☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

ダブル・キラー

2012年07月31日 | ★★★+

【ENEMY AT THE DEAD END】 2010年劇場未公開 韓国 91分
監督:チョ・ウォニ
出演:チョン・ホジン、ユ・ヘジン、ソ・ヒョリム、イ・ジョンホン

妻子を殺され、死に損ないの人生を送ってきたミンホ。時が経ち脳卒中で入院した彼は、同室に入院して来たサンオプが、かつて妻子を殺害した男だと気付く...。

 

愛する妻子を殺された男と殺した男の壮絶な死闘を描いた密室シチュエーションスリラー。
主人公は脳卒中で身体がいうことをきかない状態で始まって、まさかこのまま病室のベッドで寝たまま続くのかー?と思ったらその通りでした(笑)。

偶然、同じ病室の隣同士になった男二人。それは妻子を殺された男・ミンホと殺した男・サンオプ。お互い身体がいうことをきかない状態であり、サンオプは記憶を失っていてミンホに気づかない。ミンホは病院内にあるものを使ってサンオプを殺そうとするのだけれどなかなかうまくいかない。
やがてサンオプの記憶がもどり、殺るか殺られるかの一触即発状態になるんだけどお互いベッドに寝たきり状態なので、あとはリハビリの状態によって生死が分かれるというもの。

シリアスな展開なのかと思いきや、クスッとしてしまうコメディっぽい所もありつつ、二人の攻防戦があり、妄想がありつつ、ライマックスでの死闘の末のどんでん返しにはびっくりこいたわー。そういうオチがあったとは気づきませんでした。

まー韓国のバイオレンス映画を期待すると物足りない所はありますが、病室でうまく身体の動かない男たちがバトルを繰り広げるというアイデアは面白いと思います。意外に病院には殺しのアイテムが揃ってたりするんですねぇ(笑)。

★★★.8

 

ダブル・キラー [DVD]
チョン・ホジン,ユ・ヘジン,ソ・ヒョリム
ファインフィルムズ
コメント (4)   トラックバック (1)

ビーストリー

2012年07月30日 | ★★★

【BEASTLY】 2012/02/04公開 アメリカ 86分
監督:ダニエル・バーンズ
出演:ヴァネッサ・ハジェンズ、アレックス・ペティファー、メアリー=ケイト・オルセン、ピーター・クラウス、リサゲイ・ハミルトン、エリック・ヌードセン、ダコタ・ジョンソン、ニール・パトリック・ハリス

魔法を解くのは、真実の愛。

恵まれた容姿を持ち、学園で絶大な人気を誇るうぬぼれ屋の高校生カイル。ある日、薄気味悪い少女ケンドラを面白半分に侮辱してしまう。するとケンドラは、カイルに呪いをかけ、醜い内面が表出した醜悪なルックスに変えてしまう... (allcinema ONLINEより)


「美女と野獣」の物語を現代のニューヨークを舞台に翻案したアレックス・フリンの小説を映画化した青春ラブ・ファンタジー。主演は『ハイスクール・ミュージカル』のヴァネッサ・ハジェンズと『アイ・アム・ナンバー4』のアレックス・ペティファー。監督・脚本は長編2作目のダニエル・バーンズ。

なんだ青春ものかー。

ただのイケメンになってしまっがやはりイケメンなアレックス君とそのお相手となるヴァネッサ・ハジェンズが可愛かったので楽しめました。アレックス君はナンバー4の時よりはカッコよく映ってたかな??

お話は、イケメン・カイルが魔女と噂されるケンドラを面白半分に侮辱してしまったために、呪いをかけられて醜い姿に変えられてしまうというもの。しかも一年以内に真実の愛を見つけて相手から“愛してる”と言われなければ永遠に醜い姿のままになってしまう...。
果たして真実の愛を見つけて愛の告白を受けられるのかが見所ってなおはなし。

時間は86分なのですぐにそのお相手が見つかり相手もあの醜い姿にも動じないのも出来すぎー。その出会いも出来すぎであーる。スキンヘッドで全身にタトゥ姿の醜い姿になってもモトはイケメンだからそこそこに見られる姿。私でもOKであーる(笑)

カイルも醜い姿になってからはガラッと性格が変わってしまい急にイイ人になるのも、いくら魔女によって打ちのめされたとしても変わりすぎだよねぇ(笑)。
案の定ハッピーエンドなので美男美女を堪能できれば儲けものという作品。

★★★.2

 

ビーストリー [DVD]
ヴァネッサ・ハジェンズ,アレックス・ペティファー,メアリー=ケイト・オルセン,リサ・ゲイ・ハミルトン,ニール・パトリック・ハリス
Happinet(SB)(D)
コメント (8)   トラックバック (5)

ダークナイト ライジング

2012年07月28日 | ★favorite★

【THE DARK KNIGHT RISES】 2012/07/28公開 アメリカ 164分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン

伝説が、壮絶に、終わる。

人々の尊敬を集めた地方検事ハービー・デントの罪を一身に被り、ゴッサム・シティから姿を消したダークナイト(=バットマン)。それから8年、ゴードン市警本部長は真実を心におさめ、街の平和のために尽力していた。そんな束の間の平和を享受していたゴッサム・シティだったが、鋼のような肉体をまとった巨漢のテロリスト“ベイン”の登場で一変してしまう。街は次々と破壊され、無法地帯と化していく... (allcinema ONLINEより)


クリストファー・ノーラン版バットマン3部作の最終章。8年もの間、沈黙を守ってきたバットマンだったが、テロリスト“ベイン”の出現で自らの封印を解き、最強の敵との最終決戦に臨む。

原題はライジズなのに、邦題はなんでライジング?
ライジングのほうが馴染みがあるから??

夏休みでTOHOさんはお子様映画優先なので夜遅く以外は小さなスクリーンとのことで、がまんならねーってことでMOVIXの一番大きいスクリーンにて定価!!!で観てきました。やはりでかいスクリーンは迫力ありますねぇ。そこらの3Dより立体感ありますぜ!! IMAXには及ばないけれどもノーラン監督の映像世界を堪能してきました。満足満足♪

とにかくすごい!!
つきなみだけどこれしか言いようがないほど圧倒された作品でした。
最終章にふさわしいド派手な演出と深い内容に圧倒されながら164分の長さを全く感じさせないほど見応えのある作品でした。主要キャストが続投というのもうれしいですね。びっくりしたのは、まるで『インセプション』の続編かと思うほど出演メンバー多いー。

前作『ダークナイト』のジョーカーが強烈なキャラだったので今回の敵・ベインはどうなんかなーと思ってましたが、ジョーカーの存在感は越えられないけれども全くタイプの違う悪役でこちらも強烈なキャラでした。トム・ハーディってあのトム・ハーディですよね??? 言われなければ全く体格も違っててわからなーい。

どちらかというと「バットマン」を描いたというよりブルース・ウェインという人物を描いたお話なのかも。ブルースの視点で観ると本当に切なくてつらい...最後のほうでは泣けました。字幕で奈落という言葉が使われてましたけど、今までにも何度も奈落の底に突き落とされては這い上がってきたけれど、今回ははるかに凄まじかった....。

一応前2作をおさらいして臨みましたが、特に1作目の『バットマン ビギンズ』とは深く関わってくるので絶対観といたほうがいいですね。

はぁ~クリスチャン・ベイルはほんと良かった!! どこか寂しげな目が好き。切ない表情がうまくてブルース・ウェインはぴったりでしたね。
今回出番が少なかったマイケル・ケイン。アルフレッドのファンだからちょっと残念だったけど、彼のいろんな想いがすごく伝わってきましたねー。最後の彼の言葉に泣けてしまった、、、
ゲイリー・オールドマン演じるゴードンも真実を隠さなければいけないつらさも伝わってきた。でも予告編でベッドで動けなさそうだったから活躍はあまり観られないのかなーと思ってたけれど全く後遺症もなく活躍してくれてうれしい。そういえばゲイリー、脚本を無くしたとかあったけど....

アン・ハサウェイのキャットウーマン?良かったな。バットポッドに乗る姿は何やらセクシーじゃなぁい?男性陣はテンションあがりそうですね。
今回楽しみだったジョセフ・ゴードン=レヴィット。思ってたより出番多くてなかなかの重要な役どころ。なんかロビンっぽいなーという感じで見てました。本名にはおー!っと思っちゃった♪
もう最後だから~なのかキリアン・マーフィーも出てきたし、リーアム・ニーソンまで登場してもうテンション上がってしまいましたわ♪

とても重々しい内容だったけれど、アクション映画好きとしてはバットポッドや新たしいバットモービルは空を飛ぶんですもん~テンション上がりましたわ。街はド派手に破壊されてしまうし...。
予告編で何度も見たスタジアムが爆破されるシーンは本当にやってるそうだし、冒頭の飛行機ハイジャックシーンのシーンの飛行機からロープで人が降りてくるシーンもスタントの方がやられてるそうで、そういうリアルにこだわるからこその迫力を感じますよね。

夢中で観てしまったので、細かい所がぶっ飛んでます...もう一度じっくり観たいです。

バットマン ビギンズ
ダークナイト ←やはり一番好きかな


 

ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クリスチャン・ベール,マイケル・ケイン,ゲイリー・オールドマン,アン・ハサウェイ,トム・ハーディー
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

 

ダークナイト ライジング [DVD]
クリスチャン・ベール,マイケル・ケイン,ゲーリー・オールドマン,アン・ハサウェイ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
コメント (38)   トラックバック (55)

「ロンドンオリンピック開幕♪」

2012年07月28日 | 日記

2012年ロンドンオリンピックが開幕しましたね。毎回、開会式は楽しみで見てるのですが、今回の期待したところは『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が演出というのも見所のひとつですね。

今回の一番のお楽しみだったのは、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに扮してバッキンガム宮殿を訪れ、エリザベス女王をエスコートしてヘリコプターに乗り込みオリンピックスタジアムに向かうというショート・フィルム。

ええ、感動して泣きましたとも!!!

本物の女王陛下とボンドのツーショットですよ~!!
まさに「女王陛下の007」ですよ!!!
007シリーズファンとしてはこんな感動シーンはありませんね~この日を楽しみにしてました。
ビシッとキマっていてやっぱりダニエルはかっこいいわー。

そしてオリンピックスタジアム上空ではヘリが到着、そして...そして...
あの007のテーマ曲をBGMにパラシュート降下し、スタジアムに降り立つという演出。
陛下の潔さにわらったー、、、とは言っても、さすがに降下するのはスタントマンの方ですがね(笑)
また、その時のパラシュートがユニオンジャック模様って所がまたまた感動なのです。
本編でもおなじみのシーンですからねぇ~全くにくい演出をしてくれるわ♪

それにしても宮殿内、しかも陛下の個室まで映っちゃっていいの?初めてなのでは?と思います。
陛下のコーギー犬たちもかわいく映っちゃって~ここまでやっちゃうなんて、今回のオリンピックの意気込みが感じられますね。編集して永久保存です。

...っていろいろ見所のシーンがあったはずなのにボンドくんしかかいてない(笑)
そうそう、ケネス・ブラナーがシェークスピアのテンペストの一節を朗読したましたね。それにJ.K.ローリングさんも出てた。ヴォルデモートとメリー・ポピンズの魔法対決♪

で....ローワン・アトキンソンがドドーンと出てきて笑っちゃった。でたなージョニー・イングリッシュ!(Mr.ビーンは未見) やはりイギリスとしてははずせませんもんねー。とぼけた顔は何かやらかしそうでワクワクしてましたが控えめだけどやらかしてくれましたね♪笑ったー。

と、まぁ映画好きにはニヤニヤものの演出があって楽しめました。
しばらくはボンドくんの所はリピしながらニヤニヤしてると思います♪
感動をありがとーーーう!! ←終わってないっ

人気ブログランキングへ
よろしければポチッとお願いします♪

コメント (8)   トラックバック (1)

グッド・ドクター 禁断のカルテ

2012年07月27日 | ★★

【THE GOOD DOCTOR】 2012/01/21公開 アメリカ 97分
監督:ランス・デイリー
出演:オーランド・ブルーム、ライリー・キーオ、J・K・シモンズ、タラジ・P・ヘンソン、マイケル・ペーニャ

神の手(ゴッドハンド)による完全犯罪。

高い志を胸に研修医として医療の現場へと足を踏み入れた青年、マーティン・ブレイク。気持ちばかりが先走り、失敗続きで不安と焦りが募っていく。そんな時、18歳のダイアンの担当医となる。周囲の先輩や同僚たちとは違い、自分を全面的に信頼してくれるダイアンに特別な感情を抱き始める... (allcinema ONLINEより)


オーランド・ブルーム主演の医療サスペンス。
優秀な研修医がある女性患者に恋したばかりに破滅の道を進んでしまうというおはなし。

まぁそりゃ好みの患者もいるでしょうし、好きになって仲良くなりたいという医師もいるでしょう。しかし、いくらイケメン研修医でも、元気になって退院した患者に会いたいからといって薬をすり替えて病気を再発させてしまうとは許せない行為ですな。実際にあったらゾッとする。

そういう悪いことをすればどこかボロが出るものでマイケル・ペーニャに脅されるオーランド・ブルーム。地味でちょっとキモイキャラクターでした。髪型がまたキモイっす(汗)。
それよりも彼の行為が病院側には全くバレないのはどうなんでしょ。
それにペーニャのことも....。いつバレるかなーと思ってたのに何にもなかった、、、。

これ、劇場公開されてたんですね。
てっきり未公開作かと思うくらいハラハラもなく全く盛りあがることなく終わりました。

恐ろしい研修医に恋されてしまうダイアンを演じたのはプレスリーのお孫さんだそうですね。
ランナウェイズ』にも出てたみたいだけどわかりません、、、。でもかわいい。

★★.9

 

グッド・ドクター 禁断のカルテ (字幕版)
ジョン・エンボム
メーカー情報なし
コメント (2)   トラックバック (7)

ダーク・フェアリー

2012年07月25日 | ★★

【DON'T BE AFRAID OF THE DARK】 2012/01/21公開 アメリカ/オーストラリア/メキシコ 100分
監督:トロイ・ニクシー
出演:ケイティ・ホームズ、ガイ・ピアース、ベイリー・マディソン、ジャック・トンプソン、ギャリー・マクドナルド、ジュリア・ブレイク

背筋も凍るおとぎ話。
気をつけて! やつらは、暗くなるまで待っている。

アメリカ、ロードアイランド州。両親の離婚で心に傷を負った小学校低学年の女の子サリー。建築家の父アレックス・ハーストは、恋人のキムと修復作業に当たっていた郊外の古い屋敷にサリーを呼び寄せ、気分転換にとそこで一緒に暮らすことに。ところが引っ越して早々に、彼女は得体の知れない何者か話しかけてくる声を聞くようになる... (allcinema ONLINEより)


ヘルボーイ』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロが脚本・製作を務め、英国のカルトTVムービー「地下室の魔物」を完全リメイクしたサスペンス・スリラー。

うーん、全然怖くなった。それにどこかで見たような感じのおはなしで新鮮味が全くないです。オリジナルが1973年に作られたものだからだと思います。完全リメイクじゃあねぇ~73年以降そりゃ似たような作品が出てくるわけですよ。

ダーク・ファンタジーは好きだけど妖精?がなんかイマイチ。妖精というより生身の生き物っぽかったですね。ぐちゃっとされてた(笑)。ヒソヒソ声の頃はわくわくしてたけれど、実体が出てきてからはただのちっこい切り裂き魔。刃物で脅してるだけじゃん!
それに女の子があまり可愛くないのもちょっと、、、。
キャストはよいけれど、私がよく観るB級映画っぽいですなぁ(笑)
それにギレルモ・デル・トロさんが参加してるのにざんねーーーーん。

良かったのはお庭とお屋敷ですね。いかにも妖精さんとか出てきそうな雰囲気。
またはホラーな空気感は好みです....あっホラーかこれ。
ラスト....キムはあの後どうなったんだろ。
仲間になっちゃったんでしょうかねぇ。
私だったら好奇心で壁をぶち壊してまで地下室なんぞ探しませんけどねー。
開かずの間は何か意味があるんだから、そっとしておこう。

子どもの歯が好きな妖精ときいて、歯の妖精になってしまった可愛いドウェイン・ジョンソンさんを思い出しました!!

★★.8

 

ダーク・フェアリー DVD
ケイティ・ホームズ,ガイ・ピアース,ベイリー・マディソン,ギャリー・マクドナルド,エドゥイナ・リチャード
ポニーキャニオン
コメント (7)   トラックバック (13)

おとなのけんか

2012年07月23日 | ★★★★

【CARNAGE】 2012/02/18公開 フランス/ドイツ/ポーランド 79分
監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー

顔で笑って、心に殺意。

ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負う。ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われる。お互いに社交的に振る舞い、話し合いは冷静かつ友好的な形で淡々と進んでいくかに思われたが... (allcinema ONLINEより)


今回の邦題はないすーと思いました。原題は虐殺....(あってる?)
いや~登場人物は4人での会話劇、面白かったです。
個性的な豪華俳優陣が繰り広げるおとなのけんか!!
どこの国でもこういう流れあるもんなんですねー。
もう可笑しくて可笑しくて~笑わせてもらいました♪

もとは子ども同士のけんかが発端で、ケガをさせたほうの両親がケガをした両親のもとに謝罪に訪れ和解の話し合いをするはずだった。一応和解に向けて冷静に話し合いは進んでいたのに、気づくと本題から少しずつズレていって....いつしか本音がぶつかり合う修羅場と化してしまうのでした(笑)。

演技力ある4人だからこその面白さですよね。ジョディ・フォスターが熱くなって血管切れそうになってて面白かったし、ケイト・ウィンスレットはゲロゲロしちゃってテーブルや画集がゲロみまれ~なんか臭ってきそうなくらい出まくってましたな、、、。やりたがらない女優さんも多いと思うけれど半端ないゲロゲロ姿はさすがですね。

しら~としたどこか他人事な感じな雰囲気のクリストフ・ヴァルツはハマってた。ケイタイをぽちゃん~されて焦る姿が笑えました。トイレでスボン乾かしてる姿はなんかツボ。ジョン・C・ライリーはあまり好きじゃないけど今回はいい感じぃ♪

はじめは親同士のけんかだったのが、男と女のけんかに変化していってさらに夫婦けんかにもなっちゃって、またさらに.....。こういうのを見てるとつくづく人間て面白いなぁと思いますね。

 

おとなのけんか [SPE BEST] [DVD]
ジョディ・フォスター,ケイト・ウィンスレット,クリストフ・ヴァルツ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
コメント (8)   トラックバック (24)

「観たい新作映画がないってどういうこと?」

2012年07月22日 | 映画関係・その他

今週は大人の新作映画がなかったのと、初日に見逃した作品がお子様映画に押されて早朝か夜になってしまってました。なので今回は家でおとなしくしていよう~と思ってたのですが....やはり土日に映画を観ないとなんか生活のリズムが狂いますなぁ(汗)。やっぱり観てきちゃった♪

母親が観たいというので『BRAVE HEARTS 海猿』の2回目を観てきました。母親も海猿ファンで映画とドラマも観てます。公開から1週間たってるけど満席でした~海猿恐るべし!! はぁ~やっぱりわかっちゃいるけど2度目でも泣けたわー。前回より小さめなスクリーンだったけれどやはり力入っちゃいますね。やはりみんながひとつになることがホント大切。そして可能性があるなら決して諦めない!!これだけの大事故で全員が無事救助なんて実際には難しいだろうけど、こういう気持ちが大切なんだなーと思いますね。俳優さんたちの熱い演技に、しっかり元気と勇気をもらってきました。

最近、いろいろ覚えることとか仕事が忙しくて目に負担がかかってたりしてblog更新にやる気がいまひとつでしたが頑張れそうです。 ←かなり単純


よろしければポチッとお願いします♪

コメント (4)

「15」

2012年07月21日 | KinKi Kids

お子様たちは夏休み...入ったのかな??
そんなわけで新作映画もお子様祭りでアニメばっかり!!!
おかげで大人の新作がなく....今日はふてくされております。
これにはきっと↓記念日ということで先日発売されたDVDを観ろという彼らのお達しなのかもしれません。 ←実は観てません(笑)

本日はKinKi Kidsデビュー15周年の記念日でございます。
そういう私もファン歴15年ちょいになるわけですねー。
特に15周年のイベントがあるわけでもなくライブはおそらく年末年始でしょう...
10周年の時はこの日のみの東京ドームでのライブがあって、確か記念だし~でグッズ購入で約5時間並んだ記憶が...もう無理です。年齢的にきついものがあります、、、

ここ最近はソロ活動が多く、グループとしても活動が少なすぎですね。
光一さんは1月~4月まで帝劇でミュージカル以降レギュラー番組でしか見かけない。
ちなみに来年のEndless SHOCKが決まっておりまする。とうとう1000回突入予定。
剛さんはただ今ソロライブ真っ直中....。私は卒業しましたので行きませんが。

最近、心を奪われた2組とKinKiさんには色々と似た所があって見ていて面白いです。
特にB型のお二人の性格が似てる部分がありますね。
KinKiさんらも33歳、一般男子に比べたら可愛い33歳ではありますが、その2組からすれば確実にトシ食っとりますなぁ。お肌のツヤがあわわっ。

某ドラマでの光剛のチュウに始まり...伝説の台湾婚(DVD収録)、φコンでは剛さんが光一さんの唇を奪うというKissコンとなってしまったりとおかしな仲良しっぷりをアピールしてくれたお二人さん。
あの時はオンリーファン同士でかなり揉めましたね。
最近はおふざけも落ち着いちゃったけど...。
20周年、30周年とどんなおっさんになっていくのか予想がつきませんが、いつまでも可愛いおっさんであってほしいです。
ということで、KinKiさん本日はおめでとうございます!!


よろしければポチッとお願いします♪

コメント (2)

サルベーション(ピアーズ・ブロスナン)

2012年07月19日 | ★★

【Salvation Boulevard 】 2011年劇場未公開 アメリカ 94分
監督:ジョージ・ラトリフ
出演:ピアース・ブロスナン、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、グレッグ・キニア

伝道師のダンは、誤って不神信者を殺害してしまったところを、かつてダンの教会に救われたカールに目撃される。警察の取調べが始まると、ダンはカールに罪を着せようとし...

 

ラリー・バインハートの同名小説を豪華キャストで映画化したサスペンス・コメディ。
アメリカ西部の田舎町を舞台にした、魅力的なカリスマ説教師(ピアーズ・ブロスナン)と信者達は土地開発の甘い誘惑から大騒動に発展しているおはなし。

うーん、いまいちでした。私には合わなかった...
なかなかの豪華キャストではあるしコメディものらしいのですが、全然笑えませんでした。

ダン牧師とブレイロック教授による神の存在についての討論会が大学で開催。その後、二人は信者のカールと3人でブレイロックの研究室でお酒を飲みながらお話しているところ....ダンがいじっていた拳銃が暴発し弾丸はブレイロックに命中してしまい死んでしまう。慌てたダン牧師はブレイロックが自殺したように偽装することに。

やはり宗教が絡み、ピアース・ブロスナン演じるダン牧師がかなり権力を持っていてと言われても牧師さんの権力のすごさは日本人にはよくわからないっス、、、。とんでもないことをしても神の思し召しでかたづけちゃうのもうーんうーん。途中から飽きちゃいました(笑)。

とりあえず、鑑賞履歴として更新しました。

★★

 

ピアース・ブロスナン サルベーション [DVD]
ピアース・ブロスナン,ジェニファー・コネリー,エド・ハリス,グレッグ・キニア,マリサ・トメイ
ラインコミュニケーションズ
コメント   トラックバック (1)

顔のないスパイ

2012年07月18日 | ★★★

【THE DOUBLE】 2012/02/25公開 アメリカ 98分
監督:マイケル・ブラント
出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック、クリス・マークエット、テイマー・ハッサン、マーティン・シーン

ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説のスパイ“カシウス”の名前が浮上してくる。そこでCIA長官ハイランドは、かつてカシウスの追跡に実績を残した元CIAエージェントのポール・シェファーソンを呼び戻し、大学でカシウスの研究をしていたFBIの新人捜査官ベン・ギアリーと組ませて捜査に当たらせる... (allcinema ONLINEより)


3時10分、決断のとき』『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントの監督デビュー作となるスパイ・サスペンス。若いFBI捜査官と引退した元CIAエージェントが手を組んで、死んだはずの旧ソ連伝説のスパイ“カシウス”を追うおはなし。

地元MOVIXでも上映してたんだけど都合がつかなくてスルーしてしまった作品。リチャード・ギアが出てるから大作っぽいのを期待してしまうけれど、内容的にはややB級がかった感じでしたね。でも好きです。ギア様がかっこいい♪

ソ連の伝説のスパイ“カシウス”は誰なのかを追うお話ではなくて、かなり早い段階で“カシウス”の正体は観る側にわかってしまうのでサスペンスものとして物足りなさはありますね。じゃあ、どうすんのーと思うのですが、ものすごい展開が待ってるとかではなかったです、、、。でも最後のちょっとしたオチはへぇ~そうなんだ~と思った。

見所はギア様。
強くてカッコいい。
しかも必殺仕事人みたいにピュッと仕事をすませる姿は素敵♪

そんな作品でした(笑)
....これと言って言うことがあまりない、、、

★★.9
★★★.7 リチャード・ギア

 

顔のないスパイ DVD
リチャード・ギア,トファー・グレイス,マーティン・シーン,テイマー・ハッサン,スタナ・カティック
TCエンタテインメント
コメント (4)   トラックバック (16)

サラの鍵

2012年07月16日 | ★★★+

【ELLE S'APPELAIT SARAH】 2011/12/17公開 アメリカ 111分
監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ

ただ、伝えたい。
決してあなたを忘れなはしないと。

パリで夫と娘と暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは、ある日、自分たちのアパートにかつて住んでいた住人が1942年にフランス当局によるユダヤ人迫害事件によってアウシュビッツに送られたユダヤ人家族だったことを知ります。フランス警察による一斉検挙の朝、10歳のサラは弟を守るために納戸に隠し鍵をかける。すぐに戻れると思ったサラだったが、多くのユダヤ人たちとともに競輪場隔離され後、収容所に送られてしまう。弟のことが心配だったサラは収容所から脱走する...

 

タチアナ・ド・ロネによる全世界で300万部突破したベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。
ナチス占領下のフランスで起きたユダヤ人迫害事件を背景に、一人の少女が辿る過酷な運命を、事件の真相を追う現代のアメリカ人女性ジャーナリストの取材の過程を通して描く。
監督は『ザ・ウォール』『クラッシュ・ブレイク』のジル・パケ=ブランネール。

前に観た2作品は面白くなかったのですが、別人かと思うほど今回はとても良い作品でした。
もしかしてアクションとかホラーは合わない方なのかも。

ユダヤ人迫害というとドイツが浮ぶけれどフランスでもあったのですね。とすると、他の国でも同じようなこともあったのかもしれませんね。おはなしはジャーナリストのジュリアが事件の真相とサラの行方を追いながら、サラの過酷な運命を交互に描いていくというもの。

本当は一緒に連れてきたほうが良かったのかもしれないけれど。まさか収容所に送られるとは思わず、すぐ帰れると思ったからの行動だったわけですが、再びあの部屋に戻ってきて絶叫するサラに想像できるだけにトリハダが立ちました。

ジュリアが真実を追いかければ追いかけるほど周りの人たちを傷つけてしまうこともある。知らなければ知らないままのほうが良かったかもしれないけれど...。でも真実を受け止めて向き合うのも必要なのかもしれません。こういう作品は好きなんだけど、言いたい言葉が浮んでこないのが残念。

サラを追いつつ自分自身も変わろうとしていくジュリアを演じたクリスティン・スコット・トーマスがとても良かったです。
短い髪のほうが似合うなー。

★★★.9

 

サラの鍵 [DVD]
クリスティン・スコット・トーマス,メリュジーヌ・マヤンス,エイダン・クイン
東宝
コメント (6)   トラックバック (22)

「スマホでびゅう」

2012年07月15日 | 日記

えー、ワタクシとうとう13日の金曜日にスマートフォンデビューいたしました♪
欲しかった機種がちょうどこの日発売で、発売日が発表された1週間前になんとなくTwitterで匂わせてはいたのですが無事に機種変してきました。13日の金曜日に機種変してきたぜぇ~ワイルドだろう?って感じでカッコいいかなーと(笑)。

スマホに必要性を感じないと思ってたのですが、昨年末に機種変したケイタイのあるサイトの機能がいまだに対応してくれてなくてここまで待って対応しないのなら無理かなと見切りをつけた次第です。だがしかし、こんなに時間がかかるとは思わなかった。7時20分頃に行って手続きが終了したのは9時30分近くですよ~。直接ドコモショップに行ったわけじゃないからかな。で、帰ってきたら帰ってきたで使い方がよくわからない。それにケイタイは全く使えなく(iモード)なってて、うっかり移行手続きするのを忘れたのもあって移行できないし(泣)。そのへんはなんとなくつぶやいておりまする。ちなみに初めて電話したのがタクシーでした、、、。

その夜は次の日に友人と映画を観る約束しててメールもよくわからないし電話は今までの無料通話分はダメだし、けちって固定電話で連絡したというアナログ手法。次の日は早くも挫折。すぐに使いこなせるわけもなく...またその友人が待ち合わせ時間にこないからまたイライラ。わからない所があったのでショップに行ってあれこれ聞きながら、機種変するんじゃなかった~とグチをこぼしたら....私もなれるまで2か月かかりましたと言われました。そっか、誰でも一度は通る道なのねーと納得。というわけで、この日はフルモデルチェンジの機種は一年ごとに変更してるこの私がなぜ使いこなせない!!なんだとーと悶々とした一日でありました。さすがに次の日になれば慣れてきて楽しくなってきましたけれども....それでも?な部分はまだまだありますね。とりあえずは必要最低限は大丈夫になりました。

ただ...使ってるとものすごく電池パックのあたりが熱い。ずっと持ってると低温火傷しそうなくらい熱いのは大丈夫なのか??新機種で充電長持ちのくせにすぐなくなるのだが....。どうやら自宅あたりはまだクロッシィエリアではないみたいで常にエリアを探してる状態なのが原因らしいです。田舎~(泣)

まぁよくわかったこととしては、スマホはケイタイの進化型ではないということです。
全く機能が違うし同じような考えで使うとパニックになるんですわーもう。
ということで、長いことケイタイちゃんにはこだわりを持って接してきましたがこれでお別れです。
いままでありがとう~君のことは忘れないよ(泣)
そしてスマホちゃんどうぞよろしくね♪


よろしければポチッとお願いします♪

コメント (8)

BRAVE HEARTS 海猿

2012年07月14日 | ★favorite★

2012/07/13公開 日本 116分
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎

最高レベルのレスキュー能力を誇る海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった仙崎と吉岡。そんなある日、ジャンボジェット機のエンジンが爆発し、機体が東京湾へ海上着水する事故が発生する。乗員乗客の中には吉岡の恋人、美香もいた。沈没までのタイムリミットはわずか20分という状況で、仙崎たちにさらなるピンチが襲い掛かる... (シネマトゥディより)


“海猿”シリーズ第4弾。
今回は、原作「海猿」の最終話で描かれた“ジャンボジェット機の海上着水”を描く。
あれ?『THE LAST MESSAGE 海猿』で完結したんじゃ????と思ったら、ファンの熱い要望に応えて、全シリーズを手がけてたきたスタッフとキャストが再び集結して制作されたのでしたー。アリなんだ(笑)

良かったー!感動したー!日本が誇れる映画ですってば!!
完結したくせに、物語の展開はべたべたで先も読めるし、ラストは....だしーと言われようと“海猿”はそれでいいんですー。このシリーズは大好きで映画もドラマも観てて思い入れがあるので、必要以上に感情移入しちゃいますね。

4作目の仙崎と吉岡は特殊救難隊になってた。相変わらず仲の良いおふざけもあって、今度は吉岡のプロポーズ大作戦になるんだけど.....。お相手がCAってことで大体の予想がつきますな。

本題に入る前の大阪湾でのコンテナ船とタンカーの衝突事故。なかなかリアルで迫力ある映像でした。乗組員が無事に助けられたーと思ったらあとひとり...。やはり行くか仙崎!! 全員を無事に救出したいのもわかるけど、嶋さんの言うことも間違いではないんですよね。嶋さんの言う“結局はお前が仲間に救助されてる”という台詞が印象に残りました。時として見極めも必要なのかと...。

いよいよ本題となる東京湾へのジャンボジェット機海上着水事故。こちらも前作に劣らず緊迫感ある展開にリアルな映像で手に汗握りながら観てましたよ。ほら!海猿ならだいじょーぶと思うんだけど、見せ方がうまいから、わかっちゃいるけどハラハラドギトキ。海に滑走路を作るシーンや海上保安庁をはじめ警察、消防、そして民間船も協力して救出に向かうシーンはテンション上がると同時にグッときましたわ。震災など危機に直面した時、みんなが力を合わせていくことが大事だという思いが伝わってきました。

航空機事故について綿密に取材しただけあって本当にリアリティのある作品になってました。あの赤十字の車や医療器材も全面的に撮影をバックアップ。そして本物の海上保安官、消防士、医師の方々もボランティアエキストラとして休暇を利用して参加されているとのことで臨場感たっぷりの作品となっておりましたね。あのジャンボジェットも外側はセットでもドアや窓、計器など実際のものだそうで、そのへんのこだわりも海猿ならではですね。

そういえば前作の時に出てた服部くん。ラストでやっと男になったなーと思ってたけれど、さらに成長してしっかりして男らしい顔になってましたね。でも仙崎を目標にするのもいいけどほどほどにね!! 特救隊副隊長の嶋さんを演じた伊原さん~良かった。17歳を演じた人と同じとは思えない(笑)。やはりこういう役がハマリますね♪  あれ?下川さん、毎回出世してます??

あー熱い人間ドラマだった。毎回ラストはすっきり気持ち良く終わらせてくれるので満足感あります。今作も海猿ファンとしては満足できる作品でした。この迫力はやはり劇場でしか味わえませんね。
で....終わりですか。それとも続くんですか??? 前作の感想で、またつくっちゃうかもねと言ったら本当になっちゃった(笑)。

海猿
LIMIT OF LOVE 海猿
THE LAST MESSAGE 海猿

**
久々に友人と観ることになったのですが、ネット予約した時間過ぎに現れたので次の回になってしまいました。しっかりダメになった分のチケット代は頂きましたけど、、、。スマホがうまく使えなくてイライラしてた所に遅刻だったのでいつもは我慢してけど今回はお金が絡んだのでちょっと怒っちゃった(汗) やっぱりひとりのほうが気が楽かな?

 

BRAVE HEARTS 海猿 スタンダード・エディション [DVD]
伊藤英明,加藤あい,佐藤隆太,仲里依紗,三浦翔平
ポニーキャニオン
コメント (18)   トラックバック (36)

クレイジーミッション

2012年07月13日 | 

【NOT ANOTHER NOT ANOTHER MOVIE】 2011年劇場未公開 アメリカ 99分
監督:デヴィッド・マーフィ
出演:デヴィッド・レオ・シュルツ、チェヴィー・チェイス、バート・レイノルズ、ヴィニー・ジョーンズ、マイケル・マドセン

大ヒット映画で金儲けを目論む制作会社。しかし、この会社にはまともな人間がひとりもいなく、映画業界の常識破りである有名ドラマや映画、ドキュメンタリーをパロディー化しまくるシリーズ企画など、突拍子のない珍企画ばかりが駆け巡る...

 

スナッチ』のヴィニー・ジョーンズやバート・レイノルズなど、大物キャスト出演のアクションコメディとあるので観ましたが...

これが、んも~つまらん!!

ジャケットでアクションものを期待して借りてしまう人がいたらいけない思い、早送りして観たやつだけど記事アップしました(汗)

確かに『タイタニック』や『ダイハード』らしきパロディなどなど次々出てくるけれど笑えない。
映画製作スタッフもドジな所があっても笑えない。

時間がもったいなかった、、、とほほ。

★.8

 

クレイジーミッション [DVD]
ヴィニー・ジョーンズ,チェビー・チェイス,バート・レイノルズ
ESE
コメント   トラックバック (1)