☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ハンガー・ゲーム

2012年09月30日 | ★★★

【THE HUNGER GAMES】 2012/09/28公開 アメリカ PG12 143分
監督:ゲイリー・ロス
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・バンクス、レニー・クラヴィッツ、スタンリー・トゥッチ、ドナルド・サザーランド

生存率1/24
それは究極のサバイバル。戦うことでしか、生き残れないのか――?

富裕層によって支配され、パネムという名の独裁国家と化したアメリカ。そこで民衆の絶大な支持と人気を集めているのが、各地区から選出された12歳から18歳までの男女が森の中で殺し合い、生き残った者に巨額の賞金が渡されるという殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」だった。まだ幼い妹がプレイヤーに選ばれてしまったカットニスは、彼女の代わりにゲームに出場することを決意。家族を養うための狩猟で鍛えた弓矢の腕と持って生まれた鋭い勘を生かし、強豪プレイヤーを打ち倒していくが... (シネマトゥディより)


アメリカでベストセラーのスーザン・コリンズ原作の同名小説を映画化したティーンズ・サバイバル・アクション。映画化第1弾ということで第2弾の日本公開も決まっててお知らせ出てました、、、
監督は『シービスケット』のゲイリー・ロス。

独裁国家になっちゃったアメリカで、各地区から選ばれた12歳から18歳までの男女が森の中で1人生き残るまで殺し合うというというおはなし。12歳と18歳が戦ったら18歳のほうが有利じゃないか....なんだかムチャクチャな設定。
主人公のカットニスは妹が選ばれてしまったために代わりに出場することになるわけですが...最初から主人公なんだもんこの子が生き残るのはわかってるので、後はどう戦い生き抜いていくのかが見所になるわけですね。

これ...ゲームシーンだけで良かったのでは?143分が長すぎるー。半分くらい過ぎた頃にやっとゲームが始まりました。しかも、ルールがお客の反応でコロコロ変わっちゃうので、だんだんテンションが下がってしまいました。
地区から2人選出するなら最初からチームで戦えばいいのにとか、誰が生き残るのか主人公がわからないほうが面白かったかもしれません。
それに、カットニスは死なないと思って観てるから、あまりハラハラドキドキもしなかった。それと、あの差し入れのキズに塗る軟膏の効能がすごくてびっくり(笑)。

でも俳優陣は良かったです。カットニスを演じたジェニファー・ローレンスはなかなかオトコマエで良かった。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でミスティークを演じた子なんですねー。アクションもできるし今後が楽しみな女優さんですね。
しかし、カットニス...ゲームのためとはいえ同じ参加者のピータと12地区の彼氏と三角関係になりそうな雰囲気(笑) 続編あるからその辺も注目でしょうかねぇ~でもそれは勘弁してほしい(汗)
...あまりにも都合良すぎて次は観るかどうか悩みます...。

★★★(ジェニファー・ローレンスにおまけ)

ハンガー・ゲーム2
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション  

 

ハンガー・ゲーム [DVD]
ジェニファー・ローレンス,ジョシュ・ハッチャーソン,リアム・ヘムズワース,ウディ・ハレルソン,レニー・クラヴィッツ
角川書店
コメント (26)   トラックバック (39)

ボーン・レガシー

2012年09月29日 | ★★★

【THE BOURNE LEGACY】 2012/09/28公開 アメリカ 135分
監督:トニー・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョーン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン

ジェイソン・ボーンは
氷山の一角に
過ぎなかった。

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロスを巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり... (シネマトゥディより)


「ボーン」シリーズ3部作の続編であり、その裏で進行していたという国家的陰謀を同時進行で描くサスペンス・アクション。ジェイソン・ボーンとは別の暗殺者アーロン・クロスが繰り広げる戦いを描く。
監督はシリーズの脚本を手がけたトニー・ギルロイ。

最初はシリーズ終了したし、リブートってやつかなと思ってたんですが、ボーンが動いていた裏での同時進行での別のおはなしということでちょっぴり期待。一応3部作もおさらいもしました。
冒頭に『ボーン・アルティメイタム』からのガーディアンの記者やパメラやノア、ハーシュ博士が出てきたりしてテンション上がったのですが.....。

いったいCIAの極秘の“なんとか計画”はいくつあるのー!?
もう多いしいろいろとややこしいから大変。“トレッドストーン計画”や”ブラックブライヤー計画”のほかにも“アウトカム計画”というのも出てきた。そのほかにもいろいろあるようで.....今回は序章みたいな感じ。とにかくこのシリーズを続けたいがための計画ですか~。

ちょっと前半がテンポ悪くてちょっと退屈気味....でもお薬探しで舞台がマニラに移ったあたりからは面白くなりました。しつこいくらいのお得意のアクションシーンはテンション上がりました~。アーロンたちを追うNo.3がターミネーター化してたけど最後はあっさり(笑)

ジェレミー・レナーのアーロンも悪くはないんだけど、やはりボーンというかマット・デイモンの存在は大きかった。観ながらこの頃ジェイソンはあんなことこんなことしてるんかなーと考えながらみちゃったし、アーロンは“薬~薬~”ばかりが印象に残ります(笑) あ、アクションシーンは良かったけど。

せっかくアルティメイタムですっきり気持ち良く終われたのに、パメラがまずい状況になってるのが複雑なだなー。ジェイソン何とかしてやってよーと思ってしまう。これって続くんでしたっけ?? 次はジェイソンとアーロンが組んでやらかしちゃうとか~なんないかな。続くとなるとシェアリング博士はまず消されるんでしょうなぁ。

★★★.2

ボーン・アイデンティティー
ボーン・スプレマシー
ボーン・アルティメイタム

 

ボーン・レガシー (字幕版)
トニー・ギルロイ,ダン・ギルロイ,フランク・マーシャル,パトリック・クローリー,ジェフリー・M・ワイナー,ベン・スミス
メーカー情報なし

 

ボーン・レガシー [Blu-ray]
ジェレミー・レナー,レイチェル・ワイズ,エドワード・ノートン,アルバート・フィニー,ジョアン・アレン
ジェネオン・ユニバーサル
コメント (30)   トラックバック (39)

復讐の絆 Revenge:A Love Story

2012年09月27日 | ★★★+

【復仇者之死/REVENGE: A LOVE STORY】 2010年劇場未公開 香港 R-15 111分
監督:ウォン・ジンポー
出演:蒼井そら、ジュノ・マック、リュー・イェン、チン・シュウホウ、トニー・ホー、デレク・ラム

心から君を、守りたかった。

刑事と身重の妻の連続惨殺事件が発生。仲間を殺された刑事たちは、容疑者・キットを逮捕する。だが、キットの恋人で妊婦のウィンは、自らの腹を引き裂き無実を訴える...

 

モスクワ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞したバイオレンスドラマ。
監督は『ベルベット・レイン』のウォン・ジンポー。
私の好きな復讐ものなんですが、これがとにかくすごい、いろんな意味で。

冒頭からありえない刑事の死体...バラバラ?ドロドロ?な残骸が出てきて、その妻がお腹を裂かれて胎児が取り出されているという状態。しかも仲間の刑事が駆けつけた時にはその妻は息があった.....初っぱなからショッキングな展開に引き込まれました。

またまた腐った警察のお話です。今回は警察組織ではなく所轄の刑事たち。主人公キットの恋人のウィンがある事情でお隣さんの売春婦の家にかくまってもらった時、訪ねてきた男に乱暴されそうになってキットがその男をボコボコにするのですが、その後に警察に被害を訴えに行ったらなんとボコった男は刑事だった!

しかもその刑事はウィンを売春婦だと勘違いしてるから署内で....。その上、ウィンが売春婦じゃないとわかったら、それをもみ消そうとしてキットに理由をつけて6か月のムショ暮らしにさせてしまうという極悪非道な刑事たち。そんな恨み辛みが重なってキットは復讐を決意。そして冒頭の事件に発展していくわけですね。

とても救いのない哀しく切ないお話。悪を取り締まる警察が極悪でどうしようもないのが酷い。刑事たちがやっきになってウィンを殺そうと壮絶な攻防戦が繰り広げられます。
しかし、復讐はどこかで止めなきゃいけない。復讐の解決策は赦すこと....一度は赦したのだけれども.......復讐の連鎖を見事に描いていたと思います。ラストに出てくる少年たちの将来が心配。

ヒロインは蒼井そらさんという人で台詞が少ないので日本人だとは気づきませんでした。かなり大胆なシーンがあって身体張ってんなーと思って出演作を調べたらなるほど~と。
キットを演じたジュノ・マックは香港の歌手だそうですが、こちらも台詞が少ないのですが迫真の演技がとても素晴らしかったです。復讐に燃えた突き刺すような目が印象的。しかし、どうしても『SPEC』の時の加瀬亮さんに見えるんですよねぇ。

あまり期待してなかったのですが、これはやられたーという感じでした。
これって香港映画なんですが雰囲気が韓国映画っぽかったです。

★★★.9

 

復讐の絆 Revenge: A Love Story [DVD]
蒼井そら,ジュノ・マック,チン・シューホウ,トニー・リュー,トニー・ホー
アメイジングD.C.
コメント

伝説のロックスター再生計画!

2012年09月25日 | ★★★

【GET HIM TO THE GREEK】 2010年劇場未公開 アメリカ 109分
監督:ニコラス・ストーラー
出演:ジョナ・ヒル、ラッセル・ブランド、エリザベス・モス、ローズ・バーン、コルム・ミーニイ、ショーン・コムズ、クリステン・ベル

レコード会社で働く若きアシスタントのアーロンにビッグチャンスが舞い込んだ! かつて“ロックの神様"と呼ばれた伝説的スター、アルダス・スノー復活ライブの実現に向けて、アーロンは即ロンドンに飛び、72時間以内にアルダスをロサンゼルスに呼び寄せる大役を務めることに!
しかし、肝心のアルダスは、恋人ジャッキーと別れ自暴自棄。おまけに渾身の自信作が酷評を受け落ちぶれる一方、ソロ活動を始動したジャッキーは人気の頂点に上り詰めていた...

 

音楽映画の未公開作品は掘り出し物があるので期待して観たのですが、えーっといまひとつでした。だけど終わり良ければすべて良しみたいなところもあって...笑。その終わり良ければはライブシーンですねー。アルダス・スノーが歌う曲が好みでもうちょっとライブが見たかったなー、とそれだけ(笑) アルダスの歌が入ったサントラがあったら欲しい!!

この作品は2008年の作品『寝取られ男のラブ♂バカンス』のスピンオフ作品でオリジナルは未見です。観てなくても、落ちぶれた伝説のロックスターが復活するまでのおはなしなので問題なしです。
監督は『ガリバー旅行記』『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などの脚本を手がけたニコラス・ストーラー。おでぶちゃんのジョナ・ヒルは『マネーボール』のピーターですよね、こんなに太ってたかな??

アルダス・スノーを演じたラッセル・ブランドはいかにもわがままなロックスターという感じでなかなかハマってた。公開中の『ロック・オブ・エイジズ』でも出演していますねー。こちらは公開前に観ましたがこっちのほうが合ってると思う!。ちょっと残念なのは“伝説”がつくロックスターの設定がうまく活かされてなかったところですかね。それはオリジナルを観てないからかな??

ラストは無理矢理友情もので終わらせたという感じでした。

★★★
★★★.7 ラッセル・ブランド

 

伝説のロックスター再生計画! [DVD]
ラッセル・ブランド,ジョナ・ヒル,エリザベス・モス,ショーン・“P.ディディー"・コムズ,ローズ・バーン
アメイジングD.C.
コメント (2)   トラックバック (1)

TOKIO LIVE TOUR 1718 ライブビューイング in シアター

2012年09月23日 | Live・Live Viewing等

TOHOシネマズ宇都宮でTOKIOのライブを観てきました!
8/26から始まったツアーもこの日がファイナル。そして全国のシネコンでもその様子が中継され、約2時間45分にわたる彼らの熱いパフォーマンスを堪能してきました。

前作からは4年ぶり、フルアルバムとしては6年ぶり。ということはあれから行ってないから私もライブを見るのは6年ぶりなのかな?? 毎年桜の季節に武道館に行くのが恒例でした。そして今年9/21はCDデビューしてTOKIOは18歳。この日はオーラスのせいかかなり気合いが入ってるのが伝わってきたし、6年ぶりのフルアルバムということもあるのかメンバーがみな感極まってるようでしたね。

かなり久々に観たけどいい意味で全く変わってなかった!
TOKIOのライブは本当にかっこいい。ライブとMCのギャップが楽しい。何と言ってもファンとの一体感が素晴らしいのです。KinKiでは味わえないあの一体感は本当にうらやましい。うちわもないし双眼鏡でガン見する人もいない。メンバーが煽ってくるからファンも負けずに盛り上げる、普通のバンドライブと変わらなく楽しめるのが彼ららしさですね。

MCは相変わらず太一君と松岡君がよくしゃべってた(笑)。関係者席を煽ったりメンバーが出演しているCMの宣伝も忘れない所も相変わらず。いい意味で変わってなくて良かったし、演奏は安定してるし貫禄が出てきた。うーん、ギターを弾くリーダーはやっぱりカッコイイのだ!!MCになるとふにゃふにゃになっちゃうけれども(笑)。やっぱりTOKIOはライブが似合う。
ただ、変わったのは...長瀬が昔よりしんどそうだった(笑)。本人も言ってたけどジャンプが低くなった...そうだ(笑)

太一君...♪NaNaNa (太陽なんていらねぇ) の時にじわじわセンターに寄っていて....長瀬とkissしちゃいましたわよー。ツアー中じりじり接近しててやっと昨日kissまでこぎついたらしいのだけれど、今日は二人見つめ合ってぶちゅーといっちゃいました。しかもディープキス...あわわ。これ全国中継でドアップ、、、。その後のMCでその話で盛りあがっておりました。もうオーラスだから何でもアリなんですな。

今回、シネコンのスクリーンでのライブ体験ではありましたが、大画面に大音量はDVDで見るのとわけが違って臨場感たっぷり。しかも生中継なので自分たちも武道館にいるような気分になります。地方でなかなか行けない人もいると思うので、ぜひこういう企画はどんどんやってほしいと思います。でも...ライブはその会場で盛り上がるのが一番ですけどね!! いや~久々に観たTOKIO LIVEは熱う~ございましたわー。

※セットリスト※
1.archive
2.KIBOU
3.sometimes
4.HOPE
5.宙船
6.The Course of Life
7.T2
8.PERFECT LIFE
9.約束の場所~Believe~
10.Autumn
11.ロースピード
12.羽田空港の奇跡
13.ストロボ
14....as one
15.NaNaNa(太陽なんていらねぇ)
16.More
17.SONIC DRIVE!
18.自由な名の下に
19.AMBITIOUS JAPAN! (アンコール)
20.城島SONG(アンコール)
21.LOVE YOU ONLY
22.JUMBO(ダブルアンコール)


よろしければポチッとお願いします♪

コメント (4)

ロック・オブ・エイジズ

2012年09月22日 | ★★★★

【ROCK OF AGES】 2012/09/21公開 アメリカ PG12 123分
監督:アダム・シャンクマン
出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッティ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、アレック・ボールドウィン、トム・クルーズ

落ちぶれたロックスターが、夢を追う若者に出会った――

栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。歌手を夢見て田舎から出てきたシェリーは、ライブハウス“バーボン・ルーム”でウェイターをしながら歌手デビューを目指す青年ドリューと出会う。彼の紹介でシェリーもバーボン・ルームでウェイトレスをすることになり、2人は次第に距離を縮めていく。そんな中、かつての勢いはなくなったもの、いまだカリスマとして業界に君臨するスーパー・スター、ステイシー・ジャックスのライブがバーボン・ルームで行われようとしていた... (allcinema ONLINEより)


80年代ロックをフィーチャーしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華キャストの共演で映画化。
監督は『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン。

まさかのTOHOシネマズでの上映無しにショック、しかしMOVIXで上映があることを知りやった!と思ったのはつかの間....お彼岸でお墓参り。何とか車を確保してびゅーっと飛ばして観てきましたー。

ROCK最高~♪

キャストも良かったけど流れる曲がいいっすねー。♪Paradise Cityからテンション上がりました~。ええ、今ではアイドル好きですけど本来はROCK好き。よく聴いてて好きな曲ばかりだし好きなバンドだし~で、もうテンション上がりまくりで最後までノリノリで観てましたとも!!! 自然にリズムとってましたね。

いつものように予備知識を入れずに観に行ったので、トムが伝説のロック・スターに扮するということくらいしか知らず、バスの中でみんなが歌い始じめてそこで気づきました...これはミュージカルだったのですね!! それにトムが主演だと思ってたら若い男女のほうでした。でも、トムとキャサリンのインパクトが強くて若者たちがすっかり霞んでしまいましたわ、、、。

トムはすっかりロック・スターになりきってました。でもちょい体格が良すぎるかな?と思うけど、どこかイッっちゃってる感じはなかなかのものです。エロかったしね~(笑)。ガッチリしたアクセル風と思ったら、アクセルに指導を受けたのね~。欲を言えばもうちょい痩せてると良かったかな。それにしてもこんなに歌がうまかったとはびっくり!もっと聴きたかった~トム様ぁ。

キャサリンの市長夫人が、んもー迫力あった! 歌もうまいし踊る姿も迫力ありすぎでした(笑)。異常なほどロックを嫌ってるからステイシーと何かあるんだと思っていたけれど.....爆笑。

大御所二人にすっかり持っていかれたジュリアン・ハフとディエゴ・ボネータだけど、こちらも歌がうまい。ディエゴ君は本物の歌手だそうですね~今回が映画デビューだそう。POPしてる彼よりROCKしてる彼のほうが好きかな。かわいい♪

ポール・ジアマッティてこういう約束が違うじゃないか!と言われそうなクセのあるマネージャー役がはまりますな。で、びっくりしたのがアレック・ボールドウィンで、またまた太りました?でもライブハウスのオーナーが意外に違和感なかったのはさすが。ラッセルとの訳あり?コンビはぴったり(笑)

ラッセル・ブランドはおととい観た『伝説のロックスター再生計画!』で落ちぶれたロック・スター役でトムとダブるけど、こちらはROCK好きのにいちゃんという感じでまた違った雰囲気がよかったです。

こういう音楽映画はストーリーがあるようでないようなもの。歌手を夢見る若い男女の恋を描いたお話でよくあるシンプルなストーリー。やはり見所は俳優陣の歌唱力と楽曲選曲ですね。80年代ROCK愛を感じる作品でした。パンフに使用曲と説明が載ってました。サントラ欲しいな~。

★★★★.8

 

ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラック
SMJ
SMJ

 

ロック・オブ・エイジズ(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
トム・クルーズ,ジュリアン・ハフ,ディエゴ・ボネータ,ポール・ジアマッティ,ラッセル・ブランド
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

ロック・オブ・エイジズ [DVD]
ジュリアン・ハフ,トム・クルーズ,ディエゴ・ボネータ
ワーナー・ホーム・ビデオ
コメント (26)   トラックバック (31)

キリング・フィールズ 失踪地帯

2012年09月20日 | ★★

【TEXAS KILLING FIELDS】 2012/04/14公開 アメリカ 105分
監督:アミ・カナーン・マン
出演:サム・ワーシントン、ジェフリー・ディーン・モーガン、ジェシカ・チャステイン、クロエ・グレース・モレッツ、ジェイソン・クラーク、アナベス・ギッシュ

絶対に救い出す――。

テキサス州テキサスシティ。“キリング・フィールズ”と呼ばれる湿地帯では、多くの死体が発見されて未解決事件が多い。ニューヨークから来たブライアンとともに捜査に明け暮れるマイク。現在は連続少女失踪事件の捜査に当たってするが全く手かがりが掴めない...。そんな時、ブライアンが気に掛けていた心に傷を負った少女アンが行方不明になってしまう.....。

 

テキサスに実在する犯罪多発地帯“キリング・フィールズ”を舞台に、失踪した少女を追う刑事たちを描く。

製作にマイケル・マン、監督は娘のアミ・カナーン・マンで、『アバター』のサム・ワーシントン、『グレイズ・アネトミー』のジェフリー・ディーン・モーガン、『モールス』『キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツと豪華な顔ぶれ。実話をもとにしたおはなしですがいまひとつでした。

出だしはなかなか面白そうと思ったのですが、テンポが悪いのかなんなのかいまひとつわかりづらく入り込めず。アンが行方不明になってからは少しテンポが早くなったけれど、クライス・サスペンスというわりにハラハラドキドキもなかったです。犯人がわかってもふーんという感じ、、、。

良かったのは女性にしては渋めな映像の雰囲気と音楽かなー。あと、あんな母親のもとで変な道にそれないで健気に生きてるアンを演じたクロエちゃんが良かったかな。きっとブライアンが気にかけてあげてたからでしょうね。

主役はサム・ワーシントンだけどジェフリー・ディーン・モーガンのほうが存在感があった。やさしい刑事だなーと思ってたけど、ヒラリー・スワンク主演の『ストーカー』でキモいストーカーだったのでしたー。

★★.9

 

キリング・フィールズ 失踪地帯 [DVD]
サム・ワーシントン,クロエ・グレース・モレッツ,ジェフリー・ディーン・モーガン,ジェシカ・チャステイン,アナベス・ギッシュ
TCエンタテインメント
コメント (6)   トラックバック (8)

青い塩

2012年09月19日 | ★★★+

【BLUE SALT】 2012/03/17公開 韓国 122分
監督:イ・ヒョンスン
出演:ソン・ガンホ、シン・セギョン、チョン・ジョンミョン、イ・ジョンヒョク、キム・ミンジュン、ユン・ヨジョン

辛くて切ない、無償の愛

ソウルの伝説的な闇組織のボスだったドゥホンは、ヤクザの世界から足を洗い、母の故郷プサンで穏やかな生活を送っていた。そんな彼は、通い始めた料理教室で一見ごく普通の少女セビンと出会う。しかし彼女の正体は、ある理由から今は裏社会で働くライフル競技の元射撃選手。組織に雇われドゥホンの動向を探っていたのだった... (allcinema ONLINEより)


裏社会を描いた韓国映画は過激でグロいものが多いのですが、冒頭の塩田もきれいだったしプサンの海や空、夜景も素敵で、そこに切ない純愛ラブストーリー?も絡んでくるといういつもとは違った雰囲気で新鮮な作品でした。タイトルとおり青の使い方がうまいなと。

久々のソン・ガンホ!!
いや~ん、カッコ良かったわん♪
セビンの前ではやさしいアジョシなんだけど、自分を狙うヤツの気配を感じると素早く戦闘態勢に入るギャップが良いわー。格闘シーンもニヤリん♪
それにお料理してるガンホがキュートっすね。
セビンの正体を知っててもそれを受け止めて逆に彼女を守ろうとしてしまう懐の大きさも素敵。
久々にカッコ良いガンホが見られて満足です。

お相手のシン・セギョンちゃんはお初ですが、複雑な心情をうまく演じていて良かったですね。元競技の射撃選手だったけれどある出来事から組織に雇われてドゥホンを狙うことになるんだけど、ドゥホンと接していくうちになかなか任務を遂行できないもどかしさが切なくかったよー。

セビンの雇い主のおばちゃんは、『ハウスメイド』の先輩メイドの人ですね。メイドから暗殺者の元締めになってたとはびっくり。

これはヤクザ映画なのか恋愛映画なのか??? いや男女の恋愛というのとはちょっと違うかな。なんか不思議な作品でした。そしたら『イルマーレ』の監督でした....なるほど~と納得。オチは予想通りだったけど、最後の最後は.....うーむ。まぁいっか。

あっ!そうそう忘れて観てたらまっつぁんこさんが出演してました!(笑)

★★★.9
★★★★ ソン・ガンホ

 

青い塩 [DVD]
ソン・ガンホ,シン・セギョン,チョン・ジョンミョン,イ・ジョンヒョク,キム・ミンジュン
Happinet(SB)(D)
コメント (12)   トラックバック (13)

「7周年!!」

2012年09月18日 | 日記

本日、9月18日でBLOGを始めて7周年となりました。
これも皆様の温かいコメントに支えられての7年だと思います。本当にありがとうございます。たまには厳しいコメントもいただきましたけれども何とか頑張ってやってこられました。

振り返ってみますと1周年では毎日更新が楽しくて、2周年では休みのタイミングが掴めず更新を頑張り、3周年でやっとエイプリルフールに第1回計画休暇を取り、4周年では現状維持に努め、5周年直前に初めてブロガーさんとお会いする機会がありました。そして6周年ではまさかまさかのブログお引っ越しをして始めての迎えた記念日でございました。

今年は....さらにマイペースにいこうかと思います。今までは2日連続で休まない!と自分にルールを決めて更新してきました。そのためブログ優先でいろいろとやりたいを後回しにもしました。最近は余裕が持てなくなってコメントのお返事も遅れがちだったり更新がしんどくなってきたり...。そんなわけで、余裕を持って楽しくブログを続けていきたいなーと思いますので、7周年を機にルールを解禁することしました!!

お友達の皆様、訪問してくださる皆様、これからも変わらずお付き合いしていただけると嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

yukarin

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

コメント (27)

The Cat ザ・キャット

2012年09月17日 | ★★★+

【CAT】 2012/05/26公開 韓国 105分
監督:ピョン・スンウク
出演:パク・ミニョン、キム・ドンウク、キム・イェロン

ペットショップでトリマーとして働く若い女性、ソヨン。ある日、彼女が担当した猫ビダンの飼い主が変死する事件が発生する。さらに猫の里親になった友人までもが不可解な死を遂げてしまう。そんな中、謎の少女の幻覚に悩まされるようになるソヨンだったが... (allcinema ONLINEより)


韓国産のホラーです。猫を飼ってるおばさんが変死、そして里親になった主人公の友人も変死。なぜか主人公のソヨンだけは死んだおばさんが飼ってた猫を預かっていたのに死なない。そのかわり見えないはずの女の子が見えるように.....。

次々と猫に関わる人が死んでしまうのと猫の死体が多く出てくるので、猫好きとしてはかなり複雑でした。でも、ちゃんと生きてる可愛い猫ちゃんも出てくるので癒されるんですが、ちょっとコワッと思う所も.....ああ猫ちゃんごめん。

久々にトリハダたったー。夜に観たし、そこにいるのはわかってるのに謎の女の子がいきなりバーッと出てくるのはドキッとします。とは言っても大音量で脅かすものではなくて、どちらというとジャパニーズ・ホラーに近い感じでしたね。

ソヨンが謎の女の子の正体を突き止めていく内容で、『仄暗い水の底から』を思わせる切ない系のホラーでした。お話はありがちな内容だったけど、ソヨン役の女優さんのちょっと大げさかなという怯え方と猫を使った演出で怖がらせてもらいました。猫は可愛いけどちょっぴり怖い一面も持ってますしね。ちなみに謎の女の子は「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘っぽいです(笑)。

最後に獣医師のもと安全に撮影しましたという説明があるので安心してください。

★★★.7

 

The Cat ザ・キャット [DVD]
パク・ミニョン,キム・ドンウク,キム・イェロン
アット エンタテインメント
コメント (2)   トラックバック (1)

「2回目観てきました」

2012年09月16日 | 映画関係・その他

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の2回目を観てきました!
母もドラマから一緒に見てるので久々に一緒に観に行ってきたのですが、公開1週間ちょい過ぎたのに一番大きなスクリーンでほぼ満席状態。踊るの人気を改めて感じました。

今回は全て内容を知ってるからじっくり観ることができたのですが、やはり後半の室井さんが指揮をとるシーンからは力入ってしまいますね。“各自の判断で動いてください。責任は私がとります”の言葉はグッときちゃうなあ。わかっちゃいるのに青島くんがんばれ~と思ったり...。
でも、今回は鳥飼さんや小池くんに感情移入しちゃいましたわ。6年前の事件がわかってるだけに、小池くんが真下を見る目や薄笑いを浮かべるあの表情は何とも言えない気持ちになりますね。あの時の彼らの悔しさとか悲しさが前回以上に伝わってきてやりきれない思いがありました。実際に県内でも未解決の女児殺害事件があるので重なる所もありました。

えっと、前回うっかり見逃したすみれさんが乗るバスのナンバーは確かに“877”でした。あと和久君が乗るパトカーが“1877”でしたね。ほかにもいろいろあるみたいですけどね。見るたびにいろんな発見があるのも踊るの楽しみのひとつですね。観終わった後、また観たくなっちゃったんですけど...今月は観たい新作が続々あるんで無理かな?


よろしければポチッとお願いします♪

コメント

白雪姫と鏡の女王

2012年09月16日 | ★★★+

【MIRROR MIRROR】 2012/09/14公開 アメリカ 106分
監督:ターセム・シン・ダンドワール
出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガム、マイケル・ラーナー、ロバート・エムズ、ショーン・ビーン

おとぎの国で
バトルが始まる。

幼いころに国王であった父を亡くし、邪悪な継母の女王によって城に閉じ込められたまま育った白雪姫。ある日、舞踏会に忍び込んだ彼女は、そこで他国の王子と運命の出会いを果たして恋に落ちる。だが、王子との政略結婚を狙っていた女王は、白雪姫を森へと追放。森で7人の小人と出会った白雪姫は、彼らと生活を共にしながら戦い方や知識を習得する。亡き父の国を守り、愛する王子を取り戻そうと、彼女は女王に戦いを挑む... (シネマトゥディより)


グリム童話の「白雪姫」を、『ザ・セル』『落下の王国』のターセム・シン監督でコミカルに描かれたファンタジー・コメディ。

クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン出演の『スノーホワイト』もかなりアレンジされたおはなしになってたけれど、シャーリーズの女王があまりにも美しすぎてちょっと失敗。こちらはジュリア・ロバーツもきれいだけどそれ以上にリリー・コリンズが可愛らしかったのでいい感じ♪ あのぶっとい眉毛が気になったけど...観てるうちに気にならなくなりました。

こちらもかなりおはなしが改ざん...いやアレンジされてて、早々と王子と出会っちゃうし王子はちょいおマヌケ、毒リンゴはあんな所で出てくるし、物語の目玉である王子とのキスはそこで来ますか~で『スノーホワイト』よりは面白かったかな。

冒頭の物語の説明でいちいち女王がつっこみ入れてるトコが好き。予告編ではかなり意地悪な感じもしたのですが実際はそれほど憎たらしい悪な感じではなくて憎めないキャラでした。要所要所で笑わせてもらいましたよ。エステと王子に飲ませたアレのシーンは笑ったー。個人的にはもっと弾けちゃっても良かったのになーと思いましたね。でも鏡さんはクールでなかなかするどいことを言ってて面白かった。

白雪姫が可愛い~♪こちらも小人さんたちに鍛えられて戦う姫してましたけど可愛い。王子と剣を交えてしまうし、あんなことやこんなことまでしちゃう(笑)。まさかお目覚めのキスがあんなシチュエーションでくるとは思わなかった(笑)。

王子役のあの方、『ソーシャル・ネットワーク』の双子くんですねー。イケメンなのに....わんこはないでしょーあ゛あ゛、、、面白かった。見てるこちらがはずかしくなっちゃったほど上手かった(笑)。二度も身ぐるみはがされて上半身のお裸が見られたのはお得??

ターセム・シン監督といえば衣装デザインは石岡瑛子さんですね~。色鮮やかなドレスは本当に素晴らしかったです。特に女王のドレスが本当に素敵でジュリアよりも衣装に目がいってしまうほどでした(笑)。今年1月に亡くなられて今作が遺作となってしまったのが本当に残念です。もっと見たかった....

★★★.7
★★★★.7 衣装

 

白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]
ジュリア・ロバーツ,リリー・コリンズ,アーミー・ハマー
Happinet(SB)(D)

 

白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ジュリア・ロバーツ,リリー・コリンズ,アーミー・ハマー
Happinet(SB)(D)

 

白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [DVD]
ジュリア・ロバーツ,リリー・コリンズ,アーミー・ハマー
Happinet(SB)(D)

 

コメント (22)   トラックバック (29)

バイオハザードV:リトリビューション

2012年09月15日 | ★★★+

【RESIDENT EVIL: RETRIBUTION】 2012/09/14公開 アメリカ PG12 96分
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、ケヴィン・デュランド、ショーン・ロバーツ、ボリス・コジョー、リー・ビンビン、中島美嘉

「世界」を壊せ。
地球を救うために。

大企業アンブレラ社が開発したウイルスがまん延した地球は、アンデッドであふれ返る状況に陥っていた。生き残ったアリスはアンブレラ社への潜入調査で、自らの驚がくの過去を知ることとなる。さらに、アリスと仲間たちは滅亡の危機を引き起こした人物を捜し、東京、ニューヨークと世界中を追跡。そんな中、すべてを覆す新事実が明らかになり... (シネマトゥディより)


『バイオハザード』シリーズ第5弾。
監督は引き続きポール・W・S・アンダーソン。
1作目からの簡単なあらすじを語ってくれるので、おさらいしてなかった私としては助かりました。でもおはなしはたいして進んでいないのでなくても平気だった、、、。物語はあるようでないような感じだしね。
えっと、仕方なく3D字幕版で観ました。効果は凶器がぶっ飛んでくるのと雪が降ってる所かなぁ。

前作のラストから幕を開ける5作目。逆回転するオープニングがかっこいい。アリスがとにかくカッコイイ~とそれだけの作品といえばそうなんだけど、強い女性は好きなので堪能しました。前と後ろをさり気なく隠してるけどすっぽんぽんのシーンは必要??

中島美嘉ちゃんてお気に入りなんですねー。また登場、今回はちょい長めでお口からグワ~と出てきてコワッ。東京のシーンでアリスがパトカー内のダッシュボードから拳銃を取り出すんだけど、日本ではそこには置いてないよーとツッコんでみたり...。

やはり地上よりも地下でなんやかんやでタイムリミット付きの脱出が好きだな。それに今回はよりゲームっぽい感じで好きかも。ただアンデッドとのバトルが少なかったのはちょっと残念?。でも何と言ってもミシェル姐さんもクローンで復活して二度おいしい展開に。アリス、ジル、レインと強い女性の活躍はかっこいいですな。クライマックスの女同士のバトルはテンション上がりましたー。

ラストのホワイトハウス周囲はとんでもないことになってるし、もう地球ごと破壊しちゃったほうがいいんじゃないかと思うほど収拾がつかない事態に.....最終章はどうなるんでしょー。

★★★.8

バイオハザード
バイオハザードII アポカリプス
バイオハザードIII
バイオハザード IV アフターライフ

 

バイオハザードV リトリビューション ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

バイオハザードV リトリビューション(初回生産限定) [DVD]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

バイオハザードV リトリビューション ブルーレイIN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

バイオハザードV リトリビューション Blu-ray ペンタロジー BOX
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】バイオハザードV リトリビューションIN 3D スチールブック [Blu-ray]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

コメント (26)   トラックバック (32)

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して

2012年09月14日 | ★★★+

【THE BIG YEAR】 2012/06/30公開 アメリカ 100分
監督:デヴィッド・フランケル
出演:ジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・マーティン、ブライアン・デネヒー、アンジェリカ・ヒューストン、ラシダ・ジョーンズ、ロザムンド・パイク、ダイアン・ウィースト、ジョベス・ウィリアムズ

大人げないオトナたちが見つけた、小さな幸せ。

“ザ・ビッグイヤー”、それは北米を舞台に1年間かけて繰り広げられる世界最大の探鳥コンテスト。ここに、鳥探しにとり憑かれ、コンテストへの挑戦を目指す3人の男たちがいた。しかし彼らは、コンテストを前にそれぞれに人生の岐路に立たされていた...(allcinema ONLINEより)


1年をかけて北米大陸で見つけた野鳥の種類の多さを競うというアメリカ探鳥協会主催の大規模な競技会“ザ・ビッグイヤー”。こういうすごい大会があるんですねー。
ジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・マーティンのお三方が仕事や家庭に支障をきたしながらも競技会に参加して世界一を目指して競いあうというおはなし。
監督は『プラダを着た悪魔』『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のデヴィッド・フランケル。

○○という鳥が現れたーと聞けば鳥オタクが民族移動。仕事より家庭より鳥優先.....というのはどうかなーと思うけどいい大人が夢中になってる姿はなんか可愛らしいです。まぁ私も人のことはあまり言えないが(汗)。何よりも驚いたのは審査員がいなくて写真も撮らなくてもいい申告制だということ。鳥好きには数をズルする人はいないということなんですねー。

オーウェンが最高記録保持者で、ジャックとスティーヴがその後追うという感じ。最高記録を掴むのはそれなりの犠牲をはらうこともあるのだけれど、この大会で出会って友人を得たり家族の絆を深めたりして、ドタバタもありつつ思ってたよりも素敵なお話になってました。なによりもジャック・ブラックが出てるだけてほっこりしますなー。

何種もの鳥が出てくるけれど全く名前が覚えられない。でも北米の大自然が美しくとても素敵、そこに美しい可愛らしい鳥たちがいて癒されましたー。でも、家族がここまでの鳥オタク、失敬...とんでも愛鳥家だったら困るなー。かなりの旅費と滞在費がかかってると思うし。何事もほどほどで!!

エンドロール中の鳥の写真がすごい!!

★★★.8

 

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [DVD]
ジャック・ブラック,オーウェン・ウィルソン,スティーブ・マーティン,ロザムンド・パイク
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [Blu-ray]
ジャック・ブラック,オーウェン・ウィルソン,スティーブ・マーティン,ロザムンド・パイク
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント (6)   トラックバック (6)

エターナル 奇蹟の出会い

2012年09月13日 | ★★★

【VYKRUTASY/LUCKY TROUBLE】 2012/05/05公開 ロシア 97分
監督:レヴァン・ガブリアーゼ
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、コンスタンチン・ハベンスキー、セルゲイ・ガルマッシュ、ウラジミール・メニショフ

教師であり作家志望のスラヴァはある日、ひょんなことから車に轢かれてしまうが、運転していたナージャに一瞬で恋に落ちる。ナージャには婚約者もいたのだが、いずれ2人は結ばれ、結婚式の日取りも決まる。結婚式に向かおうとした時、彼は校長の陰謀でサッカーチームの監督にされてしまう...

 

久々のロシア映画。ミラ・ジョヴォヴィッチがロシア映画に出てるのはめずらしいですね。ロシア語を話すミラは初めて見ました。

よくあるラブコメで、ひょんなことから主人公スラヴァとミラが演じるナージャが出会い、後に結婚式を挙げることに。スラヴァが結構式に向かおうとした時に、彼の務める学校の校長の陰謀によって少年サッカーチームの監督にさせられてしまうというもの。

試合に負ければ結婚式に向かえるのですが、チームは勝ってしまうんですねこれが。スラヴァはナージャにあれこれと理由をつけて式を延ばしてもらったり、あの手この手でチームを負けさせようとするのですがうまくいかない。しばらくはドタバタ的な展開が続くのですが、ある出来事から真面目なサッカー映画になり、少年たちのアクロバット的な試合シーンがなかなか面白かったです。

ミラも今回は花婿に振り回される役で、ちょっとした大暴れシーンはあったけど健気に花婿の到着を待つのが可愛い。ウェディングドレス姿が似合ってて素敵。死んでるようで死んでないようなヤツを相手にしてる時はカッコイイけれど、ラブコメっぽいお話もたまにはいいですね。

スラヴァ役の人....どこかでーと思ったら『ナイト・ウォッチ』や『ウォンテッド』にも出てたコンスタンチン・ハベンスキー。全く雰囲気が違うので全然わらかなかったー。そういえば「ナイト・ウォッチ」シリーズはどうなったのかな???あと1作残ってるのに!

★★★.4

 

エターナル 奇蹟の出会い [DVD]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,コンスタンチン・ハベンスキー
ファインフィルムズ
コメント