームズ・フォックス、ピーター・ポリカープー、ミシェル・ライアン


ショーン・ビーン主演による、政府諜報機関に雇われたシークレットエージェントの活躍を描いたクライムアクション。

過去に妻がテロの犠牲となり、テロがなくなるまで闘うと心に誓うユアンは、ある日有力なテロ情報を入手する。
一方、イギリスで弁護士を目指していたイスラム教徒のアッシュは些細なことでイギリス人の恋人と喧嘩別れをしてしまい、人種や考え方には大きな壁があり法律では世界は変えられないと思ってたところに、アッシュの同胞の一人が彼に声をかけきて....アッシュは次第にテロリストへと変貌していく....というおはなし。

ちょうど『許されざる者』の公開に合わせてなのか、サブタイトルには「許されざる敵」が付いておりますが....あまり関係ないと思う。ただ、イーストウッド版のとあるセリフが出てくるってだけですね。

たいして面白くなかった、、、

ショーン・ビーン演じるユアンは妻をテロで亡くしていてこの世からテロがなくなるまで闘うと誓う男。テロリスト側はかつて同胞を殺された恨みをもっていて復讐のためにテロを企てるという....映画ではありがちのおはなしです。

やられたらやり返す...どちらかがやめないといつまでたっても終わらない。結局はどちらも血が流れるわけで解決策はないもんですかねぇ。
実際にもこのアッシュのように普通の暮らしをしていたのにテロリストになってしまうということはあるんでしょうか...。ないとは言えないか。

★★.8

 

クリーンスキン~許されざる敵~ [DVD]
ショーン・ビーン,シャーロット・ランプリング,アブヒン・ガレヤ,トゥペンス・ミドルトン,ピーター・ポリカープー
アメイジングD.C.
コメント

「天魔さんがゆく 最終回とぷらす」

2013年09月24日 | ドラマ

「天魔さんがゆく」が終わってしまった~さびしい。
毎回笑わせてもらいました。独特のゆるい雰囲気がツボで良かった。 


オバケを気持ちよく成仏させてあげるお話で、夜中に見ても全然怖くない、むしろ爆笑もののドラマでした。他局のドラマのパクリやセリフが数多く出てるのはやはり深夜枠だからなんでもアリなんだろうか。 やたらと“じぇじぇじぇっ”が出てきた(笑)

冒頭の教授風の幽霊の湯川田学 (みっちー) は自分が幽霊だということを認めない頑固者でかなり説得が大変だった(笑)

最後のお話は、活気があり、悲しい歴史もない木野俣村が舞台。井戸から女性が出てくるらしい。でも最初に出てきたのは井戸から貞子?いやちょいぽっちゃり貞子....しかも井戸が浅い(笑) そのあとスリムな貞子らしき幽霊が現れる。目がビームが出て天魔さんたちは身動きがとれなくなる.....今回は攻撃的な幽霊だ。説得して成仏させられるのかっっっ。

いくつも出てくる女性の幽霊は村長が心中した女性たちばかり....ぽっちゃりが好きなのね。
死に切れなかった村長が高橋克実さんて....説得力ないなー(笑) 
そんな時に、イケメン湯川田先生が現れ...

“みなさん僕といっしょに成仏しないか? 天国も実に興味深い...”

で一件落着.....このために冒頭に登場させたのね。

ゆるキャラの“そばばばん”のコスプレしてるのが水川あさみちゃん。
いや~女優さんなのに天魔さんにけんか腰でのやりとりが笑えた。あさみちゃんと剛っさんのコンピは好きだからなんか安心感があった。プライベートでも仲がいいそうで息ぴったりね。最終回にふさわしいゲストですな。 

一番おもしろかった回は、指原莉乃さんがゲストの回!!
あれは爆笑もので最高でした。
あとは、剛っさんが金田一少年のパクリをした回....まさか見られるはね。 

うーん、剛っさんは...個人的には音楽より演技のほうが好きかなぁ。
最近はソロ活動についてはお茶の間応援にしたしね。 

++

今回、初回から最終話まで見たのはこの『天魔さんがゆく』と山P主演の『SUMMER NUDE』だけ。え?『半沢直樹』は??...所々と最終話のラスト10分くらいは見ました(←初回を見逃すと諦めちゃうタイプ)。
『SUMMER NUDE』は...どこにでも転がってる使い古したお話なんだけど山Pだから見ちゃったという感じ。なんかね...彼が出演している恋愛ものってきゅんとして見ちゃうのよね。たぶんあまり頼れない感じがよいのかと(笑)

本来ならばドラマ見てる場合じゃない、さっさと更新ように映画見ないといけないんだけど~。
来月は...どうしよう。 

 

コメント   トラックバック (1)

金田一耕助VS明智小五郎

2013年09月23日 | TV movie(ドラマ)

2013/09/23放送 21:00~23:08
演出:澤田鎌作
出演:山下智久、武井咲、遠藤要、朝加真由美、柄本時生、忍成修吾、草村礼子、マギー、羽生田拳武、益岡徹、伊藤英明

[Story]
元祖トキ屋拘蛟龍堂と本家トキ屋拘蛟龍堂は長年いがみ合ってきた歴史を持つ薬問屋。もともとは鴇屋万右衛門が一代で起こした薬問屋で、越歴丸という薬を開発、病に倒れた後は二人の愛弟子に調合法を伝授した。愛弟子は犬猿の仲だったため、憎み合った末に本家と元祖という二つのトキ屋拘蛟龍堂が生まれてしまう。ある日、本家の長男喜一郎がある日元祖の若旦那、長彦のもとに殴り込みもみ合いの末、長彦に劇薬をかけて失踪してしまうという事件が起きる...


金田一耕助も明智小五郎も好きなんで....キャストが微妙だけど見ました。
山Pは好きだけど...だけど....違うよなぁ。伊藤くんも....うーん。ふたりとも現代顔なんだもん(汗)...と思いつつ、、、

前に明智が松岡昌宏くん、金田一が長瀬智也くんで『明智小五郎VS金田一耕助』(2005年2月26日放送)というのをやってたな。でも現代に置き換えたお話だったけど...。

今回は金田一が山下智久くん、明智が伊藤英明くんで、こちらは原作通りの時代設定ですね。でも原作は未読なので忠実なドラマ化なのかはわかりません。

昭和初期の雰囲気は良かったと思うけど....主演のお二人がカッコ良すぎるよねぇ。
まぁ、イケメンを昭和の雰囲気で楽しむと切り替えて見れば面白かったかな(笑)。

ほぼ金田一がメインでお話は進んでるので、明智は登場しなくても....などと思ったら最後の最後で美味しいところを持って行ってしまいましたなぁ。あのおなじみの変装ベリベリベリにはニヤリ♪
あ~忘れてたわ。でも金田一vs明智というのとは違うような。金田一のヒントがあって明智の活躍だもんね。

金田一耕助も明智小五郎も様々な俳優さんが演じられているので、人それぞれに見た時代の二人のイメージがあると思います。私は金田一は石坂浩二さん、明智は天知茂さんが一番好き。
最近の金田一では吾郎(稲垣)ちゃんのが好き~横溝先生とのやりとりがいいのよね。昭和顔の吾郎ちゃんは良かったんだけどもうやらないのかなぁ。

山Pの金田一も何日もお風呂に入ってなくても異臭はしなさそうだし、明智は渋さが魅力だけど爽やかさが出てしまった伊藤くんだけどもこれはこれで楽しめました。
物語は....ありがちでやっぱりそうだよね~だったけど、、、。

増岡さんが演じる浅原警部の“よし、わかった”はうれしいな。等々力警部を思い出す♪

★★★.5

 

金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫)
杉本 一文
角川書店(角川グループパブリッシング)
コメント (2)

ビザンチウム

2013年09月22日 | ★★★★

【BYZANTIUM】 2013/09/20公開 イギリス/アイルランド R15+ 118分
監督:ニール・ジョーダン
出演:ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、ジョニー・リー・ミラー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

これが 本当の 私――

[Story]
神秘的な16歳の少女エレノアは、彼女の保護者である八つ年上のクララと共に海辺のリゾート地にたどり着く。一見姉妹のように見える二人は、長年定住することなく街から街へと放浪する日々を送っていた。実は、なまめかしい美貌を持つクララと悲しげな瞳を持つエレノアにはある秘密があり...


インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のニール・ジョーダン監督が約20年ぶりとなるヴァンパイア映画に挑んだヒューマンドラマ。
原作戯曲・脚本は『ジェーン・エア』のモイラ・バフィーニ。

ヴァンパイア映画ではダントツで『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が好きなので、その監督さんの最新作ということで観てきました。1本目の『エリジウム』と『ビザンチウム』なんか似たタイトル、、、

シアーシャちゃんは『つぐない』『ラブリーボーン』での繊細な演技がうまいなと思って注目してた子なんですが、すっかり大人になっちゃったー。でも、もともと子供なのに角度や雰囲気によって大人っぽく見える所があったので、今回の200歳のヴァンパイア役はハマってるかな。淡いブルーの瞳がきれい。

ある意味淡い恋愛ものではあるんですが、どこかの気持ち悪いヴァンパイア男と早くヴァンパイアになりたい女の学園ラブよりもずーーーーっと良かった。
やはりヴァンパイア映画には孤独と切なさがないとねー。
切ない雰囲気としては『ぼくのエリ 200歳の少女』に近い感じですね。
でもヴァンパイア映画というより、永遠に生きなければならない2人の女性の悲しい物語かな。

最初はあまりにも地味すぎるし淡々としてて微妙だなーと思ってたのですが、中盤から後半に向けてじわじわ~とこれいいわー好みだなと思いはじめました。パンフも買っちゃった。

エレノアとクララは姉妹かと思ってたらなんと....。
クララが娼婦のヴァンパイアという設定はちょっと引っかかったんだけどもね、初めは何の説明もないまま観ていくと、なぜ追われてるのかとか、少しずつ過去がわかってくると切なくなる。

エレノアがヴァンパイアで、フランクが白血病という設定がまた切なさを出してる。
フランクが事故で手首から血が止まらなくなって止血したハンカチをエレノアが拾って吸うシーンが印象に残る。
それと、普通のヴァンパイアなら健康な人にかぶりつく所を、エレノアは同意のもとで死を待つご老人から血を頂くところが優しさが出ててなんかいい。
イギリス映画というと全体的に暗めな雰囲気だったり、曇り空がイメージにあるけどまさにこの作品にぴったりでした。

ちゃんと招かれないと家に入れないとか、首筋を狙うとか、首を切り落として息の根を止めるなどツボはおさえてある。最近はゾンビ化したヴァンパイアがいるから困るのよね。
ちょっと違うのは血を吸った相手は仲間にはならない、相手の首筋を尖った爪でプツっと刺して吸ったり...。
そしてヴァンパイアになるにはある島に行って儀式を受けなければならないなど....。

私もあの島に行くーーー!!
だってレスタトが迎えにきてくれないからトシくってるよ~。それよりも私の血が薄いからだめなのかな、、、
しかし、女性がヴァンパイアになるのは認めてくれないそうなので迫害受けることになるけど、、、 

ほんと色白なシアーシャちゃんはすごくいい。切なく孤独感バリバリの雰囲気もいい。それとエレベーターに閉じ込められたシーンで、上から血が滴って頭から染まっていく所は『キャリー』を思い出した。シアーシャ版というのも観てみたいかも!

★★★★.2

 

ビザンチウム [DVD]
シアーシャ・ローナン,ジェマ・アータートン,サム・ライリー,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ポニーキャニオン

 

ビザンチウム [Blu-ray]
シアーシャ・ローナン,ジェマ・アータートン,サム・ライリー,ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ポニーキャニオン
コメント (8)   トラックバック (14)

エリジウム

2013年09月21日 | ★★★+

【ELYSIUM】 2013/09/20公開 アメリカ PG12 109分
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリシー・ブラガ、ディエゴ・ルナ、ワグネル・モウラ、ウィリアム・フィクトナー、ファラン・タヒール

彼の余命は、あと5日――

[Story]
2154年。スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層はパーフェクトな居住空間で過ごす一方、荒廃した地球に暮らす貧困層はひどい搾取に苦しんでいた。エリジウム政府高官のローズが地球の人間を消そうと動く中、地球で暮らすマックスはエリジウムに潜入することを決意。残り5日しかない寿命を懸けて戦いに挑む...


富裕層はスペース・コロニーの“エリジウム”に住み、貧困層は荒廃した地球に住むという分断された近未来を舞台にしたSFアクション。監督は 『第9地区』のニール・ブロムカンプ。

マット・デイモンの坊主頭は微妙だなー...と思いつつ 『第9地区』の監督なので観てきました。 『第9地区』ほどのインパクトはなかったけど、ドンパチやアクション好きとしては楽しめました。

『第9地区』に出てきたスラム街を思わせるような街や、前は人種差別だったけどこちらは格差社会になってたりと雰囲気が似てますね。それに、どこかの映画で観たようないいとこ取りな設定も多いような...。

地球上ではパッと見にアナログな暮らしをしてるんだけど、武器はわりとハイテクだし、貧困層が暮らしてる地球なのに、エリジウムに不法入国しようとするシャトルも持ってたりと、近未来はアナログなのかハイテクなのかわからんっ。
荒廃した地球でも宇宙からはきれいだった。

ちゃんとした設備もないのに、マットに大リーグボール養成ギブス(←古っ)みたいなのを自動車組み立てみたいに装着できる技術を持ってるのもすごい。ちょっと痛々しかったけど...衛生面は大丈夫?

いや、それよりも照射線(放射線よね)を致死量浴びたのに結構元気だったね。←そういうとこはアメリカ雑だな。

ま、いろいろツッコミ所もあるけど....トルーパーみたいなのが出てきたり、宇宙船やスペース・コロニーの全景などはワクワクしましたね~。

それにしても、横になってスキャンしてちょっとしたら病気やケガが治ってしまう医療ポッドは素晴らしいなぁ。顔がつぶれても再生しちゃうんだもん、すげーわ。お医者さんは失業ね、、、。

『第9地区』のヴィカスがエージェントに...。こういう小汚い感じが似合うシャールト・コプリー。クライマックスでのマットとのバトルはテンション上がりましたわさー。
フリオ(ディエゴ・ルナ)良かったんだけどな....かわいそうだった。おさげが似合ってた♪
実はカーライルことウィリアム・フィクトナーの冷酷そうな顔好きなのね。
ジョディ・フォスター...予告編ではおおーっと思ったんだけどラストはあっさりだったのがざんねーん。ちょっともったいない使い方してる?

あれだけエリジウムに行くのに大変なのに、主人公の特権なのか意外にあっさりエリジウムに行けたね(汗)。エリジウムの様子はもうちょっと見てみたかったかな。
主人公のまわりに病気の子供を持つ母親がいたら.....ラストは想像できちゃいましたわ。

★★★.8

 

エリジウム プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
マット・デイモン,ジョディ・フォスター,シャールト・コプリー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】エリジウム スチールブック仕様(完全数量限定生産) [Blu-ray]
マット・デイモン,ジョディ・フォスター,シャールト・コプリー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

エリジウム [DVD]
マット・デイモン,ジョディ・フォスター,シャールト・コプリー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

エリジウム [Blu-ray]
マット・デイモン,ジョディ・フォスター,シャールト・コプリー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
コメント (28)   トラックバック (40)

鷹の爪シックス~島根はやつらだ (来場者特典)

2013年09月19日 | 映画関係・その他

〈9月13日公開『鷹の爪GO』の来場者特典は次回作のDVD〉

予算少ない少ないというわりに、来場者に“鷹の爪6”のDVDをプレゼントしちゃう太っ腹さ。
サブタイトルは『007 死ぬのは奴らだ』からきてるんだよね。

冒頭の釣りのおっさん二人の会話が何気にわかって笑えた、、、

島根が突如凶暴化して鳥取を襲ってるという。
広島が説得にあたってるらしいが、、、
岡山は広島に任せて知らんぷり、山口は津和野を狙ってるらしい(笑)

これを政府から頼まれてデラックスファイターが解決するために現れるが、島根を良く知らないため鷹の爪団に仕事を下請けさせて成功報酬の8億のうち1億をやるよという...。
どうやら兵庫もうさんくさいらしいし...。
こういう都道府県ネタって好きー。

いきなりのトシちゃん......すごくない??
主題歌!! 実写で本人出てるし....トシちゃんファンは欲しいよねコレ。
予算.....大丈夫なのか? あ、宣伝か。
ってか、なかなか良い曲だったりするぅ。

唐突な終わり方だったんで、つい2回見ちゃったー。

次回は『鷹の爪7』。

コメント (2)   トラックバック (1)

8周年になりました。

2013年09月18日 | 日記

本日9月18日で、livedoor blogの頃から含めブログを始めて通算で8周年となりました。

最近はマイペースすぎてカレンダーが穴ぼこだらけになっておりますが、皆様のおかげでなんとか続けてこられました。 こんな私におつき合いくださいましてありがとうございます。

始めた頃は手当たり次第でZ級の作品も観たりしてましたが、最近は選んで観るようにしてますがそれでもハズレもあったりします。地方ゆえ劇場公開作品も少ないこともありDVD鑑賞が多いのですが、あまり人が観ない未公開作品などで掘り出し物があるとうれしいのでそういう作品をご紹介できたらいいなと思ってます。 

毎年、記念の日だから何か企画ものでもやりたいなと思いつつ、この時期は劇場公開作品も多く結局あいさつで終わってしまうのですが今年もやはりこんな感じです(笑)。

それと今年のエイプリルフールには、心機一転でブログタイトルを変更しました。タイトルも中身もたいして変わっちゃいないのですが、映画以外のこともちょこちょこ更新したりして少し気楽に更新できるようになったような気がします。もしかしたら更にマイペース過ぎになるかもしれませんが、無理せずに楽しくやっていこうと思ってますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

yukarin♪

コメント (36)

鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~

2013年09月17日 | ★★★+

2013/09/13公開 日本 110分
監督:FROGMAN
出演:FROGMAN、河北麻友子、稲川淳二、鈴木あきえ、とーやま校長、よしだ教頭、上野アサ、佐野史郎、MEGUMI

さようなら総統。
僕は幸せでした…

[Story]
秘密結社・鷹の爪団のメンバーは、戦闘主任の吉田くんの実家がある島根でおみくじを引き、全員「凶」を出してしまうトホホっぷり。そのころ地球から遠く離れた宇宙空間では、悪のネマール帝国が機械生命体の惑星ゴゴゴを侵攻。伝説の救世主の居場所を手にした中年男オキテマス・スマイルと娘のヨルニーは、命からがらゴゴゴから逃げ出し、予言に語られる救世主“青く輝く星に住む一人の尖った耳の男”を探すため、地球にある鷹の爪団の秘密基地を目指すのだった...


FLASHアニメ「秘密結社 鷹の爪」の劇場版第5弾!!
世界征服を企む悪の秘密結社・鷹の爪団が、全宇宙の侵略をはかる悪の帝国と機械生命体の惑星との宇宙戦争に巻き込まれてしまうというおはなし。

台風のせいで一日遅れ、期限が今日まででギリギリでのフリーパスで観てきました。客は2人か!と思ったらギリギリでおっさんが入ってきて3人での鑑賞、、、。久しぶりのマイナー感が気持ちいい(笑)

オープニングのアテンダント吉田くんによる安全に見るためのいい加減な説明が面白かった。吉田くんからツッコミが入るので注意(笑)。

鷹の爪シリーズは劇場版しか観ていないので、幽霊のおじさんとかもろもろのキャラクターはわかりませんが、相変わらずのバカバカしさと笑いで楽しんできました。
今回は予告編の段階でネタバレされてるのが斬新...というか、まぁこの手のお話の展開はお約束でしょ...。ヨルニーのつっこみどおり。

悪の帝国ネマールに侵略される惑星ゴゴゴの人達の容姿はもう『トランスフォーマー』のパクリ。それに自ら機械生命体と言ってるし、元総司令官の名前がオキテマス・スマイルときちゃ....(笑)。オキテマス・スマイルはカッコ良く描かれているのに、他の機械生命体は小学生の落書きのような容姿なのが笑える。他の人達、原型とどめてないのもいるし、、、。

相変わらずの予算ゲージが増えたり減ったり...スポンサーの金の出し具合によって、宣伝時間も違うのかな。オリンピック開催地発表の“TOKYO”レベルから、いろいろな映像や説明が入ったり宣伝だったりいろいろ。サブタイトルの“美しきエリエール消臭プラス”はいつか?と思ったらやはり良いところで入りこんできたっ。

今回は親子の絆がテーマなのかな。オキテマスとヨルニー親子。総統と吉田くんの親子のような絆(泣きはしなかったが泣けそうなシーンがあった)だったり、総統とフィリップの関係もわかったりして、後半は何気にイイ話になってました。

・何気に総統の出生の秘密がわかった...
 しかし、その話って最近リブートしたあの作品のパクリじゃん(笑)。

・島根をバカにしてもいいのは鳥取だけ...に笑った。
 ↑申し訳ないけど、いつも位置はどっちが右だっけ左だっけ?と迷う。でも最近は島根を応援してる♪ だって栃木も似たようなもの...バカにしていいとは言いたくないけど埼玉には頭が上がらないが、茨城はライバルで負けたくない(笑)。

・フィリップがいっぱいしゃべってたー。
 それよりもいつ結婚してたの?? 

レオナルド博士が実写に...しかもあの人が!!
 しかも博士が作ったロボットがスケールがでかいのなんのって(笑) 輪っかどうすんの? 

・甲府と松江の宣伝が唐突に入ってくる。しかも丁寧な観光案内になってる、、、

どこでも島根のアプリ...あれいいな。

まぁ、すごく面白かったというほどではないけれどクスクス笑いが楽しめる。前はさり気なく宣伝が入ってきたけど今回はいやらしく入ってきた感じもしましたね。全体的に見るとちょっとマンネリ化してるかなぁ。
そうそう入る前に来場者特典DVDをいただきました♪

★★★.5

・ 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE -総統は二度死ぬ-
・ 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~
秘密結社 鷹の爪 THEMOVIE3 ~http://鷹の爪.jpは永遠に~

※TOHO cinemas free passport #11


 

鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~『スタンダード版』 [DVD]
(声の出演)FROGMAN,(声の出演)河北麻友子,(声の出演)稲川淳二,(声の出演)佐野史郎
東宝

 

 

【数量限定】鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~『もっふもふデラックスBOX』(DVD2枚組)
FROGMAN,河北麻友子,稲川淳二,佐野史郎
東宝


 

秘密結社 鷹の爪 オフィシャルガイドBOOK 劇場版第5弾『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』公開記念MOOK特別付録ポーチ&ドラマCD付 (祥伝社ムック)
祥伝社
祥伝社
コメント (6)   トラックバック (6)

許されざる者(2013)

2013年09月16日 | ★★★+

2013/09/13公開 日本 PG12 135分
監督:李相日
出演:渡辺謙、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、佐藤浩市

人は、どこまで許されるのか。

[Story]
1880年、北海道。かつて幕府軍最下層の兵士として幕末の志士を斬りまくり、“人斬り十兵衛”と恐れられた男、釜田十兵衛。彼は、落ち延びたこの地で一人の女性と出会い、所帯を持つ。その妻は3年前に他界し、今は残された2人の子どもと共につましく静かな生活を送っていた。しかし、最北の地での暮らしは過酷を極め、食べるものにも事欠く有様。そんな時、かつて幕府軍として一緒に戦った仲間、馬場金吾が現われ、賞金首の話を持ちかける...


クリント・イーストウッド監督・主演による1992年の西部劇を、舞台を開拓時代の北海道に移したリメイク作品。かつて“人斬り十兵衛”として恐れられた男が、一度は刀を封印したが昔の仲間との再会をきっかけに再び刀を手にして.....というもの。監督は『フラガール』『悪人』の李相日。

今回は母も観たいというので久々に一緒に観てきました。
やはりCM効果があったのか、謙さん目当てなのかほぼ満席状態でしたね。

オリジナルは西部劇、私はなぜか西部劇にはどんな傑作でも面白さを感じられないヤツですので、好きなイーストウッド監督・主演でも...実はあまり盛りあがりませんでした(ラストだけ↑)。リメイクのほうは舞台が日本だということもあり、こちらのほうが物語に入りやすかったです。

ほぼオリジナルに忠実に描かれてました。細かい設定は変わってたりするけれど大筋は同じ。リメイク作品て、オリジナルを先に観るべきか後に観るべきかと悩む所ですが、今回は先に観て正解だったと思います。わりとテンポが緩めだし淡々としてるのでどういう話か知らなかったら寝てたと思う、、、。内容を知ってたので、オリジナルとの比較を楽しみながら観られたのが良かったです。

舞台を開拓時代の北海道にしたのが良かった。西部劇の広大な風景と開拓時代の北海道の風景が似てましたしね。それに馬に乗って出掛けるのも西部劇っぽい。アメリカを日本に置き換えてたリメイクはそうないので新鮮。
舞台がどこの国になろうとこういうお話はあてはまるもんですね。

謙さんはあまり斬りまくりした人には思えなかったけど、ラストでは表情が一変して目に凄みが出てきたところはテンション上がりましたね。たしかオリジナルもソコだった(笑)。
浩市さんの悪役良かったな。でもオリジナルの保安官も嫌なヤツだったけど町の平和を守るのために暴力的だった描き方だったけど、こちらはただの悪いヤツっぽかったかな。

あとあと、賞金の話を持ちかけてぬけちゃうのはどうなんだろ。私はもとの設定のほうのが良かったし、そのほうがクライマックスにいきてくるような気がしました。とはいえ、キャストが良かったんでそれでヨシです。でももう一度オリジナルをみなおしてみたくなりました。

エンドロールで...柳楽優弥くん?どこに出てたっけ?とボケかましてしまった(汗)
実は出演作を観てないかもしれん、、、

★★★.9

※TOHO cinemas free passport #10


 

許されざる者 [DVD]
李相日
ワーナー・ホーム・ビデ

 

 

許されざる者 ブルーレイ&DVDセット 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]
渡辺 謙,佐藤 浩市,柄本 明,柳楽 優弥,忽那 汐里
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

 

許されざる者 [Blu-ray]
渡辺 謙,佐藤 浩市,柄本 明,柳楽 優弥,忽那 汐里
ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (19)   トラックバック (39)

劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-

2013年09月15日 | ★★★+

2013/09/14公開 日本 120分
監督:木村ひさし
出演:中居正広、北村一輝、栗山千明、玉森裕太、嶋田久作、田中哲司、千原せいじ、中村靖日、庄野崎謙、島崎遥香、光宗薫、中村昌也、利重剛、奥貫薫、三好博道、原日出子、堀北真希、岡田将生、前田美波里

さよならアタル――。

[Story]
ある日、アタルやラリーが所属する、ニューヨークのFBI組織・SPB爆破事件が起きる。同じ頃、東京でも電車の送電線破裂事件が起こり、車椅子の女性管理官・星が捜査の指揮を執ることになる。沢ら警視庁捜査一課の刑事たちが捜査に臨む中、アタルとラリーも帰国して捜査に加わる...


サヴァン症候群がもたらす特殊能力で難事件を解決していくテレビドラマ「ATARU」の劇場版。監督はテレビ版も手がけ、本作が劇場映画デビュとなる木村ひさし。

これは見てました。なのでスペシャルも含む完結編でもあるので観てきました。
テレビドラマからの映画化なのとTOHOシネマズディなこともありこちらも満席でした。

いい意味でテレビサイズなお話で良かった。劇場版になるとヘンに豪華にしようと失敗するけど、こちらはテレビドラマの雰囲気をそのままに、ちょいアメリカロケありという感じでした。

物語は先が読めやすい。マドカが死んだことになってアタルに事件の容疑がかかるんだけど、誰もがアタルが犯人ではないのはわかってる。マドカが生きてるのわかってるし、最後はきっとそうなんだろうなと思ってたらそのとおりだったし、、、。なのにラストはほろりとさせられてしまいました。

たぶん、登場人物のキャラクターがいいんでしょうねアタルことチョコザイ君は何ともいえない可愛さがある。舞子のコロッケネタも毎度ながら笑ってしまうしオーバーリアクションも毎回笑わせてくれる。沢主任もどこかヌケてる感が良いし、ラリーも渋くて素敵なのにどこか主任と似た所があるしね。そのほか警視庁の面々も個性的な人たちばかり。ドラマのほうに登場した方々はひととおり出てましたね。

鑑識の渥美さん好きなのねー。それと犬飼さんに、鑑識のオトコマエなネエちゃん好きなのよー。美魔女もいい味だしてるけど今回の復活はうれしいな。

堀北真希ちゃんが演じるマドカはある事故でサヴァン症候群と似たような症状が現れたということでサヴァン症候群ではないのね。もー数字がずらずらずら~と流れたひにゃ、もうわけわからんですよ。こういう人の脳みそはどうなってるんだか、、、。
でも犯罪者とはいっても、結局は大人の都合で振り回されたかわいそうな子なのね。マドカなりの正義感もわかるし...。
あまりこういう役での真希ちゃんは見たことがなかったので新鮮でした。ちょいコワかったよ。

あの大量のユリの花はいったい....
あの場所まで車を運転していったのは.....

いろいろツッコミどころもある。シリアスな展開なのにちょこちょこおふざけがあったりとこのドラマらしい路線そのままで楽しかったです。

いやぁ、中居くんの演技は素晴らしい。本当に自閉症なのかと思うほど。
やはり人気の秘密は、個性的な俳優陣と、やはり中居くんの演技につきるでしょう。

★★★.8 

※TOHO cinemas free passport #9


 

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL DVD スタンダード・エディション
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,島崎遥香
ポニーキャニオン

 

 

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,島崎遥香
ポニーキャニオン

 

 

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL DVD プレミアム・エディション
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,島崎遥香
ポニーキャニオン


劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL ブルーレイ プレミアム・エディション [Blu-ray]
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,島崎遥香
ポニーキャニオン

 

「劇場版 ATARU」OFFICIAL BOOK~N・A(NAKAI×ATARU)ビジュアルワールド~
角川マガジンズ
角川マガジンズ

 

シャボンだまのきせき (単行本)
こう
角川書店

 

ATARU スペシャル~ニューヨークからの挑戦状!! ~ディレクターズカット Blu-ray プレミアム・エディション 初回生産限定エコバッグ(ブルー)付
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,岡田将生
TCエンタテインメント

 

ATARU スペシャル~ニューヨークからの挑戦状!! ~ディレクターズカット Blu-ray プレミアム・エディション 初回生産限定エコバッグ(ピンク)付
中居正広,北村一輝,栗山千明,玉森裕太,岡田将生
TCエンタテインメント
コメント (5)   トラックバック (10)

ウルヴァリン:SAMURAI

2013年09月14日 | ★★★+

【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、
ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン

散ることのないサムライ。

[Story]
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガンは、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオと共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲンに迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる...


 「X-MEN」ウルヴァリンのスピンオフ第2弾。今回の舞台は日本。各地で本格的なロケが行われ見所満載だが、つっこみどころも満載の作品。監督は『ニューヨークの恋人』『3時10分、決断のとき』のジェームズ・マンゴールド。

2Dで観たかったので一日遅れで観てきました。夏休みが終わったとたんに昼間の回もあるという、、、。この日はTOHOシネマズディということで満席となっておりました。それに日本が舞台ということで初めて観る人もいるんじゃないかな?真田さんも出てるしね。

やはり......とんでも日本が描かれていたーっ。
しかも手荒い...お・も・て・な・し!

とりあえずは面白かったでーす。ヒュー様も堪能できたし、真田さんも堪能できた。それにとんでも日本もある意味堪能できたしね。まぁ外国人が描く日本だから仕方ないね。とにかくツッコミどころ満載でイチイチ挙げてたらきりがないところだけど、、、

しかしこれだけは...新幹線好きとしてはさすがに走向中に車体が破損したり酷いひっかき傷ができたり車外に人が飛ばされたりしたら緊急停止するって!! 異常音で停車するくらいだもん。それにローガンはいいとして一般人が屋根でバトルって.....ありえないわ~もぉ笑った。
それとニンジャ今いないから~あとお坊さんはあんなことしませんっ(笑)

やはり心配したとおりでした~。
もう、いつの時代なのかわからんっ。

ローガンをお風呂で手荒くゴシゴシには笑った。私もやりたい!!
あと、撃たれた弾を取り出すのが獣医というのが笑った。あながち間違いではないかも~引っかかれてるしね(笑)。こういうチョコチョコした笑いは楽しかったです。

てっきり矢志田が昔ローガンに助けられたお礼として普通の死を授けてあげようというものなのかと思ったら実は治癒能力が欲しかったとはっ。しかも後半はスゲーことになっててびっくり。あれにはちょい引いた、、、

マリコ役のTAOさん、ユキオ役の福島リラさんは日本人なんですね。TAOさんは戸田恵梨香ちゃんに似てたー。福島さんはアクション良かったけど独特のお顔をしててインパクトありました。弓使い(今時どうよっ)のハラダ役のウィル・ユン・リーさんのカタコト日本語うーん(汗)。見覚えがあると思ったら『007/ダイ・アナザー・デイ』のムーン大佐だった。

今回、回想シーンだけどジーンが結構出てて嬉しかった。ちょっと切なくなっちゃうけどね。
そしてエンドロール中のシーンではあのお二人が登場で嬉しい。あれって...時系列とかどうなってるのか???一応最新ってことで良いのかな?

観終わって思ったけど....このシリーズは本国でやってほしいなと。
日本だとどうしても粗探しをしちゃうのよね、、、。

★★★.9

※TOHO cinemas free passport #8

 

ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン,真田広之,TAO,福島リラ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

ウルヴァリン:SAMURAI 4枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン,真田広之,TAO,福島リラ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

ウルヴァリン:X-MEN ZERO+ウルヴァリン:SAMURAI ブルーレイ版スチール・ブック仕様 (4,000セット数量限定生産) [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント (32)   トラックバック (39)